• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • 心理カウンセラーになる専門サイト
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ

HOME > ブログ > 恋愛関係,夫婦関係の悩み解消 > 「モラハラで離婚」の原因はコミュニケーション不足?

ブログ

< 性格は変わらないのかな?って思っている方へ  |  一覧へ戻る  |  自信が無い自分が嫌、どうしたら自信が持てますか? >

「モラハラで離婚」の原因はコミュニケーション不足?

■「モラハラで離婚」の原因はコミュニケーション不足?

こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。
夫婦喧嘩.jpgのサムネイル画像最近、テレビや雑誌などで夫婦間のモラハラが取り上げられることが増えてきました。

モラハラが原因で離婚になることもあります。

モラハラ(モラルハラスメント)とは、「人としてのモラルを欠いた言葉や態度で相手を傷つける」ということ。

モラハラをしている側は「夫婦ゲンカの延長」くらいの認識で、離婚を考えるほど相手を傷つけていると思ってない場合があります。

モラハラも、パワハラも、やっている本人はそれが悪いことだと思ってないことが多いんですね。

というのも、それが、その人の普通のコミュニケーションのパターンだからです。

普通で当たり前のことをやっているだけだから、悪いとも思っていないし、相手を傷つけていると思っていない。

だから、いきなり「離婚してください」と言われても「え?なぜ?」とビックリしちゃうのかもしれません。

こういう場合によく言われるのが「もっと夫婦でコミュニケーションを取っていればよかったのに」ということです。

でも、コミュニケーションはしっかり取っていたと思うんですね。

モラハラのコミュニケーションを取り続けていたのです。

だからこそ、離婚にまで発展してしまったのかもしれません。

コミュニケーションは取ればいいと言うものではありません。

「どんなコミュニケーションを取ればいいのか」ということが大切なんですね。

コミュニケーションを変えるためには、まず「私たちの関係って、ちょっと変じゃないかな?」とどちらかが気づくことが大前提です。

といっても、渦中にいる方には「今の状態が変だ」ということは気づきにくいです。

夫婦って、こんなものかなあと思っていることが多いんですね。

だから、「今、私はつらい」「もしかして、私たちの関係って変?」と思えたら、それが夫婦の関係が変わる大きな一歩です。

我慢して我慢して、最後は心が壊れたり、夫婦関係が壊れたりしてしまう前に。

その前に、別の形でもう一頑張りできて、最後に二人で笑顔になれるといいですね。

一方的なコミュニケーションを続けていると、どちらかの心がぽっきり折れてしまいます。

そうなる前に、気づいた方から変化を起こしてみませんか?



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

カテゴリ:

< 性格は変わらないのかな?って思っている方へ  |  一覧へ戻る  |  自信が無い自分が嫌、どうしたら自信が持てますか? >

同じカテゴリの記事

共依存の恋愛や夫婦関係を克服する

kyouizon.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕洋です。

共依存の恋愛や夫婦関係でお困りの方、関係に疲れた方にお読みいただけたらと思います。


人の心は、「満たされたい」というものが根底にあります。

意識的にも無意識的の部分的にも、様々な「満たされたい」欲求があります。

わかりやすいもので言うと、承認欲求ですね。

誰かに認めてもらいたいという欲求です。

仮に、平たく言うと「愛されている実感で、いっぱいになりたい」ということになりますでしょうか。

愛と言っても種類は様々ですが。

この「愛されている」という実感が足らないと、現実ではいろんな不都合なことが起きてきます。

共依存もその一つです。


例えば、

アルコール依存症やDVの旦那さまに苦しみながら、ひたすら「私がもっとこうすれば」とか「この人は私がいなければ」とか尽くしてしまう奥さま。

離れたいような気もするが、離れられない。

はたから見たら「そんな関係おかしいよ」と言われるような関係でも。

共依存は、お互いの利害関係が、実はぴったり合っています。

上の例では、


・旦那さま側…迷惑をかけることで、無意識のうちに相手をコントロールする。迷惑をかけると、尽くしてくれる。もっと尽くしてほしいから、迷惑をかける。そして、どんどん自分の世界を広げて、当たり前のように尽くさせる。それが、とても安心。「俺にはこいつが必要」

・奥さま側…世話を焼くことで安心する。世話を焼き、必要とされていることに安心感を得て、満たされる。相手の横暴、わがままが大きくなればなるほど、「私以外にこの人の世話を出来る人はいない」とますます世話を焼く。それが、とても安心。「この人には私しかいない」


