カテゴリ

  • トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > セルフイメージを変える方法

ブログ セルフイメージを変える方法

今まで以上に成長、飛躍するには

話し合い
●今まで以上に成長、飛躍するには

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

他者とどうして分かり合えないのか。

こんな実験があります。

生まれたばかりの子猫が被験体として使われました。暗室で育てられた生後3~14週の子猫を1か月の間、縦と横のどちらかの縞模様に囲まれた環境で育てたのです。

部屋の内壁は垂直縞の模様にしておきます。子猫の首には大きな襟をつけ、自分の体がいっさい見えないようにしておきます。

このような措置を施した後、数週間以上飼育し、その後でこの子猫の視覚皮質一次野のニューロンの反応特性を調べると、垂直縞で育てられた子猫では垂直のエッジ(線、輪郭)にもっともよく反応するニューロンがいちばん多く、また垂直からプラスマイナス30度の範囲にもっともよく反応するニューロンが、大部分を占めていました。

一方、普通の環境で育てられた子猫では、各方向に選択的に反応するニューロンがまんべんなく存在していました。つまり、縦縞で育てられた子猫の視覚皮質は、特殊な縦縞環境に適応していたのです。
(『意識とは何だろうか』下條信輔著、1970年に行われたブレイクモアとクーパーの実験より)

二匹の子猫を誕生直後から2~3日月齢まで、まったく逆の視覚環境、垂直縞だけの環境と水平縞だけの環境で育てた場合、当然垂直近辺のエッジだけに選択的に反応する猫と水平近辺のエッジにだけ反応する猫とができます。

これらの猫を普通の部屋に放ちます。足元に縦長や横長の積み木がたくさん置いてあると、垂直縞の猫は縦長の障害は巧みにすり抜けて歩きますが、足元の横長の積み木には気づかずつまずいて転んでしまうのです。

水平縞の猫はその逆で、横長の積み木は難なく飛び越えるが、縦長の積み木にぶつかってしまうのです。

彼らによって知覚される世界はほとんど正反対のものになっているはずです。
彼ら二匹は同じ物理環境にいるのにまったく別の世界にいるのです。

NLPでは、このような各個体で形成された認識構造のことを地図(内的世界)といいます。

現実を自分なりの物の見方や意味づけによって理解するということを行います。

猫もそうですが、人間もどうようなことをしています。 赤ん坊の時に環境や状況、親など周囲の人物の影響(見えること、聞こえること、感じること)をインプットしています。 構築された神経回路や認識した世界(地図)を前提として私たちは生きているのです。良い悪いではなく思い込んで生きているのです。

つまり、固定観念と言い換えることもできます。

だから、他者との話がかみ合わないということが起きたり、できるかもしれないのにできないと思ってしまうことなども起きます。 思い込み(固定観念)から抜け出すことができたら、今まで自分が気づかなかった可能性や結果に遭遇することができるのではないでしょうか。

意見が違うから否定するのではなく、違った要素同士が融合することで新しい物が生まれる可能性があるのです。

今まで以上に進歩するには、今までの価値観、考え方を疑ってみることも、必要な事かもしれませんよ。


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

NLPでビリーフ(信念)を変える

nlp-japan_128.jpg
NLPでビリーフ(信念)を変える


こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

NLPはビリーフ(信念)を変えることができます。

他の心理療法、例えば認知行動療法などでも扱う信念。

私たちは、この「信念」に基づき行動していると言っても過言ではありません。

信念というものは、普段隠れていて気付きにくかったりもします。

無意識の領域になっている(表出していない)ということです。

実は、カウンセリングの最中にこの「信念」に出会うことがあります。 そして、信念に出会ったとき、私たちは「そうだったのか」と腑に落ちたりします。

例えば、カウンセリングで男性に負けたくないという方がいました。

ご主人と仲がいまいち良くなく、職場でも男性に対してあまり受けが良くない。 もちろん自分も、さほど良く見せようなんて思っていない。 そして、職場の男性に対して上手にできている女性に対して「イラっ」来たりもする。 もちろん、そんな女性を羨ましくも思う。

この女性がカウンセリングを受けて気づいた信念はなんでしょう?

