• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ

HOME > ブログ > トラウマ、PTSD、心の傷を克服する方法 > イップス スポーツのトラウマを克服する

ブログ

< 心が休まらないあなたへ 悩みを解決するNLPセミナーなら日本NLP学院  |  一覧へ戻る  |  何でも一人で抱え込んでしまうあなたへ >

イップス スポーツのトラウマを克服する

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像イップス スポーツのトラウマを克服する

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕です。

イップスってご存知ですか?

スポーツ選手の方、スポーツ心理学を学ばれた方はご存知の方が多いでしょうね。 イップスは、スポーツの中で起きる 「自分の思う通りのプレーが出来なくなる運動障害」 と定義されているようです。

原因については主に

・過去のプレーでの失敗によるもの
・過度の緊張によるもの
に起因します。

このせいで、現役引退を考えるほど、ご本人にとってとても深刻です。

有名なのは、ゴルフや野球、テニスなどのようですね。

・思う通りに返球できなくなってしまった。
・投球しようとすると、ボールを落としてしまう。
・パターで思いっきり打ちすぎてしまう
などなど。

私、実はつい一年前まで、こういう症状を知りませんでした。 受講生でスポーツ心理学を学ばれた方が、個別相談でいらっしゃって

Aさん「イップスって知っていますか?」
私「知らないです。^^;なんですか?」
Aさん「あれやこれや……、NLPって効きますか?」

そこでピンときました!!

私「あー、なるほど!!効きますね!!^^」 とお答えしたのです。

イップスは過去のトラウマに起因するものがほとんどのようです。 または、考えすぎて、思う通りの動作が出来なくなってしまう。

もしも、

・トラウマに起因する場合 その過去のトラウマを解消してあげれば、イップスを克服できる。
・考えすぎてしまう場合 考えすぎて動けないとい状態から、考えずに動ける状態に戻してあげると、イップスを克服できる。


ということが出来るからです。

私自身のカウンセリングでは、

全般的なトラウマ、親子関係のトラウマ を扱うことが必然的に多いのですが、中には

・パニック症状(電車恐怖、閉所恐怖、会食恐怖、外食恐怖、虫恐怖、異性恐怖、対人恐怖、高所恐怖などなど)
・病院で検査中にパニックが起きた
・ゴルフのパターでの緊張、恐怖場面 ・おぼれかけたトラウマ(水に対する恐怖)
・音楽の演奏家の人の出演に関する恐怖
・歌手のコンサートに対する恐怖

などのうちの一つとして、ごくたまに、スポーツのトラウマもおこなっていました。

でも、おかげさまで、 イップスの克服に苦しんでいる人達がたくさんいる ということを気づかせてくれたのです。

当スクールのadvanced NLPでイップスの克服が出来ます。

ここでは、触れていませんが、ハイパフォーマンス状態、ゾーン状態も作れます。

カウンセリング、コーチングはもちろん、イップスの克服を支援できるカウンセラー、コーチにもなれます。

この受講生さんは、基礎から上級のコースまで学びました。 とても努力家で「うーん、わからない」と頭をひねりながらも必死に努力したのです。

でも、その受講生さんは、つい最近、企業の人事をしながら競技者に関わる仕事に見事転職をされました。 素晴らしいですよね。

これから、競技者の方に深くかかわりたい。 メンタルを支えていきたい。 今、すでにその立場である。 そんな方にも、必ずお役に立つスキルです。

イップスメインではお話していませんが、スポーツ選手に置き換えて読んでいただけるとヒントがあると思いますよ。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

カテゴリ:

< 心が休まらないあなたへ 悩みを解決するNLPセミナーなら日本NLP学院  |  一覧へ戻る  |  何でも一人で抱え込んでしまうあなたへ >

同じカテゴリの記事

険悪な親子関係になってしまっても、まだ取り戻せるかもしれません。

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s.jpg

●険悪な親子関係になってしまっても、まだ取り戻せるかもしれません。

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

親子関係って近いからこそ難しいことがあります。

近いから分かり合えているわけではないですね。

優しくしたいのに、
きついことを言ってしまったり、
信じてあげたいのに、
信じられないなんてことが起きたりします。

「自分の育て方が間違っていたんじゃないか。」

と自分を責めてしまうことはありませんか?

