• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • 心理カウンセラーになる専門サイト
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー
卒業生・在校生の方

HOME > ブログ > アーカイブ > 自分を変える実践心理学 > 2ページ目

ブログ 自分を変える実践心理学 2ページ目

自分が変わるとはどういうことでしょう?

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●自分が変わるとはどういうことでしょう?


こんにちは、日本NLP学院学院長の松島直也です。


今日は、「変わる」ということについてお話いたします。

よく「変わりたいけど、変わるのが怖い」と言われることがあります。

自分が変わってしまう!!どういうこと??

全然、違う自分になってしまうと思われる方もいるでしょうね。

そうなったら、「私」は誰?になっちゃうの?
そもそも、私でいられるの?

そんな疑問や不安があるのでしょうね。

そんな疑問や不安がなくなって「そっか!変わるってこういうことか!」と思っていただけると嬉しいです。


前回はパターンについてお話しました。

パターンとは、形として現れるすべての知覚できる物事を認識して体系化、規則化して理解することをいいます。

つまり、“パターンとは、同じことを繰り返す”ことをいいます。


パターンの元になっているのは、一人ひとりの認識です。

認識とは、外界から得た情報(見たり、聴いたり、感じたりしたこと)を意味づけ(解釈)され、意識に上ることをいいます。


つまり、状況や出来事には固有の意味はないのですが、一人ひとり自分が無意識に意味付け(解釈)しているのです。


例えば、コップに半分の水が入っているときに、「半分しか入っていない…」と解釈する人もいれば、「半分も入っている!」と解釈する人もいます。

あなたがどのように受け止め解釈したのかが、あなたの内的な世界観なんです。


そして、


あなたが解釈した世界観が、あなたの中の現実


なんです。


あなたの中の現実は、普段の生活の中で、あなたが何かを見て聞いて触れる時、常に「色眼鏡」のようについて回ります。


以前、こんな話を聴いたことがあります。

(体験者の声)

私が働いている会社では、「周囲の人から頼りなく思われ、小馬鹿にされている」男性がいるんです。

失礼ですが、私も同じように「頼りないなぁ」って思っていました。

ある時、この方の家で飲もうということになって、社員数名でお邪魔しました。

すると思いもかけない物が目に飛び込んできたんです。

それは、最近取ったであろう、ある大学の通信の「卒業証書」が飾られていたんです。

それを見た私は、「この人、あんなに遅くまで働いて、通信で大学卒業したの?!凄い!努力家なんだ~!」と思いました。

この人自身は何も変わっていないのに、私の中では、全くの別人に変わって見えました。

その後は「頼りないなぁ」って思いが払しょくされてしまったんです。
 


彼が実際に「頼りないのかどうか」はわからないのに、「周りの言葉」や「見かけ」で「頼りない」と思い込んでしまった。


そのようなことは、よくありませんか?


初めて会ったのに「苦手な人」と勝手に思っていた。よく考えたら、同じような人が苦手。
仕事を頼まれると「イヤ」と言えずに、流されていつもいっぱいいっぱい。
失敗しちゃいけないと思って、一歩がいつも踏み出せない。


このようなことも、あなたの内的な世界観が、働いた結果として「自然」に起きてしまいます。

同じパターンは、繰り返すとお話ししましたが、もしも、「あ、こんなパターンあるなぁ」と思ったら。


それは、ずっと繰り返されていませんか?


つまり、周りの状況が問題なのではないのです。


本当の真実は“あなたがどのような認識をしているのか”なのです。

チェンジファシリテーションのNLPワークをすると、変化が起きます。


“変わるのは、ものの見え方、聞こえ方、感じ方、解釈、意味づけ”


