• 本物のカウンセラーになりたい方
  • トラウマを克服したい方
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
  • アダルトチルドレン克服サイト
  • 心理カウンセラーになる専門サイト

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年2月

ブログ 2016年2月

会話力をアップしよう

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●会話力をアップしよう


こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

昨日は「聞く力をアップする」ことについてお話しました。

今日は「話す力をアップする」コツについてお話しますね。

たとえば「いつも相手が自分の話を聞いてくれない」という方はいらっしゃいますか?

一生懸命に話しているのに、相手はつまらなそうにしている。

こっちはどんどん焦ってしまい、自分でも何を話しているのかわからなくなってしまう。

私の話し方が下手なんだろうなあ・・・

そう思ってしまうと、人と話すことに自信がなくなってしまいますよね。

そこで、相手に話を聞いてもらう簡単なコツをお伝えしますね^^

それは「最初に、話のテーマを相手に伝える」ということです。

たとえば「今日ね、子どもの学校の授業参観だったんだけど」と話し始めるとします。

相手は「授業参観の話なのかな」と思いますよね。

「久しぶりにAちゃんのママに会ったのね。なんだか急に老けちゃってて、ビックリしたのよ」

相手は「あれ?Aちゃんのママの話なんだ」と思います。

「でも、服装はすごく派手なの。で、いつも授業参観に来てるBちゃんのママがいなくて・・・」

相手は「いきなりBちゃんのママ?結局、何の話なんだろう・・・」と、方向性の見えない話に戸惑い、聞くのがめんどくさくなってしまいます。

そこで、まず、話したいことのテーマを伝えるんです。

実は、Bちゃんのママがお店を始めて、Aちゃんのママがそのお手伝いをしていることを話したかったとしますね。

それならば「Bちゃんのママが、自宅を改装してお店を始めたんだって!その話をしてもいい?」

という感じです。

そうなると、Aちゃんのママが老けてたけど服装が派手だったことも、話の重要なポイントとして興味を持って聞いてもらえます。

また、「その話をしてもいい?」と確認を取ることも大事です。

話のテーマ自体に興味がなければ、断ってもらうこともできます。

それにより、相手は聞きたくない話は聞かなくてもよくなります。

あなたも「つまらなそうな顔をする人を相手に話す」というストレスから解放されます。

こんなふうに、話をする前のたった一言で、コミュニケーションをスムーズにすることができるんです。

ぜひ、お試しくださいね^^

話す力、聞く力をアップするコツは、まだまだたくさんあります。



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

自分を変えて、なりたい自分になるためのちょっとしたヒント

counselor5.jpgのサムネイル画像●自分を変えて、なりたい自分になるためのちょっとしたヒント



こんにちは。チェンジファシリテーターのHIROです。

どうしたらなりたい自分になれるか、自分が望むより良い人生を歩むことができるか、僕自身学びながら発信していきたいと思います。

ブログを書くことを通して自分を見つめるとともに、あなたが変わるちょっとしたきっかけになれば嬉しいです。
さて、突然ですがあなたには“変えたい自分”はありますか?

今、僕が変えたいのはズバリ体型ですね。最近スキニーモデルのスーツを買ったんですが、ウエストがかなりギリギリなんです。

正直、昼食後はスラックスのボタンを外しています(汗)

買ったばかりのスーツを無駄にしないためにもお腹を引っ込めなくては。


"変えたい自分がある"ということは、その反対に”なりたい自分”がある


のだと思います。これは素晴らしいことですね。なりたい姿を思い描くから少しでも近づくために努力する。

例えば、

モデルさんみたいにキレイでスタイル良くなりたい、
クリスチャーノ・ロナウドみたいなバッキバキの腹筋になりたい(←これは僕です(笑))、
グローバル企業で国際的な活躍をしたい、
素敵な人と出会って幸せな結婚をしたい、など。

もっと身近なところで、

人前であがらずに話せるようになりたい、
子供を叱りすぎてしまう癖を直したい、
周りに流されず自分の意見を言えるようになりたい、など。

なりたい姿を思い描くときは、人は自然と少し上を見上げ、幸せに満ちた表情をします。

でも今の自分を考えると途端に現実に帰り、ため息が出てしまうことがありませんか?

