HOME > アダルトチルドレン克服に関するブログ

アダルトチルドレン克服に関するブログ

アダルトチルドレン症状 愛がわからないあなたへ

b740c7392167b756df621dd5bf048323_s.jpg●アダルトチルドレン症状 愛がわからないあなたへ   

こんにちは。講師、カウンセラーの岩渕洋です。
 
あなたは、日々「愛されている」という感覚をちゃんと感じていますか?
 
「愛されている」という感覚がきちんと感じられていれば、人は生きている実感とともに、穏やかに充実した人生を過ごせます。
 

家族やパートナーがいても不安

「愛されている」という実感が持てなければ、何が起きるでしょう?

家族がいる・パートナーがいるにもかかわらず次のようなことが起きていませんか?

・孤独感を感じる
・寂しさを感じる
・イライラが激しい


このような状態が日々続く場合、不安感や緊張感にかられる方が多いです。

woman-1006100_640.jpg
私たちは不安な状態におかれると、それを解消しようと代替の行動に出たりします。
 
また、他にも不安な状態から抜け出したくて、何度も確かめる確認行動をしたりします。

 
見捨てられ不安や試し行動などがそれですね。
 

パートナーや愛する人が離れて行ってしまうのではないかという不安。
 
私は愛されていないのではないかという不安。
 
それを解消するために、真っ直ぐな方法ではなく、歪んだ行動をとってしまうことはありませんか?

 
アダルトチルドレンの一部の方はこのような悩みで身を引き裂かれんばかりの思いをされているでしょう。

それは

・目の前の愛情を愛情と感じられないため、何度も確かめる

・わざと逃げ出したり、喧嘩になることを無意識でおこなう

 
思い当たる節がありませんか?

やめたらいいのに、やってしまう、このような無意識の行為をおこなっている時は、感情が優先していることでしょう。

これらは、幼少期に「愛されている」という真っ直ぐな表現を実感として経験していないことからきます。

よく「幼い」と片付けられてしまうかもしれませんが、幼少期の無意識のパターンのせいなのです。

今までのパターンで苦しんでいる場合、以下のようになります。

・今までと同じパターンを繰り返す

・自分のパターンを引き出す同性や異性と出逢ってしまう。


このことは、幼少期の無意識のパターンが未来を縛っていると言えます。


インナーチャイルドを癒すと変われる

もしも、あなたが「愛されている」という実感を日々持てたらどうなりますか?
 
毎日が穏やかで、パートナーや家族との喧嘩もなく、自分の胸が裂かれるような苦しみもない。
 
誰かの目を気にすることもなく、自由にイキイキとし、輝いているあなたの姿。
 
そんな自分の姿を求めていませんか?

どうすればいいかと悩み続けていませんか?

実は、方法はあるんです。

あなたは、満たされると変われると聞いたことはありますか?

満たした方が良いというものに、過去の「インナーチャイルド」というものがあります。

このインナーチャイルドが、大人になったあなたの現在も過去のパターンを引き起こしているのです。
 
girl-529013_640.jpg

「愛されている」という実感が欲しいのです

インナーチャイルドは心の傷です。
 
幼少期の自分が、「愛されている」実感を求めて苦しんでいます。

大人になっても、本当はこの実感が欲しいのですが、

・物やお金のように何か別の物質で充足しようとする

ということも起きます。
 
でも、キリがなかったり、違和感があったりしませんか?
 
心理をかじっている方ならおわかりになるかと思いますが、物質で愛情を充足することはできません。
 
もしも、そういうことが子供に対して日常的に行われたなら、とても深い傷を持った子になったりします。
 
お父さん、お母さんが忙しく、でも一生懸命育てようと思って、子供のさみしさを物で補おうということは、世間でも少なくないとは思います。
 
愛情ゆえの苦肉の策なのかもしれません。
 
でも、子供はその代替行為を真っ直ぐに受け取れないんです。
 
もちろん、わざとではありません。
 
親も子供もその時は一生懸命、お互いのことを想いながらベストを尽くしているのでしょう。

sad-4207079_640.jpg
でも、あえて真実を言うならば、一番まずい行為のうちの一つだということです。
 
アダルトチルドレンの方たちでも、そういう親子関係に置かれた場合、とても多くのことを抱えていることが多いのです。
 
今日のお話でいうと「愛する、愛される」ということが、実感としてわからなくなってしまうということです。
 

物で愛情はちゃんと伝わらない

 物が愛情の代わりに与えられた結果として、子どもの時は「そうじゃない」と思っていたことでしょう。

そうすると、愛されることがわからなくて、いつも不安でさみしい思いをしていたかもしれません。

それが大人になって、パターンとして残ってしまうのです。
 
目の前の人が「愛している」と伝えても、本当かどうかわからないかもしれません。
 
不安なためにパートナーといてもイライラしたり、自己嫌悪に落ちいったり、感情が暴れて辛いかもしれません。
 
楽しいことが楽しめず、家族や仲間といても空虚な感じがするかもしれません。
 
誰にもわかってもらえず苦しいのに、それでも笑っているかもしれません。
 
ちゃんと愛情を受け取っている感覚がないだけで、とても多くの辛さが降ってきます。
 
woman-1006100_640.jpgのサムネイル画像
でも、逆にちゃんと愛情を感じられていたならば?

