カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-15-24
ヒカリビル3F
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > 親子関係・不登校 > 不登校における親子関係、子育てで大切なこと

ブログ

< 落ち着かない、イライラする、不安な気持ちを変えるには  |  一覧へ戻る  |  自信が持てるようになるには >

不登校における親子関係、子育てで大切なこと

●不登校におkる親子関係、子育てで大切なこと

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

娘の部屋にあったので、読んでみました。

食肉加工センターで、牛を殺す事に迷いを感じながら働く父と、その息子とのやり取りから、食べ物の有り難さを再確認する、食育の絵本です。

人が生きるということは、命を頂くこと。

私たちの命は、多くの命に支えられている。

忘れてはならない事です。
「いただきます」「ごちそうさま」を言わずにはいられません。

本の中で、農家の方が語っています。

「ニワトリは、ストレスを感じると、弱いニワトリの尾を、つっつく」 「その対策として、くちばしを切ってしまう農家もある」

しかし、この農家さんは、「ニワトリもいつかは死ぬ。でも、生きとる間にはニワトリらしい生き方をさせてやりたい」 と、ストレスがたまらないように、工夫しているそうです。

「昔は、野菜は育てるものだと思っていた。今は、野菜は能動的な生き物だと思っている。その力を引き出す。そうすると野菜が喜ぶ」
「野菜は野菜らしく、ニワトリはニワトリらしく」
「一瞬、一瞬、その命を大事にすることを心がけている」
「人間らしく生きたい」

とご自身も思われたそうです。

子育ても想いは、同じなのではないでしょうか。

不登校だからといって、制限したり、世間体を気にして、生活していませんか?

私もそうでした。

今は、はっきりとわかりました。

不登校だからといって、その子らしさは、何も変わりません。

存在価値もそのままです。

不登校は、その事に気付く事の出来るチャンスです。

一瞬、一瞬の命を、大事に生きましょう。

その積み重ねの先には、輝かしい未来がきっとあります✨

明けない夜はありません。

お子さんが、お母様が、笑顔になるお手伝いを、心を込めてさせて頂いています。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

カテゴリ:

< 落ち着かない、イライラする、不安な気持ちを変えるには  |  一覧へ戻る  |  自信が持てるようになるには >

同じカテゴリの記事

子供はお母さんに褒められたいと思っています。

●子供はお母さんに褒められたいと思っています。

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

褒められると、嬉しいですよね。

褒められると、何故良い気分になるのでしょうか。

褒められる事で、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。

ドーパミンは精神を安定させ、気分を高めてくれるのです。 何か行動をおこす時の原動力になるのです。

子どもはお母さんが大好きですから、お母さんに好かれたい、褒められたい、と思っています。

難しく考えなくて大丈夫です。

シンプルな言葉でいいんです。

朝、自分から起きてきたら「あら偉いわね。お母さん助かったわ。ありがとう」
思春期の男の子でしたら「制服の着こなし素敵ね」など。

当たり前に出来ることでいいんです。

テストで100点とった事や、検定試験に合格した事、などもよいのですが、結果が出ないときもありますので、結果ではなく頑張った過程を褒めましょう。

兄弟、姉妹、友達、と比べるのではなく、その子自身の事を褒めましょう。

自己肯定感が高まり、自信がつき、何事にも挑戦するお子さんになりますよ。

自分で、自分を褒める事も効果あるんです。

お母様も、当たり前に出来てる事をご自分で、褒めてくださいね。

私のカウンセリングでは、お母様の自己肯定感を高め、より良い選択肢を生み出す体験ができます。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

子供のしつけが上手くいかないあなたへ

●子供のしつけが上手くいかないあなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

今日は我が家でノンビリとくつろいでいました。

季節の移り変わりを感じていたら、「嫌だー!!」と、大きな声で泣く子の声とママの叱る声が外から聞こえてきました。

前の通りでの親子のやり取りをきいていて、私の子育ての頃を思い出しました。

私も子供たちをよく叱っていました。

ちゃんとしつけなきゃならないと思っていましたもの^^;

しつけができていない。 成長が遅い。 そう言われはしないかと、病院でもスーパーでも気を遣って。

そして同じ年頃の子達と比べたり。

「うちの子はあんなことできない」
「こんなことができない」

できないのは私の責任?

落ち込んでばかりはいられないと、躍起になって教えてみるものの、子供はどこ吹く風。

そんなこと、ありませんか?

今だから言えます。

みんな同じじゃなくていいんです。

成長も個性ですから。

完璧じゃなくていいんです。

一人で抱えきれなかったら、助けを求めればいいんです。

子供にとって不機嫌なお母さんは悲しいですものね。

とはいうものの、「ゆたっりなんてできない」というお母様のお気持ちわかります。

私がそうでしたから。

自分自身が「それでいいのよ」と言われて育てられたか・・・なのかもしれませんね。

私と一緒に子供の頃の自分を振り返ってみませんか?

子育てで感じている不安が解消されるかもしれませんよ。

なりたいあなたになれますように。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

親子関係を変えるには

●親子関係を変えるには

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

いつも見慣れた日常の風景が急に輝いて見えたり、いつも一緒にいる家族がとてもかけがえのないものに思えたり。

あなたはそんな経験をしたことはないですか?

そう感じるときってどんな時でしょうか?

