• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ

HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

ネガティブに感じる出来事の中にサプライズプレゼントがあるって知っていましたか?

25df6ba11a8ba3e6f13a7a8f1b23d337_s.jpg

●ネガティブに感じる出来事の中にサプライズプレゼントがあるって知っていましたか?

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

人生って、望んでいることが起きることもあるし、 望んでいないことが起きることもありますよね。

どちらに行っても、どちらが起きてもプレゼントがあるのはご存知でしょうか。

「いいことあったなー」

という経験の中にあるプレゼントは受け取り安いので、
拒む人はあまりいないかもしれません。


むしろ、いいことがあったら、嬉しい。
嫌なことがあったら落ち込む。

このようになりやすいはずです。

でも、

「嫌な事あったなー。」
「辛くて苦しい。」

という経験の中にも素晴らしいプレゼントがある
んです。

それも驚くような、感動するプレゼントです。

サプライズ!プレゼントです。

でもそのプレゼントは、
プレゼントだって気づきにくく、
受け取れていないことが多いです。

だから見つけたとき、
サプライズプレゼントになるんですね。

見つけないと、
もったいないですね。

そのプレゼントを受け取れてなければ、
単に辛いだけ、苦しいだけの経験
ですから。

具体的にどういうことなのか、
私のことでお話ししますね。

私は東京都府中市生まれなんです。

その頃の府中市は、お金がある裕福な街である一方、
競馬場や競艇場などのギャンブルがあって、
あまり子育てにはあまり良い環境ではなかったかもしれません。

(府中市にお住まいの方、すみません。 私の個人的な印象を述べただけですので、 お許しください。)

小学校3年生の時に競馬場関係の他のクラスの子や、
そのお兄さんたちに下校時に待ち伏せされた時期があるんです。

怖くなって担任の先生にその事情を伝えて、
助けて下さいって頼んだんですね。

お年寄りの女性の先生でした。

すると先生はニッコリとほほ笑んで、

「松島君なら大丈夫。」

とだけ言ったんです。

「大丈夫じゃないから、助けてっていったのに!」
「この先生全然状況がわかってない!わかってくれない!頼んでも無駄だ!自分で何とかしなきゃ!」
「やられる!ボコボコにされる!」