なんです。

つまり、一人ひとりの内的世界観が変わるんです。

あなたの世界観がNLPのワークで変わるんです。

すると不思議なことに、自然と全く違った選択肢を見出します。

つまり、

認識が変わると、今までとは違う発想、行動を生み出す

んです。


「私にできるわけない」と思っていたことが、「私、できるかも!」というように・・・。

出来るかも!って思えたら、やってしまうのが脳の仕組みです。

チェンジファシリテーションでは、無意識が生み出す優しい変化によって、あなたの人生が望ましいものに変わっていくんです。

スクール説明会のご案内

NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


自分を変えるにはネガティブパターンを見つけること

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●自分を変えるにはネガティブパターンを見つけること


こんにちは、日本NLP学院学院長の松島直也です。


「どうしたら自分を変えられるのでしょうか?」

ということについてお話したいと思います。


最も重要なことは、


自分の変えたいパターンを見つけること


です。

パターンとは、形として現れるすべての知覚できる物事を認識して体系化、規則化して理解することをいいます。


もっと簡単に言うと、

“パターンとは、同じことを繰り返す”ことをいいます。


例えば、

「2~3人だと自分を出せるけれども、それ以上人が増えると、緊張し息苦しくなり、自分らしく話ができなくなる。周りの人に合わせてしまって、自分の意見が言えない。」


これと同じような状況になると、このようなことを無意識に繰り返してしまう。


これがパターンです。


変えたいパターンを見つけて、チェンジワークをするとパターンが変わります。

すると、自分が変わる、人間関係が変わる、人生が変わる、ということが起きてきます。


具体例をお伝えしますね。

(体験者の声)

前回アドバンスドNLPの基礎コースを受けてから、落ち込む度合いが少なくなりました。不思議です。

今まで思考から変えていこうとばかり思っていたので、アドバンスドNLPの無意識レベルで変わっていくというのは驚きでした。

でもこの方が一番シンプルで効果的なのかもと思うようになりました。

もっとアドバンスドNLPを学んでいきたいです。
 


ある状況になると落ち込むというパターン。


パターンが変わるということは、つまり、上手くいかないことを繰り返さなくなり、上手くいくことが繰り返されるようになるんです。


変化は無意識レベルで起きる


ものなんです。


ではもしパターンがそのまま変わらないとどうなるでしょうか?

20年、30年経っても、同じことを繰り返し続けます。


チェンジファシリテーションは、望ましい成果、結果が早く得られます。

それはなぜかというと、

“パターン”を扱うからです。

パターンを変えられるスキルなんです。

このスキルを身につけると、いつまでも成長し、進化し、輝き続けることが可能です。


チェンジファシリテーション基礎コースでは、自分の変えたいパターンを見つけ、NLPチェンジワークを行い、変化を確かめる。そうしながらスキルも身につけ、進化していきます。


本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


自信が無いを変えるコーチングスキル

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●自信が無い自分を変えるコーチングスキル


こんにちは、日本NLP学院学院長の松島直也です。


受講生さんから「自信がないんです。そんな自分を変えたいんです。」と相談されることが多いです。


“自分は自信が無い”と感じ、苦しんでいる人は意外にたくさんいらっしゃいます。

中には、大きな会社の社長さんだったり、スポーツで結果を出している人もおります。

どういうことなんでしょう?

言えることは、漠然とした思いに苦しさや辛さを感じているんですね。


“自信がない”という言葉の意味は、文字からして、自分のことを信じられないということなのでしょうが、実は各人違う意味を抱いていることがほとんどです。


どういうことかというと、

「自信が無いんですね。では、あなたにとって自信が無いとは、具体的にどういうことですか?」と訊くと、

「なんて言ったらいいか分からないんですけど、いつも不安なんです。」とか、
「んー、失敗するのが怖いというか。」とか、
「人目が気になって、集中できないんです」とか、
「居場所がないように思えて、辛くて、消えたいんです。」など、


自分で言葉を言って、“ハッ”とすることがあります。

自信が無いのではなく違っていた、ということはよくあることです。

自分でも気づいていないことがほとんどなんです。


私が抱く“自信が無い”と相手が抱く“自信が無い”は違うことが多いです。

自分が抱く意味を理解してもらえた時、「ようやく分かってもらえた!」と感じ、嬉しくなるものです。

もしあなたが、“自信が無い”と感じるならば、具体的にどういうことなのかを自問してみるといいですよ。


「私にとって、自信が無いとは、具体的にどういうことなんだろう?」と。


もし“自信が無い”ということが“いつも不安である”と問題点が明確になれば、解決に向かいます。

いつも不安なら、“安心したい”ということですよね。

安心するにはどうしたらいいか、ということに取り組めばいいですね。


失敗が怖いのであれば、あなたにとって失敗とは何か、失敗のどういう部分が怖いのか、と問題点を明確にすれば、解決に向かい始めます。

自分でも気づいていない自分の気持ちに気づき、解きほぐしていく。

長年思い抱いてきた、“自信が無い”という呪縛から自分を解き放ってあげることはできるんです。


本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


不安や心配が先立ってしまう時は

3cfc3cad75aeb4c3ace2cd8c1bc9b38c_s.jpgこんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

やりたいことがあるけれど、つい、不安が先に出てしまう。

「いつも心配ばかりしている自分を変えたい」

そんなふうに思っている方はいらっしゃいませんか?


