• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • 心理カウンセラーになる専門サイト

HOME > ブログ > 人生を変える > 物事うまく進めるには無意識と仲良くする

ブログ

< 心の傷、心のダメージを癒すには?トラウマ原因、症状~克服方法の情報まで  |  一覧へ戻る

物事うまく進めるには無意識と仲良くする

こんにちは。岩渕洋です。

さてさて、みなさんは物事上手くいっていますか?

5a8bfee5b79a6ced7ac32401d23e3ada_s.jpg
思ったより上手くいかない…。

やりたいと思っても出来ない…。

そもそも自信がない…。

などなどあると思います。


私は以前、イライラがすごかったんです。

道が混んでたらイライラ。

仕事が上手くいかないとイライラ。

「怒ってる?」と聞かれるとイライラ(笑)

「怒ってません!!」って(笑)

まぁ、疲れましたし、周りの同僚や部下は大変だったと思います。

それで、いつしか心も身体も疲れ果てて、これじゃいけないな!と思ったわけです。

イライラしてた時も「こんなんではいけない」って思っていたんですよ。

でも、どうしたらイライラしなくなれるかわからない。


昨日はアドバンスドNLPの講座をおこなっておりました。

講座では「意識と無意識の良好な関係」を目指しましょうとお伝えしています。

???

ですよね。

見たことある人もいるかもしれませんが、下の図、海に浮かぶ氷山が例えられることがあります。

iceberg-1321692_640.jpg
ちょろっと出ている部分が意識。

海の下で見えない部分が無意識(潜在意識とも言います)。

無意識は、意識よりも大きくパワーがすごくあります。

心理を学んだりするとこの図で「心」限定でお話が進むと思います。


今日は趣向を変えて、下の図、乗馬の図です。

私たちは講座で、意識と無意識をこのように伝えています。

woman-3432069_640.jpg
意識は人、無意識は馬。

人が馬と良好な関係を持つことが出来れば、馬はどこにでも連れてってくれます。

でも、馬は馬でいろいろ感じ、動いています。

人が気が付かない危険を感じたら止まります。

人がひどい扱いをしたら振り落としたりします。

だから、どのような関係性を結ぶかが非常に大事。


私たちは、人間であるがゆえに意識を持っています。

この意識があるからこそ、動物である部分を押し殺して無理が出来たりします。

疲れていても、頑張りすぎたり。

嫌なことがあっても、我慢したり。

苦手な人に対して、笑ってみたり。


これら全部動物はやらないことです。

人間だけが無意識のメッセージを無視して、意識で無意識に命令してしまいます。

疲れているのに頑張りすぎたら、体調を崩します。

動物の部分は、「このままこの人ほっといたら死んじゃう…」と思って病気にします。

動物の部分である無意識の一番大切な本能は「生命を守ること」

だから、細く長く生きるように病気にしてまで、ストップかけたりします。


私の無意識はイライラすることで、変わることを教えてくれました。

今では、まったく(ちょこっとはあります)イライラしなくなり、生きやすくなったのです。


あなたも、無意識の意図を汲みとって、良好な関係性を持つことが必要です。

意識で頑張っても限界があるのは、無意識の方が強いからです。

自分の無意識を味方につけて、労わって、良好な関係を持てば、とてつもないパワーを持ったパートナーです。

行きたいところに連れてってくれるし、想像以上の結果を引き出したりします。

girl-828607_640.jpg
なんか上手くいかないなぁ。

そのように思った人は、変えることが出来るということを知ってください。

あなた自身のパワーを引き出す方法があるんです。


ご関心のある方は、日本NLP学院 スクール体験説明会にお越しくださいね。


初めての方

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

カテゴリ:

< 心の傷、心のダメージを癒すには?トラウマ原因、症状~克服方法の情報まで  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

自分が変わると世界が変わる

●自分が変わると世界が変わる 6ccef24bb02ab91a2420017f4cefe183_s.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像  

こんにちは。

日本NLP学院講師、心理カウンセラーの岩渕です。

いかがお過ごしでしょうか。


さて、今日は自分が変わると世界が変わるということについてお話しします。

皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

どういう意味でしょうね?