私の心は恐怖で一杯でした。

この頃私にとって、”学校=危険地帯” でした。

「自分でなんとかしなきゃ!」と思って思いついたのが、
「通学路で通ってたら、わざわざやられてしまう。違う道を探そう。」
ということでした。

通学路ではない道を使う私をみて、
「それは不良だよ」という大人がいて、
叱られたことがありました。

話をしても全然わかってもらえませんでした。
不良、いけない子、と決めつけられたままでした。

でも「自分の身は自分で守ろう」と思いました。

私は自分で選んだ道を歩みました。

「人が決めた道を進むことが正しいわけではなく、自分で見つけよう。自分の人生には自分で責任を持つしかないんだ。」
と思いました。

先生には、自律を促してもらえました。

自律とは、他からの支配・制約などを受けずに自分自身で立てた規範に従って行動すること
なのですが、私がNLPの授業を行う基本的姿勢になっています。

「簡単に答えを渡さない。答えを渡すことは本当の優しさなどではない。 自分で取り組んで、自分で選択できるようになって欲しい」

と私は思っています。

なぜならば、そこに自由が生まれるからです。

自分で選択できているとき、人は自由を感じます。

どんなに制約されているような状況であっても、必ず自分で選択できることがあるんです。

しかし、 この小学校の時の経験は確かに役に立っていたのですが、
私はその担任の先生のことをどうしても好きになれなかったんです。

「助けてくれなかった。」という思いが、今の今までずっと残っていたんです。

もうこの経験は解決した、終わったと思っていたのですが、終わりではありませんでした。

つい先日、この出来事が思い出されて心境の変化が置きました。

この頃の私は、「先生は助けてくれない!」と思っていましたから、 先生には近寄らなくなりました。

「言っても無駄だ。」って思い込んでいましたから。

この頃の私は先生のこともほとんど見ないし、近寄らない。

でも思い出したんです。

そんな態度をとっていた私に対して、 先生の態度は変わりませんでした。

いつも笑顔で、朗らかに私の方を見てくれていました。

「本当に私のことを信じて見守っていてくれたんだ」
っていう気持ちがつい先日沸いてきました。

思い起こせば、この先生の最後のクラスだったんです。

定年前の最後のクラス。

もうお会いすることはできないかもしれません。

自分の中では凄く遠く感じる方だったんですが、
先生がすぐ側にいると感じるようになりました。

もうお会いすることはできないかもしれませんが、
今この先生が側にいてくれて、
先生の愛を感じています。

先生の愛を感じられるようになった。受け取れるようになりました。

「先生ありがとうございます!本当にありがとうございました!」

って、心の底から思いが沸き上がっています。

誤解していました。思い違いをしていました。

この出来事は完全に私の中で消化されたのを感じます。
私の心の栄養として吸収されました。

心が満たされました。
心がまた成長してしまった。

ネガティブな事柄、感情の中にもプレゼントがあるんです。

自分の内面に向き合うと
人生の深みを感じるようになります。


人生って味わい深いんですよ。

人生って、良いこと、悪いこと、
どっちが起きてもプレゼントがある。

実は、ハズレは無い。

私はそれを知りました。

“ネガティブに感じる出来事の中にあるサプライズプレゼント”

の見つけ方を私は知っています。

そのスキルを私はこれからもお渡ししていきたいと思っています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

川内優輝さんボストンマラソン優勝から学ばせていただいたこと

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s.jpg

●川内優輝さんボストンマラソン優勝から学ばせていただいたこと


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

“川内優輝、ボストンマラソンで優勝! ”

という記事を見て、私は衝撃を受けました。

「えっ、優勝できるほど速かったっけ?」

優勝タイム 2時間15分58秒。

「えっ、2時間6分代じゃないと男子マラソンは優勝できないんじゃないの?」

私は、2時間6分代でなければ、優勝できないと思い込んでいたのです。

私のマラソンに対する捉え方が変わりました。
速さだけではなく、環境や条件が変われば、勝てるかもしれないんですね。

川内選手ありがとうございます。
私の人生に違いが生まれました。
俄然あなたに興味が出てきてしまいました。

人は、いろんな思い込みを持って生きる動物なんです。

先日、社内で飲み会をしたんですね。 隣の方が炊き込みご飯を注文されて、タイマーがついて出てきたのです。

そのタイマーには後4分と表示されていました。

「そうじゃないかもしれませんよ。」

どうして4分なんでしょうね。

ひょっとしたら2分の方がおいしいかもしれないし、
5分の方がおいしいかもしれない。

この炊き込みご飯を作った人にとっては、
あと4分がおいしいと思ったのかもしれないけれど、
人によって違うかもしれない。

自分が正しいと思っていることは、 逆であることが意外に多いのです。

思い違いしていることがあるんです。

全てではないですよ。

多い。

私が言いたいのは、 思い違いをしていることが多いということです。

「苦しい、上手く行かない」というときは、
同じ感情、同じ思考、同じ行動かできなくなっています。

つまり、思い込みにはまっているので、
抜け出せていない状態です。

そのような状態であれこれ考えても、
悪循環になるばかりです。

固定観念にとらわれているんですね。

まずは、気分を変えましょう。

思っていること感じていることをすべて書き出していくのもお勧めです。
悩みが手放され、 気持が整理されていきます。

捉われていない心の状態になれると、 驚くような成果が出始めます。

川内選手がインタビューの時、

「前だけを向いて走った。ただ前を向いてベストを尽くした。それが勝利につながった。」

と涙ながらに語ったそうです。

これが捉われていない心の状態です。

極寒のコンディションにインタビュアーから「最悪のコンディションだった?」と問われら、
「私にとっては最高のコンディションでした」と、笑ったそうです。

捉え方が違いますね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

カウンセリングもコーチングもできるようになりたいあなたへ

7546fa36e077817d4ee07338b8bd8c87_s.jpg

●カウンセリングもコーチングもできるようになりたいあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「カウンセリングもコーチングもできるようになりたい!」
「カウンセリングをはじめに学んだらいいのか?」
「コーチングを先に学んだ方がいいのか?」


