• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ

HOME > ブログ > アーカイブ > 子育ての悩み解消 > 2ページ目

ブログ 子育ての悩み解消 2ページ目

親子の絆を強めるポイント

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●親子の絆を強めるポイント

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

お子さんに想いが伝わらず、もどかしい想いをしていませんか?

お友達が一か月位前に、高校生の娘さんと揉めてしまったと悩んでいました。

「家の門限は、11時なのよ。決して早い時間じゃないわよね。この間連絡もなしに11時半過ぎに帰ってきたの。 今何時だと思っているの?いい加減にしなさいよ!と怒ったのよ。 そうしたら逆切れして、新聞投げつけて、2階に行っちゃったの。やんなっちゃうわよ。もう何日も口利かないの。」

お友達は娘さんの事が心配で、つい怒ってしまったそうです。

「娘さんにもきっと理由があるかもね。時間がたてばきっと話せるようになるよ」と言って別れました。

先日、お友達に会いました。

「娘と仲直りできたわ。聞いてみたのよ。理由。携帯を忘れて取りに行ったんですって。 連絡するよりも帰った方が早いと思って、だって。きちんと聞いてあげれば良かった。 心配だからつい怒ってしまった事も伝えたわ。」 と言っていました。

このお友達のような事は、親子の間でよくある事だと思います。

なぜ食い違いがおきてしまうのでしょうか?

人は、それぞれに受け止め方、想い、価値観を持っています。

想いが違うわけですから、反応、行動が違っても仕方ありません。

自分の考えを押し付けずに、意図(高次の目的)を伝え合う事が求められます。

相手の意図を聞いて、自分の意図を伝える。 何か問題が起きたら一度深呼吸をして落ち着き、相手のやりたかったこと、つまり意図を聞き、自分の意図を伝えましょう。

意図(高次の目的)は、物事や自分がよりよく進むためのものです。

お互いの意図をわかり合えれば、争いもなくなります。

お子さんに、想いを伝えてみませんか?

きっと親子の絆が強まりますよ✨

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分をイラッとさせる嫌な人を非難したくなる

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●自分をイラッとさせる嫌な人を非難したくなる

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

私達は、色々な方法で、自分の心を守っています。

・不安にならないように。
・不快な気分にならないように。
・傷つかないように。

自分自身を維持しようとしています。

このような、心の動きを、「防衛機制」と言います。

今日は、その中の一つ、「投影」について、お話ししますね。

「投影」は、自分の中にある、認めたくない、見たくない、感情や欲求を、他人の中にあるものとして、相手を非難して、自分を守る「防衛機制」です。

苦手な人や、何だかわからないけど、同じ人に、「イラッ」とする事ありませんか?

・自分は、待ち合わせ時間の五分前に行くのに、いつも遅れてくる人
・自分は言いたい事を、我慢しているのに、言いたいことを、きちんと言える人

など、自分が常識だと思っている事、自分がしたくても、出来ない事を相手が、いとも簡単にやってしまうと、相手を非難したくなります。

お子さんに対しても、同じなんです。

「イラッ」としてしまう時ありませんか?

「これは、自分のもの」と気付くと大分楽になりますよ。

「投影」に気づいたら、「これは、自分のもの」と受け入れて下さいね。

私のカウンセリングでは、この気づきと、受け入れをしています。

「イラッ」から、卒業しませんか✨

心を込めてお手伝いさせて頂きます。 お気軽にご相談下さいね ^^

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供の生きる力を育むには

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子供の生きる力を育むには

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

2004年の春に、自閉症児の子育てコミック「光とともに~自閉症児を抱えて~」がドラマ化され、放送されました。

第七回の放送で、心温まるたシーンがありましたので、ご紹介しますね。

主人公の小学一年生の光君は、自閉症児です。

ある日、光君のお母さんは、光君のお友達、萌ちゃんのお母さんに、「何をすればよいか教えて下さい。私みたいな人多いと思うんです。何かしたいって気持ちがあっても、具体的に、何をしてよいのかわからなくて、結局諦めてしまう人」と、言われます。

