• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • 心理カウンセラーになる専門サイト
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ

HOME > ブログ > 4ページ目

ブログ 4ページ目

3月8日開講 心理カウンセラーの学校を新宿でお探しの方へ

3月8日開講 心理カウンセラーの学校を新宿でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院の松島直也です。

日本NLP学院ではどこよりも専門的な心理カウンセリングスキルが学べるNLP講座を開催しております。

実学に根差した心理学であるNLPを学んで心理カウンセラーの夢を実現しませんか?

社会人や主婦が今からカウンセラーを目指すなら、短期で成果が出せるNLPがぴったりです。

・子育ての目処が立ち、何か人の役に立てる仕事がしたい。
・介護や看護などの人を支える仕事をやってきたが、体がきつく長く続けられそうにないと感じる。
・メンタル不調を経験し辛い思いをしたが、この経験を人の役に立てたい。
・事情があって仕事からしばらく離れていた。

このような方は、心理カウンセラーをセカンドキャリアとして考えてみましょう。

mukiau.jpgのサムネイル画像

心理カウンセラーは一生続けられる仕事です。

日本NLP学院ではNLPの進化版advancedNLPの心理カウンセラー養成をしています。

NLPは天才セラピストのエッセンスをスキルに変えたものです。

NLPのコースに参加した人は学びながらも成果を実感されています。

・常に気分が晴れなかったが、モヤモヤが消えた。
・漠然とした不安感が消えた。
・不仲な家族が一つになった。
・生きるパワーが出てきた。
・「自分にも何かやれる!」という手ごたえが得られた。
・自分自身を大切に思えた

