• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > 心理カウンセリング資格を取得 > 聴く力、心理カウンセリング力を磨く

ブログ

< いつも不安で人の視線が気になる、そんな自分を変えたい  |  一覧へ戻る  |  NLPで自分の中で、「努力」という言葉の概念が変わっていた >

聴く力、心理カウンセリング力を磨く

こんにちは!

日本NLP学院の松島直也です。

一般的な心理カウンセリングでは傾聴を学びます。クライエントの話に共感し受容します。

すると、クライエントは気持ちが楽になり、違った受け止め方をする方向に進み始めます。

しかし、傾聴しているつもりでも、クライエントの気持ちが軽くならなかったり、ラポール(クライエントと無意識レベルでつながること)が形成されていない場合があります。


肝心なのは、クライエントの内的世界観を解釈せずに認めること


なんです。


シンプルなんですけど、一般的な心理カウンセリングを長年学んでいる人でもできていない場合があります。


アドバンスドNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
「対人コミュニケーション」をしたり、「意図のフレーミング」の講座の中で、二人組で実際にコミュニケーションをしました。相手の思いをなんの解釈もせずに、「そのまま聴く」ということの難しさを感じました。

一応、理屈としてはわかっていたつもりだったのですが、「こうすればいいのではないか」という私の思いが出てしまったことが反省です。

日常生活の中でも、素直に自分の思いを出さずに人の話を聴こうと思いました。

感じ、認識し、判断するのは、相手自身であり、私ではないのですものね。それが、前回の授業でとても良くわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


各人違う価値観、考え方をしています。

人の話を聴いているとき、自分の経験に照らし合わせて、勝手な思い込みを抱いてしまいがちです。


相手の言い方、非言語的な表現を観察しながら、何が事実で、相手の人はそれをどう認識しているのか?受け止めているのか?と区別して聴くことが大事なポイントです。

事実に対して、相手は何をとらえ、どう考えるのか、自分は何をとらえ、どう考えるのか、ができるようになると、相手の話に巻き込まれなくなりますし、自分の考えも相手の考えも尊重できるようになります。そして、新しいアイデアが生まれるチャンスが生まれます。


本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


カテゴリ:

< いつも不安で人の視線が気になる、そんな自分を変えたい  |  一覧へ戻る  |  NLPで自分の中で、「努力」という言葉の概念が変わっていた >

同じカテゴリの記事

心理カウンセリングでは過去を書き換えるのですか?

counselor7.jpgのサムネイル画像●心理カウンセリングでは過去を書き換えるのですか?    

こんにちは。岩渕洋です。

NLPの心理カウンセリングを受けようとする方やNLPを学ぼうとする方で、良く聞かれるのですが、

「過去を書き換えるのですか?」

「大事なものがなくなりませんか?」

「自分でなくなっちゃうのじゃないですか?」

と心配されるようです。


心の世界はとかく「不思議な」ものや「怖い」ものに例えられがちですね。

私たちのアドバンスドNLPというものは、安心で安全にとにかくこだわっています。^^

カウンセリングの技法や心理学が、世の中には多種多様に存在しています。

私が日本NLP学院での授業や心理カウンセリングで気を付けていることは、まず

「自分の価値観や信念を押し付けないこと」

これは、授業でも口を酸っぱくして言われる大切なことです。

もちろん、私も生きていく中で、それなりに価値観や信念があります。

思考パターンって言ってもいいでしょう。

でも、心理カウンセリングでは、はっきり言ってアドバイスは意味がないんです。


アドバイスはコンサル業の方がすること。

人は意識的にわかったところで、「しない」「できない」ことは多いのです。

ご友人との会話を思い出してください。

あなたがご友人に何かの相談をされて、答えを言っているのに

ご友人は「でも…、だって…」ってなりませんか?(笑)

挙句の果てに、これらは永遠に続きます。^^;

アドバイスはほとんどの人が「聞きません」^^

そして、忘れてしまう可能性がとっても大きいのです。


そして、アドバイスは短期的に良くても、長期的にはカウンセラー依存になる可能性が大きいのです。

ですから、ワークをすることで楽になって、「自然と思考パターンが変わったり」「元の元気な心に戻る」そんな心理カウンセリングをおこないます。

NLPの授業中、ワーク後に良く聞かれるのは、

「嫌な出来事の印象が薄くなりました」

「嫌な出来事がどうでも良くなりました」

「嫌な出来事がまったく思い出せなくなりました」

という声です。^^

これらは、自分にとってネガティブだった事柄について、ワークをした結果です。

そうすると、どんなことが起きるでしょう?

今まで、囚われていた出来事や人に対する感情が、薄くなったり、なくなったりしたら、あなたにどんなことが起きると思いますか?


