HOME > アダルトチルドレン克服に関するブログ > アダルトチルドレンの症状 > 見捨てられ不安とは? アダルトチルドレン

アダルトチルドレン克服に関するブログ

< 毒親が子供を叱る時知っておきたいこと  |  一覧へ戻る  |  愛されることがわからないなら インナーチャイルドを癒そう >

見捨てられ不安とは? アダルトチルドレン

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s.jpgのサムネイル画像●見捨てられ不安 アダルトチルドレン  

こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

「見捨てられ不安」って聞いたことありますか?

潜在意識(無意識)に「捨てられる恐怖、不安」が強く残っていて、ことあるごとに強く出る不安のことを「見捨てられ不安」と言います。

誰でもに対して、このような気持ちが湧くわけではないのですが、特に身近な人に対して衝動的にこのような気持ちが湧きあがる方がいらっしゃいます。

・例えば、パートナーから少し連絡がないだけで、猛烈な不安に襲われる。

・そして、メールや電話をひっきりなしにしてしまう。

・そして、常に、安否を気にしてしまい、いてもたってもいられない。

・また、パートナーとの別れ話などに、不安や恐怖に駆られる。

・そして、別れないためなら、自分を無くしてまでも相手に合わせる。

・自分の価値観をさておき、パートナーの言うことが正しいと「結構、無理して」合わせる。

・もしくは、無理をしていることにも気が付かない。

このような不安は、結構、ACの方やDV被害やモラハラ被害に遭っている方に多いかもしれません。

幼少期に、親から歪んだ愛情を受けてしまい、自分が癒されていないと起きたりします。

なので、愛情や友情や信頼などのポジティブを受け取りにくく、いつも「嫌われないように」動いてしまいます。

私、そうなのかも?

と思われた方や既に気付かれているけど止められない方。

やめられないのは、潜在意識(無意識)にすっかり刷り込まれちゃっているパターンだからです。

このパターンをなくすと、今までのような自分を押し殺したような人間関係ではななります。

パートナーや身近な人と、落ち着いた関係で束縛することなく、安心して過ごせるようになります。

そして、自分が本当に心から幸せになる道へと進むことができるのです。



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


カテゴリ:

< 毒親が子供を叱る時知っておきたいこと  |  一覧へ戻る  |  愛されることがわからないなら インナーチャイルドを癒そう >

同じカテゴリの記事

毒親の怒りの連鎖が子供にうつっていく理由 アダルトチルドレン例

毒親の怒りの連鎖が子供にうつっていく理由 アダルトチルドレン例    

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

NLPカウンセリングでは特にアダルトチルドレンの克服を得意としています。

さて、お子さんがいるご家庭のお母さまやお父さまの中で、

「怒りたくないのに怒ってしまうんです」

「もっと他にやり方があると思うのに…カーっとなるとつい…」


なんて方はいませんか?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s.jpgのサムネイル画像だいたいお話をお伺いすると…

「私も親にひどく怒られて育ちました。だからこそ、あんな親のようになりたくないのに、怒っちゃうんです。」

というお話が出てきます。

怒りたくないのに怒ってしまうのは、実は、潜在意識に刷り込まれているからです。

幼い時から潜在意識(無意識)がパターンを学習しているからです。

潜在意識は他人と自分を区別できません。

見て聞いて感じたものをそのまま受け取るんです。

そして、子供は生まれた時からはじまって、すぐに親を吸収します。

そして、幼少期に一人では生きていけません。

必ず、誰かの保護のもとに生きていかなければならないのが、人間の子供です。

そして、子供は守られなければ生きていけないのが、本能でわかっているのです。

それが、たとえ毒親であろうともです。

子供は、逃げ出せない苦しみの中で、必死に頑張ります。

その中で、潜在意識がパターンを学習していってしまうんです。

良いにしろ悪いにしろ、日常的に見続けているうちに、怒りのパターンが形成されていきます。

そして、親に対しては、苦しみだけではなく「愛情」も感じるんです。

虐待を受けた子供がそろって「僕がいけない」とか「私が悪い子だから」と親を守ろうとするのもそのような理由です。

そして、苦しみと愛情が混ざってごちゃごちゃになったものを抱えて、大人になります。

そして、いざ自分に子供が出来たら、自分の親と同じことをしている自分に気がつき、苦しむんです。

愛している我が子に怒ってしまうパターンが作られてしまったのです。

これが、毒親、アダルトチルドレンの連鎖です。

でも、もしも気付かれたなら、このアダルトチルドレンの負の連鎖を崩すことができます。

ee542e82075f8044f0b27c1c24eeec3c_s.jpg穏やかな愛情だけで子供と関わるようになれるんです。

アドバンスドNLPの講座やNLPカウンセリングで連鎖を止めることが出来ます。



アドバンスドNLPでは、あなたの無意識が変わり、あなたの人生が生まれ変わります。

家族や子供にために自分が変わるという選択。

一見遠回りのようで、一番の近道ですよ。

メルマガで詳しくお伝えしています。よろしければご覧くださいね。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


アダルトチルドレン 他人の気持ちに引きずられやすくてつらい

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s.jpg
アダルトチルドレン 他人の気持ちに引きずられやすくてつらい


 
こんにちは。
 
講師兼カウンセラーの岩渕洋です。
 
講座でもカウンセリングでも、とても多くの方が、周りの人に引きずられやすいと言います。

これをお読みのあなたは、他人の気持ちや感情に引きずられやすくないですか?


他人や周囲の人の気持ちに引きずられやすいと何が起こるでしょうか?
 