NLPではあなたが実感した成果を今後はお客様にも提供できます。

学ばれる方は、ほとんど心理学のことは何も知らない状態で参加されるということが少なくありません。

逆に知識が全くない方が、制約がありませんので、成果が早い場合も多々あります。

むしろ「ご自身の考え方を外において、ただ感じる」ということを体験できる状態が、とても望ましいのです。

左脳的な部分や意識的な部分にお休みいただく形です。

受講前に読んでおいた方が良い本はありますか?とも尋ねられますが、お勧めしません。

かえって、余計な知識が邪魔をして経験できなくなる可能性があるからです。

ですから、心理学を座学で受講することとは全く別です。

楽しく学んでいただくだけで、どんな方でもスペシャルな心理カウンセラーになれる講座を提供しております。

新宿夜間クラスが3月8日より開催されます。

ご興味のある方はスクール体験説明会にお越しくださいね。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

心の傷の治し方をお探しの方へ トラウマ克服に特化した進化版NLPの日本NLP学院

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院の岩渕です。

カウンセリングや授業では、皆さんの心の傷を癒すことが少なくありません。

心の傷とは、いわゆるトラウマと呼ばれるものですね。

医療的な定義はありますが、そこは少し置いておいて、あなたが苦しいと思う経験と考えていただければ大丈夫です。

advancedNLPでは、あなたのその経験をNLPのワークで軽くしてしまいます。

そんなことが実際できるのです。

NLPのワークにはトラウマやPTSD症状に効くワークがあります。

ベトナム戦争などの戦争後遺症で苦しむ方に、驚くような成果を上げたことでNLPは世界に広がっています。


見えない心の傷の体験談

kokoronokizu.jpgでは、講座で実体験した方の例をお話ししますね。

私たちは、あからさまにひどいことを言われたりすれば、もちろん傷つきます。

でも、すでに忘れてしまったような出来事の中にも実は心の傷が潜んでいたりします。

普段は思い出さないけれど、私たちの苦しみとして現実的には辛かったり縛ったりする、そんな経験もあるのです。

講座の受講生様の中で、こんな方がいました。

40代女性のお子さんがいらっしゃる主婦の方です。

この方は男性に対して負けない!という思いが強く、ご主人に対しても職場の男性に対しても、常に緊張感がありました。

そして、いつも気が張って「ちゃんとしなければいけない」という思いが強かったのです。

彼女は、いつも何事も一生懸命頑張ります。

でも、頑張っても頑張っても、何か満たされないような思いを抱えて生きていたのです。

彼女にとっては、小さな息子さんが甘えてくるのも苦しいという思いがありました。

ご主人もお子さんも、自分からしたらいつも気楽にしているのが腹立たしい。

そんな中で、何とかしたいと思い、講座やカウンセリングを受けていました。

そこで、彼女自身忘れていた心の傷を思い出しました。

kokoronokizu2.jpgのサムネイル画像それは、幼い頃に母親に「あなたが男の子だったら良かったのに…」と言われた一言です。

それは、簡単に言うと、「あなたの性別であるな」という、とてもつらい一言です。

それが女性否定、存在否定のように働き、自己否定にもなって生きづらさになっていました。

この方はそれに気が付き、少しずつ自分を癒す方向へ向かっています。

自分の中の傷ついたインナーチャイルドを癒していく方法をNLPの講座やカウンセリングを通して手に入れたのです。

徐々に自分の性に対して受け入れられるようになり、それに伴い、男性に負けないという思いも少なくなってきました。

外見的にもおしゃれを楽しむようになり、だんだんと華やかさがアップしてきました。

以前よりは格段と生きやすい実感を手に入れて、今やカウンセラーとして頑張っています。

もう心の傷で悩まなくていいんです

いかがでしょうか?

本人も忘れているような心の傷というものも実際はあるのです。

もちろん、意識的にわかっている心の傷も癒すことが出来ます。

この方のお母さんはおそらく何気なく「あなたが男の子だったら良かったのに」と言ったのでしょう。

もしかしたら、本人も覚えていないかもしれません。

でも、問題は受け取った側なのです。

おそらく、その時はかなり強烈なインパクトがあったと思います。

生まれもった性、自分ではどうにもできないものに対して、「そうであるな」と言われたのです。

でも、それすらも本人が忘れてしまっているのに、その後の人生を縛り付けているのです。


kokoronokizu3.jpg日本NLP学院では、このようなトラウマの克服に力を入れています。

今まで縛り付けていた重荷が外れたら、どんなに楽な人生が待っているのでしょう。

あなたを縛り付けていた過去がきれいに心からお掃除される。

心の傷の治し方を日本NLP学院ではたくさん提供しています。

まずは、スクール体験説明会へお越しくださいね。

こちらもお読みください→NLP体験談



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

NLP講座は五感を使って潜在意識,無意識を活かします 東京/新宿校,神奈川/横浜校

counselor6.jpg

●NLP講座は五感を使って潜在意識,無意識を活かします 東京/新宿校,神奈川/横浜校

こんにちは。 日本NLP学院 学院長の松島直也です。

・頭ではわかっているのに、行動を変えられない。
・いつも同じ間違いを繰り返してしまう。
・自分がどうしたいのかわからない。

これは潜在意識(無意識)が反発している状態です。

頭で考えていることは主に認知脳(大脳新皮質)で考えていることです。
心で感じていることは主に感情脳(大脳辺縁系)で感じていることです。

頭で考えていることが意識で、心で感じていることが潜在意識(無意識)なんです。

あなたがどうしたいのか、どういう方向性に進みたいのかは潜在意識(無意識)が知っているのです。

頭(認知脳、意識)と心(感情脳、無意識)が一致しているとき、人は悩みません。 シンプルに行動できるのです。

頭と心のコミュニケーションが良好になっているということなんです。

しかし、感情って邪魔者扱いされがちです。 どのように扱っていいのかしらないために、感情を押し殺したり感じないようにして生きてしまう人がほとんどではないでしょうか。

