• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • 心理カウンセラーになる専門サイト

HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年5月

ブログ 2017年5月

イップス スポーツのトラウマを克服する

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像イップス スポーツのトラウマを克服する

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕です。

イップスってご存知ですか?

スポーツ選手の方、スポーツ心理学を学ばれた方はご存知の方が多いでしょうね。 イップスは、スポーツの中で起きる 「自分の思う通りのプレーが出来なくなる運動障害」 と定義されているようです。

原因については主に

・過去のプレーでの失敗によるもの
・過度の緊張によるもの
に起因します。

このせいで、現役引退を考えるほど、ご本人にとってとても深刻です。

有名なのは、ゴルフや野球、テニスなどのようですね。

・思う通りに返球できなくなってしまった。
・投球しようとすると、ボールを落としてしまう。
・パターで思いっきり打ちすぎてしまう
などなど。

私、実はつい一年前まで、こういう症状を知りませんでした。 受講生でスポーツ心理学を学ばれた方が、個別相談でいらっしゃって

Aさん「イップスって知っていますか?」
私「知らないです。^^;なんですか?」
Aさん「あれやこれや……、NLPって効きますか?」

そこでピンときました!!

私「あー、なるほど!!効きますね!!^^」 とお答えしたのです。

イップスは過去のトラウマに起因するものがほとんどのようです。 または、考えすぎて、思う通りの動作が出来なくなってしまう。

もしも、

・トラウマに起因する場合 その過去のトラウマを解消してあげれば、イップスを克服できる。
・考えすぎてしまう場合 考えすぎて動けないとい状態から、考えずに動ける状態に戻してあげると、イップスを克服できる。


ということが出来るからです。

私自身のカウンセリングでは、

全般的なトラウマ、親子関係のトラウマ を扱うことが必然的に多いのですが、中には

・パニック症状(電車恐怖、閉所恐怖、会食恐怖、外食恐怖、虫恐怖、異性恐怖、対人恐怖、高所恐怖などなど)
・病院で検査中にパニックが起きた
・ゴルフのパターでの緊張、恐怖場面 ・おぼれかけたトラウマ(水に対する恐怖)
・音楽の演奏家の人の出演に関する恐怖
・歌手のコンサートに対する恐怖

などのうちの一つとして、ごくたまに、スポーツのトラウマもおこなっていました。

でも、おかげさまで、 イップスの克服に苦しんでいる人達がたくさんいる ということを気づかせてくれたのです。

当スクールのadvanced NLPでイップスの克服が出来ます。

ここでは、触れていませんが、ハイパフォーマンス状態、ゾーン状態も作れます。

カウンセリング、コーチングはもちろん、イップスの克服を支援できるカウンセラー、コーチにもなれます。

この受講生さんは、基礎から上級のコースまで学びました。 とても努力家で「うーん、わからない」と頭をひねりながらも必死に努力したのです。

でも、その受講生さんは、つい最近、企業の人事をしながら競技者に関わる仕事に見事転職をされました。 素晴らしいですよね。

これから、競技者の方に深くかかわりたい。 メンタルを支えていきたい。 今、すでにその立場である。 そんな方にも、必ずお役に立つスキルです。

イップスメインではお話していませんが、スポーツ選手に置き換えて読んでいただけるとヒントがあると思いますよ。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

心が休まらないあなたへ 悩みを解決するNLPセミナーなら日本NLP学院

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●心が休まらないあなたへ 悩みを解決するNLPセミナーなら日本NLP学院

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

・いつも心がなんかソワソワ、モヤモヤして落ち着かない。
・不安を感じる。
・悩み事はいくつもあって、大きな悩みから小さな悩みまでさまざま。
・人がいたら気を使いすぎて疲れるし、人がいなくても気が休まらない。

こういう状態が当たり前になってしまうと悪循環ですね。

眠れなくなったり、ストレス食いをしてしまったり、誰にも理解してもらえない辛さを感じます。

ではどうすればいいのでしょうか。

まずは、頭や心に浮かんだことを紙に書き出してみましょう。

漠然とモヤモヤしているとその状態は続きます。 書き出すと、空っぽになります。

次に目を瞑って深呼吸しましょう。特に細く長く息を吐き出すことが大事です。

つまり、息抜きをするんです。

ネガティブな思いや疲れ、ストレスを息と共に吐きだしてみましょう。 細く長くゆっくりと吐き出していきます。 息を吸うときは気持ちよく吸います。 この呼吸を5分くらい繰り返してみましょう。 気持ちが穏やかになってきます。

