HOME > アダルトチルドレン克服に関するブログ > アダルトチルドレンブログ > アダルトチルドレンは心理カウンセリングで回復するとどうなるでしょう?

アダルトチルドレン克服に関するブログ

< ACの恋愛傾向って?すべての人に共通しやすいこと  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレンのカウンセリングでおこなうこと >

アダルトチルドレンは心理カウンセリングで回復するとどうなるでしょう?

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

アダルトチルドレンが心理カウンセリングで回復するとどうなるでしょう?

証拠となものですね。

一番わかりやすそうな例で言いますね。^^


例えば、アダルトチルドレンの方は、親が苦手とか嫌いだったりしますよね。

そうすると似たような人が、やっぱり苦手だったり嫌いだったりします。これがポイント。

一見これは、普通に見えますよね。


でも、待ってください。

どうして、その人は親じゃないのに苦手になったり、嫌いになったりするのでしょう?

大体、その人は親ではないことが「頭では理解できている」はずですよね?

でも、理解しても理解しても、感情や心は反応します。

親そのものでないのに、苦手や嫌いになるんですね。


実は、そういう反応は、無意識的なもので、潜在意識に刷り込まれているのです。


刷り込まれたそれは、父親のような「大きな声」とか母親のような「キンキン声」かもしれません。

父親のような「威圧的な態度」だったり、母親のような「冷たい態度」かもしれません。

父親の姿に似ている、もしくは母親の姿に似ているせいかもしれません。


年上全般が苦手かも知れませんし、同性全般、異性全般かも知れません。

はては、対人恐怖症かもしれません。

このように、本当に苦手なのは「親」なのに、似たような人に反応してしまうのは、脳の仕組みのせいで起きます。

脳は一般化ということをし、学習のスピードをあげます。

一つの出来事をパターンで認識してしまうのです。

だから、アダルトチルドレンで親が苦手だというだけで、たくさんのことを抱えるかもしれません。

アダルトチルドレンの自覚のある方はお分かりでしょうが、自信がなかったり、イライラしやすかったり、生きづらかったり、不安や悲しみが大きかったり、様々なネガティブなことがありますよね?


でも、このことは、アダルトチルドレンをクリアーしてしまうと、様々なことが一気に解決されてしまうとも言えます。

脳の仕組み的に、一つのパターンは、他のパターンを内包しています。

だからこそ、パターンなのですけれど。

ですから、きちんと解決できれば、早い段階でとっても楽になります。


苦手な人や嫌いだった人が、全く平気になったり、好きになることもあります。

癒されなかったインナーチャイルドを癒すことで、生きづらさという漠然としたものが解決したり、漠然とした不安が消える可能性もあります。

緊張時の手の震えがなくなったという方もいらっしゃいます。

嫌な思いの年月や深さがあっても、同じだけの時間や労力は必要ないんですね。

アダルトチルドレンは心理カウンセリングで回復すると、もともとの元気なあなたに戻り、本当の人生を歩むことが出来ます。。


私は、これがわからなかった時間が長かったので、大変苦労しました。(笑)

だからこそ言えますが、NLPは早いです。^^

心からNLPに出会えて感謝しています。^^

そして、クライエント様には出来るだけ、楽に早く元気になってもらいたいと思っています。^^




初めての方

20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン克服専門サイト

カテゴリ:

< ACの恋愛傾向って?すべての人に共通しやすいこと  |  一覧へ戻る  |  アダルトチルドレンのカウンセリングでおこなうこと >

同じカテゴリの記事

お母さんから安心感をもらっていましたか?

