よくある質問

受講生にはどのような人が多いでしょうか?

業種や職種は様々です。

人事担当者、教育関係(大学、高校、中学、小学、幼稚園)、医師、歯科医師、看護師、介護職、弁護士、社労士、司法書士、保育士、公務員、経営者、企画部署、営業マン、SE、主婦、産業カウンセラー、キャリアカウンセラー、心理カウンセラー、コーチングのコーチ、スポーツのコーチ、セラピスト、ヒーラー、占い師など、様々な方が参加されています。

また、紹介で来られる方が多く、全国各地(北海道、信州、九州な)から参加される方がいらっしゃるのも特徴です。


1クラスの人数はどれくらいですか?

コースやクラスによって異なりますが、5名から10名程度です。人は安全かつ安心を感じられるとき、自然と学び技術や知識を吸収します。日本人の場合は特に人数が多すぎると質問をしたり意見を言いにくいと感じる人が多く見受けられます。 そういったことのないように、満足のいく形で授業を進めるのに最適な人数を考えております。

また当学院にはアダルトチルドレンやいじめのトラウマで人間が怖いという方、発達障害やメンタル不調の方もいらっしゃいます。人が多いのは苦手、人が怖いと言う方でも安心してご参加いただけるよう配慮しています。

開催場所を教えてください。

東京校の開催場所は新宿御苑前になります。横浜校の開催場所は、横浜となっております。全て、駅からの徒歩圏内です。

授業の時間を教えてください。

通常のコースはAM10時から17時までが基本となっております。90分に一回くらい休憩を取っています。今は長いと感じられるかもしれませんが、授業の特徴として、座学ではなく、体験学習に重きを置いています。そのため、一日が「あっという間に過ぎてしまう」というご感想を良くいただきます。

プロのカウンセラーなのですが、どのコースから学べばいいのでしょうか。

傾聴や心理療法など様々なことを学び実践されていることと思います。advanced NLPは他の心理療法と通じるところがたくさんあるのですが、体系的に理解するためには一から実体験して、体験に基づいて理解していくことが習得するための最短距離となりますので、基礎コースから学んでいただいております。

また、セラピーや心理療法としてのスキルであるため、基礎からの学びをおろそかにはできませんので、ご了承ください。当学院ではまったく新しい気持ちでの基礎コースからのご参加をお勧めいたします。

うつだったのですがコースに参加できますか?

通院などをして症状が落ち着いている、もしくは完治しているのであればコースに参加することができます。また、通院中の場合は主治医の許可を取っていただくことが必要です(心理療法としてNLPを学んでもいいかをお伺いください)。また、受講前に面談させていただき、支障が無いと判断できればコースに参加できます。

今までいろんなセミナーに参加してきたのですが納得できる成果が得られませんでした。そんな私でも成果が出せるでしょうか?

様々なことにチャレンジしてこられたあなたに敬意を表します。どのようなセミナーに参加されていたのかはわかりませんが、advanced NLPは確実に成果を出せるスキルです。もしご心配であれば、無料個別相談にご予約していただき不安なことをご相談してみてください。

NLPは座学ではなく体験です。例えば、旅行など同じ体験でも、景色や空気感に感動する人もいれば、人の暮らしに感動する人、街並みのにぎやかさに感動する人と様々です。体験は人それぞれその段階や知識により感じ方や受け取り方が違います。すべての方が自分の段階で受け取れる「体験重視」のため、必ず成果を感じていただけると考えております。

振替受講できますか?

学びに来られる方は、様々なご事情を持っていらっしゃいます。会社の有給を使って来られる方、お子さんを預けてこられる方、遠方から来られる方などなど。

私たちはご事情で受講をあきらめられるのは、非常に残念だと考えております。少しでも、お忙しい方が学びやすいように振替受講の制度をご用意しております。

次回のコースはもちろん、開催地や平日クラス、週末クラスをまたがっての振替受講も大丈夫です。振替期間は1年を予定していますが、妊娠された方がお休みされてから復帰する場合もありますので、安心して受講してください。



NLPを他団体でマスタープラクティショナーまで学んでいますが、基礎コースから学ぶ必要がありますか?

NLPは教え方により、成果のばらつきが激しくなっているのが現状のようです。意識的で左脳的な教わり方がその一つです。

本校では無意識的なアプローチ、学び方をおこなうため根本的に違っております。それは、例え他校で学んだトレーナーでもインプットが違えば、アウトプットが違うものです。そのため、ぜひ基礎からの学びをしてほしいと思います。

<<前のページへ12