• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > 子育ての悩み解消 > 子供の生きる力を育むには

ブログ

< 子供が自信を持てるようになるには  |  一覧へ戻る  |  対人関係のストレスを楽にする >

子供の生きる力を育むには

●子供の生きる力を育むには

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

2004年の春に、自閉症児の子育てコミック「光とともに~自閉症児を抱えて~」がドラマ化され、放送されました。

第七回の放送で、心温まるたシーンがありましたので、ご紹介しますね。

主人公の小学一年生の光君は、自閉症児です。

ある日、光君のお母さんは、光君のお友達、萌ちゃんのお母さんに、「何をすればよいか教えて下さい。私みたいな人多いと思うんです。何かしたいって気持ちがあっても、具体的に、何をしてよいのかわからなくて、結局諦めてしまう人」と、言われます。

光君のお母さんは、後日「光通信番外編です。よろしくお願いします」と言って萌ちゃんのお母さんに、渡します。

<光通信番外編>

私が、こうして光通信を書き始めたのは、具体的に、何かをして欲しかったからではなく、ただただ、光の自閉症という難しい障害を,少しでもわかってもらえたら,という願いからです。

でも先日、何をすればよいのか、という、問いかけを頂きました。

どうか、今まで通り,あなたのお子さんを大切に大切に,育ててあげて下さい。 色々な事が,出来て当たり前だと思わず、どうか喜んであげて下さい。 いっぱい、いっぱい、愛してあげて下さい。 あなたのお子さんに降り注がれた愛情は、優しく、温かく、光に届きます。

子どもたちが、教えてくれました。 光に繋がる道は、子どもたちの笑顔です。 どうか、今、目の前にいる、あなたのお子さんを、これからも、どうか、大切に沢山の愛情を注いであげて下さい。

光君のお母さんの、色々な「想い」、が伝わってきて思わず、娘を抱きしめてしまいました。

沢山の愛情を注がれて育ったお子さんは、安心感が得られるので、情緒が安定しています。 自分も愛し、人も愛する事ができます。 自己肯定感が育ちます。 どんな事にも挑戦する意欲が湧きます。

では、お子さんが愛されていると感じる事は、どういう時でしょうか。

個人差は、あると思いますが、次のような事ではないでしょうか。

・スキンシップがある
・話しを聞いてくれる
・いつも褒めてくれる
・他の子と比較したりしない
・ありのままの自分を認めて受け入れてくれている
・気にかけてくれている

このような事で、親子の絆も作られます。

親子の絆は、お子さんが、外で嫌な事があっても、乗り越える力になります。

いじめなどのトラブルを乗り越える力は、忍耐や、根性ではないのです。

時には、「大好きだよ」と声に出して言ってみて下さいね^^

「いってらっしゃい!」「おかえりなさい!」「おやすみ」などの挨拶は、習慣にすると、喧嘩した時に、仲直りのきっかけにもなって、いいですよ。

毎日、頑張っている、お母様も、時には、リラックスタイムを作ってご自分を癒して下さいね!(^^)! お母様が、ご自分を大事にしていると、お子さんも自分を大事にする事ができます。

お誕生日には、「生まれて来てくれてありがとう」、のメッセージを♡

きっと、お子さんの目が輝きますよ✨

そして、お母様にも、「お疲れ様。ありがとう」

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


カテゴリ:

< 子供が自信を持てるようになるには  |  一覧へ戻る  |  対人関係のストレスを楽にする >

同じカテゴリの記事

育児の辛さ、夫婦間の不仲も克服し夢を叶える

9c010f2d45939d24df714e2d2b16c941_s.jpg
●育児の辛さ、夫婦間の不仲も克服し夢を叶える

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

今日は育児をしているお母さんに向けて書いてみます。

夫婦関係というのは人の人生を大きく左右するものだと私は思っています。
育児というのは大変なことです。

・子育てがすごく辛い。
・自分の子供なのに何を考えているかわからない。
・子供に振り回されてしまう。
・結婚したものの夫婦関係が悪くなってしまった。
・このような状況がこれ以上続くことには耐えられない。

このようなことはありませんか?

このようなことがあると、 自分の育て方が悪かったんじゃないだろうか?
この人と結婚したことは間違いだ!