変わりたい願望が強い人は、今の自分を否定してしまいがちではないでしょうか。そして理想の自分と現実の自分のギャップに苦しみます。

なんで自分はダメなんだろう、なんでもっとうまくやれないんだろう、うまくいかないのは努力が足りないからだ、もっと頑張らなければ、全部意志が弱いからいけないんだ、自分には才能もチャンスもない、ずっと自分は変わらないままだ、こんな自分は嫌だ……。

なんだか書いているだけで暗くなります。

今の自分は過去の自分の選択と行動によって築かれたものです。今の自分を否定することは、これまでの自分の人生をすべて否定してしまうことになるのではないかと思います。

でも、あなたはこれまでの人生で一度も努力をしなかったのでしょうか?
大きな成功でなくとも何か自分なりに成功した経験はあるのではないでしょうか?
全然思いつかなかったとしても今生きているだけですごいことじゃないでしょうか?

明石家さんまさんの座右の銘にもあります。「人生、生きてるだけで丸もうけ!」


本当に望ましい変化は、自己の否定ではなく、自己肯定から生まれる


と僕は思います。

「今の自分はもちろんダメなところもあるけど、いいところもあってなかなか捨てたもんじゃない。だから自分はできると信じられる。そんな自分がけっこう好きだ」

そう思えるようになって行動していくと、その段階で学ぶべきことが学び終わるときが来ます。
すると神様が、「YOU次行っていいよ~」と言うと勝手に思っています。僕の中の神様はジャニーさんみたいなしゃべり方をします(笑)

そのときに”変化”が起こり、次のステージが目の前に広がります。
僕はこれを「グラディエイト(卒業)する」と呼んでいます。


 自己否定をしている限り、その段階での問題をクリアできません。


これは単位が取れない科目があるような状態であると思います。否定し続ける限り、同じ学年で留年し続けるので何度も同じ問題を繰り返し続けてしまいます。「変わりたいけど変われない」、なりたい自分との距離は縮まりません。

いきなり自分を好きになるのは難しいかもしれません。でもちょっとでいいから自分を認めてあげることから始めませんか?それがなりたい自分になるための第一歩だと思います。

「人生は学び舎」だと僕は思っています。

ある課題をクリアすると次の課題が現れます。卒業したらまた別のことを学ぶために違う学校に入ります。それは転職や引っ越しや結婚などいろいろな形で自分の前に現れます。病気や親しい人との死別の場合もあります。

今僕がチェンジファシリテーションを学んでいるのもそういった課題の一つではないかと思います。
この課題を卒業したとき、たくさんの人の変化をサポートできるようになっていたいと、なりたい自分を思い描いています。

余談ですが、僕はどうしても落ち込んでしまって癒されたいときは『魔女の宅急便』を観ます。

「落ち込むこともあるけれど、私は元気です」

キキは空を飛ぶ魔法しか使えない設定ですが、周りの人たちを笑顔にし、元気にする。
それが一番の魔法なんじゃないかなといつも思います。

自分を変えたい、なりたい自分になりたい、そんなあなたにオススメなのはこれです。

NLPベーシックコース 東京/新宿・神奈川/横浜(自分を変えたい、人間関係を変えたい)

それではまた!



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

会話のない夫婦のコミュニケーション改善法

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●会話のない夫婦のコミュニケーション改善法

こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。

私は夫婦関係のNLPカウンセリングをしています。

そこで「夫とは、連絡事項以外はほとんど会話のない状態です」というお話をよく聞きます。

子どもがいれば、なんとか子どもを通して家族に会話が生まれるけれど、2人きりになるとシーン・・・

不愛想な夫に自分からにこやかにするのも悔しいし。

だからといって、このままの気まずい雰囲気が続くのもイヤ。

「夫婦で仲良くコミュニケーションを取りたい」という気持ちは持っているけれど、今さらどうしたらいいかわからなくなってしまったんですね^^;

こういう場合、まず、連絡事項でもいいので、夫婦が言葉を交わしている場面を思い出してくださいね。

どちらかが話しているときに、聞いている方はどんな態度でしょうか。

たとえば、妻が話しているのに、夫は新聞を読みながら聞いていることはないですか?