 
例えば

・あんまり引きずられやすくて…疲れてしまう。

・悲しい人がいれば、話を聞いているうちに本人よりも落ち込んでしまう。

・不安な人が近くにいれば、同じように不安になってしまったり、ソワソワしてしまう。

・怒っている人がいれば、ひどく動揺する。落ち着かなくて、やっぱりソワソワしてしまう。
 
こんな風に感じているあなたは
 
・そもそも人混みや集団の中にいるだけで消耗が激しい。
 
・人の気持ちを先読みしたり、顔色を窺ったりしてしまうので、一見優しい人と思われる。
 
・でも、自分としては優しいと言われても腑に落ちない。そういうことではなくて、人を気にして生きているのです!
 
なんてこともありませんか?
 
そうなんです。
 
アダルトチルドレンの方は親の動向に対して敏感です。
 
それは、生まれて来てから培ったもの。
 
あなたがなりたくてなったわけではないけれど、無意識のうちに親との関りで学んだもの。
 
その結果として、人の気持ちを敏感に察する能力を養ってしまったのですね。
 
あなたの無意識はそれを選択することが「ベスト」と思ってしまったのです。
 
アダルトチルドレンさんの出来上がりです。
 
でも、大人になるにつれて、だんだん他の人と比べて気づいていきます。
 
テレビやネットでも、学校でも会社でも自分と違って「生きやすい」人がいるなぁ。ということに。
 
なんで私だけこうなんだろう。
 
もっと自然に生きやすくなれたらうれしいのに。。。。
 
こんな方に限って、自分の気持ちを押し殺して、他人に尽くす頑張り屋さん。
 
いつもニコニコ笑って、周りにつらいと思われない。とか。
 
感情を上手く出すことが出来ない。とか。
 
一生懸命考えているのにノー天気と言われたり。
 
悲しくてつらいのに、「悩みなくていいね」と言われたり。
 
私だけいっつも損な役割。。。。って思っちゃいますよね?
 
でも、実は結構そういう人は多いんですよ。
 
私もたくさんの「いい子ちゃんタイプ」に会っています。

このようになりやすい方は、相手の立場に立ちやすい人です。

あなたは、とても優しいので、人への共感する気持ちが高いのです。

でも、それによって、疲れすぎたり、心が不安定になりやすくなっていませんか?

友人も、不思議と「我を通す」人が寄ってきませんか?

あなたは、常に「うんうん」と言って話を聞くので、良いはけ口になっているかもしれません。

そして、「あなたはわかってくれるよね?」とか「わたしたちって一緒だね」のような魔法の言葉に引きずられます。

要は、気持ちも含めて「洗脳されやすい」ということにもなるかもしれません。

もう疲れてしまって、人に左右されたくない…。自分の気持ちを大切にしたい。

そんな気持ちになったら、それを解く方法があります。
 
簡単に言葉で説明すると、
 
・自分と周囲に境界線を引くこと(親との境界線もです)
 
・人のペースに飲み込まれるのではなく、自分のペースを守ること
 
・相手の話に「うんうん」と合わせてもいいが、「私は私、あなたとは違う」と思うこと。

 
そんなことが挙げられるかもしれません。
 
NLP的には
 
・自分を守るイメージ(あなたがいいと思ったものでいいのです)
 
・過去のわだかまりを解いていく

 
によって心や身体を常に守っていく。そんなことも挙げられます。
 
講座では一日にいくつかのワークをします。
 
学びながら自己肯定感が上がったり、あるがままの自分に気が付きます。
 
学ぶことで自分の気持ちや人生を取り戻した人。
 
自分の気持ちに素直になって、やりたいことがやれるようになった人。
 
そんな皆さんの変化した姿がとても素晴らしいと思います。
 
ビフォーアフターで見てもらいたいくらいです。^^
 
特に基礎コースは自分のことに集中して取り組んで欲しいのです。
 
自分をとことんまで本当に癒す。
 
過去と関係なく生きることが出来る。
 
そんな経験を是非していただきたいと願っています。

adult-children-seminar3.jpg

アダルトチルドレン克服 親の顔色をうかがって生きてきたあなたへ

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s.jpg
●アダルトチルドレン克服 親の顔色をうかがって生きてきたあなたへ


 こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

アダルトチルドレンで多いのが「良い子の仮面で生きづらさを感じている人」。

良い子でなければ、愛してもらえない…、そんな環境だったのでしょう。

ついつい人の顔色をうかがってしまう…。 そして、自分の意見より、人の意見を通してしまう…。 また、それが安心でもあるんだけれど…、とても生きづらい…。

そんなあなたは、親の顔色をうかがって生きてきたアダルトチルドレンなのかもしれません。

良い子でなければいけない…、と言われたり、暗黙のうちに刷り込まれてしまったのでしょう。

自分の本当の気持ちを押し殺して、人の気持ちを優先し続ける。
良い子と言う呪縛に縛られて、自分が嬉しいよりも、親の嬉しいを優先する。
親が喜ぶ姿を「自分の気持ち」と錯覚してしまう。

そして、大人になっても自分のやりたいことが分からなかったりする。

人の意見ばかり尊重して、自分は後回し。

自分の嬉しいという感情がわからないし、まして、自分の本当の感情を出すことが良いこととは思えていない。

ある意味、人との調和を重んじる、とても優しい人なのかもしれません。

でも、自分の心のバランスは取れていますか?

あなた自身をいたわり、楽しみや癒しの中へ自分を置くことは出来ていますか?

もしも、生きづらさを感じているのなら、自分の気持ちを取り戻しましょう。

親の呪縛をといて、良い子の仮面をとって、自由に生きる選択肢を選んでみませんか?

良い子の時も、悪い子の時も愛される「ありのままの自分」が一番ですよ。^^

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

アダルトチルドレン克服専門サイトtop

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