こんにちは。e261c3f70b6f245360bed00f26c0c5a1_s.jpgのサムネイル画像

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕洋です。

お母さんというのは、子供の心にとても大きな影響があります。

お母さんの気持ちがいつも

・安定している

・楽しそう

・嬉しそう

・穏やか

だと、お母さんの側にいる子供は安心感を感じます。

そばにいることの安心感が大きければ、それだけで子供はのびのび生きられます。

実は、アダルトチルドレンで悩まれる方は、

・お母さんからもらった安心感

が足りないことが多いようです。

そうすると…例えば、

・実家が心の休まる所ではありません。

それは、そうですね。

お母さんの影響はとても大きいのです。

実家にいて心が休まらないのであれば、

・緊張感や不安、孤独など

を家でも感じていることになります。

そうすると安心感を外へ求めるのも、うなずけますよね。

・頻繁に家を空ける

・家出をする

そして、安心感が少ない中で育った子供は、大人になった時に次のような気持ちに悩まされることがあります。

・漠然とした寂しさが大きすぎてつらい。

・常にイライラして、誰かにあたってしまう。

・何をしていても、漠然とした不安の中にいる。

・何をしても満足できず、刺激を求めてしまう。

・誰かといても孤独感が強い。

また、

・打たれ弱い

・依存傾向が強い

などなど

advanced NLPでは、過去にお母さんからもらえなかった安心感を満たすことができます。

あなたが安心した気持ちの中で、安らいだ平穏な生活を送ることが出来たら?

きっと、たくさんの幸せを感じられるようになりますよ。



20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中

怒るのって愛情なんでしょうか?

こんにちは。e261c3f70b6f245360bed00f26c0c5a1_s.jpgのサムネイル画像

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕洋です。

以前、お子さんを持つお母さんからお伺いしたのですが、

「怒るのって愛情ですよね」と。

もっと言うと

「怒るなんて当然。子供のことを思ってのこと」と。

そのお母さんは、真剣な眼差しで伝えていました。

あなたはどう思われるでしょうか?

賛成?反対?どっちでしょう?


聴いたことはありませんか?

「怒ると叱るの区別を付ける。」

この違いはなんでしょう?

実は「怒る」は自分が怒りの感情を持っているということ。

叱るというのは行為ですね。

特にお子さんに何かを伝えたいという時。

大切なのは冷静に伝えるということ。

ポイントは

「愛情をきちんと与えられて、愛情を受け取られるように」伝えるということ。

問題なのは、怒りの感情と一緒に伝えてしまった場合、おこさんの多くは「受け取れない」ということです。

メッセージの大半が「怒り」を伝えてしまうために、「こわい!!!」が大半になってしまうんです。

そうなると、何を言われているのかわからない。

・感情が抑えられないくらいに怒ってしまう。

・手が出てしまう。

これらで、もし苦しんでいるようなお母さんがいらっしゃれば、アダルトチルドレンの可能性があります。

・そんなに怒らなくてもいいとわかっているのに、心がついていかない。

・むしろ、怒ることに嫌悪感がある。

なのに、なぜ、怒ってしまうのでしょう。

もしかしたら、親に怒鳴られたり、怒られることが多くなかったですか?

あなたが望む、望まないに関わらず、無意識的にパターンが刷り込まれてしまったのでしょう。

これは、染みついたパターンを変えていくことが必要です。

過去を癒すと、自分のお子さんに穏やかに「言い聞かせる」ということができますよ。



20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


必要とされたい、満たされない、愛されたい、という思いをNLPで叶えるには

●必要とされたい、満たされない、愛されたい、という思いをNLPで叶えるには

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

「必要とされたい」

「満たされない」

「愛されたい」


そんな思いをずっと抱き続けていませんか?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s.jpgのサムネイル画像親に認めてもらえなかったり、愛してもらえた実感が無いと、このような思いが強くなります。