NLPならば、カウンセリングもコーチングも両方学べますよ。


どういうことかお伝えしますね。

そもそも心理カウンセリングは、クライエントが自己洞察を深め人格的に成長することにより精神的問題を克服していくのを援助することです。
つまり、悩んでいる状態から本来の自分を取り戻す支援ですね。

コーチングは、クライエントがさまざまな問題や課題を解決し夢や目標を具体的な「形」にしていく支援です。
つまり、現在から目指していることを達成する支援ですね。

NLP(神経言語プログラミング)は、元々1970年代に天才セラピストが卓越した能力を発揮していく過程(プロセス)を明らかにしスキルすることから始まりました。

つまり、クライエントが変化して本来の自分を取り戻し目的を達成するということを行うんです。

NLPは短期療法ともいわれ、短い時間で効率よく問題を解決することでも知られていてセラピー的な要素も含まれています。

目的志向性があり、問題に陥った状態から、目的を達成していくというプロセスを扱っています。

「なぜ問題が起きたのか?」という原因の追究ではなく、「どうしたら上手くいくのか?」というように建設的な方向に向かっていきます。


というわけで、

NLPは、過去、現在、未来という時間軸を一貫した支援ができるんです。


過去に心的ダメージの回復、 現在の問題や課題の克服、 未来の目的や目標の明確化、達成の支援までが行えます。

心理カウンセリングを学んできた人がさらにレベルアップするためにNLPを学ぶこともありますし、コーチングを学んできた人がNLPを学ぶこともあります。

特に進化版のadvanced NLPは、すべての行動を行っている無意識を尊重し、無意識の意図も考慮したアプローチなので、無理強いすることなく、クライエントが望ましい変化を起こすことができます。

今まで解決が困難と思われていたトラウマの克服や苦手だと思い込んでいたことから、きわめて早く抜け出せますので、スピードが要求される現代では、クライエントに非常に喜ばれるスキルなんです。

自分を変えるとか、人間関係を変えるとか、人生を変える、というように自分自身にも役立てることができます。

NLPやadvanced NLPをさらに詳しく知るには、こちらをご覧ください。

NLPとは

最後までお読みくださりありがとうございました。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

平成の怪物、松坂大輔さんは生き方も怪物だった。

7a5c70566c4d63973dd74d3277c45286_s.jpg

●平成の怪物、松坂大輔さんは生き方も怪物だった。


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

スポーツ選手というのは、夢を与える存在だと私はずっと思っていました。

桁違いの運動神経、技、パワーを観ては、「すげーなー!」なんて興奮しています。

最近だったら特に大谷翔平さんですかね。
二刀流として全米を騒然とさせていますね。

そういう面はプロスポーツならではの素晴らしさではあると思うのですが、
私が最近特に注目しているのは、平成の怪物と言われる松坂大輔さんです。

平成の怪物として大活躍しているときは、あまり関心がありませんでした。

WBC(ワールドベースボールクラシック)で2回MVPを取っていますが、
2回目の大会後から調子を崩して勝てなくなり、
4年前に日本に戻りソフトバンクに在籍しながらも復活できていませんでした。