逆に、夫が話しているとき、妻は食器を洗いながら聞いているかもしれません。

たしかに、耳では「聞いている」んですね。

でも、話している方にとっては「聞いてもらっていない」と感じるんです。

では、「聞いてくれてる」と感じるのは、どんな態度でしょうか。

たとえば、話している自分を見てくれること。

ちょうどいいタイミングで「うんうん」とあいづちを打ってくれること。

そういう相手の態度を見ることによって、「聞いてくれている」と感じることができるんです。

自分の話を聞いてくれないと、自分を大事にしてもらっていないような、自分なんてどうでもいいと思われているような、そんな気持ちになっちゃいます。

逆に、自分の話を聞いてくれていると思うと、心地よい感情が生まれます。

こういう心地よい感覚の記憶、そして不快な感覚の記憶を積み重ねることによって、人間関係ができあがっていくんです。

今からでも大丈夫です。

まずはあなたからチャレンジしてみてくださいね。

夫婦がお互いに心地よい印象を持てる相手になったとき、夫の方も「新聞を読みながら話を聞く」ことを、だんだんしなくなるかもしれません^^

こんなふうに、日常すぐに使えるコミュニケーション力を身に付けることができますよ。

NLPベーシックコース 東京/新宿・神奈川/横浜(自分を変えたい、人間関係を変えたい)



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

あなたの夢ってなんですか?

counselor8.jpgのサムネイル画像●あなたの夢って、何ですか?

こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

あなたの夢ってありますか?^^

仕事が忙しくて、考えられない?

子育てで精一杯で、無理?

もう年だから、夢なんてねぇ。。。

夢なんて描いたって、叶うわけないじゃん!

もし夢がかなわなかった時、傷つきたくないし。。

年を重ねるごとに、沢山の制約を作っているのは、自分だとしたら?

「何の制約もなかったら、やりたいことって何ですか?」

なんでもいいと、思います。

ステキなパートナーを見つける!

自分のお店を出す!

次のお休みは、フランスに行く!

気になるワンピースを買う!

バレエのレッスンを再開したい!

大好きな場所に、家を買う!

心理カウンセラーになる!

その夢が叶ったら、あなたは、どんな自分に変わってる?

制約のない夢は、ワクワクが沢山^^

周りに笑顔があふれてる環境。

まず、小さなことでも、明日にでも出来ることって、何でしょう?♪

とはいえ、制約のない夢は、大きすぎて、叶わないかもと腰が重くなりがち。。

もし気持ちが重く、行動が進まなかったら、その夢をリアルに描いてみる。

どんな自分がいて、何を感じていて、周りにはどんなものが見える?

何か、聞こえる音はある?

そして、その中で何がいいのか、何に惹かれているのか、自分の価値観を引き出してだしてみるのも一つの方法。

そうしたら、自分の気持ちが満たされる、変わりの夢が見つかるかもしれませんね^^

NLPベーシックコース 東京/新宿・神奈川/横浜(自分を変えたい、人間関係を変えたい)



