ブログ

実力のあるカウンセラーになるには? NLP×マインドフルネス 日本NLP学院 東京新宿校、神奈川横浜校

■ 実力のあるカウンセラーになるには? NLP×マインドフルネス 日本NLP学院 東京新宿校、神奈川横浜校

チェンジファシリテーション授業風景.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
こんにちは。日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

NLPを学びたい、興味がある、という方には、「カウンセラーになりたい」という想いをお持ちの方もいらっしゃると思います。

カウンセラーになるためには、何が必要なのでしょうか?

傾聴、ペーシングなどカウンセリングの技術を学ぶ

心理学の用語や知識を学ぶ

カウンセラー資格を取得する

さて、何が一番必要だと思いますか?

私が実際に、講座を受講して、カウンセラーとしてお仕事をするようになって、実感しているのは

「カウンセラーとしての実践経験」です。これは本当に助かります。

カウンセリングの相手は「人」です。

そして、人は一人ひとり違います。

もちろん、相談の悩みの内容も背景も一人ひとり違います。

その時、その瞬間、目の前の相手の悩みに対して、最適なカウンセリングの方法を選ぶことが求められます。

相談に来られた方は、カウンセラーに悩みを解決してほしいんです。

どんなに心理学やカウンセリングの知識が豊富でも、実際のクライアントさまを前にしたとき、その知識を使えなければ意味がないのです。

「そう言われても、まだカウンセラーになってないのに、実践経験なんて積めない(>_<)」と思いますよね。

でも、日本NLP学院のチェンジファシリテーターの講座は、カウンセリング資格を学びながら実践できるんです。

講座では、実際にカウンセリングで使える「悩みを解決するワーク」を行います。

受講生同士で、カウンセラー役とクライアント役で交互に実践するんです。

カウンセラー役のときは、ワークの手順やクライアント役の表情や反応を見ながら、実際のカウンセリングの状況を体験できます。

クライアント役のときは、ワークの効果を自分で実感することによって

「こういうときに、このワークをするとこんな変化が起こるんだ」

ということが学べます。

悩みを解決するということを目の当たりにできるんです。

これは、大変奥深い。通信ではない感動ですね。

また「こういう言葉かけをしてもらうと、安心するなあ」とか

「こんなふうに言われると、ちょっとガッカリする」など

クライアントとして気持ちもわかるようになるんです。

この時に感じたことは、カウンセラーとしてクライアントさまに接するときに、とても役立ちます。

カウンセラー役として、クライアント役として、実際に実践を積みながら、現場で使える最新のNLPカウンセリング技術を習得する。

それが、実力と集客力のあるカウンセラーになる一番の近道だと私は思います。

ちなみに、私は学び始めて2年でNLPカウンセラーになることができました。

どんなふうに講座を学んで、カウンセラーになったか、カウンセリングの仕事をしているか?詳しくはこちらです^^

アドバンスドNLP基礎コース 東京新宿校、神奈川横浜校、随時募集中ですよ。^^

過去の記事

全て見る