• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > 子育ての悩み解消 > 受験生のお子さんを持つお母さんがNLPで出来ること

ブログ

< 子供のやる気を引き出すNLP的魔法の言葉  |  一覧へ戻る  |  心理カウンセラーになるには?NLP資格だけで心理カウンセリングは出来ますか? >

受験生のお子さんを持つお母さんがNLPで出来ること

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

nlp-japan_113.jpg今日は、子育て、特に受験でお悩みの受講生様のお話です。

そろそろ、受験シーズン突入ですね。

でも、受験生のお子さんを持つ、お父さん、お母さんはもっと長い苦労をされていると思います。

では、受験のお子さんを持つお母さんは、お子さんのために何がしてあげられるのでしょうか?

・思うように偏差値が上がらない。

・やる気が出ない。

・自信が持てない。


うーん、悩みの種は尽きませんね。

そんなとき、どんな風に関わっていますか?

ちょっとした関わりかもしれませんが、そのちょこっとで様々なことが起きますね。

その時、どのように関わるかで、落胆することもあるし、やる気を引き出し、不可能が可能に変わることも起きます。

話は変わって、お父さん、お母さんは子供のそばにいると、距離が近い分、自分まで緊張したり焦ったりしがちになりませんか?

自分も子供と「同質化」して、視野が狭くなってしまいやすいのです。

焦るがゆえに「まくし立てて」しまったり、やる気が落ちることを「つい言って」しまう。

次にご紹介するのは、お子さんの大学受験まで、偏差値が20以上足りない状況をひっくり返し、受験に合格したお母さんです。

【体験談】

子供は、大学受験を10か月後に控え、緊張と焦りが感じられました。

希望している大学の偏差値で言うと20以上足りません。

私は、お勉強を教えてあげられないので、メンタル面でのフォローをしました。

あと、私自身は日常的に「落ち着く」ことが出来るようになっていました。

子供の気持ちを安定させるために、NLPの講座で習った声かけをしました。

また、これもNLPの講座で教えていただいた「たとえ話(メタファー)」で話をしたりしました。

「英語の成績が伸びていかない、どうしよう。」

と子供が悩んだ時はには、習ったNLPのワークをしたら

「嫌いなのは、面白みを感じていないから!」

ということが子供が自分自身で分かったようでした。

私が「じゃあ、英語が面白いって思ったことある?」

と聞いたら、しばらく考えて

「この前、修学旅行で香港に行ったとき、ちょっと英語が使えて楽しかった!…そういえば、やりたいと思っていることに必要かも!」

私は「へー、面白くないと思っているのに、意外と出てくるんだなぁ」と思いながら、

「そうなんだ。必要と感じたり、楽しくなってきそう?」

と聞くと、子供は楽しそうに

「うん^^」

と言って、気持ちがガラッと変わったようでした。

それと同時に、NLPで習ったことで、子供の得意な五感の能力を使った学びに変えてみました。

「書く」よりも「見る」のが得意そうだったのです。

これも、想像以上にはまりました。

お陰様で、偏差値20以上上がって、希望していた大学に合格をしました。

今、楽しそうに通っています。^^



受験は、子供自身がやるものですね。(当たり前ですけど)

しかし、お母さんやお父さんに「できることもある」のです。

それを示してくれた体験談です。

この方は、お子さんのメンタルをNLPを使ってフォローをしてあげました。

また、見逃しがちですが、この方自身が「日常的に落ち着いていくことが出来るように」なっていたのです。

親というものは、とてもお子さんに影響を与えています。

存在が大きい分、あなたが不安定なのか安定しているのか、それだけで非常に様々なことを左右します。

もしも、今の関わり方で上手くいかないのであれば、何か変えた方がいいかもしれませんね。

受講された方のお子さんたちは、偏差値だけではなく、個性ややる気が引き出されています。

ちなみに「お子さん」がNLPを受講して講座を学んでいるのではないこともポイントですよ。^^

NLPを学んでお父さん、お母さんが楽になったら、不登校がなくなったなんて例もあるくらいです。

子育ても、関わり方一つで、お母さん、お父さん、お子さん、みんなが楽になるコツやスキルが本当にあるんですよ。^^



 【日本NLP学院 代表 松島直也プロフィール】
代表 松島直也.jpg
 NLP×マインドフルネス 進化版NLP advancedNLP
日本NLP学院 学院長 

2005年NLP創始者ジョン・グリンダー博士を初めて日本に招聘しNLPの最新ヴァージョンNew Code NLPを提供する日本NLP学院を設立する。以降、グリンダー博士の国内における公式代理人を10年以上務める一方、New Code NLPトレーナーとしての活動を行う。