ちなみに幼少期に必要な愛情を受け取るには、子どもらしく発達に合わせてお世話されること。

衣食、排せつ、コミュニケーション、などなど「適切」なお世話が必要なのです。

 

「愛されている」ことは「自信」や「安心」にもつながります。

幼少期に愛されている実感があれば、自信や安心が生まれます。
 
それは、穏やかで平穏な日常にもつながります。

romance-1934204_1280.jpg
  パートナーや家族との普段日常を大切に感じることが出来るでしょう。
 
一人の時間に不安になったり、孤独感に押しつぶされそうになったりしません。
 
一人の時間も有意義に過ごせますし、誰かと一緒の時間も楽しく過ごせるのです。
 
何よりも「愛されている」という実感を日々持てたなら、それだけで幸せではありませんか?
 
もしも、子供がそれをちゃんと感じていれば、多少のことがあっても折れたりせずに、転んでも立ち上がってすくすくと育ちます。

それだけ、愛されているという感覚はパワーがあるのです。


愛情を受け取れない別のパターン

上では、物が変わりに与えられていたパターンです。

他にも

・過干渉
・ネグレクト(放置)
・虐待

なども愛情が受け取れない(そもそも愛情が不足した場合もあります)パターンです。


自分でインナーチャイルドを癒すには

自分で癒すことは出来るのでしょうか。

答えは、「自分で癒すことは出来ます。」です。

ただ、全て我流だと上手くいく場合といかない場合があるのではと思っています。

アダルトチルドレンの方と接していて思うのは、一部癒されるのに時間をかけすぎているということ。

やはり専門家に方法を聞いて、自分で繰り返すのが早いと思います。
 
girl-447701_640.jpg

日本NLP学院はインナーチャイルドを癒してお母さんに元気になってもらっています

日本NLP学院に学びにいらっしゃる方は女性、中でもお母さんがとても多いです。
 
もう、子供には嫌な思いをさせたくない。
 
そのためには自分が変わることが大切なんだ。
 
そんな決心をされた方々です。
 
私たちの学びには、心をクリアーにする方法がたくさんあります。

カウンセリングではインナーチャイルドを癒す方法もお伝えしています。

 
結果として、

・家庭内暴力が急速に収まった

・不登校が治った

・夫婦関係が良くなった

・子どもにイライラしなくなった


ということが起きます。

何よりも、お母さん自身が元気になります。


要は、お母さんが愛情を感じられて安心できる人になる。
 
そうすると、子供が安心するので、問題や課題がおさまる。
 
ということなんです。
 
子供の表面ばかりを見ないでください。
 
その子供の表現は「満たされない愛情」「満たされない安心」を
 
な・に・か・の・べ・つ・の・か・た・ち
 
で死に物狂いで表しているだけかもしれないのです。
 
良かれと思って今までいろんなことをやって、結果が出なかったあなた。

日本NLP学院は成果重視です。

習ったことは、子どもやパートナーにもすることができます。

自分のための学びが本当は家族の幸せにつながっているのです。

メルマガでもお伝えしています。^^



20180619164651-2c26fe61e6d88a2e67da2c23aabe3ebb291afd64.jpg


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

アダルトチルドレン克服専門サイト

ダメな自分、弱い自分を変えたい・無意識に協力してもらおう!

こんにちは!

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

ダメな自分、弱い自分を変えたい…と思っているのに変えられない…。

そういうこと、ありませんか?

私も以前はそうやって自分を無理に奮起させていました。

でも、その結果として燃え尽きたりダウンしたりしました。

無理やり変えようとすると、無意識的には反発を食らうようになるんですね。

私も皆さんも、自分の無意識的には必要ないことはやっていないんです。

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s.jpg
ですから冒頭の話もの「ダメな自分、弱い自分」も必要な部分なんです。

今までは!でも、変えたいんですよね?