感じないということは、幸せも感じられない。何をしていいかもわからない。ということになりかねません。

ずっと感情を押し殺していると、爆発してしまいます。

思考<感情

感情の方が圧倒的にパワフルです。

advanced NLPは、潜在意識(無意識)と仲良しになるスキルです。

潜在意識(無意識、感情)を味方につけられます。 だからパワフルになるんです。

このスキルは、
・セラピー的要素(トラウマなどの過去の問題解決)
・カウンセリング的要素(現在の心の悩み解決)
・コーチング的要素(望ましい未来の実現)

を一貫して取り組めます。

そのため、自分を変える、人間関係を変える、人生を変える、ということができ、人に必要とされる人になったり、新しい自分に進化していくことが可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください。↓↓↓

初めての方へ

NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

失敗しちゃいけない、上手くやらなきゃと心にブレーキをかけていませんか?

kekka.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院の松島直也です。


「失敗しちゃいけない、上手くやらなきゃ」と心にブレーキをかけていませんか?


どんな小さなことでも、


「失敗しちゃいけない。正しくやらないと・・・」

「人前で恥をかきたくない。変な目で見られたくない。」

「失敗するのが怖い。」


どうしても、そういう思いが湧いてきてしまう・・・

ちょっと上手くいかないだけでも、ダメだと思ってしまう。

頭では分かっているんだけど、どうしてもそう思ってしまう・・・。


そういう人は知って欲しいことが1つだけあります。


実は、本当は「失敗」って無いんです。


どういうことでしょう?


どんな状況や出来事でも、上手くいっている点もあれば、改善点もあります。

あなたが、上手くいってないように思えていることを「失敗」と思うのは、

本当は“自分の解釈、意味付けに過ぎない”んです。



失敗は無いんです。

あるのは結果だけ。



例えば、音楽を聴こうと思います。

スイッチオン!急に音が鳴って「音デカ!」と思ったことはありませんか?


これは、失敗ではありません。

スイッチをつけてみないと大きい音なのか、小さい音なのか分からないんです。

私たちの脳は、「試さないと分からない」んです。


試してみて、はじめて上手くいっている点と改善した方がいい点があることが分かるんです。

大人になると、右脳よりも左脳が優位になっていきます。

私たちの左脳(意識)は、失敗しないようにブレーキをかける役目を担っています。

つまり、ネガティブな精神状態になるんです。


その時は、私たちは今までに形成した記憶に制約されてしまいます。

でも、NLPで捉われない心の状態になれるワークをすると、


「失敗?だから?気になんなくなっちゃった~」

「ただやればいいだけだもんね。」



というように、気分が変わります。


心を整えることが大切です。

adnancedNLPを学ぶと、心をチューニングするスキルを身につけられます。

チューニングをするからこそ、素晴らしい音を奏でるんです。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

作られた自分を抜け出し、本当の自分の姿が現れていく

NLPコース 授業風景

●作られた自分を抜け出し、本当の自分の姿が現れていく

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

NLPの基礎を学ぶNLPベーシック水曜クラスが11月8日に修了しました。

このコースでは、自分の課題や悩みなどに対して一つ一つのチェンジワークを行っていきながら、変化を感じ、捉われから解放されていくという経験をしながらスキルを習得していきます。

入学前の自分が5か月後に大きく変わっていることに気づきます。

どう変わってきたのかを紙に書き出していただき、シェアしていただきました。

・何度も失敗を繰り返していた自分が、これから生きるのが楽しみになってきた。
・自分を押さえつける気持ちから解放されて、楽に生きられるようになってきた。
・人前で話すのが苦手だったけれど、話ができるようになってきた。

など、成果の報告を聞くたびに、人は望ましく変わっていける、ということをつくづく感じました。

R・Kさん (40代 女性)の体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去の自分を振り返ると、目に見えないものや感情の感覚などに興味がありながらも、日常よく見失っていました。それから、我が身を惜しまず、他を優先したり、人助けをする面がありました。それらの経験から、「自分も含むこと」や、「本来の自分であることが大切」だと知り、本来の自分であることを追求するようになりました。