先日、こんなお話を聞いたので、シェアしますね。

主人の会社の業績が悪くて、給料が下がったんです。

家のローンや子どもの教育費のこともあって、お金のことでケンカすることも増えちゃって・・・

私も働くことにしようと思いました。

でも、ずっと専業主婦だった私が今から働ける仕事なんてあるのかな、とか。

安い給料で、きつい仕事しかないかもしれない。

それに、仕事場にいじわるな人がいたらどうしようとか。

家に帰っても、仕事しながら家事なんて、すごく大変そう。

正直なところ、やっていける気がしないんです。

気が付くと、不安になるようなことばかり考えちゃいます。

今のままじゃ、何も進めないとわかっているんですが、怖いんです。


いえいえ、とてもよくわかります。

今までと違う生活に変わるのは、不安ですよね。

どんな仕事をするのか、どんな人と出会うのか、わからないから不安なのだと思います。

でも、「わからない」んですよね。

安い給料できつい仕事しながら、いじわるな人にいじめられる職場なのか、

やりがいのある仕事で、明るい仲間と和気あいあいと働ける職場なのか、

今は「わからない」のに、「つらい状況」になると決めてしまって悩んでいるんですね。

それならば、「楽しい状況」になると決めることもできますね^^

ここで、とっても大事なポイントがあります。

脳は、想像と現実を区別できないということです。

「つらい未来」をイメージすると、そのイメージに現実が近づいていきます。

それって、イヤじゃないですか?^^;

せっかく、これから新しい体験をするのですから、どんなふうに働きたいか、どんな経験をしたいのか、ワクワクしてイメージしてみましょう。

その結果、働いて、お金も手に入って、心配や不安が軽くなった生活はどうなるでしょうか。

旦那さまとも笑顔で話せるようになり、お子さんの学費もポーン!と出せるようになると、どんな気持ちになりますか?

そして、今、感じている不安は前もって準備して安心に変えておくことができます。

応募しようと思う職場がお店なら、実際に様子を見に行ってみたり。

そこで働いたことがある人がいたら、どんな職場が聞いてみるといいですね。

家事も、旦那さまやお子さんと話し合って、この機会に役割分担をしておくこともできます。

不安な未来も、楽しい未来も、自分で決めることができます。


それでも、やっぱり不安・・・という方は、チェンジファシリテーター基礎コースにどうぞ^^


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


傷つけられるのも人なら、癒されるのも人なんです

7fb48449ebf5eb28fe1ad1fbdc1a0902_s.jpgこんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

いつも不安を感じる。
人の目が気になっていつも緊張している。
人に必要とされたくてたまらない。

このように日常的に不安や緊張を感じる方に必要なのは、安全かつ安心できる場と人の優しさに触れることです。

いままで、本当に安心できる場がなかったのではないでしょうか。
いままで人の優しさに触れる機会が少なかったのではないでしょうか。
いままで心が傷ついたまま時間が過ぎていっていたのではないでしょうか。


チェンジファシリテーション=advancedNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
最初は、よく訳が分からず言われるがままにNLPのワークをしていました。NLPは訳が分からないのに、効果的な結果が現れるので、とても不思議な感覚でした。

NLPで色々なワークを体験していくと、面白いと感じるものや、他の人にも是非やってみたいと思うものなどがあって、毎回楽しく参加出来、丸一日費やすことや朝早く支度をして出かけなければならない事も苦にならず、我ながら不思議な経験でした。

日本NLP学院の講師の先生やスタッフ、先輩たちとの関係も他には無い距離だと思います。ワークの時や休憩時間にも関わってくれるので、安心していられた気がします。

特に昼食の時間が有意義でした。必ず、先輩が知っているレストランなどに連れて行ってくれるので、迷ったり変な所に行って失敗する事が無く、食後のお話タイムがまた楽しく有意義で、長いはずの昼休みがあっという間終わり、慌てて帰ることもしばしばでした。