親子関係で行き詰まり、
とっても苦しんだところから
幸せな人生を取り戻された方のことをお伝えしたいと思います。

あなたに役立つヒントがあるのではないかと思っています。

その方は息子さんとの関係が非常に悪化し
トラウマを克服するために授業に参加してくださいました。

そして授業中にシェアしてくださったんです。

息子さんとの関係が非常に悪くなっていたときは、
息子さんが困ったときには、
なんでもして助けてあげたくなってしまう。

息子さんがお金に困れば、
お金を用意して助けてあげたくなってしまうということでした。

独立して離れて暮らしていても、
何でもしてあげようとする過干渉に嫌気が差したのか、
あるとき夜寝ていると息子さんから電話がかかってきて、

「今から死ぬ」

と言われたそうす。


ぼーっとしているときだっただけに、
非常にショックを受けてうろたえてしまったそうです。

会社で大きな失敗をしてしまい、
もうどうにもならなくなってしまったということでした。

それからというもの、
息子さんからの電話が怖くて怖くて仕方なくなったそうです。

何をしたらいいのかわからない。苦しい。

そんなとき、
なぜかある人の顔が頭に浮かんできたのです。←考え出したのではなく自然に思い浮かんだこれが無意識の働きです。

(その方は、当学院卒の心理カウンセラーさんで、
もう一人のお子さんとカウンセラーさんのお子さんが同級生だったそうです。)

そして連絡をされたそうです。
心理カウンセラーになっていることは知らずにです。

お会いしたら以前と全く変わっていて、
自分もこの人のように変わりたいと思って、
カウンセリングを受けはじめました。

何回か受けていくうちに心が変化していきました。

しかし、一つだけクリアできていない。

息子さんに関するトラウマを解決したいと思って、
カウンセラーさんが通っていた当学院に通いたいと思うようになったそうです。

基礎コースを何度か受講されているときに、
ご自身が変化してきたことをシェアしてくださいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前の私は、息子に過干渉でした。
私は息子に愛を求めていたんだと気づきました。

心配で心配で仕方なかったのは、
息子を信じていなかったんだと思います。

先日息子が外国に行くと言ってきたのですが、
気持ちがざわつくこともなく、
彼の決断を晴れやかに応援する自分がいて、
遠く離れていても一緒にいると思えるようになりました。

以前だったら、このようには思っていないはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とっても穏やかで柔らかく暖かい雰囲気で お話ししてくださいました。

始めにお会いした雰囲気とは随分変わっていました。

これ以降は、 ずっとこの雰囲気で接してくださいます。

おそらく周りの人は 暖かい気持ちになります。
心の状態は伝染するんです。

私は安心安全の場を提供するということを行っているのですが、
私の方が包まれている感じで、
実に心地よく自然に目が向いてしまうことに気づきました。

苦しい状況を変えるには、
自分のネガティブな感情の心に向き合うことが欠かせません。


ネガティブな思いをしたくないから、 ついつい避けようとしてしまう。

それでは同じままなんです。

むしろ避けている方が辛いですし事態を悪化させてしまいかねません。

ネガティブな気持ちは 悪者扱いされがちですが、 本当はそうではありません。

ネガティブな心が悪いわけではなく癒されていない部分、
思い違いをしてしまっている部分があるだけなんです。


自分の心を受け入れることができたとき、
心配や苦悩は消え去り安堵に変わります。

爽やかで穏やかな心が訪れたとき、
生きている喜びが沸き上がってきます。

あなたにも幸運が訪れることを願っています。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子供の頃にいじめられたトラウマを克服した話

samisii5.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

今日はいじめによるトラウマになった方のお話です。

いじめはいけませんね。

今回のご相談者さまの状況は少し複雑でした。

子供の頃にいじめを受けた相手がいるのですが、大人になった今でも付き合いがあるのです。

皆さんはそういうパターンありませんか?

ご相談者さまは
「きっと相手はいじめたことを忘れている!」
「その人の顔を見るたびに、ひきつった笑顔で無理に笑っている自分がいるんです。」
とおっしゃっていました。

そして、いじめを受けていたせいで、他人ばかり気にして、人に合わせている自分が苦しいとのことでした。

人前に行くと、パニックのように真っ白になって怖くなってしまうのです。

対人恐怖症にもなっていらっしゃいました。

いじめは、した方は忘れても、された方は心の奥底で人生が左右されるんです。

そんな、子供の頃、いじめを受けたご相談者さまのご感想です



友人にいじめを受けたトラウマ

地元にずっといる私は、いじめを受けた人とずっと顔を合わせる生活でした。

子供が出来た今も、ママ友なんです。

中学生の時に、彼女にひどくいじめられました。

今は?と聞かれると、まったくいじめたりはされません。

でも、私の中では、彼女に会うときはすごく怖いんです。

話していても、真っ白になるし、何を言ってるかわからなくなります。

彼女にも、合わせようとしている自分がいますし、そんな自分にイライラします。

でも、カウンセリング中に、いじめられた時のやりきれない感情や怖さが消えていきました。

実際にその後、彼女に会った時も平気でした。平気というのが一番合っていると思います。

ついでに、この人は今は本当に優しいのかもしれないと思えました(笑)