呼吸で心を休めることができるんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分のことが分からない 新宿でNLPセミナーをお探しなら日本NLP学院

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●自分のことが分からない 新宿でNLPセミナーをお探しなら日本NLP学院

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

自分のことって意外にわかっていないものです。

行動は100%無意識が行っている

ということを脳科学者が突き止めていますが、それを自覚し実感している人は極めて少ないと私は思います。

なぜならば、自分自身のことを観察などせずに、自動操縦モードで生きている人がほとんどだからです。

自分がどうしたいのか、それは無意識がどのような意図をもって行動しているのかを知る必要がありますし、そのためには無意識に繋がる必要があります。

全ては自己観察することから始まります。

では基礎コースを受講された方の体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々の生活の中で、色々な事に気付きやすくなりました。 NLPのカリブレーション(観察)のワークで、観察が苦手だなぁと思っていたら、自分の観察をしていないことに気付きました。

自分の観察をして下さいと言われても、NLPを勉強していなかったら、どのようにしたらいいのか分からないと思うけど、プロセスを分かっていると、観察できるようにもなると思います。

これは一つの例ですが、生活の中でブレーキのかかる事や、癒されていないことに気付いて、勉強したことを使って自分でも処理できるようになったことが大きな変化です。 生活に必要な形で応用できるのがNLPなんだなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常の生活で、自分を観察して、納得している部分と、納得していない部分を区別して、納得していない部分は課題として消化していく。

自己観察は地味な作業ですが、自分だけができることです。

問題も、願望の実現も自分が現実化しています。

自己理解を深めることで、喜び、充実度、安心、価値観など、自分の人生に対しての納得度が全く違うものに変わっていくんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

感情のコントロールができないなら NLPセミナー東京/新宿,神奈川/横浜

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●感情のコントロールができないなら NLPセミナー東京/新宿,神奈川/横浜

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「感情のコントロールができない!」
「感情の起伏が激しい」
「これって頭が悪いってこと?」

ちょっとしたことでイライラする。仕事でも、イライラをすぐに態度に表してしまう。 逆に、ちょっとしたことで笑ってしまう。

・気を使って抑えるのだけれど、それが原因なのか、笑いがこみ上げてきて、抑えることができない。
・馬鹿にしていると誤解されることもある。
・ハイテンションになったと思ったらいきなりひどく落ち込んだりする。

そんな繰り返し。 何がいけないのでしょうか。

感情の反応は、理性よりも早いんです。しかし、その反応に任せていると振り回されてしまうんですね。

つまり、主観体験していることが多いんです。

楽しい時は主観体験する。そうすると楽しさや喜びが拡大された感じがします。

上手くいってい無い時、嫌だなーと感じた時は、自分を外から眺める。客観体験に切り替えるようにします。事実だけを捉えるようにするんです。理性が働くようになれば、自制できます。

感情は抑えるのではなく、息を吐き、体を緩め、静めてあげると客観的になります。

感情を抑えるようにすると自由に動けなくなったり、無感情になったり、感情がいつか爆発するなどが起きえます。

あくまでも静めることがポイントです。安心感のような感覚です。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像PTSD(心的外傷後ストレス障害)について   

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

PTSDは心的外傷後ストレス障害と言います。

医療的な診断の意味では、トラウマになるような出来事から、一か月経ってからはじめて診断されます。

トラウマ反応により、日常的な生活にも支障をきたすような状態になります。 以下のような3つの特徴があります。

・再体験 トラウマ体験を思い出す。似たような状況下で不安や恐怖を感じる。
・回避、まひ 体験を思わせるようなもの、状況、場所、人などを避ける。体験自体を思い出そうとしない。
・過覚醒 小さなことを気にするようになり、なんでもないことで驚いたり、怒ったりする。


これに対して、トラウマになるような事件直後に起きる場合はASD=急性ストレス障害と呼ばれます。 上記の特徴に解離症状が加わります。

・解離症状 自分の心が身体や心から離れてしまったような感覚。感情や現実感が失われ、なにごとも実感がわかなくなる。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)やASD(急性ストレス障害)のおこるきっかけはトラウマ体験によるものです。 ※トラウマ体験=災害、事故、病気、死別、暴力、虐待、いじめ、犯罪、性犯罪など


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

NLPの心理カウンセリングを学ぶスクール・セミナーを東京,神奈川でお探しの方へ

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●NLPの心理カウンセリングを学ぶスクール・セミナーを東京,神奈川でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

日本NLP学院には、臨床心理士や精神保健福祉士などの心理支援の専門家までが学びに来られます。

それはなぜだと思いますか?