人をサポートするには、本来の自分であることで、奇跡のようにパッと簡単に相手が癒されるのですが、そのことを自分で理解したいという欲求や言葉で説明ができるようになりたくて、1~2年前にネットサーフィン中にNLPを知り、自分が体験していたことが文章になっていることに衝撃を受けました。

仕事に1日10時間集中するなどして、本当の自分が何をしたいのかわからなくなっていました。当スクールの体験を受けて、すぐに入学し、参加すると、皆さん素直でいらして、シンプルに通じ合えることがとても嬉しく、「これが本来のコミュニケーションだ」と思いました。

先生方や、仲間たち、先輩方、それぞれの関りが、どれも新鮮な学びで、私と向き合ってくださったり、サポートしてくださる姿勢も、私の宝物になっています。

日常でも気づきが多くなり、子供の頃に持っていた視点が復活したような面白さもありました。自分に深い愛情を感じたのは、初めてのように思います。

自分自身が、作られたものから、本物の姿が現れていくのだとも感じました。

人は中立な視点からのサポートを受けると、自ら気づきを得て変わるのだと確信を持ちました。

ゆくゆくは、居心地の良い人付き合いが起こる社会を作っていくようなサポートに加われたら良いなと思っています。どうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

人はどうすれば変わるのか。

その答えがadvanced NLPにあります。

「作られたものから本物の姿が現れていく」

「作られたもの」というのは、生まれてから今まで人から言われたことや、失敗経験、常識的なことなどに捉われてしまい、
本当の姿がわからなくなった自分のことです。

人は本来の姿があります。

本来の自分とは無意識の領域のことです。

言い換えれば、脳で言えば感情脳のところですね。

自分が進みたい方向性は無意識が知っているんです。

本来の自分が現れると、子供のように自分の気持ちに素直になって、純粋に生きられるようになります。

束縛しているのは、状況ではなく、自分の思考なのです。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

顔色をうかがうことをやめたいあなたへ 顔色をうかがう心理

20160816172846-779e64c93db3775378634dca3ebd2693d900b944.jpg●顔色をうかがうことをやめたいあなたへ 顔色をうかがう心理
 

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。
 

さて、ついつい人の顔色をうかがってしまう人はいませんか?
 
例えば、

  • 友人に嫌われないように顔色をうかがってしまう。
  • 親の顔色を常にうかがってしまう。
  • 上司や先輩の言動が気になってしょうがない。
 
などなど。
 
普通の範囲で出来ているなら、ただの気が付くいい人ですね。
 
でも、もしも常に気をまわしすぎて、疲れてしまっているようなら考え物です。
 
誰かが周りにいるだけで、いつも緊張感が強く、休まらない。
 
そのような人は精神的にはち切れてしまわないように注意が必要です。
 
 
「顔色をうかがう」という言葉は、辞書的には
 
・心の動きを知ろうとする
 
という意味になるようです。
 
でも、この顔色をうかがうという言葉。
 
よく使われるのは、ネガティブな意味合いではないでしょうか。
 
 
私は子供の時、親の顔色をうかがって生きていたなぁと思います。
 
顔色を見ながら自分の言葉や行動を変えていたなぁと。
 
当時は、父親がいつも怒っていたので、その恐怖に対抗するために顔色をうかがっていました。
 
まぁ、私自身大人になってから、アダルトチルドレンの自覚があったので、本当につらかったですよ。
 
では、なんで、顔色をうかがうんでしょう?
 
 
 
人は基本的には
 
  • 正しくいたい
 
という心理が働きます。
 
でも、この「正しくいたい」ってどういうことなんでしょう?
 
そもそも何に対して「正しくいたい」のでしょう?
 
それは人の欲求と密接なようです。
 
 
顔色をうかがっている時、人は心の判断基準を外的なものに置いています。
 
例えば、
 
  • 友人
  • 上司、会社の先輩など
 
このような人達の中で顔色をうかがっている時、判断基準は自分の価値観ではなく、親、友人、上司、会社の先輩になっていると思います。
 
そうすると、ここでは何に対して正しくいたいのかと言うと、わかりますよね?
 
