ブログ

子供はお母さんに褒められたいと思っています。

●子供はお母さんに褒められたいと思っています。

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

褒められると、嬉しいですよね。

褒められると、何故良い気分になるのでしょうか。

褒められる事で、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。

ドーパミンは精神を安定させ、気分を高めてくれるのです。 何か行動をおこす時の原動力になるのです。

子どもはお母さんが大好きですから、お母さんに好かれたい、褒められたい、と思っています。

難しく考えなくて大丈夫です。

シンプルな言葉でいいんです。

朝、自分から起きてきたら「あら偉いわね。お母さん助かったわ。ありがとう」
思春期の男の子でしたら「制服の着こなし素敵ね」など。

当たり前に出来ることでいいんです。

テストで100点とった事や、検定試験に合格した事、などもよいのですが、結果が出ないときもありますので、結果ではなく頑張った過程を褒めましょう。

兄弟、姉妹、友達、と比べるのではなく、その子自身の事を褒めましょう。

自己肯定感が高まり、自信がつき、何事にも挑戦するお子さんになりますよ。

自分で、自分を褒める事も効果あるんです。

お母様も、当たり前に出来てる事をご自分で、褒めてくださいね。

私のカウンセリングでは、お母様の自己肯定感を高め、より良い選択肢を生み出す体験ができます。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る