他の受講生さんは色々な思いや経験を経てこの場所に来ている人達なので、ここで出会うことも必然なんだろうなと感じることも多々ありました。貴重な出会いだったと感じています。

この立場を越えて親しく交流でき、お互いの存在を認め合う、どの人の人間性をも大切にする姿勢が日本NLP学院の基本姿勢なのだと感じています。

私自身に関しては、このチェンジファシリテーション基礎コースの最中に、愛犬が思わぬ事で生死の境をさまよう事になってしまい、心穏やかではいられない日々が続きました。そんな中でも、NLPのワークを活かしながら何とか心を保つことが出来ました。

幸い一命を取り留め、今でも通院は続いていますが、元気に日常生活を送っています。限りある命に向き合う覚悟と姿勢が出来たと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人は、人間関係で傷つくことがあります。しかし、癒すのも人なんです。

感じ良いコミュニケーションをするとオキシトシンという神経伝達物質が出ることが分かっています。あったかい気持ちになれるんです。

不安が安心に変わっていくんです。

心が落ち着き満たされていく。そういう経験が出来る場所が必要なんです。

日本NLP学院はそういう心の居場所を目指しております。



本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


NLP基礎講座だけで「努力」という言葉の概念が変わった

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●NLP講座で「努力」という言葉の概念が変わった

こんにちは

日本NLP学院学院長の松島直也です。

私たちは、いつも当たり前に言葉を使っています。

でも、言葉に対して意外に分かっていないことがあります。

それは、言葉に対して、人それぞれが違う意味やイメージを持っているということです。

自分自身でも、どういう意味をつけているのか、自覚している人は少ないかもしれません。

言葉の意味合いが変わると、見える景色が変わるんです。



アドバンスドNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
アドバンスドNLPを学びはじめて、一番最初に感じた変化は、毎日の生活に充実感を持てるようになったことでした。

もちろん、やりたいことをやれているからということもありますが、一番大きかったのは、自分の中で「努力」という言葉の概念が変わっていたことでした。

初めは、ただやりたいことをしているから充実感を感じているのだと思っていましたが、ある日、客観視して自分を見た時に、「彼は努力している」と感じてしまったのです。

「感じてしまった」という表現を使ったのは、僕がそもそも「努力」という言葉に嫌悪感を持っていたからです。努力なんて、辛くて苦しいだけで、報われないものだと思っていました。

だから、好きな事に対しても、あえて努力をしない様な選択をしてきました。好きな事を辛く苦しいものにしたくなかったからです。

 まだ、やりたいことをやっているだけにしか思っていませんでした。この時、僕の中で努力の概念が変わりました。

努力しているかどうかは、自分で決めることではなく、他者が決めることであって、自分に使う言葉ではなく、他者に使う言葉なのだと思いました。

そして、この変化が毎日の生活の充実感に結びついていることに気づきました。たった一つの言葉の概念に変化があっただけで、見える景色がこんなにも変わるとは、思いもしませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私たちは自分が認識した世界の中に住んでいます。

経験したある部分に注目し、意味づけするということを無意識に行っているんです。

経験に対しての受け止め方や言葉の意味が変わった時、違う景色が見えるようになるんです。

モノクロの世界がカラーに変わり、雑音が音楽に変わり、寒さが暖かさに変わります。

本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


自分を深く見つめることができる実践心理学

7fb48449ebf5eb28fe1ad1fbdc1a0902_s.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

自分のことが分からない。
自分が何をしたいのかわからない。
自分で決められない
人の意見に流されてしまう。

そんなことありませんか?