一例ですが、

「苦手な人がどうでも良くなりました」

「苦手な場所でストレスを受けなくなりました」

「セルフイメージが高くなることで、したいことにチャレンジできたり、積極的になれました」

「思考がネガティブじゃなくなりました」

「対人コミュニケーションが楽に出来るようになりました」

「人に左右されなくなり、人と会っても疲れなくなりました」

などなど、様々な良いことが起きてきます。^^


では、最初の疑問に戻りますが、

「過去を書き換えるのですか?」→「書き換えません」

「大事なものがなくなりませんか?」→「なくなりません」

「自分でなくなっちゃうのじゃないですか?」→「本来の元気な自分に戻ります」

ということなのです。


そもそも、ネガティブな感情や心の痛み、記憶ですら「あなたを守るためにあなたが知らないうちに作った大切な物」なのです。

ですから、いったんそれらを全て受け止めて、「今は、いらないでしょう」と進めていきます。

本当は全ての人が、囚われから抜け出したら、自分で良い考えを持っています。

心のクリーンアップをしながら本来の自分に戻り、あなたの未来が自然と変わる心理カウンセリングをしています。^^



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


NLPの講座を学ぶとどんな心理カウンセリングが出来るか?

counselor5.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

NLPの講座を学ぶとどんな心理カウンセリングが出来るか?

今日はお伝えしたいと思います。


先日、心理カウンセリングでお久しぶりのお客様がいらっしゃいました。

女性のクライエント様で、いつもニコニコされているのが印象的です。

1回目は、アダルトチルドレンのトラウマを克服することでお申込みをされたのですが、その後のお話です。

「お久しぶりですが、アダルトチルドレンのトラウマはその後どうですか?」

「それは、まったく軽くなりました。^^」

とのこと。^^あら^^

NLPを使った心理カウンセリングでは、宿題をお渡しするので効果が早いんですよ。

でも、今日はその後の悩みのお話し。


では、今回はというと、「大丈夫!と確信するダメになっちゃうんです」というお悩みでした。。

「よーし、これは出来る」とか「これは、こうです!」ときっぱり断言すると、上手くいかない気がする。

抽象的ですか?そうですね。

でも、実際のクライエント様がおっしゃった言葉です。

皆さんは言葉で伝えにくいことってよくありませんか?

「具体的にはどういうことですか?」と聞くと

「仕事できっぱりと断言したりすると上手くいかない気がする。」

などなど、そしてまた「うーん」と考えてしまいます。

まだまだ、これでも抽象的なイメージですね。^^

そしてさらに、

「そのおかげで、自分がこれから始める仕事が上手くいかない気がする」と。

わかるようでわからないお悩みですね。

でも、皆さんもありませんか?

言語化しにくいこと。



そこで、「言葉にしないとわからないよ」っていうのは一般的なカウンセリングです。

でも、アドバンスドNLPでは、言語化できなくてもカウンセリングできます。

なぜなら、生理的な反応が出て、その人の中で課題を感じていればそれで十分なのです。

心理カウンセラーは無意識の反応を読み取る練習をしているので、どこが課題か明白にわかります。

だいたい、言語化できている部分が「あっている」とも限りません。

事実と感じ方や思い込みなどは違うからです。

では、何をするのかと言うと。

この時は意識と無意識が別々に何を伝えているのかを読み取りました。

そんなことできるの?

そう思われるかもしれません。

でも、出来るんです。それがNLPのすばらしいの特徴の一つです。

でも、決めつけや一般論では全くありません。

お一人おひとりの特徴を見ていきます。

では、このクライエント様には何が起きていたのか?


皆さんはこんなことはありませんか?

「やろうとすると、やりたくなくなる。」

「やらなければいけない、と思えば思うほど出来なくなる。」

この方も似たようなことが起きていました。

きっぱりと断言すると、頭上でモヤモヤが激しくなる。

何が起きているのでしょうね?

実は、いわゆる葛藤です。

対立する望みが戦っているんです。

無意識はいろんな部分、役割があります。

たくさんの「パート」にわかれているんです。

何かを達成したい部分もあれば、お休みしたい部分もある。

たくさんの人の中にいたい部分もあれば、一人になりたい部分もある。

成し遂げたい無意識のベクトルが、真逆に向いている時に、葛藤が起きます。

車の「アクセル」を踏みながら「ブレーキ」をかけている状態です。

でも、両方とも大切な部分です。

全体のうちの一つなんです。


カウンセラーになりたいのサムネイル画像NLPの心理カウンセリングで葛藤を扱う場合、お互いの無意識の部分の言い分を聞きます。

そして、最終的に反発をなくしてあげるワークをします。

そうすると、

「あ!前に進めそうな感じです!!」

とお客様はキラキラと変化します。


そのあと、成し遂げたい未来を叶えるために、タイムラインというワークをしました。

潜在意識を使って未来の成功イメージを実感するワークです。

そうすると、「やらずにはいられない」そんな気持ちが自然に出てきて頑張れます。


無意識的なサインに気が付くと、このようなセッションをおこなえるようになります。

もちろん、自分で気が付いたら、自分でもできます。

自分の無意識のサインに気が付いて、ワークをすることで、悩みも解消できるし、新たな道にも進みやすくなるんです。

皆さんも、自分の課題を解消するのに、出来るだけ早い方が良いですよね。

短時間で、スパッと早く、いくつも、根本的に、解決で来たら嬉しいですよね?


