ブログ

カウンセリングやコーチングを学びたい

●カウンセリングやコーチングを学びたい


こんにちは。チェンジファシリテーターの大西史恵です。

最近では、いろいろな場で、カウンセリングやコーチングという言葉をよく聞くようになってきました。

スポーツ界でも、五郎丸選手や錦織圭選手の活躍は、良きトレーナーの存在が大きかったそうです。

身近なところでは、企業でストレスチェック制度というものが導入されたり、学校や保育園など教育・子育ての場でも、スクールカウンセラーや育児相談の場が増えていますね。


それにともない、カウンセリングやコーチングを学んでみたいという方も、増えてきています。

そんな中、

「どれを学べばいいのだろう?」
「そもそも、カウンセリングとコーチングの違いって何?」

など、分かりにくい部分もあるのかなと思います。


今回は、その違いについて、お伝えしますね。

まず、カウンセリングというのは、マイナスからゼロにするもの、コーチングは、ゼロからプラスへ引き上げるものになります。

例えば、カウンセリングは主に、元気がなく仕事ができないとか、辛くてどうしたらいいのか分からない。トラウマがあって、思うような生活ができない場合などを扱います。

クライエントの状態をマイナスからゼロまで戻してあげる、つまり悩みの解決をするお手伝いをします。


コーチングは、基本的に元気な人向けです。

ビジネスやスポーツや勉強など、やりたいことがあり取り組んでいるが、なかなか成果が出ないとか、もっとこんな風になったらいいななど、願望や目標を実現していくためのお手伝いをします。


ですが本当なら、悩みの解決と願望実現は、別々にはできないですよね。

心のことって、すべてつながっています。

私の知り合いのトレーナーが、こんなことを言っていました。
「コーチングだけで実際に成果が出る人は、3割ぐらいなんです。
中には、コーチングの途中で、過去の辛い出来事やトラウマなんかが出てきて、そこから先に進めなくなってしまう方もいます。

カウンセリングができないコーチだと対応ができないから、クライエントに辛い思いをさせてしまうことになる・・・。

だから、本当にできるトレーナーは、カウンセリングもできる人なんです」と。


また、これとは反対に、カウンセリングを受けて悩みの原因が分かったし、少し楽にはなったけれど、現状はあまり変わらない…

なかなか変わらないから、カウンセリングに行くのを途中でやめてしまった。

ということも起こり得ます。

だから、どちらの技術も持っていることは、すごく強みになります。

「あなたは、カウンセリングやコーチングを学んで、どうなりたいですか?」
「どんな人の力になりたいですか?」

カウンセリングやコーチングを学びたいと思った時は、どんな技術が学べるのかを確認して、スクールや講座選びをしてくださいね♪

本を数冊読んでみて、あなたに合いそうなスキルを見つけてみるというのも、いいかもしれません。

もし、カウンセリングもコーチングもできるようになりたいと思ったら、日本NLP学院のチェンジファシリテーターコースもお勧めです。

すべてが学べますよ(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。


本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。


NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 新宿校、横浜校 開催中

過去の記事

全て見る