心理やスピリチュアルの世界では、自分が変わると世界が変わるというフレーズは良く言われます。

私自身、この言葉に初めて触れた時には「?」となっていました。

なぜなら、自分が変わるということにいまいちピンと来ていなかったからです。

もちろん、変わった方がいいのはわかっていました。

以前の私はイライラがすごかったからです。


自分を変えたいと思っていろいろ学びました。

ネガティブな言葉遣いをポジティブな言葉遣いにしたり。

日々感謝を忘れないで、出来る限り伝えるようにしたり。

そうすると少しずつですが、徐々に世界が変わり始めたのに気づきました。

一番は出会い。

それまでは、イライラする人に出会うことが多かったのです。

出来事もそうですね。

でも、努力の成果として少しずつ優しい人や穏やかな人に出会うようになっていきました。

こんな優しい人がいるんだなと、当時の私は感動したものです。


以前私は、「人のせい」にすることが多かったと思います。

自分が辛いのは人のせい、状況のせいなどなど。

でも、学びを続けていく中で、重要なことを知りました。

それは「過去と他人は変えられない」ということ。

自分が頑張って変えられるのは、自分であり、それが一番、近道だということ。


私は努力をする中で確実に変化を実感しました。

自分が穏やかな世界の住人になることで、周囲の世界が本当に変わって見えるのです。

今まで茨の道を歩んでいるつもりでしたが、実は心地の良い草原を歩いていたのだと気づきます。

出会う人々に日々感謝をしながら、生きていくことはとても充実しています。

精神的な充足感、日々思い残さない生き方は今の私にはとても幸せです。


つらいことがあると、人のせい、周りのせいと思いがちですよね。

それが、いけないとは言いません。

でも、私も知っています。

それはものすごいつらいこと。

じゃあ、そのつらいエネルギーを他の方向へ向けることが出来たら?

もしも、もう少し頑張れるのなら?

自分が変わってしまえばいいんです。

「自分が変わると世界が変わる」ということは「世界に対する認識が変わる」と言うことです。


周囲に優しい人が増えます。

自分の感情が素直に出てきます。

自分を好きになり、自分の人生に対して素直に向き合えます。


今は「自分のことが嫌い」と思っている方。

もしも、もう少し頑張れるのなら、自分を変えてみませんか?

自分を認め、自分を好きになり、自分に優しく…。

そんなことから始めて欲しいと思います。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

やりたいことが見つからないあなたへ

852854879912beb6d5faab4fb8384d0b_s.jpg

●やりたいことが見つからないあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

「やりたいことが見つからない。」
「私、何をやりたいんだろう?」
「いつまでたっても見つからないのはなぜ?」

こういう思いが、ふとしたときに思い上がる。

このように思う方は、実はたくさんいらっしゃいます。
決して若い人ばかりではないです。

「探したってどうせ見つからない。」
とあきらめてしまっているもいるでしょう。

「いろいろと探して、試しているんだけど見つからない。」
「やらなきゃならないことやっていることが辛い。」

って思っていませんか?


やりたいことをやっている人は輝いています。

ではなぜ、やりたいことが見つからないかですが、
それは探すところを間違っているからです。


外をいくら探しても見つかりませんよ。

やりたいことに対するイメージ自体が勘違いしていることも多いです。
勘違いしたまま探しても見つかりません。

やりたいことを見つけたいならば、
外ではなく 自分の内面と向き合うことなんです。

特に、ネガティブに感じる記憶です。

ネガティブな記憶に蓋をしたり目を背けている限り、
ずっと、宛てのない放浪の旅が続きます。

ではやりたいことが見つかったときですが、
どのようにして見つかったのだとわかるのでしょう?

