ブログ

やる気が出ない自分が嫌。そんな自分を変えるには

●やる気が出ない自分が嫌。そんな自分を変えるには

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「やる気を出したいのにやる気が出ない。」

そんなことはありませんか。

やる気は、出そう出そうと思っても出るものではありません。

なぜならば、

”やる気は無意識(潜在意識)の領域のこと”

だからです。

意識的に出すやる気というのは、やる意思があるというだけのこと。

やろうという気持ちは内側から無意識(潜在意識)が湧き上がらせるものなんです。

「君はやる気あるのか。」 というセリフ、誰もが言われたことがあるんじゃないでしょうか。

私は若いころ、何度も言われてきました。^^;

じゃー、どうやって出すのでしょうか。

出し方を教えてもらえないと、どうしようもないですよね。

やる気を出したいのに出ない。

そんなことを繰り返していくと、自分のことが嫌になってしまうかもしれません。

 ”やる気が出ないとき、まず大事なことは、心のケア”

です。

心身がストレスや疲労によってダメージ(トラウマの場合もあります。)を受けていると心は元気ではなくなっています。

自律神経のバランスが崩れ、自律神経の交感神経ばかりが興奮している可能性があります。

ストレスや疲れは、少しずつ積み重なっていくと、そのことになかなか気づかないものです。

 心身を元気にすることがまず必要です。

”心身が元気を取り戻すにはリラックスする”

ことです。

”副交感神経を刺激”する。

例えば、

・ゆっくりと深呼吸をする。(マインドフルネス、瞑想など)
・笑う。
・アロマを嗅ぐ。
・お風呂にゆっくり入る。

など、簡単にできることがあります。

しかし何よりも、習慣を変えていく必要があります。

なぜなら、パターン化されていると、無意識に同じ繰り返しをしてしまうからです。

パターンのことをもっと知りたい方は、メルマガを読んでみてください。^^

アダルトチルドレンには関係ない方にも役立つと思います。 ご登録お待ちしてますね。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る