ブログ

キラーストレスとコーピング

●キラーストレスとコーピング

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

以前、NHKの番組「キラーストレス」を観ました。

「キラーストレス」耳にした事ありますか?

身体にかかる、命を奪うストレスを「キラーストレス」といいます。

人は、恐怖や不安を感じた時に、脳の偏桃体というところが反応し、その反応は、身体全体に広がります。

偏桃体からの指令でストレスホルモンが分泌されます。 このホルモンは心拍数を増やして血圧が上昇します。 この血圧の上昇に耐えられなくなった時に身体にダメージをうけるのです。

なぜこのような仕組みが身体に備わっているのか。

これは、私達の祖先が狩猟をして生活していた頃に出来たんだそうです。

周りは、ライオンやトラなどの、獰猛な天敵だらけ。 瞬時に身構え、闘ったり、逃げなければなりません。 その時に、必要だったのがストレス反応だったのです。

心拍数を上げ、血圧を上昇させ、全身の血の巡りを良くすることで、瞬時に反応できるようにしていたのです。

ストレス反応は、生き残るための大切な身体の機能だったんですね。

何だか愛おしくなりました。

ライオンやトラなどの天敵がいなくなった今も、身体の中には、不安や、恐怖を感じた時に、反応する仕組みは残ったままなんです。

狩猟時代の時のように、狩りをする時などに、ストレス反応が起こり、すぐにおさまるのでしたら、問題はないんです。

現代人のように、複数のストレスが身体にかかった時、ストレス反応が暴走し、キラーストレス になるのです。

一つ一つのストレスにきちんと向き合いストレスを溜めない事が大事なんだと実感しました。

番組で対処法を紹介していました。

・ストレスの原因を避ける
・笑う
・サポートを得る
・運動をする
マインドフルネス(瞑想)
・自分にとってのストレス解消法を100個書き出し携帯して、その都度やる。

というものでした。

どれも、少しの心がけで出来そうですよね ^^

運動も、一回三十分少し息があがり、汗をじんわりかく程度を、週三回くらいで良いそうです。

ジムに通わなくても、いつもはエレベーターを使う所を、階段を使ってみたりしてもいいですよね。

少し遠出してサイクリングなどはいかがでしょうか。

お子さんと、室内でダンスをしてもいいと思います。^^

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

過去の記事

全て見る