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

母と同じようにヒステリックに怒りたくないのに・・・

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●母と同じように、ヒステリックに怒りたくないのに。。。



こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

子どもを育てていると、3歳ごろのイヤイヤ期、小学生の高学年から、中学生、高校生の反抗期と出会います。

そんな時期は、どんな態度でも、自分を否定されているわけではないし、この子の成長期と思う。

怒りたくないし、ましてや母のようにヒステリックになりたくない。

なのに、ヒステリックに怒ってしまう自分がいや。。。


そんなご相談です。

一人娘が、3歳のイヤイヤ期に入りました。

本を読んだり、周りのお母さんと情報交換をしたり、この時期はこうしたほうがいいということは、わかっているつもりです。

私を、否定されているわけではない。

この子の成長過程であって、怒りたくないとは思っています。

なのに、幼いころ私の母が私にしたように、もうすべてが限界となると、母のようにヒステリックに怒ってしまいます。

そしてそのあと、決まって罪悪感がひどく、

「またやっちゃった。。」

「●●ちゃんごめんね。。」

と、謝りながら自分をとことん悪者にして、責めまくります。

そうしているうちに、

「あなたの子育ては、間違っている」

「●●が(子供の名前)、可哀想だ」

と、母から言われ、今まで、溜めに溜め込んだ怒りが、大爆発しました。

「誰のせいで、私がこんなに辛く苦しい日々を、過ごしてきたと思っているの!」

「あなただって、私が小さいころ、もっとひどいことしたじゃない!」

と、母を罵倒してしまいました。

声も渇れるほど、わめき散らして…


お母さんのような子育てを、したくない。

お母さんのような生き方を、したくない。

反面教師で、頑張っているのに、同じ事をしてしまう。。。

小さいころ。

いろんなことを、我慢してきたのかもしれませんね。

そして、今もその影響なのか、子育てが苦しい。。。


小さいころに、本当は甘えたいのに我慢をした。

子どもなのに、お母さんの感情の子守をしたり、大人の様に育った。

親が不仲で、家庭での居心地が悪かった。

なにか言いたくても、すぐに否定された。

過干渉で、なんでも親が決めていた。


そうやって育っていくと、違和感を感じつつも生きていくために、それが普通に。

「本当はね、こうしたいのに!」

「本当はね、こんなことを思っているのに!」

そんな気持ちに、蓋をし続けていきます。

反面教師で「母のようになりたくない!」と思ってきたあなたには、不思議に思うかもしれませんが、

そんな苦しい選択も、幼くて優しいあなたが、お母さんの笑顔が見たくて選んだことなのかもしれない。

小さいなりに考えて、なんか違うけどと思いながら、ママの笑顔が見たくて頑張ったことなのかもしれない。
お母さんを助けたくて、一生懸命にね^^


でもそろそろ、その蓋を開けて、ご自分を癒してあげる番です。

本来のご自分に戻るために。

今、きっとその時期が来たのだと思います。

自分らしいあなたに、変わりませんか?


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

ネガティブな性格を変えたいなら実践心理学NLP

nayamikaisyou.jpgのサムネイル画像●ネガティブな性格を変えたいなら実践心理学


こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。


「自分を変えたい!」そんなふうに切実に思ってしまうこと、ありませんか?


たとえば、自分に自信が持てなくて、つい卑屈なことを言ってうんざりされたり。

人の目を気にしすぎて、思うように行動できなかったり。

家族や部下にいつも決めつけるようなことばかり言ってしまったり。


「よし、こんな自分はやめよう、変わろう!」

そう思っても、気が付くとまた同じことを繰り返してしまう・・・

行動のパターンが決まってしまっているんですね。


もう、自分は変われないのかなと思ってしまうかもしれません。

たしかに、自分をいきなり変えるのは難しいかもしれませんね。

でも、行動のパターンは簡単に変えることができるんです。


たとえば、つい卑屈なことを言ってしまうときの場合です。

そのときの自分の心の反応に気づくと、そこから引き起こされる行動のパターンにも気づきます。

すると、今まで思いつかなかった新しい行動パターンが生まれるんです。

それを繰り返しているうちに、いつのまにか行動だけでなく、あなた自身が変化しているのに気づくはずです。


私も昔は友だちから「ステキな(?)ネガティブ」と言われるくらいネガティブでした。

ネガティブが売りだったんですね^^;

それが今では、ネガティブなことを考え続けられなくなりました。


売りはなくなりましたが、友だちは相変わらず友だちのままだし、自分がラクになったのでよかったと思っています。

「自分を変えたい」と思ったときが、きっとチャンスです。

あなたも自分を変えて、ラクに楽しい毎日を過ごしてみませんか?

NLPベーシックコース 東京/新宿,神奈川/横浜



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

子どもの反抗態度を上手にかわす方法は

e61d74a88aa612084596ce514bbe10f3_s.jpgのサムネイル画像●子どもの反抗態度、上手にかわす方法は?



こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

お子様の反抗期に悩まれているママも、多いですね。


可愛いかった我が子が、こんな言葉使いをし始めた。


そんなご相談です^^

反抗期だからしょうがないとわかっていますが、私も限界です。

口を開けば、

「うるさい!」

「わかってる!」

「うざい!」

「今やるところ!」

「あっちにいってて!」

そんな言葉が、強い口調で返ってきます。

毎日、毎日、ご飯を作り、身の回りのことをして。。。

少しでも、気持ちよく過ごせるように気も配り。。。

自分の時間もないくらい。。。

受験のことも気になり。。。

「こんなにもしているのに!」

そんな思いが、大きくなり、先日、息子を、ひっぱたいてしまいました。

その後は、二人でバトルです。。。

もう男の子なので、力も強く、私も怖いくらいでした。

反抗期だからしょうがない。

息子もストレスがあると、わかっています。

でも、私も精神的に、辛いです。


反抗期。。。

頭にくることありますよね。。。

「出来るなら、反抗期も上手くかわしたい!」

「反抗期を機会に、自己肯定感も育んであげたい」

「大変と思える時があっても、あの時子供と関わっておいて良かった。」

そんなふうに大人になってから、思えたらステキですね。

 今でこそ、「ツライ!」「イライラするこというな~」と思ったら、かわし方、受け止め方がわかります。

それでも、怒りたくなる時も、「うるさ~~い!!」と怒っている時もあります^^

でも、怒っても仕方がないことも、この反抗期のお子さんにはあるんです。

この時期のお子さんて、脳やホルオンの成長の影響で、

「僕、何やってんだろう?」

「私、なんでお母さんに、こんなことを言っちゃったんだろう?」


と、思ってます。

なので、正当論を言っても、逆効果な時も。

出来るのなら、ママ側のアプローチ方法を変えるのも、バトルを避ける一つの方法です。

例えば、怒りたくならない様に、

自分も好きな事をする。

スケジュールを、つめこみ過ぎない。

反抗している子に、冗談でかわす。

あなたが、ハッピーな連続でいることがおススメ♪

ハッピーな時って、同じことをされても、すっとかわせませんか?

そんな事を続けていることで、

「お母さん、ありがとう^^」

そんな言葉が、聞けるかもしれません^^


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

職場の部下に何と言っていいのかわかりません

●職場の部下に何と言っていいのかわかりません

こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

先日、お仕事で金融業の営業をされている、同年代の方にお会いしました。

40代の女性で、お子様もいらっしゃる女性です。

下向き女性.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

その時に、

「典子さん、聞いて下さいよ~」

「朝から、部下の子が、トイレにこもって、泣いてるんですよ。」

「なんか、部長に言われたらしくて」

「それだけで、トイレにこもって泣きます?」

「で、その女の子を私にどうにかしなさいって、部長が言うんです。」

「どうにかしなさいって、私に言われても、ちょっと言われて泣く事もわからないし、なんで私がですよね!?」

と、怒りながら、あきれてました^^;

部下に限らず、コミュニケーションに困ることありますよね?

相手と話す前までは、

「何と言ったらいいんだろう?」

「どういったら、上手くコミュニケーションが取れるんだろう?」

「上手く伝わるには、どんな風に話しをしよう?」

「どこから話したら、伝わるかな?」

「そもそも、何を伝えたいかな?」

ん~悩む。。。

もやもや。。。

頭の中が、ごちゃごちゃしている状態です。

先ほどの営業の女性も、そんな事は言いつつも、お話を聞いていると、

「部下の力を伸ばしたい!」

「やる気を上手に引き出してあげたい!」

「仲間と一緒に、いい仕事をしたい!」

そんな気持ちもあります^^

「その場その場に合った方法を。」

「その人その人に合ったやり方を。」

無理なくベストが出せるのが、理想なのかなと思います。

 「泣いている部下を元気づけて、もう一度頑張って欲しい!」

と、思ったら、例えば、ご自分の失敗談を、お話しするのもいいでしょう。

プロのスポーツ選手が、リベンジした話もいいと思います。

泣いている彼女の、凹んだ状態から元気になったエピソードをご存知でしたら、その話もいいと思います。

話の内容は「たとえ話し」です。

「たとえ話」は、ぐっと心が動く一つのアプローチ方法です。

アプローチ方法は、いくつもあると思います。

ブログではなかなか伝わりずらい、コミュニケーション力。

一度体験しにいらっしゃいませんか?


NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

耳が聞こえづらい。病院に言っても異常なしと言われました。

こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

お母さんのカウンセリングをしていると、

「病院に行くほどでもないけど、気になる。。。」

「病院に行ったけど、異常なしと言われました。。」

お子さんの体調不良のお話を、伺う時があります。

体育座り男の子.jpg同じようなご相談内容を見つけましたので、シェアいたしますね^^



5歳の娘です。

「耳が聞こえづらい」

と、言い出しました。

少し様子を見ていましたが、呼んでも返事をしないこともあります。

聞こえが悪いせいなのか、言葉も遅かったです。

病院で見てもらいましたが、異常なし。

他の病院でも、検査をして異常はないと言われました。

2回目に行った先生から、

「なにか、生活の変化や、環境の変化はありましたか?」

と聞かれて、はっとしました。

この子が生まれる前から、夫婦仲がすごく悪く、言い合いばかりをしていたことです。

ひどい時には、警察沙汰になるくらいでした。

本当はどうだかわかりませんが、この子なりに「聞きたくない!」そんな思いが強く、耳を聞こえなくしたのかもしれないと、思いました。

そう思ったら、涙がポロポロと出てきて、申し訳なくなりました。。。



お医者様ではないので、はっきりとは言えませんが、ストレスの反応からくる、体の症状ってあると思います。

・肩こり

・胃痛

・腰痛

・頭痛

・生理痛

・手汗

・じんましん

環境の変化や人間関係が変わったら止まった、そんな変化もあります。

体の異常って、医学的に問題がなければ、体からのサインなのかもしれませんね。

「もう少し、大事にしてね。」

「そろそろ休んだ方が、いいよ。」

「頑張りすぎじゃないかな?」

「そんなにやらなくても、いいんじゃない?」

こんなふうに、教えてくれているのかもしれません。

もっと聞いてみると、

「人間関係が、辛いと思っていない?」

「この生活、変わりたい!変えたい!と思っていない?」

「助けて。。。って叫んでいない?」

「こんな自分、キライって思っていない?」

「本当は、もう、何もかもがいやになって、疲れ切ってない?」

そんなふうに、泣いているのかも。。。。

そんなご自分に、「もっと頑張れ」ではなく、

「充分頑張ったね^^」

「頑張ってくれて、ありがとう^^」

「大切に思っているよ^^」

と、沢山、沢山労わってあげてください。

今までにないくらい、好きな事をしてみるのもいいと思います。

まずは、ご自分がもっと幸せになることから、始めてみませんか?^^



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

ネガティブな時にポジティブに戻す変換法

こんにちは!

日本NLP学院スタッフの齋藤 典子です。

先日、美容院に行ってきました♪

その美容師さんは、2年前に独立して、自分のお店を持たれたところだそうです。

「美容師になって21年になります。」「その間に、やめたいと思う事も何度もありました!

と仰ったので、

「どういう時にやめたいと思いましたか?」と、伺ってみました^^

下向き女性.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像お仕事をしていると、

「やめたい」

「お仕事イヤ!」

「会社に行きたくない!」

と思う事、1度や2度ありますよね?^^

その美容師さんの、やめたいと思った時は、

「手が荒れて、爪が全部はがれた時ですね~」

「バンドエイドを、五重に巻いて、仕事をしていた時、やめたい、向いてないのかな~と思いました。」

爪が全部はがれる!!

バンドエイドを五重!!

美容師さんで、手が痛くて使えない。。。

それは、ツライですし、悩みますよね。

それでもその美容師さんが、美容師を続けられたのは、

「今、根性見せて、意地でも続けた方が、幸せ!」

と、思ったからだそうです^^

仕事での悩みは、それぞれあると思います。

例えば、

「上司や同僚、お客様との人間関係。」

「仕事で失敗をした。」

「仕事が出来ない。」

「仕事でミスをした。」

「昇進・昇格について」

そんな時、

「自分には、この仕事、向いてないんじゃないか?」

「こんな仕事、嫌だな~」

「あ~すればよかった。こ~すればよかった。」

「こんなことしちゃったけど、大丈夫かな?」

いろんな思いが、わきあがってきます。。。

そういう時は、

落ち込む前に、その気持ちを、ちょっと横に置いといて、

「今この瞬間、何を選んだら気分がいいんだろう?」

「どんな選択をしたら、今、私にとって今幸せなんだろう?」

と、考えてみてください。


「幸せ気分」の連続、味わってみてくださいね♪



NLPtherapy_s.jpg20180404110329-95090b04dc03f547c875bc21778ce2ec4687e1b2.jpgのサムネイル画像








トラウマ解消,克服 変容と癒しのNLPなら日本NLP学院
マインドフルネス×NLP=advanced NLP
東京/新宿校,神奈川/横浜校

12

« 2016年1月 | メインページ | アーカイブ | 2016年3月 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