そもそも無意識の自分(=深層の自己)は、気づいていない自分自身の心なんです。
自分自身の無意識を観察すると、今まで気づかなかった自分を発見することができます。


アドバンスドNLP受講生の体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
日々の生活の中で、色々な事に気づきやすくなった。カリブレーションのワークで、観察が苦手だなぁと思ったら、自分の観察をしていないことに気づきました。

自分の観察をしてくださいと言われても、アドバンスドNLPを勉強していなかったら、どのようにしたらいいのか分からないと思うけど、プロセスが分かっていると、観察できるようになる。

これは一つの例ですが、生活の中で、ブレーキのかかる事や癒されていないことに気づいて→勉強したことを使って→自分でも処理できるようになったことが、大きな変化です。

自分の生活に必要な形で、応用できるのがアドバンスドNLPなんだなぁと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の感情の反応と行動を客観視してみることから始めるといいと思います。ネガティブな感情が起きた時は、深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。行動は、「何のためにしているのか?」と自問してみましょう。

そうすれば、自分がどうしたいのか、少しずつわかるようになってきます。

本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


自分を変えるためにワクワクする未来を思い描く

counselor15.jpgのサムネイル画像●自分を変えるためにワクワクする未来を思い描く

こんにちは。

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

私のクライアント様で、

「ずっと自分を変えたいと思っています。」

と、ご相談にいらっしゃいました。

シェアのご承諾を得ていますので、もう少し詳しくお話をいたしますね^^

クライアント様のお話は、

「不満を持ちながらのお仕事を、やめてみたり、もう一度お仕事をしてみたりを、繰り返しています。」

「いつも、いつも文句を言いながらの自分も嫌でなんです。」

「家庭も、子どもたちはかわいいですが、夫とは、物足りない気持ちで、いつも、もやもやしています。」

「こんな自分を変えたいと思い、ヨガをしてみたり、絵を習ってみたりしましたが、気持ちが満たされないんです。」

「今のままでも、そんなに不自由はないんです。」

「周りの人から見たら「幸せなのに」と、言われますが。。。」

「私のわがままかなとも思います。」

「でも、このまま過ごして、10年後の自分をイメージしたら、ぞっとしたんです。」

そんなご相談でした。



同じように「変わりたい」と、思っているあなた。

とっても、ステキだと思います。

今でも十分ステキなんでしょうけど^^

自分で変えたいと思うのですから、何かあるんでしょね。

一つ思い描くとしたら、どんな自分になっていたいですか?

キラキラした自分ですか?

生き生きしている自分ですか?

充実している自分ですか?

愛されていると、感じれている自分ですか?

たくさんの仲間と、仕事をしている自分ですか?

もっと具体的に、思い浮かびますか?



そして、変わったあなたは、何をしていますか?


小さなことでもいいです。

少し早く起きて、カフェに行ってから、会社に行く。

旅行の計画を立てている。

すっきりと、部屋を掃除して、インテリアを変えている。

大好きな人と過ごしている。

前からやりたいと思っていた、仕事の勉強を始めている。

自分のためだけに、おいしいコーヒーを入れている。

そんなことをしているあなたは、どんな気持ちですか?

わくわくしている!

気持ちが軽くなった!

エネルギーが満ち溢れている!

楽しくてしょうがない!

どんどん、いろいろなことを、やりたくなった!



今のあなたには、小さな変化かもしれません。

「ちりも積もれば。。。」ではないですが、小さな変化が、知らない間に大きな変化に変わってきます。

まずは、小さな一歩から。

今、この瞬間から、あなたにできることをしてみませんか?

それでも、気持ちが重くて、考えられない人は、ここでたくさんの変化のヒントが見つかりますよ♪


ちなみにご相談にいらしたクライアント様。

ずっと興味があった仕事の資格を取り、練習をして、大好きなお仕事につかれています。

とっても充実されているお顔を、されていました^^  


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


不安,悩みから解放されたいなら今に意識を向ける

●悩みから解放されたいなら今に意識を向ける

こんにちは。

チェンジファシリテーターの大西史恵です。

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s.jpgのサムネイル画像「心の苦しみ、悩みから解放されたい」

「もう、こんなの嫌だ、逃げ出したい」

そんな方はいませんか?

悩んでいる状態が続くのは、本当に苦しいですよね。不安ですよね。モヤモヤしますよね。


気付いたら、そのことばかり考えている…。

グルグル思い巡らせて、自分を責めたり、誰かを責めたり…。


「悩みとは、過去の後悔と未来への不安でできている」と言った人がいます。

心理療法家のゲシュタルト療法を創始したフリッツ・パールズです。

NLPが生まれるための研究対象にもなっている方です。



悩んでいるときって、

「なんで?どうして?こんなことに…」と、過去に原因をみつけて悔やんだり、

「これから、どうなるんだろう…」と、未来が描けなかったり、

過去と未来をいったりきたりして、頭がいっぱいになっていませんか?


