カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 自分に自信が持てるようになるには

ブログ 自分に自信が持てるようになるには

失敗しちゃいけない、上手くやらなきゃと心にブレーキをかけていませんか?

kekka.jpgのサムネイル画像こんにちは。

日本NLP学院の松島直也です。


「失敗しちゃいけない、上手くやらなきゃ」と心にブレーキをかけていませんか?


どんな小さなことでも、


「失敗しちゃいけない。正しくやらないと・・・」

「人前で恥をかきたくない。変な目で見られたくない。」

「失敗するのが怖い。」


どうしても、そういう思いが湧いてきてしまう・・・

ちょっと上手くいかないだけでも、ダメだと思ってしまう。

頭では分かっているんだけど、どうしてもそう思ってしまう・・・。


そういう人は知って欲しいことが1つだけあります。


実は、本当は「失敗」って無いんです。


どういうことでしょう?


どんな状況や出来事でも、上手くいっている点もあれば、改善点もあります。

あなたが、上手くいってないように思えていることを「失敗」と思うのは、

本当は“自分の解釈、意味付けに過ぎない”んです。



失敗は無いんです。

あるのは結果だけ。



例えば、音楽を聴こうと思います。

スイッチオン!急に音が鳴って「音デカ!」と思ったことはありませんか?


これは、失敗ではありません。

スイッチをつけてみないと大きい音なのか、小さい音なのか分からないんです。

私たちの脳は、「試さないと分からない」んです。


試してみて、はじめて上手くいっている点と改善した方がいい点があることが分かるんです。

大人になると、右脳よりも左脳が優位になっていきます。

私たちの左脳(意識)は、失敗しないようにブレーキをかける役目を担っています。

つまり、ネガティブな精神状態になるんです。


その時は、私たちは今までに形成した記憶に制約されてしまいます。

でも、NLPで捉われない心の状態になれるワークをすると、


「失敗?だから?気になんなくなっちゃった~」

「ただやればいいだけだもんね。」



というように、気分が変わります。


心を整えることが大切です。

adnancedNLPを学ぶと、心をチューニングするスキルを身につけられます。

チューニングをするからこそ、素晴らしい音を奏でるんです。


NLP×マインドフルネス=進化版NLP アドバンスドNLP
日本NLP学院 東京/新宿校、神奈川/横浜校 開催中



U-18カラオケバトルで気づかされたこと

●U-18カラオケバトルで気づかされたこと

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。 6月21日にカラオケバトルU-18歌うま大甲子園を観ました。

この番組は、必ず家族で見ています。

今回は新U-18四天王「堀優衣、鈴木杏奈、佐々木麻衣、竹野留里」の4人全員が出場する初の大会となりました。

皆高得点を出すのですが、特に私が気になったのは、cブロックの予選を100点満点で通過した小豆澤英輝(あずきざわあいき)(17歳・高3)君です。

彼は、 元プロ歌手の母と二人三脚でトレーニングを積んできているのですが、今まではすべて予選落ちしておりました。

「上手いんだけとなんか足りないんだよなー」と思っておりました。

U-18としてのラストイヤーのため、今回の意気込みは違っていました。

今回彼の歌を聞いた時、ゲストのタレントさんも数人涙していましたが、私の感情も揺さぶられました。

「今までと全く違う。進化している!」と感じました。

彼のお母さんは、彼の集中力が足りないという問題点を認識したくさんの歌を歌わせず、1日2曲を集中して歌うということをしてきたそうです。

何度負けてもあきらめず、ついに100点を出しました。今回も優勝はできませんでしたが、決勝まで進みました。

優勝ももうすぐ手の届くところにきました。

・問題点を明確にすること(客観的に)
・目標に集中すること(気迫が出るくらい)
・あきらめないこと

を彼は示してくれました。

何か足りないというときは、まだやれることがあるんですね。

それを見抜いた彼のお母さんは、名コーチだと思います。

次回、彼がどうなったいるのかを楽しみにしています。



自分を変えるテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自分に自信が持ていない人が自信をつけるためには

●自分に自信が持てない人が自信をつけるためには

こんにちは。

日本NLP学院 学院長の松島直也です。

自分に自信が持てない人が自信をつけるためには、どうしたらいいのでしょうか。

まず自信が無いとは、どういうことでしょう?