年収4億で4年間通じて1勝。

一部のファンからは給料泥棒みたいにいわれていました。

私はマスコミが言うことや噂は、 主観的な見解に過ぎないと思うのですが、
私も「松坂さんは無神経で図々しい人なのかな」と思いかけていました。

2006年9月26日のロッテ戦以来となる4209日ぶりに巨人戦で1軍先発で投げました。

肩を壊したこと、36歳という年齢のため以前のような剛速球はなげられないながらも、 老練な投球で巨人を苦しめました。

残念ながら負けてしまいましたが、ご本人は手ごたえを感じているようです。

私は小さいころから巨人ファンなのに、気づいたら松坂選手を応援していました。

怪物と言われるほどのパフォーマンスを発揮していた人が、
復活のために2軍で何年の苦しみ、いろんな人から批判的に言われ、
それでもあきらめずに1軍の先発に立った。


胸が熱くなりました。

心底勇気づけられました。

プロスポーツ選手って、こういう感動を示すこともできるんですね。

凄いなー。

平成の怪物松坂大輔さんは、生き方も怪物でした。

松坂選手が調子を崩されたとき、
「メンタルトレーニングさせてもらえれば力になれる。」
なんて思っていた時期もありました。

松坂選手、ごめんなさい。 私は誤解していました。

むしろあなたのおかげで、 私の捉え方がまた成長できました。

「いつの日か松坂さんとお話ししてみたい。」

新しい夢、楽しみがまた一つできました。

相応しい人になれるように、
さらに心も頭もスキルも磨き続けます。

精神というのは、いくらでも成長できるんですね。

私はこんな感じで、 プロスポーツを自分と重ね合わせて観る癖があります。

単に面白いのですが、 人生を生きる学びも得られるのでありがたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分はどうやって結果を出しているのか?と思われるあなたへ

a8b9c4096208d1df39c450023c092339_s.jpg

●自分はどうやって結果を出しているのか?と思われるあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「私が人とかかわると相手が悩みを解決できる。」
「どういう根拠で成果が出ているのか、根拠や裏付けが知りたい。」
「自分がどうやっているのかを説明できるようになりたい。」

私も以前はそのように考えていた時期がありました。

20代の頃、営業をしていて、なかなか売れない時期があったのですが、
突然売り上げが4倍になったのです。

やり方は前と同じはずなのに、結果が4倍になっている。

自分なりに説明をしても伝わらない。

上手く説明できず、後輩や部下を指導できない。

自分ができることと人に教えることは違います。

どのようにやっているかがわからない。

でもわかるようになりました。

NLP(神経言語プログラミング)が説明してくれています。

NLPは天才セラピストがどのようにクライエントを立ち直らせていくのか
ということを明示的に説明できるように、
そして技術として身に着けられるようにしたものです。

セラピストに限らず、様々な分野の天才が成果を出す、望ましい変化をするプロセスなんです。

私はNLPを学ぶことによって、自分が知らないうちに何をしていたのか、謎が解けました。

どのようにしたから売れるようになったのかがわかりました。

そしてそのスキルはどうやって身に着ければいいのかもわかったんです。

もしあなたが私と同じように、自分がどのように成果を出しているのかを知りたければ、
NLPとは何なのかを調べてみてください。

こちらが参考になるかと思います。↓

NLPとは

最後まで読んでくださってありがとうございました。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

現在の状況に苦しんでいませんか?

752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_s.jpg

●現在の状況に苦しんでいませんか?

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

私は妻のおかげで、朝ドラを見る習慣ができています。

以前はちっとも朝ドラを見ていませんでしたが、
妻と時間を共有するために見始めたんです。

そうしたら、実に様々な気づきが得られるし、

「こんなに素晴らしい番組だったのか!?知らなかった!」

と気持ちが変わり見るようになりました。

妻のためにと思って見始めたら、
自分のためになっていました。

妻に感謝しています。

現在やっている朝ドラ『半分、青い。』は、
左耳が聞こえない女の子の話です。

雨が降って傘を差すと、右側しか雨が降らないんですね。

雨が止んで傘を閉じた時に、
そのヒロインが片側だけが晴れたように感じるので、
『半分、青い。』というタイトルになったそうです。

この番組の中でヒロインが、

「片耳が聞こえないことに対して、悲しいと捉えるか、楽しいと捉えるかは人によって違いますね。」

という語りがあります。

ヒロインは、楽しいを選択しているそうです。


“選択している。”