という思いが沸き上がってくることがあるかもしれませんね。

しかし、誰が悪いということではなく、
“人は誰もが違う” ということなんです。

ほんの少しの認識のずれによって このようなことが起こってしまいます。

だから

自分に対しての理解を深めること、
人の仕組みを知るということは、
幸せに生きていくには欠かせないこと


だと私は思っています。

しかし、それらのことは誰もが誰からも教わっていないことなんです。

それを学べるのがアドバンスドNLPです。

認識が食い違ってしまった人間関係であっても、 アドバンスドNLPのチェンジワークによって想像以上の成果を得ることができます。

体験談をご覧ください。

「(成果は)ありすぎてどこから話していいのかわからないんですが、まずは長女との関係が良くなったことです。長女のことはずっと課題で、娘が何を考えているのか分からなくて、何をやっても反発してきました。それが、評価している感覚(見る、聞く、感じる)の違いから起こっていたことがわかったんです。

私は視覚と聴覚を評価しているのですが、彼女は触覚だったんです。

それで付き合い方を変えていったんです。しかも私は触られることが好きじゃなくて、自分の子供なのに抵抗があったんですけど、チェンジワークで気にならなくなり克服できました。そうしたら、関係がよくなっていきました。

子供に対してもチェンジワークをしてあげたら、学校のことや宿題のことなどで怒ったりしていたのが、怒らなくなってきたんです。落ち着いてやれるようになっていきました。」

この人が無意識に評価している感覚を優先感覚といいます。

状況により各人違ってくるものです。

自分を基準にしたコミュニケーションは、 優先感覚が合う人とは問題ありません。

しかし、たとえ親子で会っても優先感覚が違うと、 全くと言っていいほど通じ合えないのです。

アドバンスドNLPのチェンジワークによる変化は、負担が少なく自然に変わります。

体験談をご覧ください。

「びっくりしました。こんな方法があるんだ!って。今までのカウンセリングとは違うし、自分で変化を実感したという感じです。こんなふうにあっという間に変わって楽になるというのと、ずっと引きずっていた辛さが和らぐっていうんですかね。一回だけで?こんなに変わるの?!ということが起こったので、凄いなと思いました。」

アドバンスドNLPのチェンジワークは解決スピードも凄いのですが、 過去の問題の解消だけではなく、 本来の自分(潜在的に発揮されていない部分)が現実に現れてくるところも凄いです。

つまり、自分がどうしたいのかがわかってくるということです。 それも実現し始めるのです。

体験談です。

「(不仲なご主人と)仲直りなんてとてもできないと思っていたのに、できるんだっていう経験ができました。望ましいことが次から次へと実現するようになってきて、お店を持ちたいとかバーのママをやりたいと思っていたことが、突然実現できそうになってきました。」

つまりアドバンスドNLPは、

過去の嫌な出来事の克服(セラピー)
現在の悩みの克服(カウンセリング)
未来の望ましい現実化(コーチング)

