• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • アドバンスドNLP創始者 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • 心理カウンセラーになる専門サイト
080-9587-2188
〒252-0312
神奈川県相模原市南区相南4-3-32
武井ビル3階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
お申込み
お問い合わせ
無料メールセミナー
卒業生・在校生の方

HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年9月

ブログ 2020年9月

どうして一人ではネガティブな気持ちを克服しにくいのか?にお答えします

●ネガティブな気持ちをカンタンには克服しにくい理由3f2bf394d4047b3f5d829fb8faa15ee0_s.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像  

こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕です。

ネガティブな気持ちは一人ではなかなか処理ができませんね。

だからこそ多くの人が悩んでいます。

その理由をお伝えしますね。


さて、みなさんは雨が降ったら「嫌な気持ち」になりますか?

多くの人が「はい」と答えるかもしれません。

最近は豪雨もありますから、ますます嫌になってしまうかもしれませんね。

ただ、今日は「記憶の仕組み」のお話しをします。


実は、雨が降って嫌だ…というのは、その人がそのように認識しようとしているということです。

「雨」=「嫌」というラベルを貼ってしまっているということなのです。

もしも事実だけ言うならば、「雨」が降っているということだけです。

「嫌」というのは感じ方、感想ですね。

自分が「嫌」という感じ方のラベルをはってしまっていると言えます。

お分かりだと思いますが、このようなことはごく自然におこなわれます。

脳は外界の物事を瞬時に認識して意味づけをおこなっていきます。

特に感情が強く伴うものは、マイナス、プラスに関わらず瞬時に強く反応します。

おかげで、それらが強く記憶として定着してしまうのです。


それでは、ネガティブな記憶が強く残ってしまう理由を説明したいのですが、その前に、「悩み」の説明です。

脳は、部分に分かれているのはご存知だと思います。

人間の脳は、人間らしい理性的な部分と、動物にもある本能の部分があります。

意識的な領域と無意識的な領域ともいえるかもしれません。

人は理性的な部分と本能的な部分がずれることがあります。

具体的に言うと

「分かっちゃいるけど、やめられない。」

「やらなきゃいけないけど、やりたくない。」

「やせたいけど、食べたい。」

ということが起きます。

頭では理解できているけれど、やりたくない、できない、やめられないなど。


感情や快・不快は無意識的な領域です。

この無意識的な領域の部分は意識で抑え込むことが出来ないところです。

このように無意識的に感じているものと、意識でずれがおこるのが悩みの仕組みです。

だからすっきりしないのが悩みですし、あれこれ考えると混乱します。

自分の中で不調和ができるからです。


ちなみに動物は人間で言う「悩み」はありません。

また、動物は時間軸も人間ほどの理解はありません。

動物でも「少し前」くらいはどうやら理解しているようです。

しかし、明日、昨日、来年、去年などの時間は理解していません。

ですから、明日のご飯の心配も、過去の失敗に対する落ち込みもありません。

そういう意味では、動物は「今を精一杯生きている」と言えるかもしれません。


人間は「意識」を持っているがために、「悩み」ます。

過去の失敗をいつまでも悔やんだり、未来の不安をとても大きくしたりするのです。

そうすると今を精一杯生きられないのです。

ただ、ここにもメリットがあります。

乗り越えるために思考で考えて努力し、文明を発展させることに役立っているからです。

ただ、出来れば悩みたくはないですよね。


それでは、ネガティブな記憶はなぜ離れないのでしょうか?

「いらない」のだから「なくなればいい」のになかなかそうなりません。

なぜでしょう?

それは、意識の受け取りと、無意識の受け取りは、まったく違うからと言えます。

意識は「不快だからいらない」と思っても無意識には「不快だから必要」と思われることが多いんです。

嫌な感情が付いたものは「もう二度とこんな目に会わないために」無意識はとっておきます。

「参考事例」としてとても重要なので保存してしまうんです。

このネガティブな感情を伴う記憶を克服するためには、無意識の領域に「手放して」もらうことが必要です。

advanced NLPが短期で有効なのは、無意識の領域に直接アプローチしていくからです。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

やりたいことが見つからないあなたへ

852854879912beb6d5faab4fb8384d0b_s.jpg

●やりたいことが見つからないあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「やりたいことが見つからない。」
「私、何をやりたいんだろう?」
「いつまでたっても見つからないのはなぜ?」

こういう思いが、ふとしたときに思い上がる。

このように思う方は、実はたくさんいらっしゃいます。
決して若い人ばかりではないです。

「探したってどうせ見つからない。」
とあきらめてしまっているもいるでしょう。

「いろいろと探して、試しているんだけど見つからない。」
「やらなきゃならないことやっていることが辛い。」

って思っていませんか?