NLPの講座では、スパッとスッキリ出来るスキルをお伝えしています。

そんなに早いのは難しい?

いえいえ、ワークは超カンタン!ではないですがカンタンです。^^

なんでもそうですが練習次第。

日本NLP学院ではセラピーを因数分解した最小公約数のアドバンスドNLPが学べます。

そうすると先ほどお話ししたような心理カウンセリングが出来るんです。


日本NLP学院では「人生を本当に変える」そんなキラキラの心理カウンセリングスキルをものに出来ますよ。



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


心理カウンセリングの学校・スクールを東京/新宿,神奈川/横浜でお探しの方へ

夕陽と女性
●心理カウンセリングの学校・スクールを東京/新宿、神奈川/横浜でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也と申します。

・心理カウンセリングを学んで自分に役だてたい。
・心理カウンセラーになって人の役に立ちたい。

そのような気持ちを持たれている方がこのWebサイトに訪れてきます。

心理学というのは広範な範囲に及び、膨大な知識が必要となります。 そのため一般的には心理カウンセラーになるにはかなりの時間と労力がかかるということになります。

NLP(神経言語プログラミング)は、1970年代にアメリカのカリフォルニアで開発された技法で、当時天才的なセラピストであったゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズ、家族療法のトップセラピストであったヴァージニア・サティア、精神科医で天才催眠療法家のミルトン・エリクソンらの成果が出る共通のパターンを解析して誰もが活用できるようにした方法です。

そのため、NLPはセラピーのエッセンスということがいえるものです。

つまり、セラピーや心理カウンセリングにとって最も大事なことを集中して学べるのがNLPです。

特に心理カウンセラーになるには知識を学ぶだけではなれません。

日本NLP学院が提供するadvanced NLPはNLPの進化版で、難しい知識の詰め込みをせず、自分自身を癒す体験からパフォーマンスアップまでを体験学習を先に行うので、知識も無理なく吸収することができます。

advanced NLPで何ができるのか、は以下の無料メルマガを読んでいただくとわかると思います。

アダルトチルドレン(機能不全家族)ではない方でも役立つと思いますので、是非ご購読してみてください。


adult-children-seminar3.jpg NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


アダルトチルドレン克服 トラウマ(心の傷、ダメージ)は克服できる

●アダルトチルドレン克服 トラウマ(心の傷、ダメージ)は克服できる

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

アダルトチルドレンは、拭い去れない強いトラウマ(心の傷、ダメージ)をいくつも持っていて、長い年月の間苦しみ続けています。

その影響で、このような症状が出てきてしまいます。

うつ症状 / 不安症状 / 偏頭痛 / 嘔吐 / 吐き気 / 下痢 / 冷や汗 / 動悸 / 震え / 体の痛み、ひどい肩こりなど /自律神経失調症 / 不眠 / めまい / パニック症状 / 息切れ / 気を失う感じ / 死んでしまいそうな感じ / 解離症状(自分が自分でない感じ) / 性交痛 / ひどい生理痛 / 記憶力の減退 / 五感の異常 / PTSD(心的外傷後ストレス障害) / フラッシュバック / 感情の鈍磨(自分が何を感じているかわからない) / 希望がない / 対人恐怖症 / 怒りが突然爆発する / 免疫力低下による症状 / 自分のことを大事にしない / 人をコントロールしようとする / 問題のある人間関係の中に身を置きやすい / 依存心が強い / 考え方、視野が狭い / 現実を受け入れない、否定する / コミュニケーション技術が低い / 自分と相手の境界線がわからない / 忍耐力にかける / 罪悪感に襲われる / 極端すぎる / 白黒つけたがる / 被害者意識が強すぎる / 顔色を伺いすぎる / 嘘をつくことが多い / 自己が確立できない / 権威者を恐る / 親や近親者に似ている世代が苦手 / 苦い経験からの学びがない / なんども同じことを繰り返す / 依存症(アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、買い物、仕事) / 摂食障害(過食症、拒食症) / 自分が虐待をしてしまう(子供、パートナー) / 盲目的に同じパターンの人を好きになる、引き寄せる / 共依存(あの人は私がいないとダメなのと強烈に思う) / 愛情はしがみつくことと思っている


