ブログ

パニック障害とは

kyouhusyou.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院心理カウンセラーの岩渕です。

ある日突然、激しいパニック発作に襲われ、発作がまた起こるのではないかと不安になるのがパニック障害です。

不安障害の一つであり、身体に異常がないのに、突然、動悸や息切れ、めまいなどの、激しい身体症状が起こり、さらに強い不安に囚われるものです。

パニック障害は、パニック発作と、その発作が再び起こるのではないかという予期不安から成り立ちます。

パニック発作が起きるのには、3つの状況があります。

・不意に起きる。(睡眠中やリラックス中でも起きる)

・ある状況で起きる。(恐怖や緊張を感じるような場所や状況)

・ある状況で起こりやすい(上のような状況で絶対ではなく、別の状況でも起きる)

緊張や恐怖を感じる場合は次のような状況があります。

・公の場所・狭い空間・乗り物の中・人ごみの中・一人の時など。

心理カウンセリングでは、このようなある状況においての予期不安、不安、恐怖、緊張を軽減していきます。

条件付けをなくすことで、通常の生活に戻れます。

ただ、パニック障害は「身体に異常がない」のに起きることが定義ですので、医療機関にて身体の検査は必要だと思います。

他の病気が隠れていないかを、まず、確認してくださいね。

こちらもお読みください→強迫的な症状を克服する方法

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

過去の記事

全て見る