アドバンスドNLPなら変わります。


カンタンに変わらないのは、「ダメな自分、弱い自分」に対してセキュリティロックがかけられているからです。

何を言っているかというと、経験から作られた個性の一部が戦略的に必要なんですね。

今までは!でも変えたい


生きていく中で、「ダメな自分、弱い自分」が作られたことで守られた部分があるわけです。

例えば、余計なことを言わなくなることで、無駄な争いを生まないとか、心の平穏が保てるとかです。

かならず、ある部分には表と裏、メリットとデメリット、長所と短所があるものです。

そうなると、ネガティブな部分であっても意味があります。

無意識的には価値ある戦略なので、なかなか手放したくないんです。

こういう考え方をNLPでは ある部分=「パート」 と言ったりします。

全体の中の部分という考え方です。

部分は全体のために価値あることをやっているんです。

では、どうやってこれを解除していくか。

buddhist-481763_640.jpgのサムネイル画像
アドバンスドNLPでは、具体的に3つのアプローチが出来ます。

・あなたの戦略が出来た時点の過去を癒すことでセキュリティを解除する。

・過去の特定な時点がわからなくても、戦略がおこなわれている現在の状況についてセキュリティを解除する。

・このパートに直接アクセスして、セキュリティを解除する。もしくは、言語的にセキュリティを解除する。


その結果として以下のことが起きます。

・新たなプログラムを構築して、今までの戦略ではない戦略をたてる。


クライエント様にも「自分を変えたいんです。」と良く言われます。

「具体的にどういうところを変えたいんですか。」と訊くと、

・自分の意見を言えない性格を変えたい。

・やりたいことが無い、見つけられない自分を変えたいんです。

・何事も楽しめない、そんな自分を変えたい。

など、変えたいことはいろいろあります。

そこで共通しているのは、「自分を変えたいのに、変えられないんです。」 ということです。


それはどうしてでしょうか。

最初にお話ししたところになります。

例えどんなプログラムでも、”大事なプログラムとしてセキュリティーがかけられている”からです。

無意識レベルではプログラミングされていて、意識がそれをブロックして守っています。

だから、頭では分かっているのに変えられない。意識の限界があるんです。


本を読んだり、自己啓発セミナーに行ったりしても、一過性で変わらない場合は「これ」です。

「情熱をもって、頑張るんです!!」

「私みたいに太陽になりなさい!!」

「リーダーシップとは、周りをぐいぐい引っ張ることです!!」

とか、よく言われると思うんですが、いいなぁって思っても変わらないですよね?

「そっか!なるほど!」とその場は良くても「あれ?変わらない…。」

なぜなら、あなたのプログラムにはまったく響いてないんです。

意識の限界があるんです。


あなたの過去を癒すためには、無意識がかけているセキュリティーを解除してあげることが必要です。

今までの戦略は今は必要ないので、別のに変わりたいっていうことを無意識に協力してもらうワークが必要です。

アドバンスドNLPでは、具体的に3つのアプローチが出来ます。

・あなたの戦略が出来た時点の過去を癒すことでセキュリティを解除する。
 (知覚ポジションチェンジ、サブモダリティチェンジ、アンカーを使った各ワークなど)

・過去の特定な時点がわからなくても、戦略がおこなわれている現在の状況についてセキュリティを解除する。
 (ナチュラルアンカーを使う呼吸のワークや姿勢編集のワーク、マインドフルネスなど)

・このパートに直接アクセスして、セキュリティを解除する。もしくは、言語的にセキュリティを解除する。
 (6ステップリフレーミング、Nステップリフレーミング、ヒーラーウィズイン、リフレーミングなど)


その結果として以下のことが起きます。

・新たなプログラムを構築して、今までの戦略ではない戦略をたてる。
 (タイムライン、ハイパフォーマンスの各ワークなど)



そうすると、自然に無理なく「ダメな自分、弱い自分」から抜け出しています。

意識の限界をを超えて、確実に変わるためには、無意識のセキュリティロックを解除しましょう。

アドバンスドNLPなら出来ます。

advanced NLPは、 無意識が再学習していきますので、無理なく望ましい変化が起きてきます。

ネガティブパターンを繰り返さない秘訣はメルマガでもお伝えしています。

是非、登録してくださいね。(^^)


初めての方

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

自分のことを後回しにしてきたあなた・セルフコンパッションがおススメ

こんにちは!

日本NLP学院講師の岩渕洋(いわぶちひろし)です。

自分のことを後回し。

そんなあなたに見てほしい今日のお話です。

気を付けてほしいのは、自分をまず大切に優先に考えること。

あなた自身が、誰にも変われない大切な人だと、あなたが実感しましょう!

なぜなら、大事にされない人は、心がぽっきり折れやすくなります。

では、どうすればよいのか?

woman-1006100_640.jpgのサムネイル画像
それは自分が自分を癒すということ。

そのためには、自分を癒すワーク=セルフコンパッションを行うのが効果的。


のちほど、セルフコンパッションの方法を載せますね。お楽しみに。


あなたは周囲のことをいつも気にかけていて、思いやりがある人ではありませんか?

優しいね。ありがとう。

言葉くらいあれば、まだ元気になれるのに。

感謝もねぎらいの言葉をもらえない時も、パートナーや家族・子供のために頑張っていませんか?

本当は私だって優しくされたいよ!!

そんな思いを抱えたまま、いつしか苦しくなっていませんか?