起きた出来事に対して、意味を選択しているのは自分なんです。


意味は無意識につけているので、自分がつけているという自覚はありません。

でも自分がつけているんですよ。

自分がつけた意味だから、自分で付け変えることができます。

これをNLPでは『リフレーミング』といいます。


「プラス思考すればいいってこと?」

実は少し違います。

意識レベルで思考を変えようとしても、
考えを自分の心に押し付けることになり、
むしろ苦しくなってしまうんです。

意味づけや捉え方を変えるには、心の状態を変えることが必要です。

無意識につけた意味だから、 無意識から湧き出るように付け直すんです。

心の状態が変わると心境が変わり、
心境が変わると発想が変わります。


沸いてくる思考の質(発想)が格段に高まります。

私は通勤時間に2時間弱くらいかかりますが、 とてもありがたく思っています。

2時間もかかって嫌だなーと感じる人もいると思います。
それも選択の自由なので、いけないということではありません。

私は電車の中で、読書や瞑想をさせてもらっています。

誰にも邪魔をされずに読書ができ、瞑想ができます。
読書も瞑想も立ったままでもできるものです。

今朝も電車の中で、読書と瞑想をさせていただきました。

瞑想をしていると、 心が穏やかで安らかな状態に変わってきます。
幸せな気持ちで凄く心が満たされます。

するとこんな気持ちが沸いてきました。

電車の中では皆が静かにされていますね。

「私のために静かにしてくれている。」
ような気がしてくるんです。

「電車の中の皆さんが私を応援してくれている。」
ような気がしてならないんです。

いつもと同じ状況なのに、違って感じ違って見える。

とっても有難い気持ちになって、

「こんなに配慮してもらって、 応援してもらっているのだから、
自分の役割、使命を一所懸命やらせてもらおう。」

そんな気持ちにさせていただけました。

大事なことは、

“何が起きたかということではなく、
それをどう捉えられる自分なのか“


ではないでしょうか。

こんな感じで私は普段NLPを使っています。

誰でもこういう変化が起きるのがadvanced NLPなんです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

私の話に何かあなたに役立つヒントがあれば嬉しい限りです。

こちらもお読みください→息苦しくて常に不安なあなたへ


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

何をやっても無駄だと思ってしまうあなたへ

悩み苦しんでいる

●何をやっても無駄だと思ってしまうあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

「何をやっても無駄、何も変わらない。」 と思っていませんか。

このよう状態は、学習性無力感といわれます。

長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、
その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象のことをいいます。

長期に渡り自分の尊厳や価値がふみにじられる場面
(例えば、いじめやモラルハラスメントなどの人格否定)
に置かれた場合、その圧倒的に不愉快な思いを感じる状況から 自ら積極的に抜け出そうとする努力をしなくなります。

「もう何をやってもできないような気がする。」

と思うわけです。

辛いですよね。
苦しいですよね。

私もこのような思いをしてきています。

「真っ暗闇に入っていて光が見えない。」

努力しても努力しても成果が出ない。
何をやっても上手く行っていない。
気力が沸かない。
もう取り組めない。
苦しいし疲れた。

その時の私はそう思い感じていました。

でもこれは抜け出せるんですよ 。

抜け出せることがわかっているんです。

確かに、自分が望んでいる通りにはなっていないかもしれません。

しかし、

他に何か得られている物もあるはずなんです。
自分がやれていることってあるはずなんです。

光を当てるところを変えてみましょう。

見つかりますよ。
自分がすでにやれていることが。
成果を出せていることが。

見つかったら、

「やれるんだ!」
「私はやれていたんだ!」

ってわかります。

そう思えるようになります。

そうするとパワーが沸いてきます。

私もそうなりました。

あなたもきっとやれるはずです。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

あの人、間違っていると思った時どうしますか?

9bca078307c63ea3cfbc032c49889c6e_s.jpg

●あの人、間違っていると思った時どうしますか?