それは、 ワクワクする身体感覚が起きたときにわかります。

あなたがやりたいことを知っているのは、あなたの無意識なんです。
無意識は身体感覚で教えてくれます。

ネガティブな記憶が積み重なっていくと、
このワクワクがそもそも起きないんです。

「自分はダメだ」 という自己否定感が根底にあると、
ワクワクが感じられないですね。

自分の気持ち自体がわからなくなってしまうんです。

・過去のネガティブな記憶
・引っかかっていること、

これらは同じような形として現在も繰り返しているはずです。

その経験から大事なことを学び取れていないから 繰り返しています。
学び取るまで繰り返し続けます。

どこか心の一部分が過去で止まっていて再現されます。
その時の自分に引き戻されてしまうんです。

このように嫌なのに繰り返してしまう状況を advanced NLPでは、変えたい状況といいます。変えたい状況を具体的に設定して チェンジワークを行います。
そうすると、今までとは全く違った気持ちになり、 違う捉え方を選択できる自分になります。

ネガティブな感情が解放されると、心がイキイキと蘇ってくるんです。

嫌だったことが気にならなくなり、 感謝に変わったときあなたのワクワクが蘇ります。

私は来月50歳になりますが、 おかげさまで幼少の頃のワクワク感を取り戻せました。

子供がお絵かきしているときの心を取り戻せば、
ワクワク生きられるようになり、
今この瞬間をワクワクして生きることはできるようになります。

ワクワクする心から、 やりたいことが沸いてくるようになります。

最後まで読んでくださってありがとうございます。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

誤解される、理解してもらえないと感じるあなたへ

22fddfdcab57607ec97b350e3141919f_s.jpg
●誤解される、理解してもらえないと感じるあなたへ


こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

時折思い出す嫌な過去ってありませんか?

・何度も何度も伝えたのに理解してもらえなかった。
・傷ついたあの一言。
・喜んでもらえると思ったのに、「こんなものいらない!」と言われた。
・全く相手にしてもらえず無視されたこと。