自分の判断や価値基準を捨てて、人の判断や価値基準に合わせようとしているのです。
 
顔色を見ながら、「Aにしようと思うんです…、が本当はBかなぁなんて…」というように、顔色によって答えを変えようとしたりします。
 
自分の心が「間違いたくない、正しくいたい」のですが、今コミュニケーションをとっている、親や友人、上司や先輩の「答え」や「要望」に対して間違いたくないんですね。
 
もしも、間違った時には、「怒られる」とか「嫌われる」という結果になってしまうと思い込んでいるのかもしれません。
 
世間体を気にする人は、世間の一般的な判断基準から外れないように「正しくいよう」とします。
 
つまり、正しくいたいという気持ちが外的な判断基準に対して起きているのですが、そこには嫌われたくない、嫌われたらどうしよう、否定されたくない、などの気持ちが根底にあるようです。
 
人は誰かに認められたいという承認欲求という欲求があります。
 
それは、身近な人や常に近くにいる人たちに対しては特に働いています。
 
その人たちから肯定されることで、自分の欲求が満たされていくのですね。
 
子供が周りの子と同じような流行りの服装を着たいとか、あの子と同じもの買って欲しい、なんてことも周囲と合わせて承認を得るための行動です。
 
 
 
さて、人の顔色をうかがってしまうという場合。
 
先ほどもお話ししましたが、なんだかネガティブな意味合いですよね。
 
どこがネガティブなのでしょう。
 
顔色をうかがってしまう場合は、おそらく自分の心や価値観をないがしろにしているのではないでしょうか?
 
本当は、自分の意見があるはずなのに、それを押し殺して正解を他人の顔色を探りながら探し出すのです。
 
そこで、他人の正解がやっと見つかる。
 
あぁ、今日も嫌われなくてすんだなぁ。とホッとします。
 
嫌われなくてすんだという意味では部分的に満たされてはいますね。
 
でも、この繰り返しは本当の意味では自分を満たせていないようです
 
 
 
人の心は、自分の価値観や判断基準があります。
 
もしも健全な関係なら、親や友人、上司や先輩とでも、意見を対等に話し合っていけばいいのです。
 
そして、もしも今までと同じような結果だったとしても、自分の気持ちや意見が尊重されたという事実が、ちゃんと肯定されたという実感になるのです。

 
そうは言っても、無理ですよ!
 
そんなことしたくても、どうやったらいいのかわからないです!
 
そんな声が聞こえてきそうですね。
 
私も方法を探すのには大変な思いをしました。
 
こういう説明を読んで、なるほど!となる人もいるかもしれません。
 
なるほど!となって、さらにさらに行動が変わる人はラッキーです!
 
でも、ほとんどの方が「それはわかったけれど、じゃあ、どうすればいいんだよ!」となりませんか?
 
 
 
あなたが、顔色をうかがうことを覚えたのはいつなんでしょう?
 
もしかしたら、あなたが小さいときに親から学んだのかもしれません。
 
お父さんやお母さんが厳格だったがゆえに、自分の意見を言えず、親の言うことを聞いていたのかもしれません。
 
もしくは、親がなんでもかんでも先回りしてしまったがゆえに、判断基準を別の人に置きやすいのかもしれません。
 
いい意味では、あなたは周りを大切にして、とても気づかいのある優しい人です。
 
誰もあなたといて不快にならないかもしれません。
 
でも、あなた自身はどうですか?
 
ずっと人の判断基準で生きてきて、そろそろつらくなっているのではないでしょうか?