光君のお母さんは、後日「光通信番外編です。よろしくお願いします」と言って萌ちゃんのお母さんに、渡します。

<光通信番外編>

私が、こうして光通信を書き始めたのは、具体的に、何かをして欲しかったからではなく、ただただ、光の自閉症という難しい障害を,少しでもわかってもらえたら,という願いからです。

でも先日、何をすればよいのか、という、問いかけを頂きました。

どうか、今まで通り,あなたのお子さんを大切に大切に,育ててあげて下さい。 色々な事が,出来て当たり前だと思わず、どうか喜んであげて下さい。 いっぱい、いっぱい、愛してあげて下さい。 あなたのお子さんに降り注がれた愛情は、優しく、温かく、光に届きます。

子どもたちが、教えてくれました。 光に繋がる道は、子どもたちの笑顔です。 どうか、今、目の前にいる、あなたのお子さんを、これからも、どうか、大切に沢山の愛情を注いであげて下さい。

光君のお母さんの、色々な「想い」、が伝わってきて思わず、娘を抱きしめてしまいました。

沢山の愛情を注がれて育ったお子さんは、安心感が得られるので、情緒が安定しています。 自分も愛し、人も愛する事ができます。 自己肯定感が育ちます。 どんな事にも挑戦する意欲が湧きます。

では、お子さんが愛されていると感じる事は、どういう時でしょうか。

個人差は、あると思いますが、次のような事ではないでしょうか。

・スキンシップがある
・話しを聞いてくれる
・いつも褒めてくれる
・他の子と比較したりしない
・ありのままの自分を認めて受け入れてくれている
・気にかけてくれている

このような事で、親子の絆も作られます。

親子の絆は、お子さんが、外で嫌な事があっても、乗り越える力になります。

いじめなどのトラブルを乗り越える力は、忍耐や、根性ではないのです。

時には、「大好きだよ」と声に出して言ってみて下さいね^^

「いってらっしゃい!」「おかえりなさい!」「おやすみ」などの挨拶は、習慣にすると、喧嘩した時に、仲直りのきっかけにもなって、いいですよ。

毎日、頑張っている、お母様も、時には、リラックスタイムを作ってご自分を癒して下さいね!(^^)! お母様が、ご自分を大事にしていると、お子さんも自分を大事にする事ができます。

お誕生日には、「生まれて来てくれてありがとう」、のメッセージを♡

きっと、お子さんの目が輝きますよ✨

そして、お母様にも、「お疲れ様。ありがとう」

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供が自信を持てるようになるには

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子供が自信を持てるようになるには

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

子育てをしている時、我が子をこんな風に見ていました。

「他の子に比べてあれができない。」
「この子はこれが足りない」

できないことばかりに目がいきました。

自ずと、子供は自分に自信が持てない子になっていました。

ある日担任の先生に「お母様、もっともっと、彼を褒めてあげてください。」といわれました。

我が子が何事にも消極的なのは、私の育て方にあることにやっと気がつきました。
そのことで、私も小さい頃、親からできないところばかり指摘されて育ってきたことにきがつきました。

