• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • 心理カウンセラーになる専門サイト
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー
卒業生・在校生の方

HOME > ブログ > アーカイブ > トラウマ、PTSD、心の傷を克服する方法 > 2ページ目

ブログ トラウマ、PTSD、心の傷を克服する方法 2ページ目

トラウマ,心のダメージを克服する方法があります

●トラウマ,心のダメージを克服する方法があります

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

トラウマって言葉は日常的に使われていますね。

悲しい女性.jpg医学的には定義がありますが、広い意味で捉えていただいて大丈夫です。

要は、「思い出すと不快な感情や生理的反応が強く出る」

ということで構いません。

なぜなら、その人その人によって違うからです。

例えばで言うと

・本人も忘れているような親の一言が人生を縛っていた

という場面をよく見るからです。

忘れているなら、影響ないのでは?と思いますよね。

そうなんです。

そこが落とし穴です。

もちろん、人は一年365日、同じことばかり考えているわけではありません。

日々の忙しさの中で、普段は「忘れている記憶」が多いのです。

それが普通です。

でも、思い出そうとした時、あるいはふと何かによって「引き金」を引かれて自然に思い出した時。

不快な感情や生理的反応が出るのであれば、

「ただ、単に普段は表面に出ていないだけ」なのです。


本当に「忘れる」とは「普段は忘れている」のではなく「思い出そうとしても思い出せない」ということです。

感情のラベルが張り付いていないため、忘れてしまうのです。

そして、普段は忘れていても、あなたの人生を縛っていることもあるのです。

・あなたが男の子だったら良かったのに…

と母親に言われて、何十年と自己否定してきた女性がいます。


でも、その原因に気づいたのはカウンセリングのセッション中です。

悲しい子供トラウマ.jpgそれぐらい、トラウマは顕在化しないこともあります。

また、例外的に「忘れる」という防御反応が出ることがあります。

それは、感情や感覚的に強すぎる出来事の時です。

そういう出来事は「乖離」(かいり)することで、無意識は心を守ろうとします。

そうすると、別の苦しみがあったりします。

今日は、この部分には触れません。

お話は戻って、トラウマです。

「あの人に言われたことが忘れられない。」

「あの人の態度が忘れられない。」

「あの時の経験が忘れられない。」


トラウマ(心的外傷)というのは、長い年月が経っても同じ苦しみとして思い出されるものです。

「事故」や「災害」もそうですね。

過ぎ去ったはずなのに、今でもありありとあの時のことがフラッシュバックして蘇ります。

多くの人が

「トラウマ(心の傷)って癒せないんでしょ。」

と思っていらっしゃいます。

そんなことはありません。

癒せます。

また、

「トラウマを経験した時の原因が特定できれば解決する」

と間違った思いこみを抱いている人もいらっしゃいます。

古典的な催眠療法で癒すことを知らないセラピストは、出来事に直面させて余計つらくさせることがあります。

聴いたことがあるかもしれませんが、

「ふたを開けるだけ開けて放置される」

「パンドラの箱を開けられた」

と、いうことが起きています。

では、トラウマを克服するというのはどういうことかというと、

「客観的な事実として認識出来るようになり、心的ダメージが回復した状態」

のことをいいます。


NLP(神経言語プログラミング)の創始者は、1977年にトラウマ・恐怖症を克服するテクニックを公開しました。

以降、研究は進み、さらに短時間(ものによっては数分)でトラウマを克服するテクニックが考案されています。


今まで、何十年とカウンセリングを受けても、苦しみから抜け出せなかった人が、トラウマを数回のNLPセッションで克服し立ち直る人がたくさん現れています。

トラウマ克服 嬉しい女性.jpgまた、実際に就労移行支援事業所リエンゲージメントでは、職場でメンタルダウンされた方へNLPワークを提供させていただいています。

トラウマ(心的外傷)を克服し、心的ダメージの回復にご興味のある方は、アドバンスドNLPのコースやNLPカウンセリングでお伝えしています。

ご興味のある方はメルマガにご登録くださいね。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像 NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


アダルトチルドレンのトラウマや対人恐怖症をNLPで克服する

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

いじめられた、虐待された、愛してもらえなかった…。

たくさん怒鳴られた、顔色をうかがって生きてきた、自分の意見が言えなかった…。

こどもらしく振舞えなかった…。などなど。

親や友人などからひどい扱いを受けた場合、それらがトラウマになっていることがよくあります。

そして、そのような結果として対人恐怖症になる方も少なくありません。


下向き女性.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像このようなトラウマは全て対応させていただきます。

それは、おそらく今のあなたの考え方や行動を縛っている記憶だからです。

NLPカウンセリングでは、その辛い記憶を緩めていきます。

また、家族内や友人、いじめなどのトラウマに限りませんので、どうぞ他のお辛いこともご相談くださいね。

また、いらっしゃった方からこんなご心配も聞きます。

「たくさん嫌な記憶があるのできりがないと思います…。」

そうですね。そう思うのはごもっともです。

でも、脳はパターンの認識をしているので、予想よりかなり早く終了すると思います。

NLPではパターンの解消をしていきます。

どういうことかと言うと、例えば、親のことをセッションすれば、親に似たような上司なども平気になるということです。

みなさん何十年も抱えているからこそ不安に思われるのですが、代表的に覚えているものは結構決まっています。

試しに紙に書いてみるといいのです。何十年分の人生のトラウマがどれだけのリストになるか。(無理はしないでくださいね。つらくなるので)

