ブログ

潜在意識(無意識)に働きかけるNLPカウンセリングとは

●潜在意識(無意識)に働きかけるNLPカウンセリングとは

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

潜在意識って聞いたことあると思います。

無意識と言っても構いません。

私たちは、意識があるおかげで、全て意識でおこなっているように思っています。

何を決めるにも、行動するにも、「自分」で考えて決定しているような気がしています。

…気がしています…

でも、よーく考えてください。

6570fc767da93d2ecba4d62dfba2d545_s.jpgのサムネイル画像全て、意識もしくは意志でおこなっているなら?

わかっていても、できないことは「意志が弱い」という結論ですか?

人が変われないのは「意志が弱い」からですか?

もしも、仮に意識ですべてをコントロールしていて、望む方向に全て行けるのなら、人の心や身体に不具合は起きません。

実は、鍵は潜在意識、無意識です。

一般的なカウンセリングを行っても納得できる成果にいたらないことがあります。

それは、意識的なカウンセリングスキルしか持っていない方にあたった場合です。

「あーした方が良い。こーした方が良い。」

これは、意識です。

たとえ、真新しい斬新なアドバイスであっても、単なる「賭け」です。

良くなるかもしれないし、何も変わらないかもしれない。

むしろ、ハチャメチャになるかもしれない。

そこで、苦しんで、何軒もまわって「ダメな私が悪いのか…」と駆け込んでくる方が非常に多いです。

そして、NLPカウンセリングを受けて、やっと本当の癒しを見つけたと思われます。


実は、意識的に変えられないことがらは、潜在意識(無意識)に働きかける必要があるんです。

行動は、100%無意識が行っているということが最新の脳科学で明らかにされました。

え??って思いますか?

それはどういうことかというと、潜在意識(無意識)は意思を持っているということです。

今まで潜在意識(無意識)は、記録媒体と考えられていました。

そのため、頭(意識)で考えた望みを自己暗示やアファーメーションで押し付けるということが当たり前に行われてきました。

結果として、短期的に良くても、長期的に健康や心身を損なうということが起きています。

しかし、潜在意識(無意識)には意思がある。



9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s.jpgのサムネイル画像advancedNLP=チェンジファシリテーションは、顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)との良好な関係を形成し、パフォーマンスを発揮する方法論です。

自分を変える、人間関係を変える、人生を変えることを実現する手法です。

もしも、潜在意識、無意識のことを活かして、自分や人に使いたいなら、どうぞお越しください。

日本NLP学院では、advancedNLP=チェンジファシリテーションを使ったNLPカウンセリングの提供、NLPカウンセラーの育成を行っています。

メルマガではもう少し詳しくお伝えしています。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像



過去の記事

全て見る