• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • 心理カウンセラーになる専門サイト

HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年9月

ブログ 2018年9月

量子力学的な引き寄せ術/潜在意識を変える習慣の必要性

●量子力学的な引き寄せ術/潜在意識を変える習慣の必要性quantum-mechanics-1525470_640.jpg


こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕です。


アドバンスドNLPは潜在意識を変えることを手段としています。

NLPの心理カウンセリングでも、セラピーでも、コーチングでもあなたの潜在意識を変えることで、様々な目標に向かえます。


例えば、苦手な人間関係を克服したり、コミュニケーションの悩みを解決したり、夢を達成するために使います。

自分の精神力やメンタルを鍛えるたり、人への影響力を高めることも出来ます。


では、なぜこういうことが出来るのか?

NLPは、天才催眠療法家のおこなったヒプノセラピーの核を抜き出しているからこそ、無意識レベルにアクセスしやすいのです。


意識は抵抗を起こしやすいのですが、意識を鎮めることで、無意識にアプローチしやすくなるからです。

では、どうして潜在意識を変えた方がいいのでしょう?


それは、私たちの意識が現実を引き寄せてしまうからです。

?どういうことでしょう?


みなさんは量子力学というものをご存知でしょうか?

こちらは、現代物理学の根幹をなすといわれる理論です。

この理論をもってコンピューターの計算が劇的に早くなったりしています。

この量子力学ですが、人の心や意識というものの説明と結びつきつつあります。

量子力学からいうと、私たちの意識はエネルギーと言えます。


聞いたこともあるかもしれません。


想いは力、言葉にはエネルギーが宿る、言霊とも言いますね。


量子力学では、意識が観測をして初めて物質が物質となり得ている、という説明をしています。

観測する意識なくして、物質は存在しないというのです。

これを「観測問題」と言います。

ただ、問題と言っているので、ものすごくスッキリと説明がつくというわけではありません。

そうは言っても、量子力学のおかげで、古典的な物理学の説明できなかった部分が解消されているのも確かです。

意識が観測するまでは、物質は決まっておらず、観測して初めて形を成すという理論です。

なんだか不思議な話ですね?


ここでは、話が長くなるので、量子力学や量子論が気になった方は調べてみてください。


ただ、私たちNLPを提供している人間からすると、意識がその人の現実を作っていると言うことは出来ます。

だから、量子力学で言わんとしている意識の問題も納得できます。


私たちは、五感と過去の記憶情報なしに、外界を認識することは出来ません。

何かを経験する時には必ず、自分の主観(過去の経験の積み重ね)から、はずれることはないのです。


そうすると、人が苦手な経験をした人は、その後も苦手になります。(Aさん)

人が好きな経験をした人は、その後も人が好きです。(Bさん)

いろいろなものに当てはめてみてください。


そうすると何が起きるかと言うと、現実のいかんに関わらず、Aさんは人が苦手という意識を持ち続けます。

一方でBさんは人が好きという意識を持ち続けます。

この二人の現実が違うことはおわかりでしょう。

もしも、同じ場面にいたとして、一人は「天国」一人は「地獄」を味わう可能性があるのです。


私たちの現実を作っているのは一人一人の意識です。

あなたの現実はあなたの意識が作っています。

外の世界に意味がすでにあるのではなく、私たちの意識が選んで意味をつけているのです。


認識できないものは、事象としても起きません。

認識できることがらが、どんどん引き寄せのようにやってくるのです。

脳科学的な説明として、引き寄せを説明することはできるのです。


自分の所有しているもの(例えば車)などは街中に「たくさん」見かけると思います。

「あ、うちの車だ」とよく思うのです。

でも、現実はあなたの所有している車が「たくさん」あるのではありません。

あなたの意識に「あなたの車」というアンテナがはってあるから、よく見かける気がするのです。

その他の車は全部「その他」いう認識になります。

そして、それは全国の人が感じることなのです。


あなたの意識を変えるには、潜在意識にアプローチすることが比較的かんたんな方法です。

無意識レベルであなたの信念やトラウマ、過去のネガティブな経験を変えると、あなたの精神からでる波動が変わるのです。

そうすると、今までとは違ったことがらを意識が捉えるようになっていきます。

物事の違う側面を見るようになるとも言えるでしょう。


意識はエネルギーであるため、波の性質を持っています。

あなたの意識が出す波動も、あなたの現実を引き寄せる力をもっています。


意識を整え、波動を高めていく、そんなスキルを学ぶと人生の質が確実に上がっていくのです。

ご興味がある方は advanced NLP体験セミナーへお越しくださいね。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