おそらく100個も200個も書けないものです。

それがパターンで覚えているということなんです。

さて、最初にお伝えしますが、NLPカウンセリングを受けるのには診断は必要ありません。

トラウマの言葉の使い方は一般的でも、医療用語でも、NLPカウンセリングではどちらでも対応いたします。

正式な言葉の意味では、トラウマは一時的な恐怖や不安のような一時的な感情と違って、心に傷がつき、それが残り続けることを言います。

普通の不安や恐怖との一番の違いは、時間が経過しても自然には消えないということです。

「あー怖かった」と終わってしまうものは正式にはトラウマとは言いません。

体験した事件や事故や人の記憶が強く残り、その恐怖や不安に苦しめられます。

ふとした拍子に、再体験をしてしまうようになるんですね。

また、受け止め方に個人差があることも重要です。

例えば、なんらかの事故にあって症状が出る方がいるとします。

そこで、本人はもちろん、救出作業をした消防士や自衛隊の方がショックを受け、トラウマに悩まされる場合もあります。

また、事故に直接関係していない関係者が、ショックを受け、心配や責任がつのりトラウマに悩まされる場合もあります。

これが、受け止め方の個人差です。

また、精神的にタフだと思われるような方でも、関係なくトラウマに苦しむ方はいます。

周りの人の理解が必要で、「直接関わっていないのに」とか「精神的に弱いんだね」とか言うことは本人が二次的に苦しむことになります。

トラウマは心が強いとか弱いとかという考え方は関係ない問題だと理解した方がいいでしょう。



さて、最初にお伝えしたように、NLPカウンセリングでは、正式な診断は必要ありません。

あなたが、トラウマだと思ったものは全て対応いたします。

どうしてトラウマが解消できるのか?

その秘密はメルマガでわかりますよ。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像 NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


あの時言われた言葉が、傷ついて忘れられないです トラウマを克服するには?

kokoronokizu.jpgのサムネイル画像●あの時言われた言葉が、傷ついて忘れられないです トラウマを克服するには?

こんにちは!日本NLP学院スタッフの齊藤 典子です。

私、女子会が大好きで、よくします。

女子は、ご存知の通りよくしゃべります(笑)

先日話に上がったのが、

「あの時言われた、あの言葉、グサッときて、思い出すのもいや!」

「思い出すから、その人の顔を見るのもいや!」

「こんな事言うなんて、信じられる?」

と、5年前のことも、とってもよく憶えています(笑)

 

怒ることって、その気持ちの深い所には、悲しみがあるので、自己防衛しているんです。

「私のこと、傷つけないでよ!」

って。

ちゃんと、自分を守ってくれてるんですね。

「今は、近づかない方がいいよ~」

って。

なので近づかない選択も、いいと思います!

そして、同じ言葉を言われても、

「怒りたくなる人」

と、

「そうなんだね~」

と、聞き流せる人がいます。

なぜでしょう?









それは、本当は、

「わかって欲しい」

そんな気持ちがあるから。





例えば、私はオットから、

「こうしたらいいよ!」

「あ~したらいいよ!」

と、アドバイスを受けます。

でもね、それって

「やりたいの、そうなりたいの。。。。」

「でも、怖かったりして出来ない私なの」

「出来れば、見たくない私なの。。。」

「言わないで!!!」

という、心の声を隠して、

「うるさい!わかってるわい!」

という私の返事。。。ごめんね。。。

「本当は、そんな私もわかって欲しい」のです^^;

 

会社の上司から。

お客様から。

両親から。

子どもから。

パートナーから。

いろんな人から受けた言葉からの、怒りたくなるようなネガティブな感情も、

「そんな自分もいるよね^^」

って、受け入れちゃうと、楽ちんになります。

でも、出来ないことも沢山あると思います。

そんな時は、こちらがおススメです!


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


心の傷、心のダメージを回復するには?

●心の傷、心のダメージを回復するには?

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

心の傷、心のダメージを受けて辛くなっていませんか?

心の傷、心のダメージは、カンタンに言うとトラウマとも言えます。

体育座り男の子.jpg
こんな話をすると、

「忘れたらいいのに」

「気にしなければいいのに」


とか思われる方もらいっしゃるかもしれませんね。

そして、「私は、そういうものは乗り越えた」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

でも、ちょっとだけお付き合いください。


心の傷、心のダメージというものは実際にあります。

わかりやすいものは、トラウマやPTSD症状ですね。

これらは、わかりやすく大きなものです。

では、小さいものはないのでしょうか?

そもそも小さいから気にしなくていいのでしょうか?

実は人の心はデリケートです。

意外にちょっとしたことでも傷つきます。

傷ついたことはどうやってわかるでしょう?