当学院が提供しているadvanced NLPは、クライエントに無理をさせず、抵抗されず、速やかに望ましい変化が訪れるからです。

一般の心理療法では、言葉をつかい意識下の理性、感情を扱いますが、言葉を使うからこそ無意識下の情動レベルの感情や感覚を扱うのが困難です。

advanced NLPでは、情動レベルの感情や感覚、脳の機能を使うので、“クライエントの目的達成や問題解決スピードが圧倒的に速い”のです。

例えば、嫌なことをフラッシュバックすることは誰もが経験していることと思います。 advanced NLPでは、よいフラッシュバックを活用し、そのときのいい精神状態や能力を発揮することができ、考え方ややり方を変えることができます。

advanced NLPを使うとゴールの達成に限らず、トラウマ(心の傷)の克服も圧倒的に速いのです。

心理カウンセラーになるには知識も大事ですが、それ以上にスキル(腕)が欠かせません。

そのためには“体験”が欠かせません。

技術を身に着けようとすると技術を身に着けるのは困難になります。

本当に自分が悩んでいること、目指していることに取り組み、 “悩みを克服する体験” 、“目的を達成する体験” をすることが最も重要なことなんです。

通信教育だけで、はたして心理カウンセラーになれるでしょうか? 知識だけで心理カウンセラーにはなれません。

人と人と触れ合いながら時間をかけて変化の体験をし、その後、自ずと技術が身についていくというプロセスが大事なんです。

変化の実感。
実感から自信が生まれます。

その先に、あなた独自のスタイルが現れてきます。

あなた自身が変化の見本になります。

詳しくは本物の心理カウンセラーになりたい!をご覧ください。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

counselor.jpg
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


NLPの心理カウンセリングを学ぶスクール・セミナーを東京,神奈川でお探しの方への続きを読む

急に気分が落ち込む 性格を変えたいなら日本NLP学院

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●急に気分が落ち込む 性格を変えたいなら日本NLP学院

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

すぐに落ち込んでしまう自分の性格を変えたいと思うことはありませんか?

・特に仲が良いわけではない人にでも、悪口を言われると落ち込んでしまう。
・一回でも悪口を言われたりしたら、もうその人の顔を見るだけで怖くなり、そんな自分に落ち込んでしまう。
・上司にちょっと注意や指摘されただけでも落ち込んでしまう。

・物事を断れなくて落ち込んでしまう。
・職場環境に馴染めずに落ち込んでしまう。
・チャレンジしたら失敗してすぐに落ち込んでしまう。
・新しく始めたことが三日坊主になり、落ち込んでしまう。

落ち込むきっかけになるようなことはいたるところにあります。

落ち込まないようにするよりも、 落ち込んだ時に気分を切り替える方法を探す方が対処しやすいです。

散歩をしたり、歌を歌ったり、楽しい気分になるようなことを探してやってみましょう。

落ち込まない体質になってしまえば、もっといいと思います。

例えば、advance NLPのチェンジファシリテーターコースに参加された方はこのように言っています。

「前回、NLPの授業を受けてから、落ち込む度合いが少なくなりました。 不思議です。今まで思考から変えていこうとばかり思っていたので、無意識が起こしている状態から変えていくというのは驚きでした。 でもこの方法が一番シンプルで効果的なのかもと思うようになりました。もっとNLPを学んでいきたいです。よろしくお願いします。」

NLPのチェンジワークをすると、いい状態でいられる時間が多くなるんです。

そして、今まで繰り返していたパターンが変わるので、落ち込むことが減っていくんです。

落ち込み度も小さくなるので、嫌なことが減っていくんです。

自ずと前向きになりますし、心地よく楽しい時間が増えていくんです。

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

悩みやトラウマを克服したという証拠は何でしょうか?

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●悩みやトラウマを克服したという証拠は何でしょうか?   

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

悩みやトラウマを克服した証拠ってなんでしょう?

