ブログ

子供のやる気を引き出すNLP的魔法の言葉

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

さて、お子さんを持つお父さん、お母さん、お子さんのやる気を出すのに四苦八苦していませんか?

ポイントは「引き出す」ですよ。

無理強いではありません。

ポイントは

「今を認める」→「ほめる」→「改善してほしいことはちょっとだけ言う」

です。

・「今を認める」

これが出来ていると思っていて、実は出来ていない親御さんは、たくさんいるんです。

例えば、

子供 「試験頑張ったよ!!」

親 「もっと頑張って、○○君なら出来る!!」

子供 「…」

え?なんでこれが良くないの?と思いますよね。

親御さんは「褒めた」のに。

でも、子供は「…」になるんです。

正解は

子供 「試験、頑張ったよ!!」

親 「本当だね。よく頑張ったね!!」

です。

NLPの講座の中でお伝えしているのですが、まず

ペースを合わせる→リードする

という流れなのです。

試験頑張ったよと言われたら、肯定して「頑張ったね」と言ってあげる。

ここが足りなくてすれ違うことが多いのです。

試験頑張ったよ→もっと頑張ってね

これだといきなりすぎるんですね。

魔法の言葉は、カンタン。

同じ言葉を繰り返して認めてあげる言葉なのです。

お子さんを認めてあげてください。

そうすると、どんどん勝手にやる気になりますよ。^^

過去の記事

全て見る