その後NLPとマインドフルネスを融合し、進化版NLP advancedNLPを開発する。

・「過去は変えられる」
・「人を変える前に自分が変わる者となる。」
・「自分の心も他者の心も大切にできる世の中にしたい。」をモットーに活動している。

著書)「NLPのことがよく分かり使える本」(明日香出版社)、「ストレスをためない技術」(日本実業出版社)「やめた!がなくなる続けるスイッチの作り方(明日香出版社)、「NLP速読術」(フォレスト出版)など

※メディア掲載、取材協力のページはコチラです。
※チェンジファシリテーションを学びたい方はコチラです。


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


カテゴリ:

< 子供のやる気を引き出すNLP的魔法の言葉  |  一覧へ戻る  |  心理カウンセラーになるには?NLP資格だけで心理カウンセリングは出来ますか? >

同じカテゴリの記事

育児の辛さ、夫婦間の不仲も克服し夢を叶える

9c010f2d45939d24df714e2d2b16c941_s.jpg
●育児の辛さ、夫婦間の不仲も克服し夢を叶える

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

今日は育児をしているお母さんに向けて書いてみます。

夫婦関係というのは人の人生を大きく左右するものだと私は思っています。
育児というのは大変なことです。

・子育てがすごく辛い。
・自分の子供なのに何を考えているかわからない。
・子供に振り回されてしまう。
・結婚したものの夫婦関係が悪くなってしまった。
・このような状況がこれ以上続くことには耐えられない。

このようなことはありませんか?

このようなことがあると、 自分の育て方が悪かったんじゃないだろうか?
この人と結婚したことは間違いだ!

という思いが沸き上がってくることがあるかもしれませんね。

しかし、誰が悪いということではなく、
“人は誰もが違う” ということなんです。

ほんの少しの認識のずれによって このようなことが起こってしまいます。

だから

自分に対しての理解を深めること、
人の仕組みを知るということは、
幸せに生きていくには欠かせないこと


だと私は思っています。

しかし、それらのことは誰もが誰からも教わっていないことなんです。

それを学べるのがアドバンスドNLPです。

認識が食い違ってしまった人間関係であっても、 アドバンスドNLPのチェンジワークによって想像以上の成果を得ることができます。

体験談をご覧ください。

「(成果は)ありすぎてどこから話していいのかわからないんですが、まずは長女との関係が良くなったことです。長女のことはずっと課題で、娘が何を考えているのか分からなくて、何をやっても反発してきました。それが、評価している感覚(見る、聞く、感じる)の違いから起こっていたことがわかったんです。

私は視覚と聴覚を評価しているのですが、彼女は触覚だったんです。

それで付き合い方を変えていったんです。しかも私は触られることが好きじゃなくて、自分の子供なのに抵抗があったんですけど、チェンジワークで気にならなくなり克服できました。そうしたら、関係がよくなっていきました。

子供に対してもチェンジワークをしてあげたら、学校のことや宿題のことなどで怒ったりしていたのが、怒らなくなってきたんです。落ち着いてやれるようになっていきました。」

この人が無意識に評価している感覚を優先感覚といいます。

状況により各人違ってくるものです。

自分を基準にしたコミュニケーションは、 優先感覚が合う人とは問題ありません。

しかし、たとえ親子で会っても優先感覚が違うと、 全くと言っていいほど通じ合えないのです。

アドバンスドNLPのチェンジワークによる変化は、負担が少なく自然に変わります。

体験談をご覧ください。

「びっくりしました。こんな方法があるんだ!って。今までのカウンセリングとは違うし、自分で変化を実感したという感じです。こんなふうにあっという間に変わって楽になるというのと、ずっと引きずっていた辛さが和らぐっていうんですかね。一回だけで?こんなに変わるの?!ということが起こったので、凄いなと思いました。」

アドバンスドNLPのチェンジワークは解決スピードも凄いのですが、 過去の問題の解消だけではなく、 本来の自分(潜在的に発揮されていない部分)が現実に現れてくるところも凄いです。

