ブログ

自分が嫌い、考え方、捉え方を変えたい、そんなあなたへ

●自分が嫌い、考え方、捉え方を変えたい、そんなあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

先日、「自分が嫌いです。考え方、捉え方を変えたいんです。」という方にお会いしました。


・自分に自信がなく、何事もマイナス思考でひねくれた考え方をしてしまう。
・これまでの人生の中で、自分が何かで成功したこと、嬉しかったことが思い出せない。失敗したことばかりを鮮明に思い出してしまう。
・考え方を改めようと自己啓発本を読んだり、ポジティブな人の真似をしようと試みたりしたが、長く続かない。


あなたはいかがでしょうか。

何事もマイナス思考になってしまう自分が嫌だ、という人は意外いらっしゃいます。

プラス思考に変えようとすればするほど、すぐに元に戻ってしまう。

何が悪いんでしょう?

それは、思考を無理やり変えようとすることです。


まずは、自分が不機嫌だということに気づいて欲しいと思います。


不機嫌だからマイナス思考になるんです。上機嫌だったら、マイナス思考にはならないんです。


シンプルだけれど、意外に知らないことではありませんか。

ではどうしたら、上機嫌になれるのか?

まずは、心にゆとりを持つことが重要です。

 「でも私はやることがたくさんあるから、心にゆとりなんて持てない!」と思う人もいるでしょう。

やることがたくさんあることと心にゆとりが持てないことは、あまり関係ありません。

一人になって、呼吸に意識を向けてみましょう。

息を吐くときは、少しずつゆっくりと吐き出していきます。体の緊張が抜けていくイメージをします。 吸うときは気持ちよく吸います。 自分のペースでゆっくりと気持ちのいい呼吸をします。

そして、何か思い浮かぶことがあったら、川をイメージしてそっと流してあげましょう。 この呼吸を5分ほどしてみましょう。 心身はリラックスし、知覚は研ぎ澄まされてきます(マインドフルネス)。

気がついたころには、気分がよくなっている自分に気づくはずです。 毎日5分でいいのでやってみましょう。

健全な心身の状態が基盤となって、プラス思考が湧いてくるようになります。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

過去の記事

全て見る