優しいあなたが陥りやすい、この状況。

自分を後回しにするタイプの方に多いのです。

これが続くと、本当に苦しくなったり、感情が爆発してしまうがありますよね。

何泣いてるの?とか、何怒ってるの?とか。

言われると、むきーっなりませんか?

confused-2681507_640.jpg
こういうことが続いている、あなたへの対処法。

それはセルフコンパッション。

心の世界では、まず、自分のことを大事にすることが大切です。

あ、もちろん、他の人に愛情を注ぐことはとっても大事なんですよ。


ここで、あえて取り上げているのは、

「何をさておき相手が一番」とか

「自分の意見、考えより他人の意見を聞く、優先する」

という行き過ぎている人です。


「ハッ!!」としませんか。


自分を押し殺して、ぐっとこらえて我慢し続ける。

ずっと、押さえ続けられていたら、折れたり、破裂したり、元に戻りにくくなってしまいます。

アダルトチルドレンの方でこんなことをよく聞きます。

「人のことばっかり優先で、ずっとそう思ってきて…疲れちゃいました」

「自分のことは後回しなんです」

「私、楽しんじゃいけないんです」


機能不全の家庭で育ったために、父や母の役割をになってしまった人。

長女や長男で多いですね。子供らしくいられなかった人。

自分の意見を言うことが当たり前に抑えられてきた人。

「あなたはいい子ね」と魔法の言葉でいい子を演じてきた人。

それが当たり前になり、大人になってから、ふと「虚しさ」「生きづらさ」「自分の存在価値のなさ」に気付きます。

「私は誰のために生きているの?」「楽しんじゃいけないの?」などなどで…ポッキリ折れてしまうんです。

そんなかたは、自分を大切にしましょう。

まず一番に自分を癒すことが大切です。


それでは、セルフコンパッションのワークをお伝えします。

自分に慈愛を与えるという方法です。

buddhist-481763_640.jpg
イメージでおこなうわけですが、ポイントをいくつか書きますね。

・自分のことを許す、褒める、認める、優しくする、承認する。そんなイメージの他人を想像してください。(誰でもOK)
・そのイメージの人は、あなたがどんなことをしても、どんな価値観を持っていても、「いいよいいよ。」「そうなっちゃうよね。」「大丈夫だよ。」と甘やかしてくれます。
・ご自身が気の済むまで、その人に癒されてください。言葉や態度で思いっきり慰めてもらいましょう。
・叱咤激励、説得、ダメ出し、そういのはNOです。むしろ甘やかしでOK。無条件に今の自分、過去の自分を癒します。


これが、びっくりするくらい効果的です。

無条件に受容されると、物凄い元気になります。

他にもいくつか、方法をお伝えすると。

・自分にご褒美やプレゼントを与える
・一人旅に出る
・子供の時にできなかったことにチャレンジする。

つまり、自分の枠(思い込み)を破ってしまおうということです。

こんなちょっとしたことでも、長年の呪縛から解き放たれたりするきっかけになりますよ。^^

今まで散々他人のために尽くしてきたあなたは、これからは自分のために生きましょう。

よろしければ、メルマガもお読みくださいね。


初めての方


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

アダルトチルドレン克服 親の顔色をうかがって生きてきたあなたへ

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s.jpg
●アダルトチルドレン克服 親の顔色をうかがって生きてきたあなたへ


 こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

親の顔色をうかがって生きてきたあなたも、他人のことばかり気にしてきたあなたも変わることが出来ます。

アドバンスドNLPなら、無意識に積み重ねたあなたのパターンをワークで変えることが出来ます。

・親が厳しく常に顔色をうかがってきた
・兄弟の関係性の中で顔色をうかがうようになってしまった
・自分で決めることに自信がない
・誰かの意見がないと決められない
・人が意見を言ったとたん、自分の意見を変える
・他人にどう見られているか気になる

このような方達も、アドバンスドNLPで自分の人生を歩みだしています。



アダルトチルドレンで多いのが「良い子の仮面で生きづらさを感じている人」です。

良い子でなければ、愛してもらえない…、そんな環境だったのでしょう。


ついつい人の顔色をうかがってしまう…。
そして、自分の意見より、人の意見を通してしまう…。
また、それが安心でもあるんだけれど…、とても生きづらい…。


そんなあなたは、親の顔色をうかがって生きてきたアダルトチルドレンなのかもしれません。

良い子でなければいけない…、と言われたり、暗黙のうちに刷り込まれてしまったのでしょう。


自分の本当の気持ちを押し殺して、人の気持ちを優先し続ける。
良い子と言う呪縛に縛られて、自分が嬉しいよりも、親の嬉しいを優先する。
親が喜ぶ姿を「自分の気持ち」と錯覚してしまう。


そして、大人になっても自分のやりたいことが分からなかったりする。

人の意見ばかり尊重して、自分は後回し。

自分の嬉しいという感情がわからないし、まして、自分の本当の感情を出すことが良いこととは思えていない。

ある意味、人との調和を重んじる、とても優しい人なのかもしれません。

けれど、自分の心のバランスは取れていますか?