信念は人それぞれ、ある信念イコールこういう性格、行動とはいきません。

彼女は「女性否定」がありました。これもまだ信念ではありません。 女性否定があるからこそ、女性である自分も否定し、男性に負けてたまるかという気持ちが生まれていたようです。

さらにお話を進めていくと、母親に幼少期に言われた一言が出てきました。

「あなたが男の子だったら良かったのに」

この女性は40代です。なのに彼女が、いまだに幼少期の頃の母親の一言に縛られているのがわかりました。

この女性の信念は「私は私のままではいけない」ということでした。

深い深いこの信念が彼女を縛り付けていたのです。

これが中核の信念です。

それが、大人になっても

・子供がありのままに遊んでいるのがむかつく(私はできなかった)
・男性に負けたくない(女性である自分が認められない)
・女性らしい人の仕草にイラっとする(自分が否定しているものだから)

などなどと派生しているのです。

このように、ある信念に彼女は縛られていたのです。

ちなみに信念は一つとは限りません。

この信念が出てきたとき、彼女は過去の未消化の部分に泣き崩れ、自分をもっと癒していこうと誓ったのです。

でも、信念が出てきたら後はNLPのワークを進めていくだけ。

彼女一人でも取り組めますし、困難なときはカウンセリングを頼めばいいのです。

ちなみに彼女はその後自然と女性らしさを出せるようになりました。

自分を癒すプロセスを学んで、自分を許すことができたんですね。

NLPではたくさんの「変えたい状況」を扱えます。

「変えたい状況」というのは表出している場面です。

「信念」があるからこそ、繰り返してしまう表に出やすいネガティブな行動やパターンがあります。

NLPでは隠されている「信念」も扱いますし、表出している特定の場面も扱います。 それは、同じ事柄に対してのアプローチの方法の違いとも言えます。

前述の女性に対して、子供との場面を扱ってもいいし、職場での場面を扱ってもいい。

また、直接彼女の信念を扱うこともできるのです。

そう、お母さんに「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われたその時にさかのぼって、自分を救い出すのです。

もしもNLPで何をすればいいのだろう?という方は、今現在困っている場面を思い出せばいいのです。 あなたの最近の出来事でもいいし、幼少期のことでもいいのです。 思い出されるということは、心に刺さっているということ。

でも、両方ともあなたの中だけで起こっていることで、他の人の中で起きているのではありません。

もっと言うと、どこで起こっていますか?

それは、あなただけの脳の中、あなた固有の過去の記憶として起こっているのです。

インナーチャイルドという概念もありますね。

あなたがセラピーでインナーチャイルドと言われたときは、あなたはインナーチャイルドという言葉に対して抽象的に脳の中で表出していきます。

NLPでは、そのような抽象的なイメージを扱うこともできます。

いかがでしょうか?

今、お話したことは講座で学べます。 自分を講座で癒すことも人のために講座を学ぶこともできます。

現在がちょっと苦しいのであれば、NLPカウンセリングを受けることもできます。

NLPはあなたに「考え方を変えなさい」という方向ではアプローチしません。

無意識につながって、自然と囚われから抜け出せるようにします。 ネガティブなイメージや感覚といった無意識の領域に直接アプローチしていくのです。

上記の女性は、講座もカウンセリングも受けて、今では自分もカウンセラーになろうと頑張っています。

課題は課題。それとも付き合いながら、カウンセラーになろうと努力する姿は勇気をくれますね。

日本NLP学院ではアダルトチルドレンを癒すカウンセラーになることができます。

ご興味のある方は、無料個別相談をご利用くださいね。 マンツーマンでご対応させていただきます。

無料個別相談


adult-children-seminar3.jpg
NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

自分のことが分からないあなたへ

●自分のことが分からないあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

自分のことって意外にわかっていないものです。

行動は100%無意識が行っている

ということを脳科学者が突き止めていますが、それを自覚し実感している人は極めて少ないと私は思います。

なぜならば、自分自身のことを観察などせずに、自動操縦モードで生きている人がほとんどだからです。

自分がどうしたいのか、それは無意識がどのような意図をもって行動しているのかを知る必要がありますし、そのためには無意識に繋がる必要があります。

全ては自己観察することから始まります。

では基礎コースを受講された方の体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の生活の中で、色々な事に気付きやすくなりました。 NLPカリブレーション(観察)のワークで、観察が苦手だなぁと思っていたら、自分の観察をしていないことに気付きました。

