カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年7月

ブログ 2017年7月

環境や役割に応じて人は変化しなければならない。

730a965990557c4bc6ab218f753f6631_s.jpg
●環境や役割に応じて人は変化しなければならない。

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

今日は、変化についてお話しようと思います。

人は生まれてから感覚(五感)を通じて、日常生活に必要な言動を覚えていきます。

幼児の頃は、お母さんに何から何までしてもらいますね。 そうしないと赤ちゃんや幼児は生きていけません。

食べ物を作ってもらって、食べさせてもらって、トイレのことやお風呂のことなど何から何まで。

でも子供は少しずつお母さんがやっていたことを覚えていきます。 そして自分でもできるようになっていく。 成長していくわけですね。

子供の成長に合わせて、徐々にやってあげることを減らしていくなどお母さんも変わっていく必要があります。 そうしないと子供の成長も止まってしまいます。またはお母さんと衝突するかもしれないですね。

私の妻はあるとき言っていました。

「思い通りにならない自分の子供に対して、自分の腕が勝手に動いているような感覚だったよ。」

自分から生まれてきたから、自分の体の一部のように感じていたようです。

しかし、子供が幼稚園の時に気づいたようです。

「子供には不幸を味わせたくないと思って、自分が茨を取ってしまっていたら、より多くの茨が生えてしまった。親がとってはいけないんだ。子供が自分でとれるようにならなければいけないんだ。」 と思ったようです。

おかげではっきりとした意志を持ち、自分で考えて行動する子供として成長し続けています。

そういう姿を見ながら、人は状況や役割に応じて変化し続けていく必要があるんだなーと思ったものです。

しかし、変えやすいことはいいのですが、「頭ではわかっていても変われない!」と思うことはありませんか?

人は経験すると記憶します。記憶はパターンの固定化なので、固定されたパターンに縛られてしまうのです。

力ずくでパターンを変えようとすると膨大なエネルギーを要します。その上中々変わりません。

ではどうすればいいのか?

パターンを変える技術というものがあるのです。

パターンを見つけてパターンを変える技術を用いれば、スムーズに変わります。

そのパターンを変える技術がNLPなんです。

NLPとは変化の技法”です。

特にアドバンスドNLPは、無理をせずに望ましい変化が訪れる技法です。

詳しくはこちらをご覧ください。↓↓↓

advanced NLPとは

NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

今まで以上に成長、飛躍するには

話し合い
●今まで以上に成長、飛躍するには

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

他者とどうして分かり合えないのか。

こんな実験があります。

生まれたばかりの子猫が被験体として使われました。暗室で育てられた生後3~14週の子猫を1か月の間、縦と横のどちらかの縞模様に囲まれた環境で育てたのです。

部屋の内壁は垂直縞の模様にしておきます。子猫の首には大きな襟をつけ、自分の体がいっさい見えないようにしておきます。

このような措置を施した後、数週間以上飼育し、その後でこの子猫の視覚皮質一次野のニューロンの反応特性を調べると、垂直縞で育てられた子猫では垂直のエッジ(線、輪郭)にもっともよく反応するニューロンがいちばん多く、また垂直からプラスマイナス30度の範囲にもっともよく反応するニューロンが、大部分を占めていました。

一方、普通の環境で育てられた子猫では、各方向に選択的に反応するニューロンがまんべんなく存在していました。つまり、縦縞で育てられた子猫の視覚皮質は、特殊な縦縞環境に適応していたのです。
(『意識とは何だろうか』下條信輔著、1970年に行われたブレイクモアとクーパーの実験より)

二匹の子猫を誕生直後から2~3日月齢まで、まったく逆の視覚環境、垂直縞だけの環境と水平縞だけの環境で育てた場合、当然垂直近辺のエッジだけに選択的に反応する猫と水平近辺のエッジにだけ反応する猫とができます。