日本NLP学院の受講生さんでは、大人になって苦しくなってくる方が多いです。

自分を大切にするということをしても、本当は良いんですよ。


アドバンスドNLPは短期療法です。

顔色をうかがう原因がわかっている方も、わかっていない方もワークを行えば楽になります。

脳の仕組みを使うため、話したくないことは話さなくても解決できます。

無理がないため、自然と受講しながら変わります。

歯を食いしばりながら頑張る必要はないんです。

不思議でしょうが、普通の心理とは全然違うのです。

・親の顔色を気にしなくなった
・兄弟姉妹の関係性が良くなった
・知らないうちに自分の意見を通していた
・自分で決めることが出来るようになった
・人が意見を言っても、自分の意見を言えるようになった
・他人のことはどうでもよくなった

あなた自身をいたわり、楽しみや癒しの中へ自分を置くことは出来ていますか?

もしも、生きづらさを感じているのなら、自分の気持ちを取り戻しましょう。

親の呪縛をといて、良い子の仮面をとって、自由に生きる選択肢を選んでみませんか?

良い子の時も、悪い子の時も愛される「ありのままの自分」が一番ですよ。^^

メルマガでもお伝えしています。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

もう自分を責めないで

●自分を責める性格の人は肯定感を上げる

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

気付いたらいつも自分を責めてしまう。
そんなことで苦しんでいらっしゃる方、悩んでいらっしゃる方はいませんか?

woman-1006100_640.jpgのサムネイル画像
それは、あなたの思い癖、セルフイメージ、自信のなさ…、どこからくるのでしょう?

「このくらいのことでイライラして、自分は小さいな…」
「私がもっとしっかりしていればいいんだ」
「そもそも、私がいけないんだ」
「まったく、自分に対して自信がない」

などなど。

こんな風に、自分をいつもいつも責めてしまって、苦しんで、そんな自分にイライラして落ち込んで。

もう、そんな自分に愛想が尽きてしまっていませんか?

自分のことを責めても始まらない。そんなことは、もうとっくにわかっている。でも、止められない。そして、また落ち込む。

それは、あなたが今まで生きていくうえで、大切に「培った思い癖」かもしれません。

今までは、それによって守られてきたこともあったでしょう。

でも、ネガティブな方に引っ張られてしまう、あまりよくない思い癖ですね。

このような思い癖やセルフイメージは、放っておくと知らず知らずのうちに、いつまでも繰り返します。
だから、放っておくと何年も何十年も繰り返します。

「たくさん本も読んだし、セミナーも行ったけれど変わらないんです。」

そんな話もよく聞きます。でも、おそらく、意識から変えようとしているから難しいのです。

思い癖は「無意識」的に繰り返されます。
わざと「作った」ものではないので、わざとそうならないように意識的にすることは、骨が折れます。

では、どうしたら、自分を責めてしまう癖を変えられるか?


このような時は、自分自身をイメージの中で「外から」眺めてみましょう。
つまり、NLP的なポイントは「客観的」になることなんです。

questions-1922476_640.jpg

第三者の目で自分を眺めていくのです。

あくまで他人事のように。

自分視点で「変えようとする」ことは難しいどころか、同じことをたやすく繰り返します。

では、客観的になるには?

まずは、腹式呼吸で深呼吸して、気持ちを落ち着けます。
頭の中が静かになるくらいに、続けてください。吐く呼吸に意識を向けるといいです。

そして、自分をイメージ上で眺めます。(鏡に映ったあなたではありません)
そこで、あなた自身、上手くできていることや認められることを見つけてください。
そして、どんどん客観的に眺めた自分に対して褒めてあげてください。

そうすると、自然と徐々に自分を責める傾向から解放されていきます。
自己肯定感、自己効力感が高まって「自信がない」「自分を責めてしまう」のようなモードから抜け出していくんです。

これは、とてもお手軽に出来ますから、是非おこなってみてくださいね。

おこなっても良くわからない…そんな人はコース受講がおススメですよ。

気が付いたら、思考や行動が変わる。

そんな一生もののスキルが学べます。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

インナーチャイルドを癒すとアダルトチルドレンに効果があります

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpgのサムネイル画像●インナーチャイルドを癒すとアダルトチルドレンに効果があります

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕洋です。

アダルトチルドレンの専門のカウンセリングもおこなっています。

さて、インナーチャイルドという言葉をご存知ですか?

よくアダルトチルドレンAC)とセットで使われたりします。


インナーチャイルドはアダルトチルドレンと同じで、まずは概念だということをご理解いただければいいかと思います。

絶対的な、「なにか形のあるもの」では、ありません。

インナーチャイルドは、潜在意識の中の、普段は気付かない子供のころの記憶やイメージや子供の象徴のことを言います。

このインナーチャイルドが、癒されていないと、大人になってから不都合が起きたりします。

例えば、恋愛や夫婦関係などでのパートナーとの関係性。

インナーチャイルドが癒されていないと、パートナーの前などで、寂しさや不安、怒り、などが暴れだしてパートナーと喧嘩をしたりします。

こういう男女のパターンは、不思議と周りから見ると「なんでそんなことで…?」と理由がイマイチわからないものが良くあります。

でも、癒されていないインナーチャイルドというものは、特に親しい人や愛情を欲しい人の前で「騒ぎ」だしたりします。

はたから見て、「?」でも本人にとっては「とっても真剣」のことです。

それは、子供のころの「満たされない思い」や「癒されない思い」は無意識的で、本能的なことが普通だからです。

子供ですからね。

理性的な大人の部分がかなわない「だだっこ」になっても、納得です。

あなたの中のインナーチャイルドは、癒されていますか?