無意識にずっと、「私はできない人」と自分にも言い続けていたんです。

ダメなセルフイメージができあがると、それ以上のことができない人間になってしまいます。

そんなことにも気がつかず、私は子育てをしていました。

「できない子」を無意識に育てながら、一方では「もっと頑張りなさい」と言っていたんですね。
それからは、ぎごちないながらも子供を褒めるように努力しました。

「あなたはやればできるのよ」
「笑顔がいいねー」
「そういうとこ、優しいわねー」

普段考えていないと褒めるって結構大変なんです。

子供からは「なんかわざとらしいよ」と言われていました。
一方、担任の先生が彼にいっぱい自信をつけてくれました。

今なら私と同じ子育てをしている人に言えます。

すべての物事や性格もそういう事実があるだけなんです。
私達が勝手に意味付けしているだけなんでさす。

・見る視点が違うと、 おしゃべりは社交的
・のんびりはおおらか
・お調子者は親しみやすい
・短気は感受性が豊か

視点を変えると意味やとらえ方が違ってきます。

あなたのものさしで短所と思われることが、他のものさしでは長所になります。

チェンジファシリテーション=アドバンスドNLPでは、これをリフレーミングといいます。

視点を変えてお子様をみてみると褒めてあげられることが沢山ありますよね。

自分に自信が持てる子に育ってくれるといいですね。

リフレーミングは子育てだけではなく、パートナーに対しても友人関係でも会社の部下に対しても 使えます。

そして自分自身にも。 視点を変えて褒めてみましょう。

「あなたはこういうところがいいわね。」と。

ポジティブな言葉は人を育てます。

ネガティブな言葉や視点は人を辛くさせます。

なりたいあなたになれますように、心からお手伝いいたします。

本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

本当はどうしたかったの?魔法の問いかけ

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●本当はどうしたかったの?魔法の問いかけ

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

娘が、高校生の時、仲良し三人組の一人から、仲間はずれにされたことがありました。

私は、「高校生になってもか~」と不安になりながらも、娘に質問していきました。

「〇〇ちゃんは、あなたを仲間外れにしたことによって、何を得たと思う?」 「一人にならないこと」
「一人にならないことで、〇〇ちゃんは、何を得たのかな?」 「寂しくない」
「寂しくない事で〇〇ちゃんは、何が得られたんだろう?」 「安心感かな」

ここまで質問したら、娘は、 「そっか。私の想像だけど、〇〇ちゃんは、安心感が欲しかったんだね。それは、私も一緒だよ。」 と言いました。

「あなたは、どうしたいの?」と質問しました。

「凄く悲しくて、何でこんな事するの?って思ったし、ムカついていたけど、お母さんの質問に答えていたらちょっと変わってきた」

「どんな風に変ったの?」

「3人だから、気をつけているけど、2人で盛り上がっちゃう事もあるんだよね。安心したいって言う気持ちだとしたら、私も一緒だし、出来れば仲良くしていきたいから、明日話してみようかな」

娘の表情が、軽くなったように見えました。

翌日三人で話したそうです。

最初は、ぎこちなかったそうですが、徐々に以前の仲になっていったようです。

このように、問題と思われる行動には、隠された目的があり、更にその奥には、その状況で大切にしたかったもの、本人も気づいていない、本来の目的、「肯定的意図」があるんです。

大人も、子どもも、最初から問題を起こしたいと思っていないですよね。

根底に肯定的意図があり、自分を守っているんです。

そう思うと、愛おしくなってきませんか。

娘は、〇〇ちゃんの事を愛おしく思うというより、共感できたみたいです。

凄いなと思いました。(私はもっと時間かかりそうですから;^_^)

表面的な言葉や行動に反応するのではなく、その根底にある「肯定的意図」に焦点をあてると、自己受容、他者受容する事ができます。

「肯定的意図」を満たす別のよい方法をみつけられます。

何か問題と思われる事に遭遇したら、ご自分や人に、「それによって何が得られるの?」

答えが、なかなか、出てこないようでしたら、「本当はどうしたかったの?」 と質問してみてくださいね。

普段は気づかない、無意識の領域にいる、「本来の自分」に出会えますよ!(^^)!

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

本当の幸せとは?