本当の自信を手に入れる方法とは

f695a45f3128d449a2566b14cfa0514a_s.jpg
本当の自信を手に入れる方法とは

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

私は以下のようなご相談をよく受けます。

「楽しいことはあるんですけど、何か気持ちが満たされないんです。」
「漠然となんですが、自信が無いって思うんです。」
「もっと自信が持てたら上手くいくのに。もっと自信が持てたら楽しいのに、って思うんです。」

と言われたりします。

・自信が持てない。
・自分は認めてもらえていない。
・自分は取り柄がない。
・人のご機嫌を取ろうとしてしまう。
・自分の気持ちがわからない。

このようなことはありませんか。

自信が無いというのは、
内心「自分はダメだ」と自己否定しているんです。


どうしてこのようになったのか。

人によって違うでしょうが、

・否定される環境で育った。
・自分の気持ちを受け止めてもらえたかった。
・自分の意見が尊重されなかった。
・上手く行くと思っていたことが上手く行かなかった。
・上手く行っていたのに挫折した。

共通しているのは、
精神的なショック(プチトラウマ)です。

ネガティブな感情記憶が傷跡として残っているんです。

記憶で思い出せなくても、
体感的には覚えていて、
もうこれ以上痛い目には遭いたくないと
怖くなっているんですね。

知らず知らずに痛い目に遭わないための態度や行動をとろうとしてしまい、
むしろ痛い目にあったり、苦しくなったりの悪循環になりがちです。

ではどうしたらいいのか。

1.傷があるなら修復が必要ですね。(トラウマの解消)

※私が専門としているadvaced NLPはトラウマ解消に秀でています。

それと、
自己否定しているんですから、

2.自己肯定をすればいいんですね。

自己肯定で間違いがちなのが、
評価することです。


出来たら褒める(肯定)、
出来ないことがあったらダメだ(否定)と思ってしまいますよね。

自己肯定というのは、
結果に対しての評価(良いとか悪いとか、価値があるとかないなど)をしないことなんです。

感情や思考がポジティブであってもネガティブであっても、
これが今の自分なんだ、って自己受容することなんです。

つまり、自己肯定とはあるがままの自分を認めることです。

どんな自分であっても肯定し、
肯定された感じを経験することなんです。

そのためには、
評論家や裁判官みたいに、
自分に対して、いいとか悪いとかやらないことなんです。

そもそも評価と言うのは、
他者がすることであって自分が自分にすることじゃないと私は思います。


ではどうしたらいいのかです。

1.ゆっくりと深呼吸をします。
すると心が落ち着いてきます。
(穏やかで落ち着いた気持ちになる)

2.心が落ち着くと客観的になれます。
(客観的になる)

そもそも現実には良いも悪いもありません。

事実があるだけで、
現実は自分の感情が映し出しています。

自分の感情を静めましょう。
抑えるんじゃないですよ。

穏やかな気持ちになると、
あるがままの自分を受け止め認めることができるようになります。

これが自己肯定の第一歩ですね。

プチトラウマの解消や、
やりたいことを見つけてやる。

などのプロセスを進めていくと自信を感じられるようになります。

実はもっと大事なことがあるんですけど、
長くなるので今日はこの辺で終わります。

ちなみに、
自信ってつけるものじゃないですよ。

感じるものです。

「本当の自信を手に入れて輝ける人になりたい!」

という人はワークショップに是非参加してみてください。

楽しい人生に変わることは間違いありません。

なぜならば、私自身も実体験していますし、
実証済みのスキルがあるからです。


本当の自信を手に入れる1dayワークショップ



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

ネガティブな性格を変えるなら・自分を褒めてメンタルを強くする方法

●ネガティブな性格を変えるなら・自分を褒めてメンタルを強くsay-yes-to-the-live-2121044_640.jpgのサムネイル画像   


こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕洋です。

少しずつ涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私は暑いのが苦手なので、特に秋になるのが待ち遠しいです。


さて、みなさんはご自身を褒めていますか?

誰もが人に褒められるという経験を一度はしていると思います。

まさか一度もない人はいないでしょうね。

褒められると単純に嬉しい、自分が役に立っていると思える、そんな人も多いかと思います。


では、なぜあえて、この場で「自分を褒める」ということを話題にしているのでしょう?