つまり、自分がどうしたいのかがわかってくるということです。 それも実現し始めるのです。

体験談です。

「(不仲なご主人と)仲直りなんてとてもできないと思っていたのに、できるんだっていう経験ができました。望ましいことが次から次へと実現するようになってきて、お店を持ちたいとかバーのママをやりたいと思っていたことが、突然実現できそうになってきました。」

つまりアドバンスドNLPは、

過去の嫌な出来事の克服(セラピー)
現在の悩みの克服(カウンセリング)
未来の望ましい現実化(コーチング)

までが行えるんです。

鍵を握っているのは、無意識です。

無意識が協力してくれたら、 望ましいことが次から次と起こってくるんです。

無意識に協力してもらうための技術、それがアドバンスドNLPです。

詳しく知りたい方はこちらに体験談を掲載しています。↓

子育てや夫婦関係を継続することの大変さを実感したことからカウンセラーになることを決意



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


安全で安心を感じられる居場所

●安全で安心を感じられる居場所

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

ドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」を観てきました。

大阪市西成区釜ヶ崎にある、「こどもの里」は、障害の有無、国籍の違いに関わらず、0歳から20歳までの子どもが無料で利用することが出来るそうです。

学校帰りに遊びにくる子、一時的に、宿泊する子や、親御さん達の休息の場としても利用されています。

様々な境遇の中、全力で生きる子どもたちと、そんな子どもたちに全力で向き合う、職員や、大人達に密着しています。

「いつでもおいでや」
「わたしはあんたのみかたやで」

こどもの里には、子どもたちの居場所・ホームがありました。

安定した生活環境を得、人の温もりに触れ「私は大丈夫。私は愛されている」と感じる事ができるのです。

エネルギーを蓄えられた子どもたちは、路上生活者の人達の為に夜回りに行きます。

毛布や、温かい味噌汁、おにぎりなどを配り、話し相手になります。

「ありがとう」と言われる夜回りは、子どもたちにとって人の役に立っている、私は価値ある存在と感じさせてくれる貴重な時間なのです。

館長さんは、「私がこの子どもたちに出会って、自分の生き方自体を変えられた。私の生き方を作ってくれたのは、ここの子ども達」と言っています。

相手を想う気持ち、相手にしてあげたことは、自分を愛し、大事にする力になるという事を感じさせてくれた映画でした。

「おかえり」と自分を待ってくれている人の存在、信頼出来る人の存在は、子ども達が成長して行く上でなくてはならないものだと思いました。

以前の記事でもお話ししましたが、娘が、不登校の時、よく一緒に料理をしました。

「ありがとう」「おいしいね」「助かったよ」 と言った時の娘の嬉しそうな顔、笑顔が私は大好きです。

こうして自尊感情が育っていくんだなと思いました。

お子さんに、お手伝いを頼んでみて下さいね。

きっと、張り切ってやってくれますよ ^^ お母様とお子さんが笑顔でいられますように


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成スクール,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


心と心を通わせるために重要なコミュニケーションスキルって何だと思いますか。

●心と心を通わせるために重要なコミュニケーションスキルって何だと思いますか。

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

コミニケーションスキルを落語から学ぶというテレビ番組を観ました。

一人で何人もの役を演じなければならない落語は、登場人物がどんなキャラクターなのか、想像する事が求められるそうです。

また、お客さんがどんな表情でどんな反応をするかをよく観察して、噺の内容を変えていくんだそうです。

この観察力と想像力がコミニケーションスキルに役立つんです。

自分が噺す事により、お客さんが泣いたり笑ったりする、

心のシンクロが喜びなんだそうです。

人と人とのやりとりの上でのシンクロが、心と心を通わせるんだと思いました。

お客さんがご年配だからと、苦手意識をもち対策を色々考えたけれどうまくいかなかったそうです。

ご年配の方と触れ合ううちに、こちらが構えすぎていたと気づいたそうです。

何も自分と変わらない、同じなんだと分かった時、安心感を得、通じ合えたそうです。

子どもとの触れ合いも同じなのではないかと思います。

子どもだからと思うのでなく、一人の人間として接する事で、通じ合えるのではないでしょうか。

今、何が起きているのかを観察し、どんな事を考え、どんな気持ちでいるのか想像する。

そして、信じて見守る。

助けが必要なときには力を貸す。 そんな親でありたいと思いました。

以前私は、「子育て心理」を学びました。

そこで、子育てと育児の違いを知りました。

健康や衛生に関する目に見える、計れるような子どもの成長に関わるものは、育児です。

子育ては、「人格形成」なのです。 自立できる精神力、能力を備えさせる事です。

心と心を通わせる事は子育てでも必要な事なんですね ^^

お母様とお子さんが笑顔でいられますように心からお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にご相談下さいね。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自分をイラッとさせる嫌な人を非難したくなる