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

今日は人間関係でありがちな確執について書こうと思います。

「あの人、なんで間違いに気づかないんだろう。やり方を変えればいいのに。」

と何度も言っている人がいたんです。

話を聴くと、どちらも譲らない状態になっているようなんです。

人間関係での確執ですね。

こういうケースよくあると思うんです。

最近立て続けで出会ったので、
書いた方がいいのかなーと思って書いてみます。

お役に立てるヒントとなったら嬉しいです。


両者の話、言い分を私はたまたま聴いているのですが、
両者とも「自分が正しい」、「相手が間違っている」
と思っています。

どこか似ているのかもしれませんね。

自分の立場だけで考えていると、
相手にばかり問題の原因があると思ってしまいがち
です。

でも外の人から見ると、

「あなたも間違っているところあるよ。」

と思うものです。

感情が高まっているのもあって、
自分では気づきにくいことだとも思います。

しかし、「自分が正しい」という思いが強すぎると、

「あの人は間違っている」
「あの人が悪い」
「あの人が変わればいい」

という思いが沸々と沸いて頭にくるばかりで、自分には反省点が無いように思えてしまいます。

自分が正しいという思いが強くなりすぎると、
謙虚さがなくなってしまう
んだなーと つくづく思います。

自分が正しいなんて、何の根拠があるのでしょう。

でも人間であれば、誰もが陥りやすいことだと私は思うんです。
私も例外ではありません。

人間は、勘違いや思い違いをたくさんしているんです。

相手の間違っている点を見つけたとき、
それは当たっているのかもしれません。

でもこのように思っているときは、
決して相手は変わりません。

むしろ、変われないです。

変われないように関わってしまっています。

なぜでしょう?



相手は自分が否定されていると感じている

からです。

否定しているつもりはないのかもしれませんが、
完全否定しているんです。

否定されていると感じているときは、
反省できないし変えようなどとは
さらさら思えないんです。

「この人は何もわかっていない!」
「この人は何もわかってくれない!」

こんなもんじゃないかもしれません。

「コイツは何もわからない馬鹿野郎だ!」

くらい思っているかもしれませんね。


「絶対お前なんかには負けねー!」ぅて感じで、
ますますかたくなになって、
自分をガチガチにして堅固な城を築きます。

そして、

これでもかーというくらい、
今まで以上に主張を強めてきます。

完全に心と心の関係が断絶している状態ですね。


相手を責めたら、
相手は攻撃されたと受け取っちゃうんです。



「もっと私を苦しめるのか!」と。


そう、苦しんでいたりするんですよ。

では、相手はどんな言葉を投げかけられたいと思っているでしょうか。

どんな風に接したら、心境の変化が訪れるでしょうか。


きっと、苦しんでいることを共感してくれるメッセージを求めているはずですよ。

「どんな思いで取り組んでいるんですか。」
「大変ですね。」
「よくやってますね。」
「力になれなくてすみません。」


相手が間違っていると決めつける前に、

“自分にも間違いや思い違いがあるのではないか?”


という謙虚さが必要ではないかと私は思うのです。

自分の心の態度、
相手への接し方、
投げかける言葉

が変われば、相手の反応も変わるはずです。

「相手が悪い」
「相手が間違っている」

と相手のせいにしているうちは、
自分も苦しみ続けてしまいます。

自分が苦しいときは、
自分が何か思い違いをしているというサイン
なんです。

このままでは自分の精神が成長できません。
状況も変わりません。

自分の相手に対する思い違いが見つかったとき、
悪いことしたなーって思いますよ。

イライラがスーッと楽で安らかな気持ちに変わるはずです。

人間は思い込む生き物ですから注意が必要ですね。
ちなみに私は自分の思い違いをしょっちゅう発見し、
反省することばかりです。(^^;

このようにして、
私自身、心境が変化し、自分も人間関係も変わる経験をたくさんしてきました。

このように理解し合えないときは、
返報性の法則が役立ちます。

人から施しを受けるとお返しをしたいという感情が沸くというものです。

・相手に信じてもらいたいのであれば、自分が相手を信じる。
・相手に反省を求めるのであれば、 自分が反省する。
・相手に理解してもらいたいのなら、自分が理解しようとする。

