• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > トラウマ、PTSD、心の傷を克服する方法 > 嫌な気持ちを切り替える方法。嫌な経験がNLPであっという間に変わる

ブログ

< 気分転換がうまくできない、過去の出来事を引きずってしまう  |  一覧へ戻る  |  いつも不安な自分を安心できる自分に変えたいあなたへ >

嫌な気持ちを切り替える方法。嫌な経験がNLPであっという間に変わる

こんにちは!

日本NLP学院学院長の松島直也です。

NLP(神経言語プログラミング)は1975年にアメリカのカリフォルニアで誕生しました。その2年後の1977年フォビア/トラウマキュア(恐怖症/心的外傷)を克服する方法を公開し、NLPは一気に世界に広がりました。

1980年代に入って、NLP創始者の一人ジョン・グリンダー博士がNLPの間違いを見つけます。そして、バージョンアップしたNLPを発表しました。

日本NLP学院では、最新のadvanced NLPを提供していますが、フォビア/トラウマキュアも新たなバージョンが発表されていますし、それ以外のNLPワークも驚くようなものばかりです。

なので、あっという間に嫌な気持ちが消えたり、切り替わったりすることができるんです。



チェンジファシリテーション=advancedNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
チェンジファシリテーター基礎コースを楽しく学ばせて頂きました。

「学ぶ」というより、「何でこうなるの?!」的な体験ばっかりで、とにかく面白かったです。

「自分ってこうなんだ!」とか、「自分ってこういう反応するんだ」とか、改めて「自分」を意識し、感じたし、不思議な魔法のようなNLPワークで変わる、自分の感情だったり、人の感情だったりを目の当たりに出来ました。

このNLPワークでもっとたくさんの人達が変わっていける可能性があるので、周りの人たちに伝える為、もっとadvancedNLPを勉強してみたい!!と興味が増々出てきました。

この先も、たくさんの人が変わっていくのを支援したいですネ。ワクワクをありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


変化は無意識下で起きます。意識的な努力で変えられることは少ないのではないかと思います。無意識に協力してもらって、新たなパターンを生み出してもらうんです。

ある出来事に対しての感情、反応の仕方が変わる。受け止め方、考え方が変わる。新たなやり方を見出す。そのようなことが自然に起きるんです。

不安が安心に、不信が自信に、不可能が可能に、変わっていくんです。

本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


カテゴリ:

< 気分転換がうまくできない、過去の出来事を引きずってしまう  |  一覧へ戻る  |  いつも不安な自分を安心できる自分に変えたいあなたへ >

同じカテゴリの記事

子供の頃にいじめられたトラウマを克服した話

samisii5.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

今日はいじめによるトラウマになった方のお話です。

いじめはいけませんね。

今回のご相談者さまの状況は少し複雑でした。

子供の頃にいじめを受けた相手がいるのですが、大人になった今でも付き合いがあるのです。

皆さんはそういうパターンありませんか?

ご相談者さまは
「きっと相手はいじめたことを忘れている!」
「その人の顔を見るたびに、ひきつった笑顔で無理に笑っている自分がいるんです。」
とおっしゃっていました。

そして、いじめを受けていたせいで、他人ばかり気にして、人に合わせている自分が苦しいとのことでした。

人前に行くと、パニックのように真っ白になって怖くなってしまうのです。

対人恐怖症にもなっていらっしゃいました。

いじめは、した方は忘れても、された方は心の奥底で人生が左右されるんです。

そんな、子供の頃、いじめを受けたご相談者さまのご感想です



友人にいじめを受けたトラウマ

地元にずっといる私は、いじめを受けた人とずっと顔を合わせる生活でした。

子供が出来た今も、ママ友なんです。

中学生の時に、彼女にひどくいじめられました。

今は?と聞かれると、まったくいじめたりはされません。

でも、私の中では、彼女に会うときはすごく怖いんです。

話していても、真っ白になるし、何を言ってるかわからなくなります。

彼女にも、合わせようとしている自分がいますし、そんな自分にイライラします。

でも、カウンセリング中に、いじめられた時のやりきれない感情や怖さが消えていきました。

実際にその後、彼女に会った時も平気でした。平気というのが一番合っていると思います。

ついでに、この人は今は本当に優しいのかもしれないと思えました(笑)

40代女性Oさま



本当に長い間、苦しまれたと思います。

彼女といつも会う生活をずっとしていたわけですからね。

心理学なども勉強されて頑張られたのですが、どうにもならなくていらっしゃいました。

今は、人前の緊張とか随分楽になられたそうです。^^

もちろん、いじめのつらかった思い出も消えてしまいました。

昔の子供の頃の嫌なトラウマ、対人恐怖症にも効果があって消してしまうことが出来ますよ^^



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

kyouhusyou.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

PTSDは心的外傷後ストレス障害と言います。

医療的な診断の意味では、トラウマになるような出来事から、一か月経ってからはじめて診断されます。

トラウマ反応により、日常的な生活にも支障をきたすような状態になります。

以下のような3つの特徴があります。

・再体験 トラウマ体験を思い出す。似たような状況下で不安や恐怖を感じる。

・回避、まひ 体験を思わせるようなもの、状況、場所、人などを避ける。体験自体を思い出そうとしない。

・過覚醒 小さなことを気にするようになり、なんでもないことで驚いたり、怒ったりする。

これに対して、トラウマになるような事件直後に起きる場合はASD=急性ストレス障害と呼ばれます。

上記の特徴に解離症状が加わります。

・解離症状 自分の心が身体や心から離れてしまったような感覚。感情や現実感が失われ、なにごとも実感がわかなくなる。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)やASD(急性ストレス障害)のおこるきっかけはトラウマ体験によるものです。