 
もしも、顔色をうかがうことが辛くて、もうやめたいと思ったら、どうぞ日本NLP学院で学んでみてください。
 
講座では、あなたにこびりついた癖とも言える自動的な行動を変えることが出来ます。
 
顔色をうかがって、どんどん辛くなる前に、その癖を変えて楽になってしまいましょう。
 
あきらめなかった方の体験談はこちらです。


メルマガもお読みくださいね ↓↓↓

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

第二の人生を心理カウンセラーになることとお考えのあなたへ

未来を思う
●第二の人生を心理カウンセラーになることとお考えのあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

第二の人生は定年になって迎える方もいれば、
30代、40代、50代の節目で迎える方もいらっしゃるでしょう。

私は20代の後半にセールスパースンから経営者になることを決めました。

30代後半では現在のNLP(神経言語プログラミング)のトレーナーになりました。

現在私は就労支援や定着支援を行うリエンゲージメントグループで活動しています。

メンタル不調となった方が立ち直っていく、そもそもメンタル不調を防ぎ、健全にパフォーマンスを向上させていくお手伝いをさせていただいております。

あなたはどんな状況から、第二の人生として心理カウンセラーをお考えでしょうか。

今まで私はたくさんの方たちとお会いしてきました。

・親子関係で苦しんでいた方が克服し、子育てで悩むお母さんの心理カウンセラーになった人がいます。

・子供のいじめで苦しんでいた方が克服し、子供のいじめで苦しむお母さんの心理カウンセラーになった人がいます。

・メンタル不調を克服し、癒す側である心理カウンセラーになった方がいます。

・安定性の低いフリーライターの仕事から心理カウンセラーに転身した方がいます。

・最新の医療器械を作っている外資系企業の役員をしていた人が、職場の若い人たちがメンタルダウンしていくのを止められない状況を苦しく思い、脱サラして心理カウンセラーになった人がいます。

・看護師で体を壊して、ストレス対処を専門とした心理カウンセラーになった方がいます。

もしあなたが人の力になりたいという気持ちが強いようでしたら、心理カウンセラーを目指してみてはいかがでしょうか。

心理カウンセリングにはいろんな手法や知識がありますが、第二の人生とお考えのあなたであれならば、advanced NLP(アドバンスド エヌエルピー)検討してみていただきたいと私は思っています。

advanced NLPは、天才セラピストの技術の本質を学ぶことができます。

つまり最も重要なことを最短距離で学んでいくのです。

ですから貴重な時間を無駄にせずに効率よく、心理カウンセリングやセラピーの力をつけていきます。さらにコーチングもできるようになります。

セラピーとは過去の問題、トラウマ(心的外傷)などを解消していくこと、心理カウンセリングは現在の悩みを解消していくこと、コーチングは望ましい未来を実現していくこと、ととらえていただくとわかりやすいかもしれません。

advanced NLPは、クライエントに無理をさせず、誘導せず、クライエント自らが問題を克服し、潜在能力を発揮していく支援ができる技術です。

そしてブリーフセラピー(短期療法)と言われるもので、解決していく速度がものすごく早いのが特徴です。

詳しくは日本NLP学院のHPをご覧ください。

本物の心理カウンセラーになりたい!本物のセラピストといえる実力をつけたい! 臨床心理士、精神保健福祉士などの心理支援の専門家も学ぶ癒しの技術


NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

失敗を学びに。人間関係を変えるポイント(2017年9月度マイプロ学び場)

マイプロ学び場

●失敗を学びに。人間関係を変えるポイント(2017年9月度マイプロ学び場)

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

2017年9月14日、マイプロ(正式名称:マインプロフェッショナル)様のご依頼で、 講演会を担当させていただきました。

テーマは、

“失敗を学びに変えある人間関係のポイント”