“相手はどんな気持ちで、何をしようとしているのか(肯定的な意図)”

実際は相手から返ってこないかもしれません。

でも関係ないんです。

自分は多くの学びや思いを得ますから。
間違いなく自分の心はより幸せでより豊かになります。

もし本当に相手の気持ちが理解できたときには、
責める気持ちは出なくなって、
むしろ、

「協力したい」
「力になりたい」

っていう相手を思いやる気持ちが沸いてくるんです。

言葉で言うほど簡単ではないかもしれませんが、
超えたときには言葉を絶する安らぎが訪れますよ。

もしあなたに人間関係で思い当たることがあったら、
参考にしていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分と向き合うとは?何のために?どうすればいいの?

f404966e6dc2490fa92ab5a1beaab0c3_s.jpg

●自分と向き合うとは?何のために?どうすればいいの?
こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島です。

今日は、自分と向き合うとはどういうことか?ということをお伝えしたいと思います。

心理カウンセラーになりたい方は、自分と向き合わないとなれませんよ。

ということを私は常々申し上げています。

自分と向き合っていない心理カウンセラーも実際たくさんいると思いますよ。

でも私は、

「あなたは間違っている!」

と責めているんじゃないんです。

自分と向き合わないでいたら、

「辛くない?」
「苦しくない?」

って、思うんです。

自分と向き合わないと上手くいかない。苦しくなってくる。

必ず行き詰ってしまうんです。

では本題に戻りますね。


自分と向き合うとはどういうことか?


私たちが普段行動していることは、ほとんど無意識に行っています。

だから気づいていないことが多いんです。

意識できることは全体のほんの数パーセントなのです。 ほとんどの行動や言動、感情や思考は無意識に行われています。

自分と向き合うとは、このように無意識に行っていたことを知ろうとすることです。


何のために自分と向き合うのか?


無意識にやっていることに気づいて、 何のためにやっていたのか、どうしたいと思っているのかを理解するために行います。

言い換えると、

自分という人間の中の無意識という私が何をしようとしているのか?

高次の目的を理解するためです。

特に、心がずっと引っかかっていることや繰り返される行動。上手く行かない出来事などを対象に、 自分と向き合っていくと、 本当の自分の気持ちに気づけたり、 抵抗していた出来事を消化し自分の人生に統合する(新しい自分となってヴァージョンアップ) などを行っていきます。

自分自身と向き合うことで、 自分自身のことをより深く知ることができるようになっていくためです。

・自分はどんな経験をして、
・自分にはどんな才能があって、
・自分にはどんな弱みがあって、
・自分はどんなことをしたいのか、
・自分の人生にはどんな意味があるのか

などは、自分のことをより深く理解していくことでわかってきます。


今すぐやれる自分と向き合う取り組み


では、今すぐにやれることをお伝えしますね。

・自分が感じたことや考えたことを紙に書き出していく。

思いや考えを書き出していくと、 悩んでいたり苦しんでいるときは、気持ちが軽くなるという効果もあります。

感じていることや考えていることを抑え込むことなく、 素直に書き出してみましょう。

あるがままの自分を書き出します。

・何に悩んでいるのか?
・どうしたいのか?
・なんのためなのか?

などを自分に問いかけてみましょう。

自分がどう思っているのかが浮き上がってきます。

自分の気持ちや考えていることを表面化させて客観的に確かめるんです。

いろんな自分の気持ちを発見しますよ。

自分と向き合うことで大事なことは、”良し悪し”を評価しないことです。 良し悪しは現在の自分の価値観から生まれます。 自分の価値観で良し悪しを判断することで、 自分を誤解してしまうことがあります。

多くの悩みの源は、 自分に対しての思い違いなんです。

誤解です。

自分はダメだとか、価値がないとかは、 自分の価値観で自分を決めつけてしまっているんです。

なので大事なことは、 自分の感情や思考を知ることで、 「私って、こう感じ、こう考えて、こうしたいんだー。知らなかった―。」 というように、評価せずに素直に認めることなんです。

むしろ、自分が無意識のうちに作ったルールや価値観、思い込みなども発見できますよ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらもお読みください→自分に自信が持てないあなたへ


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分が変わるってどういうことだと思いますか?