という図式が成り立ちます。

だいたいは、共依存の関係は問題の中にどっぷりつかっているので、「なにかおかしい」と思いながらも「忘れがち」です。

二人の間には、とても大きな問題があるように見えますが、本人たちは「お互いがお互いを誰よりも必要としている」という、とても満たされた時を分かち合うのです。

でも、だんだんと、現実的な生活との狭間で苦しむことになります。

生活、経済的な問題、養育の問題、家族や親戚との問題。

そして、ある時やっと気が付きます。「このままではまずい」と。

でも、離れられない。

そして、頑張って離れて、「新しいパートナー」を見つけます。

なのに「また同じような問題」が二人の間に起きます。

今回の例は、夫婦ですが、親子関係や友人関係でも同じようなことが言えます。

「もう…私がいないと本当にダメなのね」

のような言葉を使ったり、思考したりは、好ましくありません。

例え、被害者、加害者のどちらの思考パターンだとしても、相手を「縛る」ことに変わりはないからです。


kokorowototonoeru.jpgのサムネイル画像共依存のような問題を抱えている場合は、あなたのコミュニケーションパターンを知り、古いパターンを捨て、「心が満たされる」ということが必要です。

共依存の自覚のある方はもちろん、無い方も、自分の心が満たされて、初めて自分の人生を本当の意味で歩き始めます。

そうすると、本当に愛するということ、愛されるということに気付き、穏やかな生活に満足することができるようになります。

過去を癒して、あなたの心が満たされれば、今までの関係や未来の関係が激変していくのです。

こちらもお読みください→顔色をうかがうことをやめたいあなたへ 顔色をうかがう心理

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

誰かに必要とされたい,愛されたい思いが強すぎるあなたへ

●誰かに必要とされたい、愛されたい思いが強すぎるあなたへ

samisii5.jpg誰かに必要とされたい、愛されたい。

それは、私たち人間が持っている素晴らしい感覚です。

この感覚があるからこそ、人は人らしく他者へ貢献することや愛する家庭を作り、家族を守ることもできます。

愛するパートナーと巡り合ったり、転職に巡り合ってやりがいを感じたりした時はとても嬉しいものです。

誰かに必要とされ、愛され、感謝される。

それが、自分の力となり、また他者の力となり、そしていい循環の中で人はやすらぎ、穏やかに暮らせます。

でも、それが苦しいくらい強すぎる時、自分にも人にも良くない影響を与えてしまいます。

そんなあなたは毒親の影響を強く受けたアダルトチルドレンかもしれませんね。

必要とされていない、愛されていないと感じるととても苦しい。

それは、あなたの中の癒されていない過去の子供の部分が強く訴えているのかもしれません。

例えば、パートナー、職場、家庭やちょっとした友人との会話などでも、強く疎外感や孤独感、さみしさを感じてしまう。

そうすると、自分の存在価値を低く感じてしまって、ひどく落ち込んだり、悲しくなってしまう。

自分でも度が過ぎるかなと思うし、人からも言われる、でも自分ではどうにもできない。

今回のブログは、そのような方へ向けて、心理的な観点と対処法をお伝えしたいと思います。


初めての方


必要とされたい、愛されたい思いは自然なもの


 hituyoutosaretai1.jpg「誰かに必要とされたい」

「誰かに強く思われたい」

「誰かに強く愛されたい」

そんな思いが強すぎて、困っている方はいませんか?

これらの思いが叶う時、とても幸せで満たされていると思います。

仕事だったり、友人だったり、「あなたがいて、本当に助かるわ」と言われる。

恋人に「あなただけを愛している」と言われる。

とても、幸せなことだと思います。

ある意味ではこれは自然な思いなのです。

思いが強すぎると起きること

職場 人を支援する立場の人の場合

幸せなはずなのに何度も確かめてしまいませんか?

欲しいものを与えてくれないパートナーを選んでいませんか?

異性に惹かれやすい、大切にしてくれない人を選んでしまう。

幸せを自分から壊す行為をしてしまう

結局、パートナーとの関係を破綻させていませんか?

人よりも強い承認欲求

幼少期に適切に愛される、必要とされるが不足していた

アダルトチルドレンの見捨てられ不安

一時的に満たされていることを確かめる確認行為

DV被害にあわれる方が多い依存、共依存パターン

承認欲求を満たすには、セルフコンパッション(Self-Compassion)が大切

幼少期の自分に対してセルフコンパッションする 育てなおし

欲しいのであれば与えるということ

まとめ 誰かに必要とされたい思いが強すぎる時は


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

夫の顔色が気になり、ピリピリしてしまうあなたへ

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●夫の顔色が気になり、ピリピリしてしまうあなたへ

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

あなたのホッとする場所はどこですか?

「家族」や「我が家」という人もいると思います。

我が家が一番居心地がいいって、とってもいいですよね^ ^

今日は、仕事を終えて家に帰るのがとても気が重いというD子さんのことをお伝えします。

D子さんは結婚して20年ほどが経ちます。 結婚した当初から夫に自分の考えを伝えることがあまりできていなかったそうです。 その上、夫の、人をみる目の厳しさについていけなくなったそうです。