満たされていますか?

もしも、ちゃんと満たされたら、パートナーともっと穏やかな気持ちで接することが出来るでしょう。

寂しい、つらい、不安、怖いなどの感情に振り回されなくなりますからね。

インナーチャイルドを深く癒してあげると、心の底から元気になることが出来ます。

ただ、きちんと改善したかどうか、確認することが大事ですよ。

ざっくりと、楽になるということで、お終いにしている方もいるからです。

ちゃんと方法を学んで、ちゃんと癒しましょうね。

メルマガを読まれると「!」とくる方がいらっしゃるかもしれませんね。

よろしければお読みくださいね。

こちらもお読みください→愛されることがわからないなら インナーチャイルドを癒そう


初めての方


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

アダルトチルドレン克服専門サイト

アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京/新宿でお探しの方へ

●アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京/新宿でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

東京/新宿でアダルトチルドレンのセミナー・講座をお探しの方は、是非、ご検討いただけたらと思います。

四葉のクローバー.jpgのサムネイル画像
日本NLP学院ではアダルトチルドレンの克服に力を入れています。

アダルトチルドレンを克服することが出来たなら、あなた自身が楽になることはもちろん、あなたの子どもや家庭に、負の連鎖を引きずらない新しい連鎖が生まれます。

アダルトチルドレンは、よく親子連鎖を起こしやすいと言われます。

なぜなら、無意識的に「親を子が真似る」ということが起きてしまうからです。

イライラを真似たり、落ち込みや、自己否定を真似たり。

部分的に、母と父の両者を真似ることで、葛藤が起きたりもします。

でも、ご安心ください。

アドバンスドNLPは「ネガティブな過去のトラウマを解消する」ことを得意としています。

親からもらったネガティブな性格や培ってしまったネガティブな行動パターンも解消していきます。

あなたの毒親に係る苦しみは、どのようなものですか?

・母親や父親が苦手
・母親や父親に似た人も苦手
・自分のことは後回しにして、他人ばかり優先してしまう
・人の顔色を窺ってしまう
・自信がない
・孤独感が常にある
・不安感が常にある(安心感が足りない)
・イライラしやすい
・依存的
・共依存的
・落ち込みやすい
・見捨てられ不安がある
・過去、両親または祖父母にトラウマを抱えている
・最近、両親のネガティブな行動を自分もしていることに気が付いた
・子供に対して、親にされたようにしてしまったことに気が付いた

アドバンスドNLPを学んでいくと、これらのネガティブなトラウマや性格行動パターンが解消されていきます。

・母親、父親が平気になった(似た人も平気になった)
・自分のことも大切に出来るようになった
・人のことを気にしなくても平気になった
・自信が出てきた
・孤独感、不安感が消えた
・イライラしなくなった
・自立できるようになった
・落ち込まなくなった
・見捨てられ不安がなくなった
・トラウマが解消された
・知らないうちにしていた親がしていた行動や反応と、同じ行動や反応から抜け出した


ここに載っていないからと言って、「私は違うのか…」ということではありません。

アダルトチルドレンは概念であり、「こうだ!!」という定義で、決めなくても大丈夫です。

あなたの今抱えている「生きづらさ」やあなただけの課題を授業では取り組んでください。

実は、アドバンスドNLPは「内容を話さなくても」おこなえるワークがすべてです。

もしも、人に話せないことがあっても、ワークは出来るのです。

ただ、特に強いACトラウマをお持ちの方は、NLPカウンセリングを併用されることをおススメいたします。

アダルトチルドレンを克服するセミナー、講座をお探しなら、

NLP×マインドフルネス=進化版NLPのアドバンスドNLP が学べる
NLPベーシックコースがお勧めです。

もっと詳しく知りたい方はこちらのメルマガにご登録くださいね。


初めての方


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

アダルトチルドレン克服専門サイト

毒親の呪縛から抜ける/インナーチャイルドを癒して感情を取り戻す方法

●毒親の呪縛から抜ける/インナーチャイルドを癒して感情を取り戻す方法d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_m.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕洋です。


