ブログ

親子関係が上手くいかないときのポイント

●親子関係が上手くいかないときのポイント

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

お子さんに想いが伝わらず、もどかしい想いをしていませんか?

お友達が一か月位前に、高校生の娘さんと揉めてしまったと悩んでいました。

「家の門限は、11時なのよ。決して早い時間じゃないわよね。この間連絡もなしに11時半過ぎに帰ってきたの。 今何時だと思っているの?いい加減にしなさいよ!と怒ったのよ。 そうしたら逆切れして、新聞投げつけて、2階に行っちゃったの。やんなっちゃうわよ。もう何日も口利かないの。」

お友達は娘さんの事が心配で、つい怒ってしまったそうです。

「娘さんにもきっと理由があるかもね。時間がたてばきっと話せるようになるよ」と言って別れました。

先日、お友達に会いました。

「娘と仲直りできたわ。聞いてみたのよ。理由。携帯を忘れて取りに行ったんですって。 連絡するよりも帰った方が早いと思って、だって。きちんと聞いてあげれば良かった。 心配だからつい怒ってしまった事も伝えたわ。」 と言っていました。

このお友達のような事は、親子の間でよくある事だと思います。

なぜ食い違いがおきてしまうのでしょうか?

人は、それぞれに受け止め方、想い、価値観を持っています。

想いが違うわけですから、反応、行動が違っても仕方ありません。

自分の考えを押し付けずに、意図(高次の目的)を伝え合う事が求められます。

相手の意図を聞いて、自分の意図を伝える。 何か問題が起きたら一度深呼吸をして落ち着き、相手のやりたかったこと、つまり意図を聞き、自分の意図を伝えましょう。

意図(高次の目的)は、物事や自分がよりよく進むためのものです。

お互いの意図をわかり合えれば、争いもなくなります。

お子さんに、想いを伝えてみませんか?

きっと親子の絆が強まりますよ✨

不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング

NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る