ブログ

いつも不安な自分を安心できる自分に変えたいあなたへ

こんにちは!

日本NLP学院学院長の松島直也です。

いつも不安を感じる。
人の目が気になっていつも緊張している。
人に必要とされたくてたまらない。

このように日常的に不安や緊張を感じる方に必要なのは、安全かつ安心できる場と人の優しさに触れることです。

いままで、本当に安心できる場がなかったのではないでしょうか。
いままで人の優しさに触れる機会が少なかったのではないでしょうか。
いままで心が傷ついたまま時間が過ぎていっていたのではないでしょうか。


チェンジファシリテーション=advancedNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
最初は、よく訳が分からず言われるがままにNLPのワークをしていました。NLPは訳が分からないのに、効果的な結果が現れるので、とても不思議な感覚でした。

NLPで色々なワークを体験していくと、面白いと感じるものや、他の人にも是非やってみたいと思うものなどがあって、毎回楽しく参加出来、丸一日費やすことや朝早く支度をして出かけなければならない事も苦にならず、我ながら不思議な経験でした。

日本NLP学院の講師の先生やスタッフ、先輩たちとの関係も他には無い距離だと思います。ワークの時や休憩時間にも関わってくれるので、安心していられた気がします。

特に昼食の時間が有意義でした。必ず、先輩が知っているレストランなどに連れて行ってくれるので、迷ったり変な所に行って失敗する事が無く、食後のお話タイムがまた楽しく有意義で、長いはずの昼休みがあっという間終わり、慌てて帰ることもしばしばでした。

他の受講生さんは色々な思いや経験を経てこの場所に来ている人達なので、ここで出会うことも必然なんだろうなと感じることも多々ありました。貴重な出会いだったと感じています。

この立場を越えて親しく交流でき、お互いの存在を認め合う、どの人の人間性をも大切にする姿勢が日本NLP学院の基本姿勢なのだと感じています。

私自身に関しては、このチェンジファシリテーション基礎コースの最中に、愛犬が思わぬ事で生死の境をさまよう事になってしまい、心穏やかではいられない日々が続きました。そんな中でも、NLPのワークを活かしながら何とか心を保つことが出来ました。

幸い一命を取り留め、今でも通院は続いていますが、元気に日常生活を送っています。限りある命に向き合う覚悟と姿勢が出来たと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人は、人間関係で傷つくことがあります。しかし、癒すのも人なんです。

感じ良いコミュニケーションをするとオキシトシンという神経伝達物質が出ることが分かっています。あったかい気持ちになれるんです。

不安が安心に変わっていくんです。

心が落ち着き満たされていく。そういう経験が出来る場所が必要なんです。

日本NLP学院はそういう心の居場所を目指しております。



本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 新宿校、横浜校 開催中

過去の記事

全て見る