これらの猫を普通の部屋に放ちます。足元に縦長や横長の積み木がたくさん置いてあると、垂直縞の猫は縦長の障害は巧みにすり抜けて歩きますが、足元の横長の積み木には気づかずつまずいて転んでしまうのです。

水平縞の猫はその逆で、横長の積み木は難なく飛び越えるが、縦長の積み木にぶつかってしまうのです。

彼らによって知覚される世界はほとんど正反対のものになっているはずです。
彼ら二匹は同じ物理環境にいるのにまったく別の世界にいるのです。

NLPでは、このような各個体で形成された認識構造のことを地図(内的世界)といいます。

現実を自分なりの物の見方や意味づけによって理解するということを行います。

猫もそうですが、人間もどうようなことをしています。 赤ん坊の時に環境や状況、親など周囲の人物の影響(見えること、聞こえること、感じること)をインプットしています。 構築された神経回路や認識した世界(地図)を前提として私たちは生きているのです。良い悪いではなく思い込んで生きているのです。

つまり、固定観念と言い換えることもできます。

だから、他者との話がかみ合わないということが起きたり、できるかもしれないのにできないと思ってしまうことなども起きます。 思い込み(固定観念)から抜け出すことができたら、今まで自分が気づかなかった可能性や結果に遭遇することができるのではないでしょうか。

意見が違うから否定するのではなく、違った要素同士が融合することで新しい物が生まれる可能性があるのです。

今まで以上に進歩するには、今までの価値観、考え方を疑ってみることも、必要な事かもしれませんよ。


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

NLPでビリーフ(信念)を変える

nlp-japan_128.jpg
NLPでビリーフ(信念)を変える


こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

NLPはビリーフ(信念)を変えることができます。

他の心理療法、例えば認知行動療法などでも扱う信念。

私たちは、この「信念」に基づき行動していると言っても過言ではありません。

信念というものは、普段隠れていて気付きにくかったりもします。

無意識の領域になっている(表出していない)ということです。

実は、カウンセリングの最中にこの「信念」に出会うことがあります。 そして、信念に出会ったとき、私たちは「そうだったのか」と腑に落ちたりします。

例えば、カウンセリングで男性に負けたくないという方がいました。

ご主人と仲がいまいち良くなく、職場でも男性に対してあまり受けが良くない。 もちろん自分も、さほど良く見せようなんて思っていない。 そして、職場の男性に対して上手にできている女性に対して「イラっ」来たりもする。 もちろん、そんな女性を羨ましくも思う。

この女性がカウンセリングを受けて気づいた信念はなんでしょう?

信念は人それぞれ、ある信念イコールこういう性格、行動とはいきません。

彼女は「女性否定」がありました。これもまだ信念ではありません。 女性否定があるからこそ、女性である自分も否定し、男性に負けてたまるかという気持ちが生まれていたようです。

さらにお話を進めていくと、母親に幼少期に言われた一言が出てきました。

「あなたが男の子だったら良かったのに」

この女性は40代です。なのに彼女が、いまだに幼少期の頃の母親の一言に縛られているのがわかりました。

この女性の信念は「私は私のままではいけない」ということでした。

深い深いこの信念が彼女を縛り付けていたのです。

これが中核の信念です。

それが、大人になっても

・子供がありのままに遊んでいるのがむかつく(私はできなかった)
・男性に負けたくない(女性である自分が認められない)
・女性らしい人の仕草にイラっとする(自分が否定しているものだから)