たまにお会いするのが 「トラウマ(たとえば親)がひどかったけれど、もう乗り越えました!!!!」 と力強く、つらそうに、こわばっておっしゃる方。

意識的には、乗り越えていらっしゃるんだなぁと思います。 すごく頑張られたのでしょうね。

でも、advanced NLPで大切にしているのは、無意識的な反応なのです。

例えば、advanced NLPの授業でワークをするとこんなことが起きます。

「なんか今は本当に過去の出来事のように感じます」とか
「この前、普通に親に会いに行ってなんともなかったです。あはは」とか
「親に反応しなくなったし、この人も可哀想だったんだなぁと実感しました」とか
「すごく愛してくれているのが伝わりました」とか


こういうことを「自然に楽そうに言えちゃう」ということが起きるんです!!

私も、advanced NLPに出会うまでは「頑張って乗り越え克服しました!!(怒)」のようになってたのですけれど(笑)

NLPのワークで心をクリアーにしていくと 思い出しても「つらくない」 日常生活が「普通にできる」 対人コミュニケーションが「普通に出来る」などなど そんなことが普通にしかも自然に起きてきます。

こういう風に、自然に普通に何ともなくなることが、「本当に乗り越えた」という意味だと私は思っています。 ネガティブな感情が湧き上がらないんですね。

最初の例の方は、「怒り」とか「憎しみを糧に」という認識だと思います。

でも、advanced NLPで出来るのは「そんなこともあったよね」なのです。

悩みやトラウマを克服したという証拠に楽に生きていける。

そんなことがこの先ずっと起きたら、あなたの未来はどんな未来になりますか?

出来るだけ楽に傷つかずに変わっていけるのがいいんですよね。^^


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

クライエントの悩みを解決する力をぐんとアップするなら日本NLP学院

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●クライエントの悩みを解決する力をぐんとアップするなら日本NLP学院

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

心理カウンセリングでもコーチングでも聴くことって大事だと習います。

実体験もします。確かにそうです。

しかし、クライエントから、「頭では分かるけど、心や行動が変わらない。」と言われたりする。

それ以外にもこんな悩みありませんか。

・聴くことは出来てもそれ以上何をやってあげられるのかがわからない。
・話に巻き込まれて自分も悩んでしまう。
・クライエントの悩み解決に自信が持てない。
・セッションに行き詰る。

NLPは、精神科医で天才催眠療法家ミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法の創始者フリッツ・パールズ、家族システム療法の母バージニア・サティアというトップセラピストたちが発揮していた能力のエッセンスを抽出し、誰もがスキルとしてマスターできるようにしたものです。

この人たちは、普通のセラピストとは段違いの実力の持ち主でした。 この人たちの秘密のスキルを身につけたらどうなると思いますか・・・。

クライエントの悩みを解決する力がぐんとアップしちゃいます。

ましてやNLPの進化版であるadvanced NLPならどうなっちゃうのでしょう。(^^)

NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

counselor.jpg
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成スクール,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


クライエントの悩みを解決する力をぐんとアップするなら日本NLP学院の続きを読む

目標に向かってできると信じて願い続けたら・・・

counselor5.jpgのサムネイル画像●できると信じて願い続けたら ・・・

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

以前、113番目の元素が日本人によって発見され「ニホニウム」と名付けられたことが話題になりましたね。

「元素」ってそういえば昔ちょっと教わったなーくらいの知識しかないんですが・・・

発見にいたるまでのエピソードにとても惹かれました。

発見した森田教授は113番目を意識して、 神社のお賽銭は113円。

出張で新潟に行くときは国道113号を通る。
新幹線のぞみ113号に乗ったあとは同僚全員の切符を回収して大切に保管していたとか。

これらの験担ぎを13年間続けたそうです。

周囲をまきこんでの験担ぎだったんですね。^^

新元素の発見に至るまでには気の遠くなるような単調な作業の繰り返しだったのではないでしょうか。

森田教授の熱意が伝わってきますよね。

必ず発見できると信じ、願い続けて出した結果だったのですね。

目標を持つとその人の行動は目標に向かって変わっていくと言われています。

あなたにも〇〇になりたいとか夢や願い事はありませんか?

それを心で唱えて、口に出して、紙に書いて、目につくところに貼り出してみてください。

少しづつ目標に向かって動き出しますよ^^

夢や目標を持つことができない方や迷ってしまう方は一緒に探してみましょう。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

12

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材派遣はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材育成はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