こんなときは、“今”に意識を向けてみましょう。


「今、できること」が、一つでも分かると、

悩みは、悩みではなくなり、“解決していく事柄”になります。


「今、何をすると、気分がよくなるかな」

「今、これはしない方が、よくなりそう」

と、想像してみてください。

「こんな風になっていたいな…そうだなぁ、今、どんなことしたらいいかな」


例えばそれは、一杯のお茶を飲む、ことかもしれませんし、

メモをこっちに貼っておく、なんてことかもしれません。

些細なことでいいんです。


“あなたが、今、できそうなこと”


が、ポイントです(^-^)

“できそうなこと”を見つけたら、とりあえずやってみてくださいね。

どんなに小さなことでも、解決へ向かう行動をとっていると、

“今の状況”が、変わってきます。


すると、望んでいる未来がチラッと見えて、悩みや苦しさが和らいでいたりします♪


とはいえ、どうにもこうにも、もう無理(>o<)っていうこともありますよね。

私もそうでした。

そんなときは、グループワークや個人カウンセリングを受けるという方法もあります。

突破するきっかけは、いろいろありますよ(*^^*)


今日もお読みいただき、ありがとうございました。


アダルトチルドレン克服専門サイトはこちら



アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー(無料) NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


変えられないのは「なんのため?」か自分に聞いてみる

7fb48449ebf5eb28fe1ad1fbdc1a0902_s.jpgのサムネイル画像●変えられないのは「なんのため?」か自分に聞いてみる

こんにちは、チェンジファシリテーターの大西史恵です。

こんな自分を変えたい!けれど、なかなか変えられない...ということ、ありますよね。
 
例えば、 
 
いつもイライラしている自分を変えたい
 
つい、ダラダラしてしまう自分を変えたい
 
とか、
 
夜中にお菓子を食べるのをやめたいのに、食べてしまう自分を変えたい
 
朝、早く起きたいのに、いつもギリギリまで寝てしまう自分を変えたい
 
など、
 
いろいろな 「嫌な自分」「できない自分」がいたりします。
 
そして、そんな自分にがっかりしたり、落ち込んだり、自分を責めたり、否定したり...
そんな辛さからは、抜け出したいですよね。
 
この、できないループから抜け出し、自分を変えるには、
 
あることに、気づくだけでいいんです。
 
それは、

変えたいと思っている行動にも、ちゃんとした役割があったんだ!意味があったんだ!
 
ということ。
 
一見、悪いと思えるようなどんな行動にも、必ず"肯定的な意図"があります。
 
例えば、

先日、我が家でこんなことがありました。
 
私には、小学生の娘がいます。
 
娘は、宿題が大嫌いで、毎日泣きわめきながら宿題をしていました。
 
そんな娘がある日、こんなことを言ってきました。
 
「本当は、帰ってすぐに、ささっと宿題をやりたいのに、どうしても泣いてしまう、泣きたくないのに泣いてしまう、どうしたら変われるの?」
 
と。
 
そこで、いくつかの質問を、娘にしてみました。
 
すると、「泣くのはやめたいけど、やめられない、だって、泣くのを我慢したらストレスになっちゃう」と言うのです。
 
娘が泣くのには、"ストレスを避ける"という、"肯定的な意図"があったんです。
 
娘はこれに気付いて、ホッとした様子でした。
 
「泣いてもいいや」
 
と、思ったそうです。
 
それから、宿題で泣くことは、ほとんどなくなりました。
 
一瞬で、自分を変えてしまいました。
 
 
どうしたら変わるのかな...と思ったとき、
 
変えられない自分を否定するのではなく、
 
変えられないのは、何のためかな?と、自問自答してみてください。
 
そこに"意図"がみつかると、
 
自然に変わっていた! いつの間にか変わっていた!
 
ということが起きます(^-^)
 
チェンジファシリテーション基礎コースでは、
 
こんな風に、自分を変えていくことにフォーカスしています。
 
ご興味のある方は、お問い合わせくださいね♪


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


<<前のページへ123

« やりたいことを実現する実践心理学 | メインページ | アーカイブ | 性格を変える実践心理学 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