実は褒められることでメンタルが強くなるからです。

子供たちも褒められることで、元気にすくすく育っていきます。

ただ、今日のポイントは「自分で」褒めること。

では、なぜ褒めることが大切なのでしょう?


簡単に言うと、私たちは褒められてそれを受け取ると、元気が出るからです。

褒められることが心に栄養を与えるとも言えますね。


この栄養は自分の存在を肯定することにつながります。

自分という存在を肯定すること。

その肯定感を上げていくということに、褒めるという言葉がとても重要なのです。

私たちには自己肯定感、自己承認が大事なのです。

言い換えると「私はOKなんだ。」という価値観が大切と言えます。


この自分がOKだという感覚はとても大切です。

これがあると多少の外的な要因に心が揺さぶられません。

動じない心に通じるとも言えます。

例えば、何かで失敗したとき。

動じやすい人は「自分がダメ」と思ってしまうでしょうね。

そして、自分を否定して、落ち込み、思考停止、行動しなくなってしまいます。

でも、待ってください。

そんなに自分を落とす必要があるのでしょうか?


何かで失敗したら、「次は出来るようにする。」「次は頑張る。」「今回足りなかったことはこれだ…。」

こんな風に自然と考えて、立ち止まらない人、歩き続ける人はたいてい「自分はOK」と思っています。

そして、自己肯定感が高い人は、いちいち考えずに歩いていく力強さも持っています。


反対に自分がダメだと思っている人は、元気がありませんし、ストレスにも弱いようです。

それもそうですね。いつも自分で否定しているようでは、活力は上がりません。


自己否定から「なにくそ!」とばねにしている人もいますが、あまり感心はしません。

なぜなら、本人がつらいですし、ピリピリムードを発散しているからです。

周囲は居心地悪く、そんな人がいると落ち着かないものです。

もしくは、うつになる可能性も持っているからです。


では、どうやって自分で自分を褒めるかです。

一番かんたんなのは、自分の胸に手をあてて、「私は大丈夫」「私は私のままでいい」と唱えることです。


人は、他人とコミュニケーションをとるように、実は自分ともコミュニケーションをとっています。

私たちは、多くの時間、一人で思考の中でいろんなおしゃべりをしています。

これが、自分とのコミュニケーションです。

思考や記憶をたどりながら、現実とは違う「想いの世界」を五感を働かせて感じています。

ネガティブな時は特にそうです。

実はネガティブなおしゃべりは私たちにとってダメージが大きいです。


何かと人を責めたり、自分を責めたりすることになれてる人が多いですよね。

ネガティブなおしゃべりが続くと、心がまいってしまいます。

無意識は他人と自分を区別できないので、人を責めていることが、自分を責めていることのように感じてしまうのです。

もちろん自分を責めていたら、人に責められているのと同じように感じます。

ですから、ネガティブな思考になっているな…と思ったら、その思考から一旦離れて、止めるんです。


では、「自分を褒める」ということですが、みなさん誰かに褒められたら、嬉しいですよね?

無意識的な部分では、自分も他人も区別できないと先ほどもお伝えしました。

人から褒められるのを待つのもいいですが、それを待っていると大変です。

ですから、他人に褒められるのを待つより、自分で自分を褒めちゃうのです。


一方で残念ですが、褒められても謙虚すぎて受け取らない人もいるでしょうね。

日本人の習性なのでしょうが、謙虚な人が多い気がします。

「私なんてそんなに褒められるようなことしていないし」

そのように褒められても受け取らない人もいます。

これは、ものすごくもったいない。

せっかく褒められたら、受け取って自分の糧にした方がいいのです。

褒めた人も受け取ってもらうと嬉しいものです。


また、自分の良い所を、例え小さいことでもいいので、たくさん書きだしてみてください。

普段は忘れていることも、あるかもしれません。

じっくり時間をとって、たくさん書き出してみましょう。

そして、自分の良い所を書き出したら、自分を褒めましょう。

自分をイメージ的に客観的に思い出して、その映像の中の自分を褒めるとさらに効果的です。


人は褒められると嬉しいものです。

褒められると元気になります。

自分を他人のように褒めてみてくださいね。

心身のバランスが取れて、元気になっていきますよ。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2018年10月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