ブログ

本物のカウンセラーになりますか?それともお手軽カウンセラーでいいですか?

●本物のカウンセラーになりますか?それともお手軽カウンセラーでいいですか?

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕です。

せっかく学ぶなら、トップレベルの実力が欲しいと思いませんか?


私は、以前、介護業界で有料老人ホームの施設長をしていました。

そこで、必要とされたのが「ヘルパー2級資格」です。

私が取ったのは、10年以上前なので、さすがに今はカリキュラムが多くなっているようです。

ただ、正直、「え?これでいいの?」と物足りなさがありました。

私は、叩き上げ系の施設長だったので、ヘルパー2級の資格だけでは仕事が回らないんですね。

求められたのが、
・夜勤も含め自分でも実践できる介護スキル
・立場上、新人や社内スキルアップの研修のための介護スキル
・ケアマネージャーや介護福祉士と渡り合える知識とスキル
・医師や看護師と連携するためのスキル
・認知症や精神症状の知識と対応スキル
・食事の摂取について、調理の責任者と栄養管理、衛生管理できるスキル

・・・・・うんぬんかんぬん・・・・・

また、そこの施設は当時、「入居金 1,600万円」の「高額」と言われる場所でした。

お客様対応やご家族様の対応、1,600万円を売るために日々頭をひねる。

また、施設長なので
・防火管理
・関係各所の書類やらなんやら と、今振り返ると結構すごい量の知識の量とスキルだったのがわかります^^;

皆さんも、自分のお仕事のスキルなんて言うと、たくさんあると思います。

で、私の場合なのですが…。

おもしろいことに、その企業で「新人や中堅、はては上級介護職」に技術や知識を教えていた私は、なにを隠そう「ヘルパー2級」しか持っていないんです。^^;

そして、さらに長年介護のスキルも磨いた私でも、上位職と言われる「介護福祉士」は取る資格がないんです。^^;

なぜなら、肩書が施設長だから。

介護の実務をものすごい量をやっていても、行政の書類上は「施設長」なんです。

私の長年の経験は、「介護福祉士資格を取るため」には「足りない」んです。

でも、介護福祉士にいろいろ教えていた「私」 世の中、こういうことが起きています。

例えば、私が当時、面接をしていた時、一番重視していたのはなんだと思いますか?

資格?

いいえ、実は「人柄」です。

人柄が良ければ、周囲の従業員ともご入居者とも、良い関係性で仕事もスムーズに覚えられるからです。

逆にいくら「資格」をものすごく取っていても「人柄」で落とすこともあります。

私は、人間力重視だったんです。

では、最初のお話に戻ります?

あなたは、どうせ学ぶならトップカウンセラーのスキルを学びたいと思いませんか?

「傾聴」を学べるところは、今やかなり多いと思います。

「傾聴」は人の話を聴くスキルですね。

でも、社会に出て「習わずとも出来ている」人もたくさんいるのです。

そんな素質を持っている方には、「え?これだけ?」となる可能性もあります。

私にとっては、「傾聴」は「認知症の人と良い関係性を保てる」レベルがトップです。

「認知症の人と一瞬仲良くする」では、ありません。

「良い関係性を持続できるか?否か?」 それをおこなうには、無意識レベルで安心を伝える技術が不可欠です。

なぜって?

お話では、通じなくなっていることがあるからです。

すごい「大変そう…」と思いますか?

でも、考えてください。 ここまで出来たら、普通の人に対しての傾聴はたやすいものです。 当スクールでお伝えしているのは、そのレベルの「実践」です。

そう書くと「修行!?」 と思う方も多いでしょう^^

いいえ、楽しく学びながら「実践スキル」を鍛えます。

気付かないうちに、あなたの実践力がぐんぐん上がるのです。

なりたい何かに向かっていくのに、初めの一歩は取り掛かりやすいもの。

そういう考え方もあるでしょうね。

通信の資格なんかがそうだと思います。

でも、せっかく学ぶなら、本当に役立つスキル、実践力を学びませんか?

当たり障りのないものを選んでいると、いつまでも「本物」になれません。

その実践力は、あなたの今後の人生に必ず役立ちます。

私がもしも、「資格重視」だったら、今の講師、カウンセラーという立場はなかったと思います。

私は、「本質重視」だったのです。

もしも、本当に癒したい、癒されたいなら、ここに本物がありますよ。^^

カウンセラーになる近道もここにあります。^^

それが"advanced NLP"なんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る