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●本当の幸せとは

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

私達は、様々な欲求を持って生活しています。

その欲求を、わかりやすく示しているものに、「マズローの欲求階層理論」があります。

「人間は、自己実現に向かって、絶えず成長する、生き物である」

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローの言葉です。

そして、「人間は、満たされない欲求があると、それを充足しようと行動する」としました。

また、「欲求には、優先度があり、低次の欲求が満たされると、より高次の欲求へと、段階的に移行するもの」としました。

①食欲・性欲・睡眠などの、生理的欲求
②衣類・住居などの安定、安全を確保しようとする、安全欲求
③集団に属したい・誰かに愛されたいといった、所属と愛の欲求
④自分が価値ある存在・尊敬されることを求める、尊敬欲求
⑤自分の能力・可能性を発揮し、自己の成長を図りたいと思う、自己実現欲求

人間の基本的欲求はこの五段階に分類されています。

欲求は一度十分に満たされた経験があると、その後の人生で多少足りない事があっても、耐えられるとされています。

子供の頃に十分に温かい承認を経験をする事が、大切なのです。

壮絶ないじめを受け、生命維持の為の、食欲・睡眠欲求さえままならない、娘が、学校どころでなかった事に納得します。

娘は、生きていく為の基本的な欲求・安全で安心した状態を求め、苦しんでいたのです。

そんな娘に寄り添っているうち、ふと思いました。

きっかけは、いじめですが、果たして、それだけだろうか。

今までの、子育ての中で、娘に十分な承認を与えていただろうか。

娘は、三角形の底辺にいました。

私は、娘の欲求を出来る限り満たすようにしました。

私は娘を見ていて思いました。

子育てに手遅れはない、気づいた時がその時なんだと。

中学生からの育て直しのはじまりです。

三角形の底辺から頂点までのエピソードはまたの機会にしますね。

毎日楽しく生きる事だけが幸せではないと思います。

嬉しい時は喜び、 腹が立つ時は怒り 、悲しい時は声を出して泣き、 辛いときは助けてと叫ぶ、

ありのままの姿で生きる事。

それこそが、本当の幸せ。

娘と過ごす日々の中で感じました。

何か違うと気づいた時に、一度立ち止まってみませんか。

大丈夫です。

気づいた時が変化の始まりです。

復活不登校ママによるカウンセリング 母と子の泣き笑い770日 人生好転の秘訣


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供を変えるより親が変わることが問題解決の近道です。

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子供を変えるより親が変わることが問題解決への近道です。

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

先日、日本NLP学院卒業生でカウンセラーの仲村ゆりかさんとお会いしました。

仲村さんは、カウンセリングを20年以上学び、人の支援をしてこられている方です。

4年ほど前に、ある心理カウンセラー養成スクールにおいて、私が担当するNLP講座でお会いしました。

それから数年後、家庭内が大変な状況になり、「今までいろいろと学んできた。あとは自分が変わるしかない!」と思われたそうです。

そして、思い出してくださったのが、アドバンスドNLPだったのです。

それからアドバンスドNLPを本格的に学ばれるようになりました。

藁をも掴む気持ちだったといいます。

学び出してから1年後、何十年も夢見ていた幸せな家庭が実現していました。

私は、仲村さん本来の資質が輝き出してきたのを今でもはっきりと覚えています。

アドバンスドNLPのセッションを受けた方に、「何でっ?魔法ですか?!」と 言われることは少なくありません。

無理をせずに自然に望ましい状況に変わっていくんです。

なぜならば、無意識を味方にするからです。

もっと詳しく知りたい方は、仲村さんのブログ“太陽サンサン子育て相談室”をご覧ください。

ためになることがたくさん書かれていますよ。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供の気持ちを知るには

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子供の気持ちを知るには

こんにちは。

復活不登校ママカウンセラーの岡田理恵子です。

お子さんの気持ちを知りたい時どうしますか。

お子さんの話しをじっくり聞き、どんな気持ちか想像しませんか。

相手の気持ちになって考える 子どもの頃から言われてきましたが簡単ではないですよね。

それは人は自分から見えている景色が現実だと捉えているからなんです。

そんな時は視点をかえてみましょう! お子さんの視点から見えている景色を見てみましょう。

想像だけでなく実際に体を動かして位置を変えるとよくわかりますよ。 ご自分が座っている椅子の前にお子さんが座っていると仮定して空の椅子を置いて下さい。

ご自分の椅子からお子さんの椅子に話しかけたり、お子さんの椅子に座って先程話しかけた言葉にたいしての気持ちをお子さんになってご自身の椅子に向かって話したりします。 これを何度か繰り返します。