です。

上司との関係が上手くいかないとき、パートナーの行動にイライラするとき、 落ち込んで自信がなくなることはありませんか。

周囲の人に責められている感じがすることはありませんか。

大切なことは、そこから学び成長に変えることですね。

励まされても心は前向きにはならないものです。

ではどうすれば、失敗を学びに変えられるのでしょうか。

ちょっとした工夫で、人は失敗を成長に変えることができます。

講演会では私が話すだけでなく体験して発見していただくようにしました。

体験学習は、普段からNLPの授業でやっていることです。

人から答えをもらうというスタイルでは、学びにはならないんです。

体験して、実感して、気づいて、変える、というプロセスが学ぶには必要不可欠なんです。

どのように関われば、失敗を建設的な機会に変えられるのかを NLPを用いた質問法の体験ワークをしていただき、その後グループでシェアしていただきました。

ほんのちょっとの違いで、人は大きな学びにすることもできれば、 失意のどん底に落ちることもあります。

そのちょっとの違いを知らないがために、ほとんどの人が後者のかかわりをしたりされたりしています。

もったいないなーと常日頃思っています。

気づきは大事なのですが、もっと大事なことは行動していくことですね。

知っているだけでは、本当の意味に知っていることにはなりません。

発見したことがあれば、実践、実践、実践・・・。

ひたすら実践し続けていったとき、

“本当の意味で分かった。”

ということが訪れます。


本当にわかったら、とてもシンプルになります。

新しい行動が当たり前になるので、 どうしたら失敗を活かせないのかが逆に難しく感じるようになるんです。

つまり、 自転車に乗れないときは自転車に乗るのが難しく感じますが、 乗れるようになったら乗れなくするのが難しくなります。

そういうことです。

NLPはこのように実践し続けていくものです。

だからNLPはある一定の期間をかけたトレーニングコースとなっていて、 いろんな“できない”が、“できる”に変わっていくんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、

拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

やりたいこと、使命、天職を見つけたいあなたへ

HAPPY

●やりたいこと、使命、天職を見つけたいあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

やりたいこと、使命、天職を見つけたいが見つからない、という方はたくさんいらっしゃいます。

どうしたら見つかるのでしょうか。

・いろんなことにチャレンジしてみる。
・今まで経験してきたことを棚卸してみる。

こういったことはやるかもしれないですね。

しかし、経験による足かせや思い込みがあるとしたいことはあるのにできない思いが強くて沸いてこないなんてことが起きがちです。

経験による足かせとはどういうことかというと、 例えば、あなたは人前で話すのが得意ですか?それとも苦手ですか?

このように質問されると、 どちらかが思い当たるのではないでしょうか。

つまり経験することで、得意か不得意なのか、記憶を持っているということです。

もう一つ例をあげますね。

100mを11秒で走れますか?

これも経験しているためにどのくらいで走れるという記憶を持っているわけです。

あらゆる事柄があてはまります。

自分が無意識のうちに作り上げた記憶によって、いろんな思い込みを持っています。

これらの思い込みが足かせとなって、本当にやりたいこと、使命や天職がわからなくなってしまうのです。

あなたの無意識が何度も何度も教えていても、あなた自身がキャッチできなくなってしまっている可能性があります。

advanced NLPでは、チェンジワークによって様々な思い込みから抜け出し、無意識レベルで抱いている思いが顕在化していきます。

無意識と仲良しになってくるんです。

自らそのような体験をし、天職を見つけるナビゲーターとなった卒業生がいますので、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。

運命の仕事を見つけるナビゲーターとして人の役に立てるよう活動

NLPのテクニックのことが知りたかったら、
拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

人生を変えるには今の自分を許し認めるところから出発する

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s.jpgのサムネイル画像・今の自分を許し認めるところから出発する
 
こんにちは。
 
日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋です。
 
なりたい自分になるには?
 
あなたはどんな自分になりたいですか?
 
・憧れの人のようになりたい
・もっと輝いていたい
・人に好かれるような性格になりたい
 
様々な思いがあると思います。
 
でも、一つ注意点があります。
 
・今の自分が嫌い、今の自分が許せない!だから、別の人のようになりたい。
 
なんて思っている人はいませんか?
 
