ブログ

不登校における親子関係、子育てで大切なこと

●不登校におkる親子関係、子育てで大切なこと

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

娘の部屋にあったので、読んでみました。

食肉加工センターで、牛を殺す事に迷いを感じながら働く父と、その息子とのやり取りから、食べ物の有り難さを再確認する、食育の絵本です。

人が生きるということは、命を頂くこと。

私たちの命は、多くの命に支えられている。

忘れてはならない事です。
「いただきます」「ごちそうさま」を言わずにはいられません。

本の中で、農家の方が語っています。

「ニワトリは、ストレスを感じると、弱いニワトリの尾を、つっつく」 「その対策として、くちばしを切ってしまう農家もある」

しかし、この農家さんは、「ニワトリもいつかは死ぬ。でも、生きとる間にはニワトリらしい生き方をさせてやりたい」 と、ストレスがたまらないように、工夫しているそうです。

「昔は、野菜は育てるものだと思っていた。今は、野菜は能動的な生き物だと思っている。その力を引き出す。そうすると野菜が喜ぶ」
「野菜は野菜らしく、ニワトリはニワトリらしく」
「一瞬、一瞬、その命を大事にすることを心がけている」
「人間らしく生きたい」

とご自身も思われたそうです。

子育ても想いは、同じなのではないでしょうか。

不登校だからといって、制限したり、世間体を気にして、生活していませんか?

私もそうでした。

今は、はっきりとわかりました。

不登校だからといって、その子らしさは、何も変わりません。

存在価値もそのままです。

不登校は、その事に気付く事の出来るチャンスです。

一瞬、一瞬の命を、大事に生きましょう。

その積み重ねの先には、輝かしい未来がきっとあります✨

明けない夜はありません。

お子さんが、お母様が、笑顔になるお手伝いを、心を込めてさせて頂いています。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

過去の記事

全て見る