視点をかえると物の見方や感じ方の違いがわかります。 お子さんから見えている景色がわかりますよ。

私のカウンセリングでは一つ一つ丁寧にこのワークを進めていきます。 実際に体を動かして視点をかえるとこんなにも景色が違うんだと驚いたのを思い出します。

先日いらしたお母様も最初は恥ずかしそうにしていましたが何度か繰り返すとお子さんになりきっていました。

お帰りのときには笑顔で「今日は息子の好きな豚カツにします」と言ってました。

お家でも出来るようにお伝えするので大丈夫です。

お子さんの気持ちを知りお子さんを笑顔にしませんか。

復活不登校ママによるカウンセリング 母と子の泣き笑い770日 人生好転の秘訣



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

べき思考を解放し安心できる場所をつくる

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●べき思考を解放し安心できる場所をつくる

こんにちは。

復活不登校ママカウンセラーの岡田理恵子です。

「学校に行くべき」という考えを持っていませんか。

私は持っていました。

学校に行けなくなってしまった娘に寄り添っているつもりが、目の前の目標が「学校に行けるようになること」になっていました。

娘はいじめにより傷つき学校はもちろん誰が味方なのかでさえわからなくなっていました。

娘の一番の望みは安心出来る場所だったのです。

この事に気付くのに大分時間がかかってしまいました。

人は誰もが安心して生活したいと思っています。その安心が脅かされた時それを取り戻そうと必死になるのです。 その時にべき思考があると本当の気持ちをかくしてしまいます。

「安心して生活したい」 心の奥底にあるものは母親も子どもも同じです。

お子さんが幸せでいる事がお母様の幸せ。お母様が幸せでいる事がお子さんの幸せなのです。

そのためにもべき思考を解放しましょう。 気持ちがとても楽になり選択肢もふえますよ^^

復活不登校ママによるカウンセリング 母と子の泣き笑い770日 人生好転の秘訣



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供の気持ちを受け止める

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子供の気持ちを受けとめる


こんにちは。

復活不登校ママカウンセラーの岡田理恵子です。

お子さんが「学校に行きたくないな」と言ってきた時何と声かけますか。

「あら、どーしたの?」
「何かあった?」
「一日休むと行きずらくなるわよ」 などなど..。

これは私が娘にかけた言葉です。

お母様としては、「どしよう。登校拒否かしら?」と不安になったり 「私がなんとかしなきゃ」と焦ってしまいませんか。

私もそうでした。 では何と声をかければよいのでしょう。

とってもシンプルなんです。 「そう。学校に行きたくないのね」

お子さんが言った事を否定も肯定もせず受け止めてください。

「~なのね」と否定も肯定もせず受け止める。

評価・批判をしない言い方は、存在を認めるだけでなく あなたは重要ですよ。あなたを信頼していますよ。 あなたは価値がありますよ。 というメッセージとして伝わります。 信頼関係も生まれます。 凄いですよね。

気持ちを受け止めてもらえた。わかってもらえたと思うと心が落ち着き安心しませんか。 それだけで心が満たされ学校に行けちゃうお子さんもいるんです。

まずはお子さんの言葉をそのまま受け止めてみてくださいね。

そして母親として頑張っているご自身も受け止めてくださいね。


復活不登校ママによるカウンセリング 母と子の泣き笑い770日 人生好転の秘訣


スクール体験説明会のご案内



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

<<前のページへ123

« 恋愛関係,夫婦関係の悩み解消 | メインページ | アーカイブ | 職場の人間関係の悩み解消 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