などなどと派生しているのです。

このように、ある信念に彼女は縛られていたのです。

ちなみに信念は一つとは限りません。

この信念が出てきたとき、彼女は過去の未消化の部分に泣き崩れ、自分をもっと癒していこうと誓ったのです。

でも、信念が出てきたら後はNLPのワークを進めていくだけ。

彼女一人でも取り組めますし、困難なときはカウンセリングを頼めばいいのです。

ちなみに彼女はその後自然と女性らしさを出せるようになりました。

自分を癒すプロセスを学んで、自分を許すことができたんですね。

NLPではたくさんの「変えたい状況」を扱えます。

「変えたい状況」というのは表出している場面です。

「信念」があるからこそ、繰り返してしまう表に出やすいネガティブな行動やパターンがあります。

NLPでは隠されている「信念」も扱いますし、表出している特定の場面も扱います。 それは、同じ事柄に対してのアプローチの方法の違いとも言えます。

前述の女性に対して、子供との場面を扱ってもいいし、職場での場面を扱ってもいい。

また、直接彼女の信念を扱うこともできるのです。

そう、お母さんに「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われたその時にさかのぼって、自分を救い出すのです。

もしもNLPで何をすればいいのだろう?という方は、今現在困っている場面を思い出せばいいのです。 あなたの最近の出来事でもいいし、幼少期のことでもいいのです。 思い出されるということは、心に刺さっているということ。

でも、両方ともあなたの中だけで起こっていることで、他の人の中で起きているのではありません。

もっと言うと、どこで起こっていますか?

それは、あなただけの脳の中、あなた固有の過去の記憶として起こっているのです。

インナーチャイルドという概念もありますね。

あなたがセラピーでインナーチャイルドと言われたときは、あなたはインナーチャイルドという言葉に対して抽象的に脳の中で表出していきます。

NLPでは、そのような抽象的なイメージを扱うこともできます。

いかがでしょうか?

今、お話したことは講座で学べます。 自分を講座で癒すことも人のために講座を学ぶこともできます。

現在がちょっと苦しいのであれば、NLPカウンセリングを受けることもできます。

NLPはあなたに「考え方を変えなさい」という方向ではアプローチしません。

無意識につながって、自然と囚われから抜け出せるようにします。 ネガティブなイメージや感覚といった無意識の領域に直接アプローチしていくのです。

上記の女性は、講座もカウンセリングも受けて、今では自分もカウンセラーになろうと頑張っています。

課題は課題。それとも付き合いながら、カウンセラーになろうと努力する姿は勇気をくれますね。

日本NLP学院ではアダルトチルドレンを癒すカウンセラーになることができます。

ご興味のある方は、無料個別相談をご利用くださいね。 マンツーマンでご対応させていただきます。

無料個別相談


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

NLP応用コースが9月から開催です。

43f93921a59e4d389e81ea92ba10dae9_s.jpgこんにちは。

講師、NLPカウンセラーの岩渕です。

「本当に人生を変える」advanced NLPはそれを可能にしてくれます。

基礎から学んで、応用、発展コースまで全て取り組んだときは、おおよそ最短で2年ほどかかります。

NLPは魔法のような効果を短期で出す。」と思われがちですが、人の仕組みから外れたことはしません。

今回、あえて、大切なのは「時間」だということに触れてみます。

例えば、一つの出来事(犬に噛まれた、犬が怖い)に対してセッションは数回で終わるかもしれません。

でも、例えばあなたの中の信念やこびりついた考え方などを、一掃するには数回でよいものでしょうか。

心の課題は「幹」と「枝葉」があります。

よく「幹」を癒して「やったー」と思っている方を見かけますが、「まだあるよー」と言うことが多いのです。

そうするととてももったいない。

もっと、楽に自由にいけるのに。と思うことが結構あるのです。

ここで人の仕組みのお話をします。

人の体細胞は常に入れ替わっているのです。これを「代謝」といいますね。

そして、不足した栄養素を補うのに4か月が目安と言われています。

必要な栄養素をたとえ一気に大量に摂ったとしても、全てが吸収されるわけではないのです。

体が吸収する栄養素の量も、適切な時間もあります。

身体トレーニングをおこなった人はわかるかもしれません。

身体トレーニングは正しいやり方での継続が必要で、食事として摂取する栄養素もちゃんと計って摂るものです。

話は戻りますが、脳はどれくらいの期間で入れ替わるか知っていますか?

