ブログ

三日坊主に効く簡単な方法とは

●三日坊主に効く簡単な方法とは

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

「瞑想が三日坊主に効果がある」というのをテレビ番組で観ました。

三日坊主の原因となるのは、イライラや物事を投げ出したいという気分を生み出す偏桃体だとされています。

瞑想すると、心が落ち着き、この偏桃体か縮小するそうなんです。

物事を投げ出したい気持ちを抑える瞑想。

難しく考えなくても呼吸と姿勢を整えることが出来ればどこでも出来ると言っていました。

普段の生活でもできちゃいます。

姿勢を整えてゆっくり長く息を吐くだけでいいんです。

電車の中でも、トイレの中でも、銀行や、病院の待ち時間でもできちゃいますね。

4~5秒鼻からゆっくり吸ったら10秒以上かけて口からゆっくり吐きます。

長く吐くことで副交感神経が働きリラックスできるのです。 数回やるだけでも効果があるそうです。

私達の行動にブレーキをかけるのは、つまらない、飽きたなどのネガティブ感情です。

瞑想して、心身共に落ち着き、リラックスすることで、冷静になり、色々な選択肢も見えてきます。

心が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば人格が変わり、人格が変われば運命が変わります。

瞑想・呼吸を整えることは、三日坊主だけでなく、快眠、美肌、など様々な事にも効果があるとされています。

是非お子さんと試してみて下さいね。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る