やりたいことをやっている人は輝いています。

ではなぜ、やりたいことが見つからないかですが、
それは探すところを間違っているからです。


外をいくら探しても見つかりませんよ。

やりたいことに対するイメージ自体が勘違いしていることも多いです。
勘違いしたまま探しても見つかりません。

やりたいことを見つけたいならば、
外ではなく 自分の内面と向き合うことなんです。

特に、ネガティブに感じる記憶です。

ネガティブな記憶に蓋をしたり目を背けている限り、
ずっと、宛てのない放浪の旅が続きます。

ではやりたいことが見つかったときですが、
どのようにして見つかったのだとわかるのでしょう?

それは、 ワクワクする身体感覚が起きたときにわかります。

あなたがやりたいことを知っているのは、あなたの無意識なんです。
無意識は身体感覚で教えてくれます。

ネガティブな記憶が積み重なっていくと、
このワクワクがそもそも起きないんです。

「自分はダメだ」 という自己否定感が根底にあると、
ワクワクが感じられないですね。

自分の気持ち自体がわからなくなってしまうんです。

・過去のネガティブな記憶
・引っかかっていること、

これらは同じような形として現在も繰り返しているはずです。

その経験から大事なことを学び取れていないから 繰り返しています。
学び取るまで繰り返し続けます。

どこか心の一部分が過去で止まっていて再現されます。
その時の自分に引き戻されてしまうんです。

このように嫌なのに繰り返してしまう状況を advanced NLPでは、変えたい状況といいます。変えたい状況を具体的に設定して チェンジワークを行います。
そうすると、今までとは全く違った気持ちになり、 違う捉え方を選択できる自分になります。

ネガティブな感情が解放されると、心がイキイキと蘇ってくるんです。

嫌だったことが気にならなくなり、 感謝に変わったときあなたのワクワクが蘇ります。

子供がお絵かきしているときの心を取り戻せば、
ワクワク生きられるようになり、
今この瞬間をワクワクして生きることはできるようになります。

ワクワクする心から、 やりたいことが沸いてくるようになります。

最後まで読んでくださってありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

誤解される、理解してもらえないと感じるあなたへ

22fddfdcab57607ec97b350e3141919f_s.jpg
●誤解される、理解してもらえないと感じるあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

時折思い出す嫌な過去ってありませんか?

・何度も何度も伝えたのに理解してもらえなかった。
・傷ついたあの一言。
・喜んでもらえると思ったのに、「こんなものいらない!」と言われた。
・全く相手にしてもらえず無視されたこと。