※トラウマ体験=災害、事故、病気、死別、暴力、虐待、いじめ、犯罪、性犯罪など



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


パニック障害とは

kyouhusyou.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

ある日突然、激しいパニック発作に襲われ、発作がまた起こるのではないかと不安になるのがパニック障害です。

不安障害の一つであり、身体に異常がないのに、突然、動悸や息切れ、めまいなどの、激しい身体症状が起こり、さらに強い不安に囚われるものです。

パニック障害は、パニック発作と、その発作が再び起こるのではないかという予期不安から成り立ちます。

パニック発作が起きるのには、3つの状況があります。

・不意に起きる。(睡眠中やリラックス中でも起きる)

・ある状況で起きる。(恐怖や緊張を感じるような場所や状況)

・ある状況で起こりやすい(上のような状況で絶対ではなく、別の状況でも起きる)

緊張や恐怖を感じる場合は次のような状況があります。

・公の場所・狭い空間・乗り物の中・人ごみの中・一人の時など。

心理カウンセリングでは、このようなある状況においての予期不安、不安、恐怖、緊張を軽減していきます。

条件付けをなくすことで、通常の生活に戻れます。

ただ、パニック障害は「身体に異常がない」のに起きることが定義ですので、医療機関にて身体の検査は必要だと思います。

他の病気が隠れていないかを、まず、確認してくださいね。



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


強迫的な症状を克服する方法

kyouhaku.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

強迫性障害は不安障害(パニック障害、全般性不安障害、ストレス障害、恐怖症)の種類に入ります。

なんらかの強い不安や強迫観念から、同じ行為などを、繰り返しおこなってしまう症状です。

・不潔…手洗いなどの洗浄行為がやめられない、すべて除菌しないと気が済まない

・確認…鍵をかけたかどうか、ガスを消したかどうか何度も確認する

・加害…自分が誰かを傷つけたのではないかととらわれる

・正確さや対称性…ものごとの正確さや対称性に極度にこだわる。

・身体や病気…体調や病気にひどくこだわってしまう。

・そのほか…ものをため込む、手順に極度に囚われる、罰を受けるのではと常に考える。縁起や迷信を極度に気にする、受け入れがたい性的イメージに囚われる、徹底的に質問する。

過度の心配(強迫観念)から、不安を小さくするために、過度な同じ行動(強迫行為)をとってしまいます。

うつと同じくセロトニンの欠乏により不安症状が過度に出ます。

そして、うつやパニックなどの症状を併発することが多くあります。

日本NLP学院のカウンセリングでは、あなたの不安が始まった過去の経験や現在の不安を克服する方法をお伝えしています。

日常的に実施しながら、強迫的な症状を薄めていくことが出来ますよ。

宜しければお問い合わせくださいね。



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


対人恐怖症を克服するスクール 日本NLP学院 東京/新宿,神奈川/横浜

kyouhusyou.jpgこんにちは。

講師、カウンセラーの岩渕洋です。

対人恐怖症はひどくなるとうつ症状を併発すると言われます。

また、パニック障害(不安神経症)やひきこもりなどに発展する可能性もあります。

対人恐怖症に含まれるものは以下のような恐怖症があります。


・赤面症

・男性恐怖症、女性恐怖症

・視線恐怖症(他者視線恐怖症、自己視線恐怖症、正視恐怖症、脇見恐怖症)

・表情恐怖症

・醜形恐怖症

・会食恐怖症

・吃音症

・多汗症

・体臭、口臭恐怖症(自嗅症)など

このようになるには、きっかけがあるのがほとんどのようです。

例えば、大勢の前で失敗した経験や異性による陰口を聞いてしまったり、親から怒鳴られたとかもあるようです。

でも、その経験がわかっていれば、経験に対する恐怖を和らげることは可能です。

また、もしも原因がわかっていなくても、恐怖自体を緩和することが出来ます。

これらは、NLPカウンセリングやNLPのコースを受講することで、劇的に緩和されます。

NLPはトラウマや対人恐怖症の克服に対して、効果があることが世界的に実証されています。

また、日本NLP学院でも実際に克服している受講生がたくさん卒業しています。

これらの恐怖症は

・特定の対象に対する恐怖

・自分の認識に対する恐怖

に分けられると思います。

kokuhuku.jpgこの二つはNLPが得意とする脳科学的なアプローチによって、比較的に早期に解決できますよ。

よろしければ、お問い合わせくださいね。

また、このような症状に対して克服させることができるカウンセラーになることも可能ですよ。






NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