では、そのトラウマを癒し克服することができるのか?ですが、
答えは、「できます。」です。

卒業生の体験談をご紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・
最初は、講座でワークをしても、ただポロポロ涙が出るし、一人でずっと泣いたりしていました。それまでずっと辛かったんだと思うんです。生きていくことが。

ずっと正社員で仕事をしてきたんですけど、常に、人の目が気になっていて、どこまで頑張ればいいんだろう、って思いながら、ひと月の残業時間が3桁になることもありました。結局、それはどこまで頑張ればいいか分からないから、ただガムシャラにやっているだけで、自分が評価してもらっているのかとか、認められているのかっていう実感が全然なくって・・・。

印象に残っているのは、トラウマキュアです。

子供の頃、母に、すごく反対されたことがあって、私はそれを貫きたかったんですけど、とても反対されたので、母に従ったんです。それは何だろうって、大人になっても、たまに思い出したりして、ずっと忘れられずにいたんですよね。

それがワークをしたあと、気づいたら思い出さなくなっていて、意識して思い出しても、「あれー?!印象がすごく薄くなっている、まったく辛くなくなっている」って、びっくりしました。

これは意識して思い出しているけど、意識していなかったら、もう全然思い出さないんだろうなーって思ったときに、凄いな!って思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・

 この方の詳しい体験談はこちらです。


NLPが始まった2年後の1977年フォビア/トラウマキュア(恐怖症や心的外傷を癒す技術)が発表され、NLPは世界中に広まっていきます。

衝撃的だったのだと思います。私もはじめて習ったときは衝撃を受けました。

トラウマを克服するには、傾聴や原因追及では無理があると私は思っています。

原因を明確化してもトラウマは解決するわけではありません。表層意識レベルで話をしても多少軽くなることはあってもトラウマが癒えるところまではなかなかいきません。

トラウマというのは無意識のうちに形成されます。

トラウマの出来事を何らかのきっかけで思い出すと大脳辺縁系(哺乳類脳)にある偏桃体が以上活性し危険であると認識している状態となっています。そのため偏桃体に安全を体感させる必要があります。

言葉でいくら「安全だから大丈夫だよ」なんて説明しても動物には伝わらないですよね。偏桃体を含む大脳辺縁系も同じなんです。

安全を五感で体感させてあげ、客観視できるようにしてあげることなんです。

言葉でいうのは簡単ですが、このシンプルなプロセスを進める技術は簡単ではありません。

少なくともプロのカウンセラーを目指す人には、この技術(スキル)を身に着けていただきたいと私は思っています。
なぜなら、トラウマに苦しむクライエントが長い期間苦しみ続けなければならないからです。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


NLPの心理カウンセリングを学ぶスクール・セミナーを東京,神奈川でお探しの方へ

●NLPの心理カウンセリングを学ぶスクール・セミナーを東京,神奈川でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

日本NLP学院には、臨床心理士や精神保健福祉士などの心理支援の専門家までが学びに来られます。

それはなぜだと思いますか?

当学院が提供しているadvanced NLPは、クライエントに無理をさせず、抵抗されず、速やかに望ましい変化が訪れるからです。

一般の心理療法では、言葉をつかい意識下の理性、感情を扱いますが、言葉を使うからこそ無意識下の情動レベルの感情や感覚を扱うのが困難です。

advanced NLPでは、情動レベルの感情や感覚、脳の機能を使うので、“クライエントの目的達成や問題解決スピードが圧倒的に速い”のです。

例えば、嫌なことをフラッシュバックすることは誰もが経験していることと思います。 advanced NLPでは、よいフラッシュバックを活用し、そのときのいい精神状態や能力を発揮することができ、考え方ややり方を変えることができます。

advanced NLPを使うとゴールの達成に限らず、トラウマ(心の傷)の克服も圧倒的に速いのです。

心理カウンセラーになるには知識も大事ですが、それ以上にスキル(腕)が欠かせません。

そのためには“体験”が欠かせません。

技術を身に着けようとすると技術を身に着けるのは困難になります。

本当に自分が悩んでいること、目指していることに取り組み、 “悩みを克服する体験” 、“目的を達成する体験” をすることが最も重要なことなんです。

通信教育だけで、はたして心理カウンセラーになれるでしょうか? 知識だけで心理カウンセラーにはなれません。

人と人と触れ合いながら時間をかけて変化の体験をし、その後、自ずと技術が身についていくというプロセスが大事なんです。

変化の実感。
実感から自信が生まれます。

その先に、あなた独自のスタイルが現れてきます。

あなた自身が変化の見本になります。

詳しくは本物の心理カウンセラーになりたい!をご覧ください。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