自分の観察をして下さいと言われても、NLPを勉強していなかったら、どのようにしたらいいのか分からないと思うけど、プロセスを分かっていると、観察できるようにもなると思います。

これは一つの例ですが、生活の中でブレーキのかかる事や、癒されていないことに気付いて、勉強したことを使って自分でも処理できるようになったことが大きな変化です。 生活に必要な形で応用できるのがNLPなんだなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常の生活で、自分を観察して、納得している部分と、納得していない部分を区別して、納得していない部分は課題として消化していく。

自己観察は地味な作業ですが、自分だけができることです。

問題も、願望の実現も自分が現実化しています。

自己理解を深めることで、喜び、充実度、安心、価値観など、自分の人生に対しての納得度が全く違うものに変わっていくんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

人目が気になって仕方がないあなたへ

●人目が気になって仕方がないあなたへ

こんにちは。

人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

人目が気になって出かけられない…(>人<;)

そんな風に思った事ありませんか?

わたしも子供の頃、母にお使いを頼まれたりすると 一人で行くのが嫌でした。

誰かに見られているような気がして落ち着かなかった事を覚えています。

お金も足りなかったらどうしよう…と不安で不安で(>_<)

多めにお金をもって行けないと買い物に行く事を拒否していました。

今では、財布の中身と請求金額がピッタリだったりすると快感さえ覚えるんですけどねぇ♪(´ε` )

数年前まで気にしていた人目も自分が思っているほど誰も私の事なんて見てなかったりd( ̄  ̄)

みんな自分の事で精一杯。

私は自分自身に自信がなく不安だったんでしょうねぇ。

ホント数年前まで自分の事、好きではありませんでしたし。

今も自信が有るか?と聞かれたら「ありません!」と答えます。

でも今は自分の事好きです!

自信がないのは不安が有るから。

完璧な人なんて居やしません。

今は自信がないと信じているくらい自分のこと好きですよ。

自信がない分伸びしろがあるんです! 成長出来るんです!

足りない事に目を向けず、既に有るもの、持っているものに目を向けてみましょう。

少なくともみんな『命』を持っている。

今の自分を受け止めて、ちょっとずつでも前に進めばいい。

伸びしろの分だけ心が成長していく自分自身を楽しんでみてください。

それでも自分のことが好きになれない!と悩んだ時はいつでもお手伝いいたします(^O^)/

あなたの笑顔が輝く方法一緒に見つけましょうo(^▽^)o


~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

夫の顔色が気になり、ピリピリしてしまうあなたへ

●夫の顔色が気になり、ピリピリしてしまうあなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

あなたのホッとする場所はどこですか?

「家族」や「我が家」という人もいると思います。

我が家が一番居心地がいいって、とってもいいですよね^ ^

今日は、仕事を終えて家に帰るのがとても気が重いというD子さんのことをお伝えします。

D子さんは結婚して20年ほどが経ちます。 結婚した当初から夫に自分の考えを伝えることがあまりできていなかったそうです。 その上、夫の、人をみる目の厳しさについていけなくなったそうです。

優しいお父さんに育てられたD子さんには夫の態度やキツイ話し方が受け入れられなくなったといいます。

そのうち、夫の顔色が気になり、いつ顔色を変えるかとピリピリするようになったそうです。

D子さんは夫におびえていたくないというのが望みでした。

そんな彼女の感想をお伝えしますね。

私は勝手に「怖い夫」をどんどん膨らませていたことに気がつきました。

「夫に怒られるから、横になってはいけない」
「夫に怒られるから、イヤなこともみんな引き受けなくちゃいけない」
「夫に怒られるから自分の意見は言ってはいけない」

と、 自分の心の中で作った夫におびえていたことに気がつきました。

娘と楽しそうに話す夫の様子を見て、娘にヤキモチを焼いたりしてましたが、夫と普通に話せないのは、 私の態度が原因だということに気がつきました。

私が変われば、夫も変わるような気がしてきました。

相談しているうちに、大きな耳のタヌキの着ぐるみを着ている夫が見えてきました。

思わず笑ってしまうくらい気持ちが軽くなってきました。

気持ちの優しいD子さんだからそうなってしまったのでしょうね。

 ご自分の気持ちを素直に伝えられたらいいですね。

なりたいあなたになれますように、心よりお手伝いいたします。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