までが行えるんです。

鍵を握っているのは、無意識です。

無意識が協力してくれたら、 望ましいことが次から次と起こってくるんです。

無意識に協力してもらうための技術、それがアドバンスドNLPです。

詳しく知りたい方はこちらに体験談を掲載しています。↓

子育てや夫婦関係を継続することの大変さを実感したことからカウンセラーになることを決意



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


安全で安心を感じられる居場所

●安全で安心を感じられる居場所

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

ドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」を観てきました。

大阪市西成区釜ヶ崎にある、「こどもの里」は、障害の有無、国籍の違いに関わらず、0歳から20歳までの子どもが無料で利用することが出来るそうです。

学校帰りに遊びにくる子、一時的に、宿泊する子や、親御さん達の休息の場としても利用されています。

様々な境遇の中、全力で生きる子どもたちと、そんな子どもたちに全力で向き合う、職員や、大人達に密着しています。

「いつでもおいでや」
「わたしはあんたのみかたやで」

こどもの里には、子どもたちの居場所・ホームがありました。

安定した生活環境を得、人の温もりに触れ「私は大丈夫。私は愛されている」と感じる事ができるのです。

エネルギーを蓄えられた子どもたちは、路上生活者の人達の為に夜回りに行きます。

毛布や、温かい味噌汁、おにぎりなどを配り、話し相手になります。

「ありがとう」と言われる夜回りは、子どもたちにとって人の役に立っている、私は価値ある存在と感じさせてくれる貴重な時間なのです。

館長さんは、「私がこの子どもたちに出会って、自分の生き方自体を変えられた。私の生き方を作ってくれたのは、ここの子ども達」と言っています。

相手を想う気持ち、相手にしてあげたことは、自分を愛し、大事にする力になるという事を感じさせてくれた映画でした。

「おかえり」と自分を待ってくれている人の存在、信頼出来る人の存在は、子ども達が成長して行く上でなくてはならないものだと思いました。

以前の記事でもお話ししましたが、娘が、不登校の時、よく一緒に料理をしました。

「ありがとう」「おいしいね」「助かったよ」 と言った時の娘の嬉しそうな顔、笑顔が私は大好きです。

こうして自尊感情が育っていくんだなと思いました。

お子さんに、お手伝いを頼んでみて下さいね。

きっと、張り切ってやってくれますよ ^^ お母様とお子さんが笑顔でいられますように


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


子供はお母さんに褒められたいと思っています。

●子供はお母さんに褒められたいと思っています。

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

褒められると、嬉しいですよね。

褒められると、何故良い気分になるのでしょうか。

褒められる事で、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。

ドーパミンは精神を安定させ、気分を高めてくれるのです。 何か行動をおこす時の原動力になるのです。

子どもはお母さんが大好きですから、お母さんに好かれたい、褒められたい、と思っています。

難しく考えなくて大丈夫です。

シンプルな言葉でいいんです。

朝、自分から起きてきたら「あら偉いわね。お母さん助かったわ。ありがとう」
思春期の男の子でしたら「制服の着こなし素敵ね」など。

当たり前に出来ることでいいんです。

テストで100点とった事や、検定試験に合格した事、などもよいのですが、結果が出ないときもありますので、結果ではなく頑張った過程を褒めましょう。

兄弟、姉妹、友達、と比べるのではなく、その子自身の事を褒めましょう。

自己肯定感が高まり、自信がつき、何事にも挑戦するお子さんになりますよ。

自分で、自分を褒める事も効果あるんです。

お母様も、当たり前に出来てる事をご自分で、褒めてくださいね。

私のカウンセリングでは、お母様の自己肯定感を高め、より良い選択肢を生み出す体験ができます。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


不登校における子育てで大切なこと

●不登校における子育てで大切なこと

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

娘の部屋にあったので、読んでみました。

食肉加工センターで、牛を殺す事に迷いを感じながら働く父と、その息子とのやり取りから、食べ物の有り難さを再確認する、食育の絵本です。

人が生きるということは、命を頂くこと。

私たちの命は、多くの命に支えられている。

忘れてはならない事です。
「いただきます」「ごちそうさま」を言わずにはいられません。

本の中で、農家の方が語っています。

「ニワトリは、ストレスを感じると、弱いニワトリの尾を、つっつく」 「その対策として、くちばしを切ってしまう農家もある」

しかし、この農家さんは、「ニワトリもいつかは死ぬ。でも、生きとる間にはニワトリらしい生き方をさせてやりたい」 と、ストレスがたまらないように、工夫しているそうです。

「昔は、野菜は育てるものだと思っていた。今は、野菜は能動的な生き物だと思っている。その力を引き出す。そうすると野菜が喜ぶ」
「野菜は野菜らしく、ニワトリはニワトリらしく」
「一瞬、一瞬、その命を大事にすることを心がけている」
「人間らしく生きたい」

とご自身も思われたそうです。

子育ても想いは、同じなのではないでしょうか。

不登校だからといって、制限したり、世間体を気にして、生活していませんか?

私もそうでした。

今は、はっきりとわかりました。

不登校だからといって、その子らしさは、何も変わりません。

存在価値もそのままです。

不登校は、その事に気付く事の出来るチャンスです。

一瞬、一瞬の命を、大事に生きましょう。

その積み重ねの先には、輝かしい未来がきっとあります✨

明けない夜はありません。

お子さんが、お母様が、笑顔になるお手伝いを、心を込めてさせて頂いています。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


子供のしつけが上手くいかないあなたへ

●子供のしつけが上手くいかないあなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

今日は我が家でノンビリとくつろいでいました。

季節の移り変わりを感じていたら、「嫌だー!!」と、大きな声で泣く子の声とママの叱る声が外から聞こえてきました。

前の通りでの親子のやり取りをきいていて、私の子育ての頃を思い出しました。

私も子供たちをよく叱っていました。

ちゃんとしつけなきゃならないと思っていましたもの^^;

しつけができていない。 成長が遅い。 そう言われはしないかと、病院でもスーパーでも気を遣って。

そして同じ年頃の子達と比べたり。

「うちの子はあんなことできない」
「こんなことができない」

できないのは私の責任?

落ち込んでばかりはいられないと、躍起になって教えてみるものの、子供はどこ吹く風。

そんなこと、ありませんか?

今だから言えます。

みんな同じじゃなくていいんです。

成長も個性ですから。

完璧じゃなくていいんです。

一人で抱えきれなかったら、助けを求めればいいんです。

子供にとって不機嫌なお母さんは悲しいですものね。

とはいうものの、「ゆたっりなんてできない」というお母様のお気持ちわかります。

私がそうでしたから。

自分自身が「それでいいのよ」と言われて育てられたか・・・なのかもしれませんね。

私と一緒に子供の頃の自分を振り返ってみませんか?

子育てで感じている不安が解消されるかもしれませんよ。

なりたいあなたになれますように。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