息苦しさを感じたり、自信の無さ、不安感、時には消えてしまいたいという思い、 そういうこともあるかもしれません。

実際、親の影響で苦しむ人は以外と多いんです。

このような症状は、アダルトチルドレンの特徴です。

アダルトチルドレンとは、機能不全家族で育った人をいいます。

・親が厳しすぎる

・親が過保護すぎる

・親が子供に無関心


などなど、カンタンにお伝えしましたが、他にも親のネガティブな影響は多々あります。

でも、アダルトチルドレンは病気ではなく、概念です。

機能不全家族で育った親子関係が、満たされないパターンとして残っているんです。

病気ではないので、パターンを克服することが出来ます。

ただ、生まれた時から親の影響を受けているため、考え方を変えたくらいでは、なかなか抜け出せないこともあります。

なぜなら、無意識レベルで「刷り込まれて」いるからです。

でも、無意識にアプローチ出来れば、あなたの生きづらさも、アダルトチルドレンも克服できます。

無意識へのアプローチが出来る、アドバンスドNLP講座やNLPのワークショップに参加すると、短い時間で解決することが可能ですよ

詳しく知りたい方は、メルマガにご登録くださいね。


20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


毒親が子供を叱る時知っておきたいこと

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg●毒親が子供を叱る時知っておきたいこと

こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

お子さんをもつ方は、どのようにお子さんを注意してますか?

私、毒親かな???って思う方は読んでみてくださいね。


まずは、子供の目線に合わせましょう。

そして、もしも感情がたかぶっているのであれば…、ちょっとその場を離れて深呼吸して、落ち着いてから話しましょうね。^^

伝えたいことだけ伝えるのがベスト。

そして、わかったようなら、ギューって抱きしめてあげてください。

愛情が伝われば、子供は親を裏切らないような生き方を自分でするようになります。

感情だけをぶつけても子供は「こわいーーーー!!!!」しか受け取れません。

そして、こわいから逃げるために違う方法を選択するかもしれません。

例えば、嘘をつく子になったり、いい子を演じるようになったり…。

子供の将来にとってあんまり良い影響はないんですね。

お父さんお母さんが変わるのは、今からでも遅くないんです。

気づいたあなたが、勇気をだして自分を変えたら、世界は変わります。

あなたもあなたの親から受け継いだのかもしれませんね。

でも、ネガティブな連鎖は断ち切ることができるんですよ。^^

だから、ほとんどの方が、毒親の影響は消すことができますよ。^^ 

そして、大事な子供に伝染させないことができますよ。^^


20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


機能不全家庭の毒親の伝染は変えることが出来ます

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s.jpgのサムネイル画像こんばんは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

毒親とは子供を否定したり、人格を傷つけたりするような親のことです。

言葉の虐待、精神的虐待、身体的虐待、育児放棄(ネグレクト)…。

そんなことをしてしまう親のことですね。


こういうことって、子供には非常に良くないのはもちろんです。

幼少期のトラウマが残って、パニック症状やアダルトチルドレンになったりします。

でも、もう一つ注意してほしいことがありまして…。

普通、こういうことをされると子供は「そうならないようにしよう」と努力します。

でも、人の脳では、親と同じパターンが無意識に刷り込まれてしまうんです。


例えば…、父親が激しく怒る人だった。

子供は、怒ることに抵抗が出来て、自分は将来そんな風にならないようにしようと思った。

そんなある日、子供は大人になって、すごく怒る自分に気が付いた。

自信はなくなり、感情が荒れまくる自分を否定するようになった…。

こんなことが起こるんです。


それが、幼少期のトラウマのせいだったりするんですね。

これを読んでいる、お母さんお父さんで、もしもそんなことに気が付いてしまった方がいたらチャンスです。

自分の子供にそんなネガティブなことを受け継がせたくないですよね。

気づいたあなたが、勇気をだして自分を変えたら、世界は変わります。


ちなみに、上の怒る人は、私の実例でした。^^

私でも、努力したら怒ることがなくなってきたのです。

というか…、ほとんど怒らなくなりました。

だから、ほとんどの方が、毒親の影響は消すことができますよ。^^ 

そして、大事な子供に伝染させないことができますよ。^^



20180404110241-2ee816706a57c110de173093fa82dc6755fe5453.jpgのサムネイル画像20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像









NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