嫌なことを思い出させてしまって、すみません。

このような“ネガティブな感情記憶”をそのままにしておくと、 同じようなことが起きてきます。

なぜならば、消化していないからです。大事なことを学び取れていないからです。

さらに、ネガティブな感情記憶をそのままにしておくと、誤解されるような雰囲気を出したり言動をしてしまうんです。

どういうことかというと、

私の両親はお人よしで、私が子供の頃、何度も騙されているのを私は見てきました。

悔しく、悲しく、やりきれない思いがありました。

このような出来事によって私は、

「お人よしだと騙される。お人よしは良くない。」と解釈し、
「自分はスキを見せない人になろう。家族のためにも騙されないように生きよう。」

と心に誓って生きてきました。

すると、 私が本当に相手のためになるようなことをしても、真逆に受け取られていることが何度も起きるんです。

私はいつしか、

「自分は誤解されやすい人だ。」とセルフイメージを持つようになっていました。

「人に理解してもらえなくてもいい。真心を尽くして生きていく。」

そう思って生きてきたのですが、 誤解をされるというのは、 誤解する相手も苦しんでしまうんですよね。

だから自分だけのことではないわけです。

ずっとお人よしは良くないと思っていたのですが、
おかげさまで、
「松島さんはお人よしですね。」とか 「商売下手ですね。」

なんて言われたりするようになりました。

以前言われたら、嫌だなーと思ったと思うのですが、
なんか嬉しいんです。

そもそも私は、お人よしの両親の子供なんです。
だからお人よしの要素を持っている。

でも、お人よしは両親からいただいた私の能力なんです。

悪いものと決めつけて生きてきましたが、 プレゼントだったんです。

お人よしを状況でどう活かすか、 活かせるかだけの問題だったんです。
でも当時の私にはそれがわからなかったんです。

お人よしという本来の自分を取り戻した(受け入れた)私は、
誤解されにくくなってきました。


今までわざわざ苦しい道を進んできましたが、
ホッとする心地よい道を選択できるようになってきました。

これは私の提案なのですが、

“ネガティブな感情記憶”をそのままにせず、
取り組んだ方がいいですよ。

ネガティブな感情記憶を解放したら幸せが訪れますから。

解放するには心身を緩める、です。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

幸せを感じる一日となりますように。

NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

NLPでビリーフ(信念)を変える

nlp-japan_128.jpg
●NLPでビリーフ(信念)を変える


こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋です。

NLPはビリーフ(信念)を変えることができます。

他の心理療法、例えば認知行動療法などでも扱う信念。

私たちは、この「信念」に基づき行動していると言っても過言ではありません。

信念というものは、普段隠れていて気付きにくかったりもします。

無意識の領域になっている(表出していない)ということです。

実は、カウンセリングの最中にこの「信念」に出会うことがあります。 そして、信念に出会ったとき、私たちは「そうだったのか」と腑に落ちたりします。

例えば、カウンセリングで男性に負けたくないという方がいました。

ご主人と仲がいまいち良くなく、職場でも男性に対してあまり受けが良くない。 もちろん自分も、さほど良く見せようなんて思っていない。 そして、職場の男性に対して上手にできている女性に対して「イラっ」来たりもする。 もちろん、そんな女性を羨ましくも思う。

この女性がカウンセリングを受けて気づいた信念はなんでしょう?

信念は人それぞれ、ある信念イコールこういう性格、行動とはいきません。

彼女は「女性否定」がありました。これもまだ信念ではありません。 女性否定があるからこそ、女性である自分も否定し、男性に負けてたまるかという気持ちが生まれていたようです。

さらにお話を進めていくと、母親に幼少期に言われた一言が出てきました。

「あなたが男の子だったら良かったのに」

この女性は40代です。なのに彼女が、いまだに幼少期の頃の母親の一言に縛られているのがわかりました。

この女性の信念は「私は私のままではいけない」ということでした。

深い深いこの信念が彼女を縛り付けていたのです。

これが中核の信念です。

それが、大人になっても

・子供がありのままに遊んでいるのがむかつく(私はできなかった)
・男性に負けたくない(女性である自分が認められない)
・女性らしい人の仕草にイラっとする(自分が否定しているものだから)

などなどと派生しているのです。

このように、ある信念に彼女は縛られていたのです。

ちなみに信念は一つとは限りません。

この信念が出てきたとき、彼女は過去の未消化の部分に泣き崩れ、自分をもっと癒していこうと誓ったのです。

でも、信念が出てきたら後はNLPのワークを進めていくだけ。

彼女一人でも取り組めますし、困難なときはカウンセリングを頼めばいいのです。

ちなみに彼女はその後自然と女性らしさを出せるようになりました。

自分を癒すプロセスを学んで、自分を許すことができたんですね。

NLPではたくさんの「変えたい状況」を扱えます。

「変えたい状況」というのは表出している場面です。

「信念」があるからこそ、繰り返してしまう表に出やすいネガティブな行動やパターンがあります。

NLPでは隠されている「信念」も扱いますし、表出している特定の場面も扱います。 それは、同じ事柄に対してのアプローチの方法の違いとも言えます。

前述の女性に対して、子供との場面を扱ってもいいし、職場での場面を扱ってもいい。

また、直接彼女の信念を扱うこともできるのです。

そう、お母さんに「あなたが男の子だったら良かったのに」と言われたその時にさかのぼって、自分を救い出すのです。

もしもNLPで何をすればいいのだろう?という方は、今現在困っている場面を思い出せばいいのです。 あなたの最近の出来事でもいいし、幼少期のことでもいいのです。 思い出されるということは、心に刺さっているということ。

でも、両方ともあなたの中だけで起こっていることで、他の人の中で起きているのではありません。

もっと言うと、どこで起こっていますか?

それは、あなただけの脳の中、あなた固有の過去の記憶として起こっているのです。

インナーチャイルドという概念もありますね。

あなたがセラピーでインナーチャイルドと言われたときは、あなたはインナーチャイルドという言葉に対して抽象的に脳の中で表出していきます。

NLPでは、そのような抽象的なイメージを扱うこともできます。

いかがでしょうか?