おおよそ、一年で総入れ替えするそうです。

代謝の早い細胞では胃の粘膜で3日、皮膚は1か月だそうです。

お肌のターンオーバーなんて聞いたことがあるかもしれません。

そして、代謝の遅い骨ですら、成人で2年半で入れ替わるそうです。

これは、何かを「している」「していない」に関わらず、同様の期間で体細胞が入れ替わります。

だからこそ、その間に「何を取り入れたか」や「どんなことをしたか」で結果が変わるんです。

もう一つ、身体のお話をします。

例えば、スポーツジムで鍛えるとしましょう。

どんなスポーツジムでも大体「2か月」で変わるとうたっています。

実は、これも人の仕組みから外れていないのです。

初めの一か月は、筋肉トレーニングをすると「神経系」の発達が起きます。

この最中に筋肉が大きくなるようなことはありません。

もしも、筋肉が大きくなる人は「過去に同じようなトレーニングをした人」だけです。

そして、普通は2か月目にやっと筋肉が大きくなって目に見えるように変わるのです。

何を言いたいかわかりますか?

身体トレーニングも心のトレーニングも、「反復の練習」と「時間」が必要になるということなのです。

そして、栄養素として何を「吸収」するか、どんな正しい練習をインプットするかにもかかっています。

また、筋トレでありがちなのが、初めの1か月で成果が出ずに諦めること。

これまでの1か月があったからこそ、これから成果が見えてくるのに、理屈を知らずに損をしてしまっています。

NLPも人の仕組みから外れていません。

筋トレみたいに痛みはありません。脳は痛みを感じないからです。

でも、確実に変化のための神経系が発達し始めます。それは痛みではなく多くは眠気でくるようです。

だからこそ脳神経も使えば使うほど、太くもなりますし、連携が良くなります。

安定した心になればなるほど、もっとより良く変わるベースが積みあがっているということなのです。

NLPを初めると、少なくとも半年たって振り返った時に「意識」が「何が変わったか」に気が付くと言われます。

ちょうど「基礎コース」が終わるころですね。

でも、もしも授業内だけの取り組みだったら?もしかしたら気づきは少ないかもしれません。

トレーニングの時間としては、ちょっと少ないのかもしれませんね。

でも、もしかしたら「周りの人」の方があなたの変化に気が付いて、あなた自身がまだ気が付かないだけなのかもしれません。

身体の中で神経の発達は確実におこっているのに、筋肉が目に見えて発達していないような段階かもしれませんね。

・基礎コース→スポーツジムでの2か月の成果、ダイエット成功
・応用コース→スポーツジムでの半年の成果、誰が見ても見違える体つきで、たくましいしなやかな肉体。
・発展コース→1年ほどトレーニングをおこなって、ボディービルダーの入り口。

9月から新宿にて応用コースが始まります。

応用コースでは体験学習以外に、今までやってこなかったadvanced NLPを左脳的に理解するということもおこなっていきます。

そうすると、人に行う時も自分が理解しているので、安心感も増しますし、自分で取り組むことの成果も格段に上がるでしょう。

応用コースには新しい学びと基礎コースの再受講が含まれます。

再受講に出られた方の多くの人が「基礎コースの再受講は本当に価値がある」と言っています。

今まで、無意識的に学んでクエスチョンマークが多かったものが、再受講で統合されるのと、別の気づきが生まれ「ああ!こういうことだったんだ!」という深い感動を得ることができます。

そして、その学びが、応用コースへの足掛かりにもなり、今までの学びが当たり前となってベースになった皆様の上に積み重なるのです。

まさに、応用コースに出ると「誰が見ても見違える体つきで、たくましいしなやかな肉体」になれるのです。

いかがでしょうか?