優しいお父さんに育てられたD子さんには夫の態度やキツイ話し方が受け入れられなくなったといいます。

そのうち、夫の顔色が気になり、いつ顔色を変えるかとピリピリするようになったそうです。

D子さんは夫におびえていたくないというのが望みでした。

そんな彼女の感想をお伝えしますね。

私は勝手に「怖い夫」をどんどん膨らませていたことに気がつきました。

「夫に怒られるから、横になってはいけない」
「夫に怒られるから、イヤなこともみんな引き受けなくちゃいけない」
「夫に怒られるから自分の意見は言ってはいけない」

と、 自分の心の中で作った夫におびえていたことに気がつきました。

娘と楽しそうに話す夫の様子を見て、娘にヤキモチを焼いたりしてましたが、夫と普通に話せないのは、 私の態度が原因だということに気がつきました。

私が変われば、夫も変わるような気がしてきました。

相談しているうちに、大きな耳のタヌキの着ぐるみを着ている夫が見えてきました。

思わず笑ってしまうくらい気持ちが軽くなってきました。

気持ちの優しいD子さんだからそうなってしまったのでしょうね。

 ご自分の気持ちを素直に伝えられたらいいですね。

なりたいあなたになれますように、心よりお手伝いいたします。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

モテ体質とは

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●モテ体質とは

 こんにちは。 ノリです。

僕が約20年間に渡り、 2000人ほどの女性からインタビューをして 出た結論の一つが 「モテるは、体質」 ということです。

「体質」とういのは、アレルギー体質などを考えれば分かるように、 意識的に行動しようと思わなくても ある状態や状況になると、自然に体にある反応がでたり、あることを体が勝手に発動したりすることです。

例えば、女性でも男性でも異性にモテている人を観察すると、 自分の周囲や視界に異性が入って来た瞬間から 自然と異性を引きつける雰囲気が発動しています。

では、この「自然に発動するモテ体質」の正体とは、いったいなんでしょうか?

周囲の男性で、 「ああ、この人はモテるよなあ」という人を思い出してください。

きっと、その方は、 「異性」からモテているだけでなく、 「仲間」が多勢いたり、 「仕事」もできる人だったり、 「お金」を稼ぐのが得意だったり…… してませんか?

異性からだけモテまくって、 他は全然ダメという男性はあまりいませんよね。

僕の知っている成功者の方々は、皆さん 「異性」「仲間」「仕事」「お金」の四つ全てからモテています。

なぜでしょうか? それは、 「異性」からモテる体質も 「仲間」からモテる体質も 「仕事」からモテる体質も 「お金」からモテる体質も すべて共通しているからです。

そして、 この四つからモテる体質の正体は……

① コミュニケーション能力 + ② 行動力 です。

つまり、 「モテ体質」の男性は、 「コミュニケーション能力」と「行動力」が 自然と発動します。

当然、こういった男性は、 女性からもモテますが、それだけではなく、 将来的に仕事やお金に関しても上手くいく可能性が高いのです。

では、次回からは、 「モテ体質」を身につけるであろう男性を見分けるために、 「モテ体質」の男性の「キホン」と「要素」をお教えしていきます。

モテる体質改善セミナー アラサーからの「たった2つのモテ習慣」

NLP“の進化版チェンジファシリテーションや日本NLP学院を初めて知った”という方はこちらをご覧ください。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


有望株の男とは、モテ体質を持った男

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●有望株の男とは、モテ体質を持った男

こんにちは。ノリです。

僕は、いつも男性にこう伝えます……

「モテる魔法はないよ」……と。

というのも、 男性の中には少なからず、 「異性からモテるのため」には「テクニック」が必要だと 勘違いしている方々がいらっしゃるからです。

もちろん、女性男性ともに言えますが、 「異性を引きつける」のは、小手先の「テクニック」だけではありません。

もし、ある小手先の「テクニック」だけで異性からモテたとしても それは一時的なことに終わるでしょうし、 たまたま長く続いたとしたら、それはただ単に、 元からその人に異性を引きつける魅力があったということでしょう。

世の中には、女性向け男性向けとも 「モテるためのテクニック」的な本が多く出版されてます。

その一つ一つの方法論は、一概に間違っているとは言えないでしょう。

なぜなら、その本を書いた人は自称「上手くいった」わけですから。

ただ、その方法をまるっきりマネしても、なぜ多くの人は上手くいかないのでしょうか。

それは、 その人の下地に「モテるための基本的な体質」ができていないからです。

「モテるための基本的な体質」=「モテ体質」ができていれば、 小手先のテクニックなど使わなくても、 自然と異性を引きつけることができます。

そして、僕のリサーチから言えることは、 「モテ体質」を持った人は、 異性だけではなく、 「同性の仲間」や「仕事」や「お金」からも モテる確立が高いです。

なので、もちろん「モテ体質」は、 女性であるアナタ自身が身につけることも必要なですが、 それ以上に、 「有望株の男性」を見極める際の基準となりうるものです。

「モテ体質」な男性は、きっと異性だけでなく、 仲間や仕事やお金もやがては引きつけます。

「モテ体質」がどんなものか知れば、 男性と出会ったときに、 その男性が「モテ体質」の芽があるかどうかを 確認することができます。

ということで、 次回は「モテ体質」とは何かということをお話します。

モテる体質改善セミナー アラサーからの「たった2つのモテ習慣」


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