●自分をイラッとさせる嫌な人を非難したくなる

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

私達は、色々な方法で、自分の心を守っています。

・不安にならないように。
・不快な気分にならないように。
・傷つかないように。

自分自身を維持しようとしています。

このような、心の動きを、「防衛機制」と言います。

今日は、その中の一つ、「投影」について、お話ししますね。

「投影」は、自分の中にある、認めたくない、見たくない、感情や欲求を、他人の中にあるものとして、相手を非難して、自分を守る「防衛機制」です。

苦手な人や、何だかわからないけど、同じ人に、「イラッ」とする事ありませんか?

・自分は、待ち合わせ時間の五分前に行くのに、いつも遅れてくる人
・自分は言いたい事を、我慢しているのに、言いたいことを、きちんと言える人

など、自分が常識だと思っている事、自分がしたくても、出来ない事を相手が、いとも簡単にやってしまうと、相手を非難したくなります。

お子さんに対しても、同じなんです。

「イラッ」としてしまう時ありませんか?

「これは、自分のもの」と気付くと大分楽になりますよ。

「投影」に気づいたら、「これは、自分のもの」と受け入れて下さいね。

私のカウンセリングでは、この気づきと、受け入れをしています。

「イラッ」から、卒業しませんか✨

心を込めてお手伝いさせて頂きます。 お気軽にご相談下さいね ^^

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

子供が自信を持てるようになるには

●子供が自信を持てるようになるには

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

子育てをしている時、我が子をこんな風に見ていました。

「他の子に比べてあれができない。」
「この子はこれが足りない」

できないことばかりに目がいきました。

自ずと、子供は自分に自信が持てない子になっていました。

ある日担任の先生に「お母様、もっともっと、彼を褒めてあげてください。」といわれました。

我が子が何事にも消極的なのは、私の育て方にあることにやっと気がつきました。
そのことで、私も小さい頃、親からできないところばかり指摘されて育ってきたことにきがつきました。

無意識にずっと、「私はできない人」と自分にも言い続けていたんです。

ダメなセルフイメージができあがると、それ以上のことができない人間になってしまいます。

そんなことにも気がつかず、私は子育てをしていました。

「できない子」を無意識に育てながら、一方では「もっと頑張りなさい」と言っていたんですね。
それからは、ぎごちないながらも子供を褒めるように努力しました。

「あなたはやればできるのよ」
「笑顔がいいねー」
「そういうとこ、優しいわねー」

普段考えていないと褒めるって結構大変なんです。

子供からは「なんかわざとらしいよ」と言われていました。
一方、担任の先生が彼にいっぱい自信をつけてくれました。

今なら私と同じ子育てをしている人に言えます。

すべての物事や性格もそういう事実があるだけなんです。
私達が勝手に意味付けしているだけなんでさす。

・見る視点が違うと、 おしゃべりは社交的
・のんびりはおおらか
・お調子者は親しみやすい
・短気は感受性が豊か

視点を変えると意味やとらえ方が違ってきます。

あなたのものさしで短所と思われることが、他のものさしでは長所になります。

チェンジファシリテーション=アドバンスドNLPでは、これをリフレーミングといいます。

視点を変えてお子様をみてみると褒めてあげられることが沢山ありますよね。

自分に自信が持てる子に育ってくれるといいですね。

リフレーミングは子育てだけではなく、パートナーに対しても友人関係でも会社の部下に対しても 使えます。

そして自分自身にも。 視点を変えて褒めてみましょう。

「あなたはこういうところがいいわね。」と。

ポジティブな言葉は人を育てます。

ネガティブな言葉や視点は人を辛くさせます。

なりたいあなたになれますように、心からお手伝いいたします。

本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