カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 職場の人間関係の悩み: 2016年2月

ブログ 職場の人間関係の悩み: 2016年2月

「いつも相手が自分の話を聞いてくれない」そんなときは?

●「いつも相手が自分の話を聞いてくれない」そんなときは?


こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

昨日は「聞く力をアップする」ことについてお話しました。

今日は「話す力をアップする」コツについてお話しますね。

たとえば「いつも相手が自分の話を聞いてくれない」という方はいらっしゃいますか?

一生懸命に話しているのに、相手はつまらなそうにしている。

こっちはどんどん焦ってしまい、自分でも何を話しているのかわからなくなってしまう。

私の話し方が下手なんだろうなあ・・・

そう思ってしまうと、人と話すことに自信がなくなってしまいますよね。

そこで、相手に話を聞いてもらう簡単なコツをお伝えしますね^^

それは「最初に、話のテーマを相手に伝える」ということです。

たとえば「今日ね、子どもの学校の授業参観だったんだけど」と話し始めるとします。

相手は「授業参観の話なのかな」と思いますよね。

「久しぶりにAちゃんのママに会ったのね。なんだか急に老けちゃってて、ビックリしたのよ」

相手は「あれ?Aちゃんのママの話なんだ」と思います。

「でも、服装はすごく派手なの。で、いつも授業参観に来てるBちゃんのママがいなくて・・・」

相手は「いきなりBちゃんのママ?結局、何の話なんだろう・・・」と、方向性の見えない話に戸惑い、聞くのがめんどくさくなってしまいます。

そこで、まず、話したいことのテーマを伝えるんです。

実は、Bちゃんのママがお店を始めて、Aちゃんのママがそのお手伝いをしていることを話したかったとしますね。

それならば「Bちゃんのママが、自宅を改装してお店を始めたんだって!その話をしてもいい?」

という感じです。

そうなると、Aちゃんのママが老けてたけど服装が派手だったことも、話の重要なポイントとして興味を持って聞いてもらえます。

また、「その話をしてもいい?」と確認を取ることも大事です。

話のテーマ自体に興味がなければ、断ってもらうこともできます。

それにより、相手は聞きたくない話は聞かなくてもよくなります。

あなたも「つまらなそうな顔をする人を相手に話す」というストレスから解放されます。

こんなふうに、話をする前のたった一言で、コミュニケーションをスムーズにすることができるんです。

ぜひ、お試しくださいね^^

話す力、聞く力をアップするコツは、まだまだたくさんあります。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 新宿校、横浜校 開催中

職場の部下に何と言っていいのかわかりません

●職場の部下に何と言っていいのかわかりません

こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

先日、お仕事で金融業の営業をされている、同年代の方にお会いしました。

40代の女性で、お子様もいらっしゃる女性です。

下向き女性.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

その時に、

「典子さん、聞いて下さいよ~」

「朝から、部下の子が、トイレにこもって、泣いてるんですよ。」

「なんか、部長に言われたらしくて」

「それだけで、トイレにこもって泣きます?」

「で、その女の子を私にどうにかしなさいって、部長が言うんです。」

「どうにかしなさいって、私に言われても、ちょっと言われて泣く事もわからないし、なんで私がですよね!?」

と、怒りながら、あきれてました^^;

部下に限らず、コミュニケーションに困ることありますよね?

相手と話す前までは、

「何と言ったらいいんだろう?」

「どういったら、上手くコミュニケーションが取れるんだろう?」

「上手く伝わるには、どんな風に話しをしよう?」

「どこから話したら、伝わるかな?」

「そもそも、何を伝えたいかな?」

ん~悩む。。。

もやもや。。。

頭の中が、ごちゃごちゃしている状態です。

先ほどの営業の女性も、そんな事は言いつつも、お話を聞いていると、

「部下の力を伸ばしたい!」

「やる気を上手に引き出してあげたい!」

「仲間と一緒に、いい仕事をしたい!」

そんな気持ちもあります^^

「その場その場に合った方法を。」

「その人その人に合ったやり方を。」

無理なくベストが出せるのが、理想なのかなと思います。

 「泣いている部下を元気づけて、もう一度頑張って欲しい!」

と、思ったら、例えば、ご自分の失敗談を、お話しするのもいいでしょう。

プロのスポーツ選手が、リベンジした話もいいと思います。

泣いている彼女の、凹んだ状態から元気になったエピソードをご存知でしたら、その話もいいと思います。

話の内容は「たとえ話し」です。

「たとえ話」は、ぐっと心が動く一つのアプローチ方法です。

アプローチ方法は、いくつもあると思います。

ブログではなかなか伝わりずらい、コミュニケーション力。

一度体験しにいらっしゃいませんか?

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 新宿校、横浜校 開催中

1

メインページ | アーカイブ | 職場の人間関係の悩み: 2016年3月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