ブログ

どんなお客さまにも対応できるカウンセリング力を磨きたい!

●どんなお客さまにも対応できるカウンセリング力を磨きたい!


こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。


受講生の方から、ときどきこんな相談を受けます。

「心理カウンセラーとして独立したいけれど、実際にお客さまが来たときにちゃんとカウンセリングできるか不安です」

「どんなお客さまにも対応できるカウンセリング力を磨くには、どうしたらいいですか?」

たしかに、カウンセリングにいらっしゃるお客さまのお悩みはさまざまです。

小さな悩みから、人生の転機に関わる大きな悩みまで、悩みの種類から人柄まで、一人として同じ人はいらっしゃいません。

どんな人のどんな悩みにでも対応できるように、カウンセリング力を磨いておくと安心ですね。

カウンセリング力を磨くには、もちろん実践が一番です。

ただ、まだカウンセラーとしてお仕事してないと、実践も難しいですね。

身の周りのお友だちの悩み相談を受けるという方法もあります。

でも、相手から「相談にのって」と言われればいいですが、勝手にカウンセリングのようなことをするとイヤがられてしまうこともあります(>_<)

そこでオススメなのが、ドラマで「勝手にカウンセリング」です。

三角関係で悩んでいるヒロイン、冷たい夫に嫌気がさしている妻、仕事に行き詰っているサラリーマン・・・

ドラマの世界は、心理カウンセリング事例の宝庫です。

今、まさに悩んでいる登場人物に自分がカウンセリングするなら、どんな言葉かけをして、どんなワークをすればいいだろう?

そういうふうに考えながら見ることで、自然と実践力が身に付きます。

ただ、ドラマの世界にどっぷり浸りたい方には向かないかもしれません^^;

そういう方は、実践力を磨くのに特化した発展コースがオススメです。

発展コース 東京(心理カウンセリング、コーチングのプロになりたい)

過去の記事

全て見る