アダルトチルドレンの場合、家族に対しての憎しみがあることがありますね。

ほとんどそうではないかと思うくらい、みなさん親を憎く思っています。


子どもの時はわからなかったけれど、大人になってから思い出して、あらためて苦しむのです。

それは、子供らしく本心で生きられなかった苦しみです。


あの時、本当は嫌なのに

・親の意向にあわせたり
・機嫌を取ったり

あの時、本当は甘えたいのに

・大人ぶったり
・我慢して言わなかったり

いずれにしても、自分の本当の気持ちはどこかへおいて、無理して生きていたのです。

子どもらしさを捨てて、無理して頑張っている子供の心には大きな負担がきます。

自分の心を歪ませることで、親に合わせようとするのです。


本来は、子どもは健全に甘え、それでも許され、好奇心や愛情を学んでいくことが必要なのです。


アダルトチルドレンの中には

・感情を押し殺すタイプ
・その場を乗り切るために偽りの感情を出すタイプ

がいます。


不安定な家庭をまとめようとするヒーロータイプ。

自分の気持ちをおいて家族を和ませようとするピエロタイプ。

自分の存在を消そうとするスケープゴートタイプ。

親の好みに合わせるプリンス・プリンセスタイプ。

大人の代わりをするイネイブラータイプ。

こちらに詳しいタイプの説明が載っています→


とてもいい子になって、感情を出さないようにする方。

自分の言いたいことを言わずに、どんどん殻に閉じこもっていく方。

そうすると、無表情な顔になっていたり、本当は楽しくないのに笑顔になる方もいます。

そして、大人になった時に親がしてきたことへの反発が大きくなります。


ここで体験談をご紹介します。

次の方は、子供時代を心を押し殺して頑張ってきた方です。

ご自身の自覚として、ポーカーフェイスだと思っているとのことでした。

感情表現はあまりしないとのことでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O様【30代男性】

父親がすぐ怒る人間でした。

本当にすぐ怒るというか、いつも怒っているような人でした。

言葉もひどいですが、手が出ることもありました。

物心つくようになってからは、あいつを「父親」と思わないようにしていました。


でも、起きていることに対してはどうにも出来ないので、心を押し殺して生きてきたような感じです。

父は自分の思うとおりにならないと、すぐに怒鳴り始めました。

その大きな声が、今でも忘れられません。


父親世代の人や声の大きなタイプの人もとても苦手です。

そんな父と似たような人が、職場にいるので、仕事にも行きづらいです。

ストレスが溜まるとつらすぎて、本当に仕事に行けない日もあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この方は感情を感じないことで自分を守ってきたようです。

感じることがつらすぎるために、心が防御をしてしまったのです。


彼はヒーロータイプのようでした。


自分が家族をまとめようと、父にも反抗しないように生きてきました。

そうすると、防御自体が今度はつらくなって、体の不調になってきました。

感情を感じないことで心を守ることにも、限界があるのです。


父親と離れて暮らすようになっても、心は休まりませんでした。

家族と離れても呪縛に縛られている人はかなり多いようです。


成長して大人になって家庭を持ってからも、気が休まらなかったようです。

そして、自律神経に変調をきたします。

このままでは睡眠もとれず、仕事を休みがちになってしまうとカウンセリングにいらっしゃいました。


彼の過去のインナーチャイルドはとても傷ついていました。

彼自身が親代わりになって、インナーチャイルドを安心させ、育てなおす必要がありました。

そして、カウンセリング後にこんなご感想をいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O様【体験談】続き

先日は、大変お世話になりました。

先生が「許さなくても大丈夫ですよ」といった言葉に救われました。

どうしても父親を許せないという感情があったからです。

それが大きな安心感でした。

「あんなに嫌いなやつを許した方がいいんだろうな」

自分がつらい状態から抜け出すのに、本などを読んで理解はしていました。

頭ではわかっていたのですが、はらわたが煮えくり返るような怒りや恐怖でいっぱいでした。

できることなら、同じ苦しみを与えてやりたいとさえ思っていました。


でも、先生が許さなくていいと言ってくれたので、こんな感情を持っている自分でもいいんだと思えました。

「そんなにされたら、普通は傷ついて恨んでも当たり前ですよ」と言ってくれました。


そして、さらに先生にワークを進めもらううちに、怒りや恐怖が薄くなりました。

不思議でした。

何十年も父親への怒りと恐怖を抱えていたのに、それがわかるくらい薄くなっていくのです。

なんともなくなった今では、まぁ「許してもいいかな?父も過去に何かあったのかな?」と思っています。

先生からは「許さなくてもいいよ」と言われたのに、許してしまおうかなと思う自分がいます。

これはワークのおかげなんでしょうね。


今は、職場の父と同じタイプの人とも、事務的に普通に話が出来るようになりました。

あと、心が溶けてきたようで、感情を感じるようになっています。

楽しい事や嬉しいことも感じるようになってきました。

最近「穏やかだね」と友人にも言われるようになりました。

本当にありがとうございました。

何かありましたら、またお願いしたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NLPでは感情を直接扱うことが出来ます。

セッションでは、この方の父親への怒りや恐怖を、取り除くことをおこなっていきました。

その結果、心が防御する必要がなくなったので、感情を感じることができるようになったのです。

彼自身のインナーチャイルドは今は健やかに笑っているそうです。


いかがでしょうか?

