カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年11月

ブログ 2015年11月

アダルトチルドレンの症状

●アダルトチルドレンの症状

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

アダルトチルドレンは様々な精神症状や心身症になりやすいです。

以下に症状と特徴を示します。

ただし、一概にアダルトチルドレン=以下の症状ではありませんが、以下の症状や特徴を持つ多くの人にアダルトチルドレンの人が多いことがわかっています。

・うつ症状
・不安症状
・偏頭痛
・吐き気
・下痢
・冷や汗
・動悸
・震え
・身体の痛み、ひどい肩こりなど
・自律神経失調症
・不眠
・めまい
・パニック症状
・息切れ
・気を失う感じ
・死んでしまいそうな感じ
・解離症状
・性交痛
・ひどい生理
・記憶力の減退
・五感の異常
・PTSD(心的外傷後ストレス障害)
・フラッシュバック・
・感覚の鈍麻(自分が何を感じているかわからない)
・希望がない
・対人恐怖症
・怒りが突然爆発する
・免疫力低下による症状
・自分のことを大切にしない
・人をコントロールしようとする
・問題のある人間関係の中に身を置きやすい
・依存心が強い
・考え方、視野が狭い
・現実を受け入れない、否定する
・コミュニケーション技術が低い
・自分と相手の境界線がわからない
・忍耐直に欠ける
・罪悪感に襲われる
・極端すぎる。白黒つけたがる。
・被害者意識が強すぎる
・顔色を窺いすぎる
・嘘をつくことが多い
・自己が確立できない
・権威者を恐れる
・親や近親者に似ている世代が苦手
・苦い経験からの学びがない、何度も同じことを繰り返す
・依存症(アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、買い物、仕事)
・摂食障害(過食症、拒食症)
・自分が虐待してしまう(子供、パートナー)
・盲目的に同じパターンの人を好きになる、引き寄せる
・共依存(あの人は私がいないとダメなのと強烈に思う)
・愛情はしがみつくことと思っている

ご参考までに。

NLPカウンセリングやアドバンスドNLPのコース受講をすることで、アダルトチルドレンが解消されると、症状が軽減されることが多々あります。

adc625926bc91cf55aae6f5699e3eb96_s.jpg
こちらをご覧いただくと、詳しくお伝えしています。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像



アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京新宿、神奈川横浜でお探しの方へ

●アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京新宿、神奈川横浜でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

東京新宿、神奈川横浜でアダルトチルドレンのセミナー・講座をお探しの方は、是非、ご検討いただけたらと思います。

四葉のクローバー.jpgのサムネイル画像
日本NLP学院ではアダルトチルドレンの克服に力を入れています。

アダルトチルドレンを克服することが出来たなら、あなた自身が楽になることはもちろん、あなたの子どもや家庭に、負の連鎖を引きずらない新しい連鎖が生まれます。

アダルトチルドレンは、よく親子連鎖を起こしやすいと言われます。

なぜなら、無意識的に「親を子が真似る」ということが起きてしまうからです。

イライラを真似たり、落ち込みや、自己否定を真似たり。

部分的に、母と父の両者を真似ることで、葛藤が起きたりもします。

でも、ご安心ください。

アドバンスドNLP「ネガティブな過去のトラウマを解消する」ことを得意としています。

親からもらったネガティブな性格や培ってしまったネガティブな行動パターンも解消していきます。

あなたの毒親に係る苦しみは、どのようなものですか?

・母親や父親が苦手
・母親や父親に似た人も苦手
・自分のことは後回しにして、他人ばかり優先してしまう
・人の顔色を窺ってしまう
・自信がない
・孤独感が常にある
・不安感が常にある(安心感が足りない)
・イライラしやすい
・依存的
・共依存的
・落ち込みやすい
・見捨てられ不安がある
・過去、両親または祖父母にトラウマを抱えている
・最近、両親のネガティブな行動を自分もしていることに気が付いた
・子供に対して、親にされたようにしてしまったことに気が付いた

アドバンスドNLPを学んでいくと、これらのネガティブなトラウマや性格行動パターンが解消されていきます。

・母親、父親が平気になった(似た人も平気になった)
・自分のことも大切に出来るようになった
・人のことを気にしなくても平気になった
・自信が出てきた
・孤独感、不安感が消えた
・イライラしなくなった
・自立できるようになった
・落ち込まなくなった
・見捨てられ不安がなくなった
・トラウマが解消された
・知らないうちにしていた親がしていた行動や反応と、同じ行動や反応から抜け出した


ここに載っていないからと言って、「私は違うのか…」ということではありません。

アダルトチルドレンは概念であり、「こうだ!!」という定義で、決めなくても大丈夫です。

あなたの今抱えている「生きづらさ」やあなただけの課題を授業では取り組んでください。

実は、アドバンスドNLPは「内容を話さなくても」おこなえるワークがすべてです。

もしも、人に話せないことがあっても、ワークは出来るのです。

ただ、特に強いACトラウマをお持ちの方は、NLPカウンセリングを併用されることをおススメいたします。

アダルトチルドレンを克服するセミナー、講座をお探しなら、

NLP×マインドフルネス=進化版NLPのアドバンスドNLP が学べる
チェンジファシリテーター基礎コースがお勧めです。

もっと詳しく知りたい方はこちらのメルマガにご登録くださいね。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

ベストセラー「スタンフォードの自分を変える教室」に学ぶ

こんにちは。日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

みなさん、「スタンフォードの自分を変える教室」ケリー・マクゴニガル著を読まれたことはありますか?