文字通りの解釈をするならば、自分のことが信じられないということになります。

しかし、人によって意味が違ったりするんです。

・自分のことを好きになれない。
・自分にはコンプレックスがある。
・自分を評価できない。
・消えたい。
など。

「自信が無い」といっても、同じではないんです。

しかし、共通していることはあります。 自分自身のことを肯定的に捉えていない、ということです。

他者のことは評価できるのに、自分自身のことは評価できない。 小さい頃から周囲の人たちに否定され続けてきたのかもしれません。 何度チャレンジしても上手くいかなかったのかもしれません。

実は、他者を評価する能力と自分を評価する能力は同じです。

なんで自分のことを評価出来ないのかというと、主観的だからです。

客観的になれば自分自身のことも評価出来ます。

客観的になるにはどうしたらいいか、気持ちを落ち着かせることと練習ですね。

仕事の出来る人、人から愛される人間は、気持ちが安定していて、なおかつ切り替えが早いです。

advanced NLPでは、客観的になることは最も大事なスキル(身につける技術)ですし、何度も練習しますので、気持ちの切り替えが早くなりますよ。


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

目標達成が三日坊主で終わってしまう理由

●目標達成が三日坊主で終わってしまう理由   

こんにちは。

日本NLP学院 講師、カウンセラーの岩渕洋(いわぶちひろし)です。

突然ですが、今年の目標は達成は順調に進んでいますか?

目標達成…気が重くなる人もいませんか? 今日は、目標達成が三日坊主で終わってしまう理由をお伝えします。

これを知って、三日坊主にならないように、役立ててくださいね。

それでは…。

例えば、今、買いたいものとか食べたいものはありますか?

簡単に言うと、ワクワクするような欲求です。

「あれが、食べたいなぁ。」
「あ、あのバッグが欲しかったんだ!」
「うーん、欲しいっ!!!」


そして、すごくワクワクして「わーい!!」って買いに行きます。 そして、実際に買ったり食べたり。

そう、何度も何度も何度も考えていたことに、見事到達するんです!

でも…、あれ?それほどでもないぞ…。

おかしいな。あんなに欲しかったのに…。
待てよ…。
むしろ、次に欲しいものが出てきた!!(笑)


うーん。。。。。。

どうですか?

みなさん経験ありませんか? あんなに欲しかったのに!

実は、実際に買ったり、食べたりしたときは、そんなに感動しないものです。

なんででしょう?

これは、脳の仕組みなんです。 人は、目先の利益に対して、ドーパミンという脳内物質が出ます。

「報酬に対する期待」=「ワクワク」です。

そして、ずっと先の目標に対しては出にくい。 あと、実際に得たときは出ないんです。 けれど、みなさん、ほとんどの達成したい目標は「長期的なもの」ではないですか?

実際、目標立てている時は「そうなっている自分」を想像しますよね。 その時は、ドーパミンが出て「ワクワク」します。

でも、実際に物事に取り組んでいく内に「そうなっている自分」を忘れていたりします。 日常生活で、たくさん「ワクワクする」ようなことが溢れていますからね。 私たちが目にしている、テレビやネットの広告がそうです。

そのような身近なワクワクが溢れているので、私たちは、そっちに目が奪われます。

そして、「ずっと先のこと」が薄れてしまいます。 これは脳の仕組み。 そして、結果的に三日坊主のようになります。

「あぁ、今年も目標達成できなかった…。」 ってならないようにするには、どうしましょう?

実際に、目標をどんどん達成している人は、それに向かって目先にあることをどんどんこなしていきます。

このように、「目標達成が出来る人」がおこなっていること。

●それは、「目標を立てて、達成してワクワクしている時」にたびたび立ち戻ること。

それと、もう一つ。

●達成する大きい目標の手前の目標をいくつもつくること。

このように、しっかりと脳のドーパミンを目標達成にからめてみてください。 目標を立てたときに、何度も立ち戻り、自分の方向を修正していくんです。

ポイントは「これを達成した時のワクワク」を感じながら、目標に必要なことをやることです。

えーっ結構大変!って思いました?