9月から始まる応用コース、是非とも基礎コースを受けた皆さんは、ますます積み上げて更なる成果を出してくださいね。

adult-children-seminar3.jpg

自分がやりたいことをみつけたいあなたへ

幻想的な木

●自分がやりたいことを見つけたいあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

・やりたいことがない。
・やりたいことが見つからない。
・なんか力がでないし充実しない。
・でもやりたいことを見つけたい。
・私にはどんな役割、使命があるのかを知りたい。

そんなあなたのために、今日は書きます。

趣味とかそういうことではなく、人生という観点で自分のやりたいこと(役割、使命)を知るということです。

自己啓発の分野では明確な持ちなさい、といいます。 スピリチュアルの分野では、ワクワク・ウキウキすることをしなさい、といいます。

私はどちらの分野にも長年かかわってきました。 しかし、それだけでやりたいことを見つかる人は極めて少ないのです。 見つかったとしても勘違いしていることが多いのです。

やりたいこと(使命や役割)を見つけるには少なくとも二つのことが必要です。

1. いろいろとやって試してみる。
2. 捉われない心の状態になり本来の自分(無意識)が求めていることを理解する。


1のいろいろとやって試してみるということは、何事も経験してみないと人間というものはわからないようにできているという意味で、考えてばかりいても見つけられないということです。

当たり前のようですが、できていない人はたくさんいるはずです。

この1をやる人はいるのですが、でも見つからない人はたくさんいます。 なぜならば、2をやっていないからです。

2をやっている人はさらに極めて少ないです。 2のとらわれない心の状態になるには、瞑想やヨガなどでも可能なのですが、それだけだと不十分です。

なぜならば、大半の人間は過去の記憶に縛られている(固定観念)からです。

例えば、あなたは100m走をするとしたら10秒を切れますか?私は切れません(^^;

なぜならば、走ったことがあるからです。

年齢も考えると10秒どころかだいぶ遅れるだろうと左脳はすぐに計算してしまいます。

つまり、人間は過去の記憶をベースに左脳ができるかできないかを判断するのです。

そして本当はできるかもしれないのに、「できない!」という想いが沸いてきてしまうのです。

左脳は自分が抱く常識(思い込み)に縛り付けます。

なぜでしょうか?

安全だからです。

たとえ不満でもそれなりに安全だからです。

このままの状態では、本当にやりたいことは見つかりません。

ではどうしたらいいのか?

捉われた思考パターン・行動パターンをクリーンアップすればいいのです。

人間の行動パターンを形成する基本的システムは知覚システム(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚)です。 出来事に対し感情を通じて理解し記憶を作っています。

例えば、人に裏切られたことがあると思う人は、人とかかわると「また裏切られるのではないか?」という想いが沸くわけです。裏切られることにびくびくして人との健全なかかわりが阻害されます。

何かにチャレンジして痛手を負った人は、癒さない限りチャレンジしようとは思えないのです。

だから、パターンをクリーンアップすることが最重要なのです。

ある程度クリーンアップが進むと、精神的に安定してきます。

その段階に来ると心を整え易くなります。 そうすると本当の自分(無意識、右脳)とのコミュニケーションが取りやすくなってきます。

本当にやりたいことというのは、本当の自分(無意識、右脳)にあるのです。

だからいくら考えたって出てくるわけがありません。

左脳がわけのわからない思考を繰り返し悩みが深くなるだけです。

advanced NLPでは、これらのプロセスに取り組みます。だから今まで自分が忘れていたけれども捉われていたことから自分自身を開放し自由になり、本当の自分に問いかけることで、本当にやりたいことを見つけられるようになるのです。 


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


カウンセリングの学校・スクールを東京/新宿、神奈川/横浜でお探しの方へ

夕陽と女性
●カウンセリングの学校・スクールを東京/新宿、神奈川/横浜でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也と申します。