40代女性Oさま



本当に長い間、苦しまれたと思います。

彼女といつも会う生活をずっとしていたわけですからね。

心理学なども勉強されて頑張られたのですが、どうにもならなくていらっしゃいました。

今は、人前の緊張とか随分楽になられたそうです。^^

もちろん、いじめのつらかった思い出も消えてしまいました。

昔の子供の頃の嫌なトラウマ、対人恐怖症にも効果があって消してしまうことが出来ますよ^^


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

パニック障害とは

kyouhusyou.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

ある日突然、激しいパニック発作に襲われ、発作がまた起こるのではないかと不安になるのがパニック障害です。

不安障害の一つであり、身体に異常がないのに、突然、動悸や息切れ、めまいなどの、激しい身体症状が起こり、さらに強い不安に囚われるものです。

パニック障害は、パニック発作と、その発作が再び起こるのではないかという予期不安から成り立ちます。

パニック発作が起きるのには、3つの状況があります。

・不意に起きる。(睡眠中やリラックス中でも起きる)

・ある状況で起きる。(恐怖や緊張を感じるような場所や状況)

・ある状況で起こりやすい(上のような状況で絶対ではなく、別の状況でも起きる)

緊張や恐怖を感じる場合は次のような状況があります。

・公の場所・狭い空間・乗り物の中・人ごみの中・一人の時など。

心理カウンセリングでは、このようなある状況においての予期不安、不安、恐怖、緊張を軽減していきます。

条件付けをなくすことで、通常の生活に戻れます。

ただ、パニック障害は「身体に異常がない」のに起きることが定義ですので、医療機関にて身体の検査は必要だと思います。

他の病気が隠れていないかを、まず、確認してくださいね。

こちらもお読みください→強迫的な症状を克服する方法

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

強迫的な症状を克服する方法

kyouhaku.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

強迫性障害は不安障害(パニック障害、全般性不安障害、ストレス障害、恐怖症)の種類に入ります。

なんらかの強い不安や強迫観念から、同じ行為などを、繰り返しおこなってしまう症状です。

・不潔…手洗いなどの洗浄行為がやめられない、すべて除菌しないと気が済まない

・確認…鍵をかけたかどうか、ガスを消したかどうか何度も確認する

・加害…自分が誰かを傷つけたのではないかととらわれる

・正確さや対称性…ものごとの正確さや対称性に極度にこだわる。

・身体や病気…体調や病気にひどくこだわってしまう。

・そのほか…ものをため込む、手順に極度に囚われる、罰を受けるのではと常に考える。縁起や迷信を極度に気にする、受け入れがたい性的イメージに囚われる、徹底的に質問する。

過度の心配(強迫観念)から、不安を小さくするために、過度な同じ行動(強迫行為)をとってしまいます。

うつと同じくセロトニンの欠乏により不安症状が過度に出ます。

そして、うつやパニックなどの症状を併発することが多くあります。

日本NLP学院のカウンセリングでは、あなたの不安が始まった過去の経験や現在の不安を克服する方法をお伝えしています。

日常的に実施しながら、強迫的な症状を薄めていくことが出来ますよ。

宜しければお問い合わせくださいね。

こちらもお読みください→パニック障害とは

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

対人恐怖症を克服するスクール 日本NLP学院 東京/新宿,神奈川/横浜

kyouhusyou.jpgこんにちは。

講師、カウンセラーの岩渕洋です。

対人恐怖症はひどくなるとうつ症状を併発すると言われます。

また、パニック障害(不安神経症)やひきこもりなどに発展する可能性もあります。

対人恐怖症に含まれるものは以下のような恐怖症があります。


・赤面症

・男性恐怖症、女性恐怖症

・視線恐怖症(他者視線恐怖症、自己視線恐怖症、正視恐怖症、脇見恐怖症)

・表情恐怖症

・醜形恐怖症

・会食恐怖症

・吃音症

・多汗症

・体臭、口臭恐怖症(自嗅症)など

このようになるには、きっかけがあるのがほとんどのようです。

例えば、大勢の前で失敗した経験や異性による陰口を聞いてしまったり、親から怒鳴られたとかもあるようです。

でも、その経験がわかっていれば、経験に対する恐怖を和らげることは可能です。

また、もしも原因がわかっていなくても、恐怖自体を緩和することが出来ます。

これらは、NLPカウンセリングやNLPのコースを受講することで、劇的に緩和されます。

NLPはトラウマや対人恐怖症の克服に対して、効果があることが世界的に実証されています。

また、日本NLP学院でも実際に克服している受講生がたくさん卒業しています。

これらの恐怖症は

・特定の対象に対する恐怖

・自分の認識に対する恐怖

に分けられると思います。

kokuhuku.jpgこの二つはNLPが得意とする脳科学的なアプローチによって、比較的に早期に解決できますよ。

よろしければ、お問い合わせくださいね。

また、このような症状に対して克服させることができるカウンセラーになることも可能ですよ。

こちらもお読みください→いじめ後遺症,いじめのトラウマを克服するなら日本NLP学院




NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