ブログ

夫のささいな一言にぶちっ!とキレちゃうとき

■ 夫のささいな一言にぶちっ!とキレちゃうとき

こんにちは。日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

夫のささいな一言にぶちっ!とキレちゃうこと、ありませんか?

私も以前はよくそういうことがありました。

今でも、ときどきあります^^;

夫婦喧嘩.jpgのサムネイル画像夫に悪気はないのでしょうが、こちらの怒りのツボに入っちゃったんですね。

そうなると

「前にも同じようなこと言われた!」

「この人、全然わかってないし!」

と、過去の記憶も追加され、さらに怒りがパワーアップしてしまいます。

ぷんぷんぷん!

ぷんぷんぷん!

でも、以前は怒りをうまく表すことができませんでした。

夫だけでなく、誰に対しても自分の感情を伝えるのが苦手だったんです。

とはいうものの、ムカつく気持ちが消えるわけではありません。

そこで、怒りを閉じ込め、言いたい言葉も全部飲み込んで、代わりに冷たい表情と態度で怒りをアピールしていました。

夫も「しまった!」と思ったのでしょうが、私が硬くて厚い壁を作っているので、何も言えず・・・

お互いに気まずく、冷たい空気が流れたまま。

夫はだまって会社に行き、残った私は怒りと、後悔と、罪悪感にどっぷり浸りながら、その日一日を悶々と過ごす。

というパターンでした。

でも、こんなふうに自分と夫とのパターンがわかると、それを変えていくことができます。

ちなみに、私の新しいパターンはこんな感じです。

まず、ベランダに出て洗濯物を干しました。

さわやかな秋の空気の中で洗濯物を干していると、ずいぶん気持ちが落ち着きました。

干し終わって部屋に戻ると、夫が「じゃ(会社に)行ってくるね」と言いました。

いつもは玄関まで見送りに行くのですが

「ふんっだ!」

と大きな声で言って、玄関に行きませんでした。

夫があわてて戻ってきて「いや、悪かったよ。そんなつもりじゃなくて」と言ったので

「いーや。前も同じこと言った。そんなつもりあるんでしょう!」

と、思ったことを言いました。

「ほんとに、つい言っちゃっただけなんだよ・・・」と夫の言い訳を聞いているうちに時間になったので、

「じゃ、行ってらっしゃい」と送り出して、ケンカは終了です。

前のパターンと変わったことで、お互いに自分の言い分を伝えることができました。

無言でお互いを責め合う空気になりませんでした。

最後はちゃんと玄関で「行ってらっしゃい」「行ってきます」ができました。

だから、スッキリしました^^

こんなふうに、いつも自動的に行ってしまうパターンを別のパターンに変えることで、相手の反応も変わります。

まず、一呼吸おいて、今までとは違うことをしてみましょう。

たとえば、いつも感情をぶつけている人は、黙ってみる。

黙ってしまう人は、明るく「今の言い方、頭にきたっ」と言ってみる。

きっと、いろんなパターンがあるはずです。

うまくいかなかったら、次の機会に別のパターンを試してみれば大丈夫です。

さて、あなたの夫婦関係のパターンは、どんなふうになってますか?

もし、うまくいかないことがあったら、新しいパターンを見つけるチャンスですよ。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP advancedNLP
日本NLP学院 新宿校、横浜校 開催中です。

過去の記事

全て見る