ブログ

強迫的な症状を克服する方法

kyouhaku.jpgこんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

強迫性障害は不安障害(パニック障害、全般性不安障害、ストレス障害、恐怖症)の種類に入ります。

なんらかの強い不安や強迫観念から、同じ行為などを、繰り返しおこなってしまう症状です。

・不潔…手洗いなどの洗浄行為がやめられない、すべて除菌しないと気が済まない

・確認…鍵をかけたかどうか、ガスを消したかどうか何度も確認する

・加害…自分が誰かを傷つけたのではないかととらわれる

・正確さや対称性…ものごとの正確さや対称性に極度にこだわる。

・身体や病気…体調や病気にひどくこだわってしまう。

・そのほか…ものをため込む、手順に極度に囚われる、罰を受けるのではと常に考える。縁起や迷信を極度に気にする、受け入れがたい性的イメージに囚われる、徹底的に質問する。

過度の心配(強迫観念)から、不安を小さくするために、過度な同じ行動(強迫行為)をとってしまいます。

うつと同じくセロトニンの欠乏により不安症状が過度に出ます。

そして、うつやパニックなどの症状を併発することが多くあります。

日本NLP学院のカウンセリングでは、あなたの不安が始まった過去の経験や現在の不安を克服する方法をお伝えしています。

日常的に実施しながら、強迫的な症状を薄めていくことが出来ますよ。

宜しければお問い合わせくださいね。



NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


過去の記事

全て見る