ブログ

感情のコントロールができないあなたへ

●感情のコントロールができないあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「感情のコントロールができない!」
「感情の起伏が激しい」
「これって頭が悪いってこと?」

ちょっとしたことでイライラする。仕事でも、イライラをすぐに態度に表してしまう。 逆に、ちょっとしたことで笑ってしまう。

・気を使って抑えるのだけれど、それが原因なのか、笑いがこみ上げてきて、抑えることができない。
・馬鹿にしていると誤解されることもある。
・ハイテンションになったと思ったらいきなりひどく落ち込んだりする。

そんな繰り返し。 何がいけないのでしょうか。

感情の反応は、理性よりも早いんです。しかし、その反応に任せていると振り回されてしまうんですね。

つまり、主観体験していることが多いんです。

楽しい時は主観体験する。そうすると楽しさや喜びが拡大された感じがします。

上手くいってい無い時、嫌だなーと感じた時は、自分を外から眺める。客観体験に切り替えるようにします。事実だけを捉えるようにするんです。理性が働くようになれば、自制できます。

感情は抑えるのではなく、息を吐き、体を緩め、静めてあげると客観的になります。

感情を抑えるようにすると自由に動けなくなったり、無感情になったり、感情がいつか爆発するなどが起きえます。

あくまでも静めることがポイントです。安心感のような感覚です。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る