HOME > 用語集 > > NLPであることの条件

用語集

< マインドフルネス  |  一覧へ戻る  |  advanced NLP >

NLPであることの条件

NLPであることの条件は次の2点です。1.有効性がある。 2.プロセスモデルである。

NLP創始者のグリンダー博士は、NLPモデリングである無意識的モデリングの産物として帰納法的に生み出される「プロセス モデル」と、分析的かつ演繹法的に生み出される内容押し付けモデルとみなされる「コンテント モデル」を明確に区別しており、コンテント モデル(価値観、考え方押し付けモデル)はNLPの一部にはなりえないと言われています。

プロセスモデルは、クライエントの状況に影響を与えることでクライエントが自らの力で選択肢を導き出す支援をします。

一方、コンテントモデルはファシリテータがクライエントに考え方や価値観などを押し付けることで、目先的な打開策を提示します。

目先的な解決は行えても、クライエントは状況が変わった時には状況に適応できなくなります。このようなコンテントモデルは長期的にクライエントの自由を奪う行為です。

人間の尊厳に対して倫理的介入をするためには、プロセスとコンテントの区別が最も重要なことです。

安全なNLPの活用とは、"NLPをプロセスで扱う"ということなのです。 プロセスモデルの重要性を理解し実践活用することは、NLPを使用するコミュニケーター(コーチ、カウンセラー、トレーナーを含む)にとって、在り方そのものが問われることではないでしょうか。

< マインドフルネス  |  一覧へ戻る  |  advanced NLP >

カテゴリ:

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