今、お話したことは講座で学べます。 自分を講座で癒すことも人のために講座を学ぶこともできます。

現在がちょっと苦しいのであれば、NLPカウンセリングを受けることもできます。

NLPはあなたに「考え方を変えなさい」という方向ではアプローチしません。

無意識につながって、自然と囚われから抜け出せるようにします。 ネガティブなイメージや感覚といった無意識の領域に直接アプローチしていくのです。

上記の女性は、講座もカウンセリングも受けて、今では自分もカウンセラーになろうと頑張っています。

課題は課題。それとも付き合いながら、カウンセラーになろうと努力する姿は勇気をくれますね。

日本NLP学院ではアダルトチルドレンを癒すカウンセラーになることができます。

ご興味のある方は、無料個別相談をご利用くださいね。 マンツーマンでご対応させていただきます。

無料個別相談



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

自分を変えたいと思っているあなたへ

9af5b9e62c5f14a3663369571fae49e4_s.jpg

●自分を変えたいと思っているあなたへ

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

今日は、私自身の変化についてシェアしたいと思います。

初めてお会いした方に私自身のことでよく聞かれるのが、
以下の3つです。

1. 何で松島さんはNLPを学ばれたんですか?
2. どうやってNLPの創始者と仕事ができるようになったんですか?
3. 松島さん自身は何が変わったんですか?

もう何回訊かれて、何回応えたか、
とてもとても数えきれません。(^^;

特に3つ目について、
今の私は違うことを伝えたくなっています。

今までは、以下の2つを話すことが多かったですね。

・小学校6年の時の火事に遭ったトラウマが知らぬ間に解消されたこと。
・中学校3年の時に全校生徒の前で大恥をかいたことをきっかけに、
 極度のあがり症になってしまったのが解消されたこと。


私のNLPコースを受講された方は必ず知っています。

この二つの変化は私にとって衝撃的な変化でした。
自分自身を何十年も苦しめていた記憶でした。

私はこれらのネガティブな記憶から解放されて、
ものすごく楽―な気持ちに変わってしまっています。

これらの出来事は、私にとって何の害もないどうでもいいことになってしまっています。

今はこの頃の出来事が懐かしく、
この頃の自分が愛おしく、
これらの出来事に感謝の思いが沸きあがります。

ここからが最近私がお伝えしたい自分の変化です。
(前置きが長くてすみません。)

今までの私は、世の中にはいろんな苦しみや悲しい出来事があり、
それらを解決したいと思っていたのです。

私は割と正義感が強いと自分のことを思っています。
その正義感に私はどこか苦しんでいました。

自分の長所がマイナスに働くときがあるんですよね。

長所が必ずしも良いとは限りません。
短所が必ず悪いとも限りません。


話を戻します。

今の私は、有難い思いで胸がいっぱいで恩返しをしたいのです。
そういう自分になってしまいました。

変わっちゃったんです。

役割を与えてもらえていることがありがたく、
その役割を全うしたい。

そういう気持ちに変わりました。


進化し続けている実感があります。

やっていることは同じなんですけど、
有難い気持ちのお返しをしたくて活動させていただいています。

生徒さんのおかげで私が存在できています。
いろんなことをむしろ学ばせていただいています。

恩返ししたいのに、
また有難いことが起きてくる。

次から次と有難いことが起きてきます。

だからとっても楽しく楽ちんで、幸せ一杯な気持ちで、
今書かせていただいています。

話は変わりますが、
私の両親はかなりの不仲で家庭はめちゃくちゃでした。

でも私は大事にしてもらっていたと、
今の私は心底思っています。

私が小学校5年の時に、
母がボロボロのパンツを持っていることに気づいたことがありました。

そのとき、

「なんでこんなボロボロのパンツを持っているの?」

と母に訊いてしまった瞬間、私は気づきました。


母が子供のためにすべてを捧げていてくれていたことを。

そのとき、はじめて親孝行したいって気持ちが芽生えたんです。

私:「お母さん、僕が何をしたら嬉しい?」
母:「私のことを思ってくれるの!?ありがとう!
   ・・・。そう思ってくれるんだったら、世の中の人を喜ばせてあげて。」

母は穏やかに微笑んでいました。

私の仕事の原点は、この母の言葉なんです。

生き方の原点かもしれません。

でもそれがいつしか、
義務みたいに思っている自分がいました。

「しなければ、こうすべき」と。

でも、今はその幼いころのこの気持ち自体を取り戻せています。

これが私の変化です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
一日一日、幸せが積み重なっていくことを願っています。


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服スキル 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,リモート

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材派遣はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
社員研修、人材育成はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