ブログ

カウンセラーになるには ④自分と向き合うことは世界が変わるということ

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

前回に続いて、カウンセラーが自分と向き合うことの大切さをお伝えします。

目次

1、カウンセラーになるには ①カウンセラー自らが自分と向き合うことの大切さ
2、カウンセラーになるには ②自分と向き合うってどういうこと?
3、カウンセラーになるには ③自分と向き合って今の現状を理解しよう
4、カウンセラーになるには ④自分と向き合うことは世界が変わるということ
5、カウンセラーになるには ⑤自分と向き合って認知の歪みを直す
6、カウンセラーになるには ⑥自分と向き合うために客観的になる能力を磨く
7、カウンセラーになるには ⑦自分と向き合い続ける勇気が必要
8、カウンセラーになるには ⑧自分と向き合って自己肯定感を上げること
9、カウンセラーになるには ⑨自分と向き合う客観視の具体的な方法
10、カウンセラーになるには ⑩自分と向き合うセルフイメージを変える具体的な方


●カウンセラーになるには ④自分と向き合うことは世界が変わるということ

自分が変われば世界が変わる

counselor6.jpgあなたも聞いたことありませんか?

・自分が変われば世界が変わる

・他人と過去は変えられない


心理の世界ではよく言われます。

あなたが、自分と向き合って変化を受け入れることで、状況は驚くほど変わったりするんです。

心理の世界では、まさしく真理です。

あなたがカウンセラーになるとしたら、是非、体験してほしいことです。

あなたがこの経験や実感なくして、クライエント対してに変化をしてくださいとは言えません。

カウンセラーはアドバイザーではない

友人、知人、職場の人に何かのアドバイスをする。

困っている家族に自分の考えや意見を言う。

本質的に、これらはカウンセラーの行為ではありません。

あえて例えるならアドバイザーです。

カウンセラー=アドバイザーであってはいけません。

アドバイザーはケース毎に解決案を出します。

最初の悩みが解決しても、次の悩みが出た時に、またあなたのもとにやってきます。

何かあるたびにあなたを頼ることは、依存になります。

それは心理的にクライエントが自立することを妨げる行為です。

また、アドバイザーは心理の世界では通用しません。

心理カウンセラーは、心を根本的に変化させることをおこなっていきます。

カウンセラーが注意する心の在り方

counselor7.jpg自分が変わるということは、自立して自ら変わろうとすることです。

カウンセラーも、自分から変わる経験をして欲しいのです。

人が元気になっていくのを支援する。

自分がそのことで、感謝されて気持ちが満たされる。

一見、素晴らしい循環のように見えますね。

でも、このことには注意してほしいポイントが隠されています。

カウンセラーがカウンセラーの力で解決すると思っている時、あなたはクライエントを依存させます。

また、カウンセラーが感謝されたいと思っている時、あなたはクライエントを中立に見られません。

もちろん、どんな仕事にも喜びややりがいは必要です。

でも、それを行き過ぎて求めるのはカウンセラーとして危ない傾向です。

多くの人を支援する職業の方(看護、介護、カウンセラーなど)でそれが強すぎると、いずれ「もらえない」時に出会います。

それが強すぎると、対象者の方への怒りや自分自身の挫折になります。

必ずしも、あなたがしたことに感謝が伴うとは限りません。

そのためには、自分の心を整えることや自分の価値観の軸を少し変えることが必要です。

他人は変えられないことを知る

もしも、あなたが誰かを変えようとしているのなら、すぐにやめましょう。

何年、何十年経っても自ら変わろうとしない人は変えられないといずれ気が付きます。

労力になんら報いません。

変わりたくない人は、いつまでも同じところで堂々巡りをし、人のアドバイスなど聞きません。

一番変えやすいのは自分だと気が付いてください。

あなたが変わることが、状況や世界を変える一番の早い方法なのです。

世の中変わりたくない人もいる

変わらない人は、問題がないのに自ら問題を生み出したりします。

同じ場所にいて、同じ時間を過ごしても、天国を経験する人と地獄を経験する人がいるのです。

地獄にいる人に天国の良さはなかなか伝わりません。

本人が気づかない限り。

本人が変わりたいと思ったら変わります。

でも、そうでない限りは、あなたが先に天国を経験する人になってください。

まとめ 自分が変わると世界が変わる経験はあなただけのもの

自分と向き合い、課題を解決したら、世界が変わることがわかります。

では、どんなことから始めたらいいのでしょう?

それは、自分の内面を知るということです。

人は、他人のことはよく気が付くけれど、自分のことに気が付きにくいのです。

自分のことはさておき、みなさんも人のことは良く気づきませんか?

私たちは、自分の外の世界というものを、知らず知らずに分析しています。

それだけ、私たちは外の世界に気づくことに長けています。

でも、自分のこと、自分の内側は見ないようにしがちです。

自分の内側に気づいたら怖い、否定してしまう、幻滅してしまうのではないか…。

・私ってこんなに嫌な人間だったんだ…

・あぁ、こんな性格気が付かなければよかった…

でも、負の感情も嫌な部分も人間だからあって当然です。

気づかないでほっとくのも手ですが、もしかしたら、周りから既に気づかれてるかもしれません。

そんなことではもったいないですよ。

少しでも自分が素敵になりたいのなら、気づいて改善したほうがいいですよね?

気がついたら、どんな風に生き直すのか対策が打てるようになります。

現状を知って、自分を変える。

そうすることであなたの輝きは増して、自ら世界を照らし始めていくのです。

カウンセラーになるために、自分が変わると世界が変わることを、是非体験してくださいね。

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中


過去の記事

全て見る