ブログ

心理カウンセラーとして活躍し続けるために必要なこと

■ 心理カウンセラーとして活躍し続けるために必要なこと

こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

悩み相談.jpgのサムネイル画像実力も人気もある心理カウンセラーになるために必要なこと。

それは「実践」だとこちらのブログでお話しました。

さて、実際にNLPカウンセラーになってから活躍し続けるために必要なものは何でしょうか?

それは「自分の状態を整えることができる力」です。

NLPの心理カウンセラーとしてクライアントさまと接すると、いろんな想いが沸き起こります。

「こんな大きな悩み、自分に扱えるだろうか」と怖くなったり。

「今のワークは、うまくいかなかったかも」と不安になったり。

「よーし、絶対に解決するぞ!」と気合が空回りしてしまったり。

そういうときは、不安、焦り、恐怖、そういうネガティブな感情で自分の状態が崩れています。

そうなると、意識がクライアントさまではなく、自分自身に向いてしまうんですね。

いくら普段心理カウンセリングが上手にできても、自分の状態が崩れていると、クライアントさまのためのベストな心理カウンセリングはできません。

まずは、心理カウンセラー自身を良い状態に整えて、クライアントさまに向き合うことが、NLPカウンセリングの大前提となります。

そのためにも、自分の状態が崩れていることに気づくこと。

そして、崩れた状態を整えることが、自分でできるようになるといいですね。

私も、常に自分の心のメンテナンスを自分で行うように心がけています^^

自分で状態を整える方法を身に付ける方法、学びませんか?


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


過去の記事

全て見る