感情の扱いに困ってしまった方。

感情を感じなくて困っている方。

どちらにしても、あなたのインナーチャイルドを癒すことで、感情を取り戻すことが出来るかもしれません。


ご興味のある方は体験セミナーへお越しいただけると嬉しいです。

アダルトチルドレンのつらさ,症状は人それぞれです

こんにちは。e261c3f70b6f245360bed00f26c0c5a1_s.jpg

日本NLP学院の岩渕です。

アダルトチルドレンの人が感じる生きづらさ,症状は様々です。

それは、両親の影響とそれによって出来上がった個人のタイプによるものですね。

タイプとしては、

・ヒーロータイプ
・スケープゴートタイプ
・ロストワンタイプ
・ピエロタイプ
・イネイブラータイプ
・プリンス、プリンセスタイプ
・プラケータータイプ
(タイプの詳細についてはこちらをご覧ください→アダルトチルドレンタイプ

これらの人でも

・愛情不足を感じる人
・憎しみや、怒りが強い人
・悲しみ、孤独感が強い人
・無感情に見えてしまう人
・見捨てられ不安が強い人
・幸せになる気がしない人

などなど、感じ方もそれぞれです。

中には様々なつらさが入り混じってしまう方もいます。


でも、どんなアダルトチルドレンの人でも、今まで最善を尽くしたんだということを知ってください。


子どものあなたは、生きていくのに、

できる限りのことを精一杯してきたんです。

だから、自分を責める必要はありません。


そして、今までのパターンやコミュニケーションを変えることはできるということも知ってください。

そして、あなたのセルフイメージや性格と言われたことも変わっていきます。

あたらしい自分に変わることも、新しい人生を手に入れることも可能なのです。


今は、必要ではないパターンを手放す。

今、ここを生きること。

恐れや感情を手放すこと。

そんなことが、あなたにも必ずできるのです。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

アダルトチルドレン克服専門サイト

子どもには無条件で愛される経験が必要です。

●子供には無条件で愛される経験が必要です。d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_m.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像   

こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕です。

私たちは幼少期に無条件に愛されるという経験が必要です。

無条件に愛されるとはどういうことでしょうか?


私たちは幼ければ幼いほど、誰かの手助けなしに生きてはいられません。

食事や睡眠、おむつの交換などなど、幼少期を快適に過ごすためにはたくさんの手助けが必要です。

人間は野生動物よりも大人になるのが遅く、子供の時間がとても長いです。

人格を形成するのに、それは多くの時間と愛情が必要です。

人間は誰もが産まれてからすぐに人の手を借りる経験をします。

それは、誰かのために何かをしなくても、存在するというだけで愛される経験です。

そのような経験は自分の存在を肯定し、生きるための力になっていきます。

誰しも、そのような経験はあるはずです。

しかし…。

アダルトチルドレンの方は、そのような経験にまじって恐怖や不安、緊張感が多かったのかもしれません。

泣けば怒られ、わがままを言えば怒られ、両親は喧嘩の毎日。

本来、安心感の中で過ごすからこそ、無条件の愛を栄養と出来るわけです。

それが、恐怖や不安、緊張などのネガティブな中では、子供は次のような目的を持つようになります。

・親に迷惑をかけないようにする
・親が怒らないようにする

子どもは本来、自由気ままに感情豊かに表現して、それでも愛される経験が必要です。

それなのに、毒親の子供は生きていくためにこのような違う思い込みを身につけていきます。

・私は「○○していないと」愛されない

裏を返すと

・何かをしていない、得ていない、出来ていない私は価値がない、愛されない

と刷り込まれてしまうのです。

アダルトチルドレンの方はこのような呪縛に囚われることが、多々見受けられます。

私が出会う方々にも、次のような方たちが多く見受けられます。

「お兄ちゃん、お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」

「こんな成績の子はうちの子じゃありません」

「隣の子みたいに、良い子だったら良かったのに」

一見、躾の範疇のような気もします。

そして、このようなことが経験としてあるからこそ、個性も生まれます。

じゃあ、何が問題なのか?

それは要はバランスです。

産まれてすぐに、極端なことを言われても出来ないこともあります。

発達の段階で、順序だてて適切に学んでいく必要があるのは事実です。

アダルトチルドレンの方は、

・無条件に愛された経験
・条件付けで愛された経験

このバランスがものすごく悪いことがわかります。

「条件付きの愛情」に偏って育った子供は、歪んでしまいます。

子供は(大人もですが)、生まれて、育てられる時に「存在自体」を無条件に愛してほしいのです。

存在を認められた子は、どんどん自由に、自分の能力を発揮して、成長していきます。

そして、その子も、「無条件の愛」を与えられる人になります。

「あなたはあなたのままでいい」

人は誰しも、その経験が心が震えるほど嬉しいはずです。

その軸があってこそ、たくさんのチャレンジができたり、自信を持って自分の人生を歩めるのです。

もしも、そのような経験が少ない場合はどうするか?

心理療法的には自己慈愛をおこなって、自分を育て直すことがとても役に立ちますよ。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校

アダルトチルドレン克服専門サイト

123

アーカイブ

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材派遣はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材育成はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