9dafb5f6de62d18b4fb4350c45c25dc2_s.jpg

●自分が変わるってどういうことだと思いますか?

こんにちは。
日本NLP学院 学院長の松島です。

今日は、自分が変わるってどういうことなのか?

私に起きた変化をシェアさせていただきます。一例として読んでみていただければと思います。

私の両親は仲が悪く、いつも仲違いの両親を見て育ったので、私は幸せな家庭というイメージを持てずに生きてきました。

幸いにもこのイメージが変わり、現在では妻と娘と共に幸せな家族と過ごせています。

しかし、まだ私は父のことを家族をめちゃくちゃにした犯人だと思っていました。
母のことを不幸に陥れた犯人だとも思っていました。

私は父に対して凄く怒りをためていることを自覚して、自分に取り組んできました。

そのおかげでだんだんと怒りが減ってきて、もう気にならないくらいになっていました。
しかしまだ怒りが残っていたようです。

その怒りがついこの間、全部消えてしまいました。

突然、心境が変化したんです。

いろいろと自分に対して取り組んでいくうちに、ふっと変わってしまいました。

変化というのは、心の状態が変わることで起きるのですが、ふっと自然に思えるようになったんです。
自然と変わるというのは、無意識のなせるワザなんです。

「父は私のことを一人の人間として敬意をもって接してくれていた。私を馬鹿にしたことなど一度もない。それだけで十分尊敬に値するじゃないか。」

そんな思いが沸いてきました。

私を育ててくれたことに今までも感謝はしていましたが、知らないうちに父は私の中で尊敬できない存在になっていたんです。

でも、怒りが消えて感謝の思いが溢れかえり、尊敬の念が沸いてきました。
もう許すとか許さないということではく、怒りがスーとすべて消えて、感謝の気持ちで私の心は溢れかえってきました。

さらに、

「病気の時はいつも看病してくれた。潜在意識という言葉を教えてくれたのも父。物事には思いを込めて行うことと教えてくれたのも父。いつも褒めてくれていた。私のために犠牲の人生を生きてくれていたんだ。」

大切な記憶がよみがえり、新たな思いが沸いてきました。

このように、まったく違った理解の仕方ができるようになったとき、自分が思い違いをしていたんだなーということがわかります。

私はやっぱり父のことが大好きだったんです。

小さいころ父を尊敬していたし、心の奥底では父のことを尊敬したいとずーっと思っていたんだと思います。

そして今、私は父を尊敬できる自分に変われました。

父の息子でよかったと思えるようになりました。

なんかもう胸が一杯で、あー生きるって素晴らしい!人間って素晴らしい!と感じています。

過去は変えられないっていいますが、過去は変えられますよ。

なぜかというと、何が起きたのかという事実は変わりませんけど、 出来事をどう理解したのかという主観的な意味づけ、受け取り方は変えられるからです。

心底から意味が変わったとき、 人生は全く違う質になるんですね。

出来事には固有の意味がなく、自分が無意識につけた意味が存在します。

このように意味づけを変える技術を“リフレーミング”といいますが、 advanced NLPでは、変えるというよりも変わるといったことが起きます。

外側から変えるのではなく、内側から変わるんです。

自ら変わる。

さなぎから蝶々になる感じですね。

自分を否定して、違うものになるということではありません。

心境が変化して、物事の見え方、聞こえ方、感じ方が変わります。

穏やかで爽やかで心地よく、ゆとりのある心に変わっていきます。 雰囲気も変わりますよ。

こういう経験をするたびに、人は変われると確信が増すばかりです。

今日もお付き合いいただいて、ありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