それは、「思い出せるか、否か」です。

どんなに頑張っても思い出せないなら、忘れたということ。

でも、思い出せて、その時の感情をはっきりと認識できるなら「傷ついている」のです。

思い出せるもの?

じゃあ、思い出さなきゃいいじゃない?

そう思われるかもしれません。

でも、放っておくと「思い出さないだけ」で、その記憶を参照して行動しているのは事実なのです。

犬に噛まれた子供が大きくなって、犬を見て怯えるけれど、犬がいない時は普段は元気。

でも、近所の犬を把握していて、遠回りをしながら登下校をしている。

父親や母親が苦手だけれど、もう、離れて暮らしているから、普段は何ともない。

でも、会社に似たような人がいて、畏縮する。

これらの仕組みと一緒です。

脳はパターンで認識します。

この人は放っておいたらずっと「犬嫌い」「苦手な人がいる」ままということです。

その上、いじめ、家庭環境、職場の人間関係、友人関係、ジェネレーションギャップ、パワハラ、セクハラ、モラハラ、DV、受験や将来、景気、震災、過渡競争などなど、世の中には心のトラウマになったり、心が疲れ果ててしまう要因がたくさんあります。

ストレスという意味では、例えば、結婚や出世など、一見良いことでさえ、心身に良くない影響を引き起こしてしまうこともあります。

人間の脳は、いつもと違うことが起きると「ストレス」と感じてしまうからです。

これだけ要因が多くなると、心のダメージに対して、対処法を知っておくことは、とても大事なことです。

心にダメージを負ったままでは、十分に潜在能力を発揮できません。


パソコンをイメージしてください。

買った当初はスムーズに動作しますが、使い続けていくうちに動作に時間がかかったり、不具合が起きたりします。

パソコン内をクリーンアップしないで、ゴミがたまっていると、このようなことが起きますね。

でも、クリーンアップを定期的にしていると長くスムーズに快適に使用できます。

一見、人は普段は思い出さないために、心の傷やダメージを忘れた、乗り越えた、癒えたと思いがちです。

でも、実のところ、そのように思っていたとしても、今の現状に不具合が起こっているのであれば、何かしらの影響を受けている可能性は高いのです。

心にダメージを負ったままでは、十分能力を発揮することは出来ません。

さらにダメージを蓄積しては心が苦しくなるばかりです。

例えば、大きな災害や幼少期の虐待を経験した人が、何もない状況下でもなかなか元気になれないのは「抱えているかから」です。

心と身体はつながっています。

症状が身体に表れてくることだってあるのです。

でも、一方で、身体が傷つくと、傷ついたその部分は強くなるのと同じように、心の傷やダメージも回復することで強くなります。

ですから、決して悪いとも言い切れず、うまく回復を促すことが出来ると、より精神的にタフになっていくのです。

これから心の傷やダメージを癒したり、回復、修復するための3つのポイントをお伝えします。

これが出来ると、自分自身で自分をより強くすることが出来ます。

9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s.jpgのサムネイル画像1、適度な量と質の高い睡眠 

心理的にダメージを受けると眠くなります。

脳は痛みや疲れを感じないため、「眠気」が来ます。

睡眠は脳や身体の回復をおこなうのと同時に、心理的なダメージを軽減させる働きがあります。

ノンレム睡眠時に心を整える活動を無意識的におこなっています。

寝ている間に、納得いく形に情報を整理しています。

2、客観的になる能力 

トラウマから立ち直った人の共通点は客観視できるようになったことです。

客観視は言葉で言うのは簡単ですが、訓練が必要です。

自分を第三者的に観察できるようになると、違う受け止め方を出来るようになります。

(主観のままま離れてしまう解離とは違います)

3、日常的な安心感 

日常的に安心感に満たされると心は癒されていきます。

副交感神経が働くように、リラックスをすることが出来る環境を作ります。

脳の神経伝達物質のセロトニンが出るような活動をおこなうといいのです。



また、心がダメージを負うのには理由があります。

その内の一つは受け止め方(価値観、信念)です。

ただし、無意識レベルの受け止め方です。

なぜ、そのようなことが言えるかというと、同じ状況にいてもダメージを受けない人がいるからです。

メンタルの強さも関係しますが、受け取り方にも左右されます。

だからと言って受け止め方を変えよう!と思ってもスムーズにいかないですよね。

これは、無意識レベルで感情が絡んでいるからです。

ここまでお伝えいたしましたが、実際のアドバンスドNLPの講座内では

・客観的な能力を養うワーク

・セロトニンを増やすワーク(リラックスするワーク)

・トラウマを解除するワーク

・メンタルを回復しながら強くするワーク


などなどを実際におこなっています。

ご自身の心の傷やダメージの回復、メンタルを強くする方法にご興味がある方は、お問い合わせくださいね。

メルマガでも詳しくお伝えしています。

よろしければ、ご登録くださいね。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中



<<前のページへ12

« イライラ解消,ストレス解消 | メインページ | アーカイブ | アダルトチルドレン克服 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