スタンフォードの自分を変える教室
著書のケリー・マクゴニガルさんはスタンフォード大学の健康心理学者です。
心理学、神経学、医学の最新の内容を扱っています。
この本に書かれていることは、まさに実践するための心理学です。

TEDプレゼンテーションでは900万回超の再生回数を記録されているそうです!
すごいですね。

この本の冒頭には「誘惑や依存症に苦しんだり、物事を先延ばしにしたり、やる気が出なかったりして、困った経験のある方、つまりすべての人に本書を捧げます」と書いてあります。

みなさんも経験ありますよね。私もあります。^^

この「スタンフォードの自分を変える教室」の中には、大切なことがたくさん書いてあるのですが、その一部に触れると「呼吸をゆっくりすると自制心が発揮できる」と記されています。

私たちの授業中も、何度となく触れますが、

深呼吸をしていくとものの数分でリラックスします。
リラックスは、冷静な気持ちにもつながり、客観的な視点にもつながります。
その結果、自制心も発揮されます。

だから、実は「人の仕組み」であり、当たり前のことなのです。
でも、このようなことは学校でも習わないので、結構、ご存知ないのも当たり前です。

でも、自制心が働かない時(緊張や焦りの時)に、私たちは、自分をリラックスさせようとして、「かりそめのリラックス」を選んでしまいがち。どういうことかというと、私たちはリラックスのために

・過食したり
・甘いものをたくさん食べたり
・お酒を大量に飲んだり
・大量に買い物したり
・ギャンブルしたり

ということをしてしまうことがあるのです。

これらは、脳の仕組みから「一時的に」満たされます。でも、実は、一時的であるが故に、何度も同じことを繰り返し、自分の望まない方へ向かっていしまいます。行き過ぎると、取り返しのつかないことにもなりますよね。

私たちに必要な「リラックス」とかりそめの「リラックス」を、しっかりと分けて理解して置かないと、リラックスするつもりで

・太りすぎてしまったり
・アルコール依存的になったり
・買い物依存になってお金を使いすぎたり
・ギャンブルにはまったり

するということなんです。

そして、一番理解してほしいのは、かりそめのリラックスは「心が休まっていない」ということなんです。本当のリラックス、そして、自制心を発揮したければ、「呼吸をゆっくりする時間を作る」といいんです。

「スタンフォードの自分を変える教室」

良かったら、読んでみてくださいね。

NLP×マインドフルネス=進化版NLPの講座では、リラックスの体験がしっかりと出来ますよ。

アドバンスドNLPが学べる チェンジファシリテーター基礎コースで体験できます。

自分に自信がない...が変わりました!!

●自分に自信がない…が変わりました!!

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

みなさんは、「自分に自信がないようなことはありませんか?

・会社のプレゼンで自信がない、そして緊張してわけがわからなくなる
・自信もないし、自分の言っていることはどうせ伝わらない
・自分の声に自信がない
・異性の前では、途端に自信がなくなる

・自信がないので、意見を言わないのが普通です
・自信がないので、自分よりも他人を優先してしまう
・自信がないので、人の顔色を窺ってしまう
・自信がないので、人に何かを進められても遠慮してしまう(どうせ私なんかできるわけがない)

自信がないと、いろいろ引っ込み思案になってしまったり、いざとなったら実力がでなかったりしますよね。

でも、アドバンスドNLPのチェンジファシリテーター基礎コースで、「自信がない」自分から「自信がないってなんだっけ?」に変わった方がいらっしゃいます。

チェンジファシリテーション授業風景.jpg
受講生様から体験談をいただきましたので、ご覧ください。

【体験談】

何事にも自信がなかったです。今考えると自分自身に自信がないという感覚でしょうか?

常に「自分のことよりも人のことばかり」気を遣っていました。

それが行き過ぎて、誰かが親切でしてくれたことでさえ、「受け取る」ことが重荷でした。
重荷なのは、理由があったんです。
私は、人のことを気にしすぎて、してくれたことを「受け取る」ことしかできなかったんです。

・私には、その親切は受け取る価値がない
・その親切は、私には重すぎる
・重いから断ろうにも断れない
・断ったら、嫌われるかもしれない
・断ったら、申し訳ない、裏切っちゃいけない、悲しませちゃいけない

そんな思考が頭をいつも巡っていて、もしも「断る」という選択をした場合、非常に疲れ切ってしまっていました。
そして、人の前では本心も言えず、常に緊張していました。

でも、アドバンスドNLPのチェンジファシリテーター基礎コースを学んでいくうちに、気づいたら人前で緊張しない自分がいました。

正確には「いつ」緊張しなくなったのか、わからないのですが、生まれて初めての感覚でした。

それと同時に、「自信がない」「いつも自分を責め続ける」という感覚もなくなっていました。
じゃあ、自信満々かと言えばそうではないのですが、おそらく「平常心?」のような感覚です。落ち込むことがなくなったのです。


「自信がない」というところに自然とフォーカスしなくなりました。

そして、断るということに関して言うと、義母のしてくれたことを普通に断れる自分がいて、びっくりしました。

変なところでエネルギーを使って、へとへとになっていた自分は、どうやらいなくなってしまったようです。^^

「自信がない」という感覚が今はよくわからなくなってしまいました。


【終わり】

自分に自信がない。自信のある人が羨ましい。

そのようなことでもしもお悩みなら、進化版NLPのアドバンスドNLPで変えられます。

アドバンスドNLPは、最新の心理学、脳科学、生理学、を使った変化の仕組み。

「自分が変わる」「人間関係が変わる」「人生が変わる」誰でも使えるスキルです。

NLPが初めての方は基礎コースから学びましょう!!

1

« 2015年2月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