・カウンセリングを学んで自分に役だてたい。
・カウンセラーになって人の役に立ちたい。

そのような気持ちを持たれている方がこのWebサイトに訪れてきます。

心理学というのは広範な範囲に及び、膨大な知識が必要となります。 そのため一般的にはカウンセラーになるにはかなりの時間と労力がかかるということになります。

NLP(神経言語プログラミング)は、1970年代にアメリカのカリフォルニアで開発された技法で、当時天才的なセラピストであったゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズ、家族療法のトップセラピストであったヴァージニア・サティア、精神科医で天才催眠療法家のミルトン・エリクソンらの成果が出る共通のパターンを解析して誰もが活用できるようにした方法です。

そのため、NLPはセラピーのエッセンスということがいえるものです。

つまり、セラピーやカウンセリングにとって最も大事なことを集中して学べるのがNLPです。

特にカウンセラーになるには知識を学ぶだけではなれません。

日本NLP学院が提供するadvanced NLPNLPの進化版で、難しい知識の詰め込みをせず、自分自身を癒す体験からパフォーマンスアップまでを体験学習を先に行うので、知識も無理なく吸収することができます。

advanced NLPで何ができるのか、は以下の無料メルマガを読んでいただくとわかると思います。

アダルトチルドレン(機能不全家族)ではない方でも役立つと思いますので、是非ご購読してみてください。


adult-children-seminar3.jpg NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPカウンセリングが東京/新宿で受けられる日本NLP学院カウンセリングルーム

NLPカウンセリングが東京/新宿で受けられる日本NLP学院カウンセリングルーム

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。


日本NLP学院カウンセリングルームでは、短期療法のNLPを用いたカウンセリングを実施しています。

advanced NLPのカウンセリングです。

クライエントの無意識が協力してくれるカウンセリングなので無理がありません。 特に長年カウンセリングを受けてきたけれどよくなっている感じがしない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

驚くような成果が得られるかもしれません。

【お悩み例】
アダルトチルドレン、親とうまくいかない、夫婦関係の悩み、職場の人間関係の悩み、子育ての悩み、恋愛関係の悩み、ネガティブな恋愛パターン、性格改善、自己否定、自己肯定感が低い、落ち込みやすい、気分の波がある、イライラする、不安、焦燥感、孤独感、緊張感、恐怖感、生きづらさ、過去のトラウマ、PTSD症状、パニック症状、強迫症状、うつ症状、行き詰まり、ストレスに弱い、あがり症、不定愁訴など。 なお日本NLP学院カウンセリングルームは8月から新宿御苑前カウンセリングセンターの場所を借りてカウンセリングを行って参ります。


日本NLP学院カウンセリングルーム



adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPのセミナー・スクールを神奈川/横浜でお探しの方へ

テキストと上を見る女性
NLPのセミナー・スクールを神奈川/横浜でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

 advanced NLPを学ぶと、カウンセリングもコーチングもセラピーも出来るようになります。

メンタル的に何かを抱えたまま、無理やりコーチングをおこなうと、燃え尽きたりすることが報告されています。

パフォーマンスを上げていくためには、心をクリアにする(クリアリング、カウンセリング)の上で健全な精神を築くだけでも成果が出ます。

その上で、さらに!コーチングをすることで、今までと全く違う成果を出すことが出来るのです。

心のことは地続きです。その大切なことをadvanced NLPは教えてくれます。

あなたもNLPの進化版advanced NLPでコーチングを学んでみませんか?

癒しを進めながら、ハイパフォーマンスを引き出すコーチングスキルをお探しの方にピッタリです。



NLPの進化版advanced NLPでコーチングを学ぶ】

チェンジファシリテーター基礎コース



神奈川/横浜に土曜クラスができました。

※東京/新宿校では、週末速習クラス、水曜クラス、木曜夜クラスがあります。詳しくは、ホームページ内をご覧ください。

下記のメルマガにご登録いただくと、今後ご案内が届きます。

日本NLP学院では、アダルトチルドレンの克服に力をいれています。自分にはあまり関kネイがないと思われる方も、本質的なことをお伝えしているので、是非お読みください)


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


1

« 2017年6月 | メインページ | アーカイブ | 2017年8月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