たとえば、苦しい経験をしたあとに気がついたりしますよね。

そういう時って視点が変わっていたりします。

そんな視点で、当たり前と思っていたことを見直すって大切かもしれませんね^^

最近、私はいつもと違う視点で息子を見直す機会に恵まれました。

大学生なんですけど、部屋は汚い。

いつもなにをしているかわからない。

まったくさえない息子と思っていたんですけど。

視点を変えて、彼のいいとこ探しをしたら止まらなくなっちゃいました。

本当はとても優しい子!
意外と頼もしい。
私の相談相手にもなってくれる!
しっかりしてる。
私の我がままを受け止めてくれていた!

と、なんと息子がキラキラ輝いて見えてきました。

ちょっと親バカかもしれませんが、それでいいんです。

そうしたら、伝えてください。

「あなたにはこんなにいいところがいっぱいあるわよ!!」

「なんだよ、気持ち悪い」って言われても大丈夫。

ちゃんと心に届いてますから。

視点が変わると態度も変わってきて、それはお子様にも伝わります^^

お子様の年齢を問わず、試してみてくださいね。

「もう、反抗期で無理だわ。」とあきらめないでくださいね。 大丈夫ですよ。

言葉をかけられなくても、お母様の態度が変わってきてますから、きっと伝わりますよ^^

私の息子はすっかり自信に満ちた表情に変わっていましたので。

なりたいあなたになれますように。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

親子関係の絆を強めるには

●親子関係の絆を強めるには

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。


大好きだよ。愛してるよと、心の中で100回言うより 言葉に出して、一回言う方が伝わる。
大好きだよ、愛してるよと、言葉で100回言うより 自分のためになにか行動をしてくれたほうが、人は感動する。
与えられるより、与えることをしよう。

絵本作家 のぶみさんの言葉です。

想いを言葉、行動で伝えていますか?

先日、モニタリングというテレビ番組を観ました。

沖縄の女子高校生に突然タレントがインタビューをし、その場でお母さん又はお父さんに電話して「私のことどう思う?」と聞くものでした。

いつもお父さんに怒られてばかりいる女子高校生は、お父さんに電話しました。

「大好きだよ。大事だよ。可愛いよ」 という答えにびっくりしたと同時に「嬉しい」と泣いていました。

カップルでいた女子高生のお母さんは「どうしたの?何かあったの?」と心配してしまいました。

「大丈夫だよ。元気だよ」と言うと安心して「愛してるわよ。大事よ」と言ってました。

彼を紹介すると、その彼に、「大事な娘なのよ。よろしくお願いします」と言っていました。

「そんな風に思ってくれていたなんて知らなかった」と女子高校生は涙ぐんでいました。

親が当たり前と思っていても、言葉にし、行動しないと子どもは確信がもてないんですね。

子どもはお母さんが大好きです。

愛されたい、認められたいと思っています。

愛されている確信は、心をたくましくします。

愛されている確信は、何があっても大丈夫な強い心を作ります。

愛されている確信は、自分を信じる力がつきます。

自分に自信があると、自分で考え、判断し、行動出来るようになります。

お子さんに想いを、言葉で、行動で伝えてみてくださいね ^^

きっとお子さんが動き出しますよ。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

非言語(五感)によるコミュニケーションが大事なんです。

●非言語(五感)によるコミュニケーションが大事なんです。

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

以前の仕事で、聴覚に障害のある方や日本語がほとんど話せない外国の方とコミュ二―ケーションを取らなければならないことがありました。

言葉はほとんど使えない、もしくは、少しだけ分かる単語で、あとは筆談したり、四苦八苦していました。

でも、不思議なんです。

しばらくすると、相手が伝えようとしていることが、分かってくるんです。

向こうも私の言おうとしていることを理解してくれているのが分かってくるんです。

もちろん細かいところまでは伝えきれていなかったのかもしれませんが、心は通じあえるんですね^^

その人が帰ったあとは、しばらく放心状態のようになってグッタリしていましたが^^;

それでも「あっ、伝わった」という感覚を感じると、とってもうれしくなったものです。

あなたもそんな経験をしたことはないですか?

言葉を交わさなくてもお互いに気持ちが通じることを。

時には言葉がじゃまをすることもありますよね。

私達は言葉以外で相手に伝えていることがたくさんあります。

言葉は頭で考えて意識して発しています。 言葉以外の動作などは無意識の反応です。

心の動きが目や皮膚の色や手振りなどに、無数の数え切れない反応として出ています。

自分ではほとんど気がつかないものです。 そして言葉よりもはるかに多い情報量です。

実は私は最近まで家族とのコミュ二―ケーションは言葉が中心でした^^;

一方的に言いたいことを伝える。

家事をしながら表情を見ないで、言葉だけを受け取り、言葉だけを返す。 そんな会話の繰り返しでした。

忙しさを理由にして心をどこかに置いてしまったんです。

その頃、子供たちからお母さんの返事は、いつも「あっ、そっ」だよねと言われていました。

夫や子供たちの本当の気持ちを察してあげることができなかったんです。

振り返るととても申し訳なかったなという気持ちになります。

言葉をかわすことがなくても、伝えよう、聞き取ろうという心のやり取りができたなら、それでコミュニケーションは成立します。

「今日は元気がないな」
「いいことあったのかしら」・・・

あなたの大切な家族の想いをたくさん読み取ってあげられればいいですね^^

 本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