HOME > アダルトチルドレン克服に関するブログ > アーカイブ > アダルトチルドレン克服: 2018年1月

アダルトチルドレン克服に関するブログ アダルトチルドレン克服: 2018年1月

愛されることがわからないなら インナーチャイルドを癒そう

e261c3f70b6f245360bed00f26c0c5a1_s.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

今日は、アダルトチルドレンの方で多い、「愛されることがわからない」ということについてお話します。

愛されること愛すること…とても重要ですよね。

それはわかっているけれど、いざパートナーが出来た時に「不安」が押し寄せたり。

どれだけ、「愛している」と言われても「自分には資格がない」とか「自信がない」とか思ってしまったり。

また、上手くいく直前になると、なぜか自分から逃げてしまったり。

そんな方たちは、もしかしたら両親から「きちんとした愛情」を受け取っていないのかもしれません。

愛や情というのは、幼少期などにちゃんと温もりや安心感、安全などと一緒に受け取っていないと、「わからなくなってしまう」のです。

ここでいう「わからない」は「意識としてはわかる(理屈、理論)でも実感できないんです」ということです。

だから、例えば両親からたくさん物質や教育を受け取っていたとしても、情は納得しません。

なぜなら、物質という代用では本当の愛情は伝わらないからです。

むしろ、ずっと「寂しい」という思いを抱え続けていたりします。

この幼少期のパターンは、大きくなって大人になってからも引きずります。

そうすると、大切な人が出来て、その人が大切であればあるほど「寂しい思い」がパターンとしてやってきたりします。

目の前の大切な人や幸せが、するっと逃げて行ってしまします。

そのような方は心の中のインナーチャイルドを癒してあげることが必要です。

あなたの中のインナーチャイルドが、安心して穏やかであれば、漠然とした寂しさや満たされない思いはなくなります。

それは、あなた自身の心を育て直すということにもなります。

自分が自分を慈しみ愛して育てることは、実際に出来ます。^^

ただ、漠然とインナーチャイルドを癒すことは、やっぱり漠然とした結果になります。

ちゃんと自分でも、実生活の中で確かめて、見つめて、癒し続けることが必要です。^^


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


ACの恋愛傾向って?すべての人に共通しやすいこと

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s.jpgこんにちは。

日本NLP学院講師兼カウンセラーの岩渕です。

ACの恋愛傾向ってどんなでしょうか?

これをお読みのあなたは、今後の恋愛を上手くいかせるためにお考えのことでしょう。

早速どんな傾向があるのかお伝えしますね。


両親のコピーをしてしまう。

ACの人の両親もACなんてことはざらです。

そうすると、子供の時から身近に親を見ているあなたは、コピーをすることが多いのです。

えー!そんなことないよ!だって嫌いだもん。

そう思われる方も多いはず。

もちろんすべてをコピーするわけでもありません。

ある部分だけをコピーしたりすることもあります。

両親から一部ずつもらうこともあります。

カウンセリングしていると良く気づかれる方がおおいのですが、

私「今のお話しお母さん(お父さん)に似ていません?」

Aさん「うわー!そうですね。。。。。。」

なんてことがほぼ100%です。

親が仲が悪いことで、自分の結婚観が暗い…なんてのもコピーしているということですよ。

ダメな異性を選ぶ

ダメなんて言うとちょっと厳しいかもしれませんね。

実は、コピーをするということは、あなたが女性ならお母さんの真似をしてお父さんのような異性を選んでいる可能性がほぼ8割以上あります。

そんなことない!って思うかもしれませんね。

でも、思い出してくださいね。

ダメになった時のことを。

そういう悪い時こそ、親の真似をしています。

普段はおとなしいのに、すごく怒るところが父親みたいとか。

なぜでしょうね。

無意識は慣れを選んでしまう

あなたも意識的には両親のような人は避けよう避けようとしていますよね。

だって、ダメになるのわかっているし、嫌いだし。

そうですよね。

でも、「意識は」なんですね。

これがとても不思議なんですが、無意識的には慣れている方を選ぶんですね。

たとえば、怒鳴る父親を持つあなたは、一見優しい彼氏を選んだはずなのに、数か月目からすごい怒られるようになったとか。

こんな話は本当にざらです。

もう一度言いますが、どうやら無意識は慣れを選ぶようです。

パターンですね。

慣れとはいわゆる安心感にもつながります。

人間にはホメオタシス(恒常性)というものも働くため、パターンから抜け出すのは大変です。

恋愛パターンを変えるなら

あなたの経験(記憶)にアプローチして断捨離してくしかありません。

ネガティブな親の経験をキレイにしたり、過去の恋愛も本当の意味でお掃除しなければなりません。

考え方が少し変わったくらいだと、同じことを繰り返すようになります。

せっかく、別れても似たような異性に惹かれるのです。

もしも、ごっそりACの傾向を変えたいのであれば、カウンセリングやコースの受講が望ましいですね。

あなたの無意識レベルで、パターンを変えることが出来ますよ。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


1

« アダルトチルドレン克服: 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | アダルトチルドレン克服: 2018年2月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