嫌なことを思い出させてしまって、すみません。

このような“ネガティブな感情記憶”をそのままにしておくと、 同じようなことが起きてきます。

なぜならば、消化していないからです。大事なことを学び取れていないからです。

さらに、ネガティブな感情記憶をそのままにしておくと、誤解されるような雰囲気を出したり言動をしてしまうんです。

どういうことかというと、

私の両親はお人よしで、私が子供の頃、何度も騙されているのを私は見てきました。

悔しく、悲しく、やりきれない思いがありました。

このような出来事によって私は、

「お人よしだと騙される。お人よしは良くない。」と解釈し、
「自分はスキを見せない人になろう。家族のためにも騙されないように生きよう。」

と心に誓って生きてきました。

すると、 私が本当に相手のためになるようなことをしても、真逆に受け取られていることが何度も起きるんです。

私はいつしか、

「自分は誤解されやすい人だ。」とセルフイメージを持つようになっていました。

「人に理解してもらえなくてもいい。真心を尽くして生きていく。」

そう思って生きてきたのですが、 誤解をされるというのは、 誤解する相手も苦しんでしまうんですよね。

だから自分だけのことではないわけです。

ずっとお人よしは良くないと思っていたのですが、
おかげさまで、
「松島さんはお人よしですね。」とか 「商売下手ですね。」

なんて言われたりするようになりました。

以前言われたら、嫌だなーと思ったと思うのですが、
なんか嬉しいんです。

そもそも私は、お人よしの両親の子供なんです。
だからお人よしの要素を持っている。

でも、お人よしは両親からいただいた私の能力なんです。

悪いものと決めつけて生きてきましたが、 プレゼントだったんです。

お人よしを状況でどう活かすか、 活かせるかだけの問題だったんです。
でも当時の私にはそれがわからなかったんです。

お人よしという本来の自分を取り戻した(受け入れた)私は、
誤解されにくくなってきました。


今までわざわざ苦しい道を進んできましたが、
ホッとする心地よい道を選択できるようになってきました。

これは私の提案なのですが、

“ネガティブな感情記憶”をそのままにせず、
取り組んだ方がいいですよ。

ネガティブな感情記憶を解放したら幸せが訪れますから。

解放するには心身を緩める、です。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

幸せを感じる一日となりますように。

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

完璧主義の性格、~すべき思考をゆるめる方法 自分にOKを出していますか?

●完璧主義の性格、~すべき思考をゆるめる方法 自分にOKを出していますか?   7546fa36e077817d4ee07338b8bd8c87_s.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕です。


さて、今日は自分にOKを出していますか?という話です。

ちなみに私は、以前完璧主義でした。

この思考パターンだと自分に対して、全くOKが出せないんですね。

どんどんハードルをあげて、どんどん追い込んでいく。

なかなか自分に対して、妥協点が見つからない状態でした。

「もっと、ここまでできないとダメ」

「もっと頑張らないと」

極端で、完璧主義、達成しても達成感なし。

褒められても「いえ、そんなことはないです」と受け取らない。

きっと、褒められることも少ない家庭だったので、そんな風になったのでしょう。

もちろんそれについてメリットもありました。

勉強や仕事をある一定レベルでこなすという意味において役立ってはいたのです。

でも、追い込みが過ぎてオーバーヒートを起こしていました。

うつのような症状もちらほら感じていました。

なぜ自分を緩めるのかと言えば、人生は短距離走ではないからです。


自分でも体験したからこそ言えますが、自分自身に対する認識を緩めることが健全です。

完璧主義は、自分の健康を損なうこともありますし、他人を巻き込むこともあるのです。

そのために私が取り組んだ一つに、自分に対してOKを出すということです。

自分を緩めるために、自分のことを肯定するのです。

自分にOKを出せない人は、心がつらくなっていきます。

私も「今日はこれが出来たからOK」とか「自分スゴイ」とか言うことを努力したんです。

そうすると、心に栄養が溜まっていくようで、だんだん楽になっていきます。

「まぁ。いっか」が口癖になり、人のことに対して寛容になり、自分も他人も許せるようになりました。

あなたの人生は長く、そしてどの瞬間も充実して欲しいと思います。

自分にOKを出すことで、より柔軟で充実した人生が送られますよ。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

心理カウンセラーは本当の聴く力,傾聴力をつけよう

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院の松島直也です。

一般的な心理カウンセリングでは傾聴を学びます。クライエントの話に共感し受容します。

すると、クライエントは気持ちが楽になり、違った受け止め方をする方向に進み始めます。

しかし、傾聴しているつもりでも、クライエントの気持ちが軽くならなかったり、ラポール(クライエントと無意識レベルでつながること)が形成されていない場合があります。


肝心なのは、クライエントの内的世界観を解釈せずに認めること


なんです。


シンプルなんですけど、一般的な心理カウンセリングを長年学んでいる人でもできていない場合があります。


アドバンスドNLPの体験談をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(体験談)
「対人コミュニケーション」をしたり、「意図のフレーミング」の講座の中で、二人組で実際にコミュニケーションをしました。相手の思いをなんの解釈もせずに、「そのまま聴く」ということの難しさを感じました。