今日は、adovancedNLPや脳の仕組み、心の仕組みの視点から、この大切な点についてお話ししますね。
 
【今の自分が嫌い、許せないは即刻やめるべし】
 
今の自分が嫌いと思っている人。
 
おわかりになると思いますが、ネガティブな思考ですよね。
 
このネガティブな思考やネガティブな言動もですが、
 
「私ってバカだなぁ」
 
「今日も失敗した。何をやってもだめだなぁ」
 
「あの人と比べて、私はここがだめだなぁ」
 
などなど、ついついつぶやいたりしていませんか?
 
これのどこがいけないのか?
 
私はネガティブ思考を原動力にして頑張っているから、ほっといて!
 
そんな方もいらっしゃいますよね。
 
では、脳の仕組みからこのことについて、ちょっとお話しします。
 
【思考や発言は自分の心にも刺さっている】
 
あなたの言ったことは、あなたの耳でも頭の中でも聞いています。
 
それが、いつもつぶやくことならなおさらです。
 
すでに、潜在意識に刷り込まれているかもしれません。
 
これは、自分で自分に年がら年中「悪口」を言っているようなもの。
 
そんな方は今すぐにでもやめましょう。
 
心は人から言われても、自分で言ってもちゃんとそのことを聴いて反応しています。
 
良い言葉を使えば、気持ちよくなるし、悪い言葉を使えばそれが突き刺さります。
 
言葉くらいどうってことないと思いますか?
 
でも、実際に他人からずっと嫌なことを言われたら相当なダメージを受けますよね。
 
一言でもくじけるのに自分では言う。不思議なことです。
 
嫌な言葉は目に見える傷はなくても、実際は、ストレスを受けることで脳の海馬がダメージを受けて萎縮していくことがわかっています。
 
そうすると益々ネガティブ思考にもなりますし、柔軟性も失われていきます。
 
そして、ここがポイントですが、ネガティブ思考な人と一緒にいてもつらいですよね?
 
普通は人は、嫌なエネルギーを発している人から逃げるものです。
 
それは、無意識的にその空気やエネルギーに影響を受けないようにするためです。
 
あなたもネガティブな人がいたら、居心地が悪くなることがあるでしょう。
 
そう、ネガティブエネルギーは人を近寄せなくなってしまいます。
 
運気ってありますよね。
 
運とは人との出会いだと言った人がいます。
 
あなた自身が人を引き付けて、運を引き寄せるためには、ネガティブ発言はすぐにでもやめた方がいいのです。
 
【自分の素材を活かす】
 
今の自分が嫌い。
 
それは、自分の素材を活かしていないということです。
 
あなたも、今までに自分を活かしたことがありますよね?
 
ありのままの自分を活かしてもらったこともありますよね?
 
それが、どんな過去でも構わないのです。
 
その時、あなたはどう思い、感じたのでしょうか?
 
ありのままの自分を認め、受け入れてもらい、活かしてもらった時、とても満ち足りて幸せだったのではないでしょうか?
 
誰かと比べてもしょうがないのです。
 
あなたはあなた自身の存在自体を許し、認め、活かしていってください。
 
あなたが、楽しかったことや心底ワクワクしたことはありますか?
 
そんな時、あなたは「自分が嫌だ」なんてことから離れ、違う次元にいます。
 
 
そもそも、あなたの近くに一番いるのはあなたなのです。
 
あなたがあなたの味方でなくして、誰が味方になるのでしょう。
 
そんな人は人から褒められても受け取れない可能性があります。
 
そんな時、褒めた人は「がっかり」するんですよ。
 
そうしたら、二度と褒めてくれないかもしれません。
 
未来を自分で閉ざすことになるかもしれません。
 
未来の可能性を少しでも良くしたいのなら、あなたがあなたの一番の味方になること。
 
そうすることが、一番初めの出発点です。
 
講座はワークショップ形式なので、常にクリーンアップされていきますよ。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