どうして私ってこうなんだろう?と思うあなたへ

●どうして私ってこうなんだろう?と思うあなたへ

こんにちは。 人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

先日初めてお会いした人に言われました。

「あなたは人を元気にすることができる。」と。

確かに何十年「いつも元気だね。」そう言われ続けています。

でも実は違うんです。

カラゲンキなんです。

なぜこうなった? 考えてみました。

母子家庭で育った私は、母親の悲しそうな顔を見るのがつらかったんです。

母親の笑顔が見たかったんです。

だから元気に振舞って母親の笑顔を誘うんです。

そんなことを思い出しました。

家にいるとそんな悲しげな母親が目に入る。

だから学校行ったら見ないですむ。

辛い状況から逃げ出すことができる。 ・・・忘れろ!忘れろ!・・・ 通学路を歩きながら念仏のように聞こえていた無意識の声、思い出しました。

何かに夢中になっていれば、夢中になれば忘れられる。

学校でも嫌な記憶を消し去るかのように元気にふるまってました。

だから・・・元気にふるまうことが癖になったんだと気が付きました。

それと同時に子供のころ平穏な心で居られた瞬間の映像も思い出しました。

母親がこたつに入って編み物をしている姿。

安心して見ていられる母親の姿。

私が相手の反応を見ないようにする癖があるのも合点がいきました。

嫌な顔されるのが…母親の悲しい顔とダブるんですね。

だから相手の顔を見ず雰囲気を感じとる。

そして自分のカラ元気のパワーでその場をごまかす。

だから疲れるんです。

一人になる時間が必要なんです。

元気にしていなくていい時間・・・必要なんです。

でも私のカラ元気で誰かが「元気もらった」と喜んでくれるなら嬉しいです。

仕事もこの元気パワーが役に立ってきました。

だから嫌いじゃないです。

無意識はいつも私を守るために働いてくれています。

もっと無意識の意図が理解できれば、ストレスも減るのになぁ。

そんな気付きがあった日です。


~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

「自分が好きになれない」あなたへ

●「自分が好きになれない」あなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

「自分が嫌い」 「自分に自信が持てない」 という方、たくさんいらっしゃいます。

今の自分を否定しちゃうんです。

違う誰かになろうとして、ムリをしたり。

でも、 自分じゃないので、余計に苦しくなってしまいます。

自分が嫌いだから性格を変えたいと言う人もいます。

私は生まれつきの性格を変えるなんて必要ないと思っています。

だって、みんなそれぞれ個性ですから。

あなたはあなたのままでいいんです。

ただ、受け止め方を少し変えるだけでいいんです。

あなたがご自分でダメだと思っているところを、認められればいいだけなんです。

ありのままのご自分を。

以前にもお伝えしましたが、性格に良いも悪いもないのですから。

それが個性で、それがあなたの強みだったりするのですから。^^

とらえ方を変えてみてくださいね。

とっても、楽になりますよ。

それでもなかなかご自分を認められない方。

なりたいあなたになれますように。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

人の顔色伺って、いい嫁演じてしまうあなたへ

●人の顔色伺って、いい嫁演じてしまうあなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

夏の話ですが、
「お盆が近くなると夫の実家に帰省するのが憂鬱なの」と友人がぽつり。

私も義理の家族に会うのが苦手でした。

嫌いじゃないんですけど、居場所がなくてね^^;;

友人はいつもニコニコと、
「これ、やりましょうか?」
「全然気にしないでくださいね。私、こういうこと、結構好きなんです」
「大丈夫。一人でできますから」
と、つい言ってしまい・・・ いざ、誰も手伝ってくれないとイライラ。