一応、理屈としてはわかっていたつもりだったのですが、「こうすればいいのではないか」という私の思いが出てしまったことが反省です。

日常生活の中でも、素直に自分の思いを出さずに人の話を聴こうと思いました。

感じ、認識し、判断するのは、相手自身であり、私ではないのですものね。それが、前回の授業でとても良くわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


各人違う価値観、考え方をしています。

人の話を聴いているとき、自分の経験に照らし合わせて、勝手な思い込みを抱いてしまいがちです。


相手の言い方、非言語的な表現を観察しながら、何が事実で、相手の人はそれをどう認識しているのか?受け止めているのか?と区別して聴くことが大事なポイントです。

事実に対して、相手は何をとらえ、どう考えるのか、自分は何をとらえ、どう考えるのか、ができるようになると、相手の話に巻き込まれなくなりますし、自分の考えも相手の考えも尊重できるようになります。そして、新しいアイデアが生まれるチャンスが生まれます。


本当に自分が変わる体験、本当に人間関係が変わる体験、本当に人生が変わる体験を日本NLP学院は提供しています。

counselor.jpg
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,リモート 開催中

心理カウンセラーは本当の聴く力,傾聴力をつけようの続きを読む

実力のある心理カウンセラーになるには実践経験が一番

■ 実力のある心理カウンセラーになるには実践経験が一番

チェンジファシリテーション授業風景.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
こんにちは。

NLPを学びたい、興味がある、という方には、心理カウンセラーになりたいという想いをお持ちの方もいらっしゃると思います。

心理カウンセラーになるためには、何が必要なのでしょうか?

・傾聴、ペーシングなどカウンセリングの技術を学ぶ

・心理学の用語や知識を学ぶ

・心理カウンセラー資格を取得する

さて、何が一番必要だと思いますか?

私が実際に、講座を受講して、心理カウンセラーとしてお仕事をするようになって、実感しているのは

心理カウンセラーとしての実践経験です。

これは本当に必要です。


心理カウンセリングの相手は「人」です。

そして、人は一人ひとり違います。

もちろん、相談の悩みの内容も背景も一人ひとり違います。

その時、その瞬間、目の前の相手の悩みに対して、最適な心理カウンセリングの方法を選ぶことが求められます。

相談に来られた方は、心理カウンセラーに悩みを解決してほしいんです。

どんなに心理学や心理カウンセリングの知識が豊富でも、実際のクライアントさまを前にしたとき、その知識を使えなければ意味がないのです。

「そう言われても、まだ心理カウンセラーになってないのに、実践経験なんて積めない(>_<)」と思いますよね。

でも、日本NLP学院のNLP講座は、心理カウンセリング資格を学びながら、実践もできるんです。

講座では、実際に心理カウンセリングで使える「悩みを解決するワーク」を行います。

受講生同士で、心理カウンセラー役とクライアント役で交互に実践するんです。

心理カウンセラー役のときは、ワークの手順やクライアント役の表情や反応を見ながら、実際の心理カウンセリングの状況を体験できます。

クライアント役のときは、ワークの効果を自分で実感することによって

「こういうときに、このワークをするとこんな変化が起こるんだ」

ということが学べます。

悩みを解決するということを目の当たりにできるんです。

これは、大変奥深い。通信ではない感動ですね。

また「こういう言葉かけをしてもらうと、安心するなあ」とか

「こんなふうに言われると、ちょっとガッカリする」など

クライアントとして気持ちもわかるようになるんです。

この時に感じたことは、心理カウンセラーとしてクライアントさまに接するときに、とても役立ちます。

心理カウンセラー役として、クライアント役として、実際に実践を積みながら、現場で使える最新のNLPカウンセリング技術を習得する。

それが、実力と集客力のある心理カウンセラーになる一番の近道だと私は思います。

ちなみに、私は学び始めて2年でNLPカウンセラーになることができました。

アドバンスドNLP基礎コース 東京/新宿校,随時募集中ですよ。^^

counselor.jpg
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLP心理カウンセラー養成,NLP心理カウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校 開催中


実力のある心理カウンセラーになるには実践経験が一番の続きを読む

1

« 2020年8月 | メインページ | アーカイブ | 2020年10月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
お申込みはコチラ
お問い合わせはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
お申し込みはこちら
お問い合わせはこちら
無料メールセミナー

このページのトップへ