自分だけ大変で、夫たちが楽しそうにしているとますますイライラしてきて。

そして、そう思う自分が、嫌い。 を繰り返していました。

本当はイヤ。

だけど、〇〇しなくちゃならない。

そんなふうに、ムリをして笑顔を作るのは疲れますよね。

友人はいい嫁を卒業したいんだそうです。

気をつかっていい子ちゃんの嫁を演じるのをやめることにしました。

「えっ、悪い嫁になるの?」

いいえ、自分のこと、大好きになるだけです。

自分が好きになると、いい嫁を演じたりしなくなるんです。

そもそも「いい嫁」ってどんな嫁のことでしょうね。

友人は自分が作り出した嫁の姿に縛られていたことに気がついただけなんです^^

お姑さんとうまくいかない方はたくさんいらっしゃると思います。

こじれてしまう前に早めに対処しませんか?


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自分が嫌い、考えすぎる自分を変えたい、そんな負の迷路から抜けるには

●自分が嫌い、考えすぎる自分を変えたい、そんな負の迷路から抜けるには

こんにちは

人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

今日は「負の迷路」についてお伝えしますね。

自己否定に陥っているとき負の迷路にはまり込んでいます。

…自分はダメな奴… …ほらやっぱり…
…何をやっても上手く行かない… …ほらやっぱり…

自己否定の確認をしている負の迷路 自分ではそんなつもりは全くないのに脳が勝手に行っているんです。

これは以前なにか上手く行かなくて大きなショックを受けたからかも知れません。 その上手く行かなかった経験から『考え方のパターン』が出来上がってしまったのです。

負の迷路の中、そこから抜け出そうと必死にもがいて必死に考えて。 出口が見つからず疲れ切っちゃう。

…ほらやっぱり…

心の中の悲しいつぶやきが考え方のパターンをさらに強化してしまう。

じゃ、どうすればいいの?

考え方のパターンを変えるんです。

変えられるんです。

先ずは迷路の出口を見つけるために今持っているパターンを中断させましょう。

全く違うことを考える。

自分の大好きなこと癒されること考えてみてください。

脳は同時に二つのことを思い出すことはできません。

好きな音楽を聴く。

散歩にでる。

運動する。

大声を出してカラオケをする。

気分転換をしましょう。

そして考え方のパターンを変える。 違う見方をしてみる。

わかっていても一人ではできないよ。

そんな方は私がお手伝いします。


貴方の輝く方法…負の迷路から脱出する方法を一緒に探しましょう。

~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自分と向き合うほんのちょっとの勇気さえあれば

●自分と向き合うほんのちょっとの勇気さえあれば

こんにちは

人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

『勇気』と聞いて何を思い浮かべますか?

子供の頃TVで見た戦隊もので悪と戦う勇気!
プールの授業で飛び込み台から水の中へ飛び込む勇気!
一歩踏み出す勇気! 好きな人に告白する勇気!
何かにチャレンジする勇気!

いろんな勇気があると思います。

では貴方は『今の自分を受け止める勇気』がありますか?

自己否定して悩んでいた頃『私ってどうしたいんだろ?』と思ったんです。

そして自分自身の心の奥底の言葉を見つけちゃったんです。

嫌われたくない自分
背伸びをしてカッコつけたい自分
人からよく見られたい自分
そして傷つきたくない自分
自立していない自分

真の気持ちに気が付いて、そんな事思っていた自分が受け止められず、ガーーーーーン!

私って…そんな事思っていたんだ…

心が痛み胃がおも~く沈んで行く感じがしました。

なんとか…そうなんだ…と勇気を振り絞り受け止めました。

『今』を受けとめて、そこから少しでも成長すれば良いんだ!と。

そしたらスーッと気持ちが楽になったんです。

じゃあどうする?の行動を起こし成長しよう!

その過程を楽しもう!

この人生、楽しんだもん勝ち!

そう思いました。

同じやるなら楽しまなきゃ損!損!

ほんのちょっとの勇気があれば大丈夫!

怖がらなくて良いんですよ。

『今、ここ』から成長していく出発点を見つけるための勇気。

貴方もきっと持っています!

~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

1234

« 自分、性格を変える方法 | メインページ | アーカイブ | 体験談 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