いつも通りやると大変でしょうね。

ポイントは「ワクワクしながら」ですよ! そうすると、どんどん目標達成に近づいていきますよ。^^


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

できると信じて願い続けたら・・・

●できると信じて願い続けたら ・・・

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

以前、113番目の元素が日本人によって発見され「ニホニウム」と名付けられたことが話題になりましたね。

「元素」ってそういえば昔ちょっと教わったなーくらいの知識しかないんですが・・・

発見にいたるまでのエピソードにとても惹かれました。

発見した森田教授は113番目を意識して、 神社のお賽銭は113円。

出張で新潟に行くときは国道113号を通る。
新幹線のぞみ113号に乗ったあとは同僚全員の切符を回収して大切に保管していたとか。

これらの験担ぎを13年間続けたそうです。

周囲をまきこんでの験担ぎだったんですね。^^

新元素の発見に至るまでには気の遠くなるような単調な作業の繰り返しだったのではないでしょうか。

森田教授の熱意が伝わってきますよね。

必ず発見できると信じ、願い続けて出した結果だったのですね。

目標を持つとその人の行動は目標に向かって変わっていくと言われています。

あなたにも〇〇になりたいとか夢や願い事はありませんか?

それを心で唱えて、口に出して、紙に書いて、目につくところに貼り出してみてください。

少しづつ目標に向かって動き出しますよ^^

夢や目標を持つことができない方や迷ってしまう方は一緒に探してみましょう。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング


NLPのテクニックのことが知りたかったら、 拙著『NLPのことがよくわかり使える本』(明日香出版社)を読んでみてください。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自分を変えるために、人生を変えるために

●自分を変えるために、人生を変えるために

こんにちは

人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

ヘリコプターが上空を旋回しています。

パトカーのサイレンの音も聞こえてます。

なんだろ? なんかあったのかなぁ;^_^A

ちょっと心配になり、戸締りの確認をしてしまいました。

パトカーのサイレン=何か悪い事件 一般社会のパターンが私の中でも根付いています。

ある意味これが身を守る事にもなります。

楽しい飲み会で飲みすぎて二日酔いに…。

これも私のパターンです(自慢することではありませんねd( ̄  ̄))

楽しい仲間との飲み会で楽しい時間を過ごし、良いエネルギーをたくさんもらう。

それぞれが皆違う夢だけど、人生を楽しむ仲間とともに前に進んでいっている感。

初めて会う人もいるけど初めてでは無い。

今世を生きている仲間として友として無条件で信頼しあえるって素晴らしい。

この感動、大好きです。

ついつい『今』を楽しみすぎて。

また二日酔いになるほど飲んじゃいそうな予感;^_^A

次の飲み会まで、この私のパターンを変えとかきゃなきゃだわ~

人それぞれ考え方のパターンや行動のパターンがあります。

自分を更に向上させるために変わりたい!と思ったとき、今までと同じことを繰り返していては変化しない可能性大。

でも、なかなか自分の考え方や行動を変えるのは難しいですよね。

自分の癖が何なのかさえもわからない。

では簡単な行動をちょこっと変えてみてください。

帰り道遠回りしてみる。(明るい道を!)
電車を一本早くしてみる。
いつもより一時間早起きしてみる。
などなど。

簡単なことからやってみてみると意外なことがあるかもしれませんよ。

懐かしい友達に会えたり、欲しかった情報が耳に入ってきたり。

ワクワクしながら、楽しみながら、ちょこっと行動を変えてみてください。

あなたの笑顔が輝く瞬間が近づいて来るかもしれませんね。


~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

信用と信頼の違いとは

●信用と信頼の違いとは

こんにちは。

人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! 天野まつえです。

預言カフェに行ってきました。

今日の預言カフェで何度もでた『あなたを信頼している』とのメッセージ。

私は無宗教ですがメッセージはその時々のタイミングであると思うのでしっかと受け取ってきました。

今ちょうど読んでいる本『幸せになる勇気』 その中で「信用」と「信頼」の違いが書いてありました。

「信用」は相手を条件付きで信じること。
「信頼」とは他者を信じるにあたって、一切条件を付けないこと。 そしてその他者を信じる自分を信じる!とあります。

自分を信じること…自己信頼。

これはなかなか難しいですよね。

数々のダメ出しを自分自身にし続けて「ほら、やぱっりね…」の繰り返し。

再確認を続けてきた経験が『自己信頼』なるものをあり得ないものとしてしまっています。

以前の職場で、仲良くしていたAさんが良くない噂を立てられ、その噂を一切信じなかった私。

ぶっちゃけ噂は事実だったものの、後から別の仲間Bさんに

「天野さんはホントに知らなかったの?騙されていたんじゃない?Aさんのことホントに信じていたの?」

と聞かれたことを思い出しました。

はい!私はその時のホントにその友達のことを信じたいと思う自分の心を信じていたんです。

事実を…真相を知った時も別にショックを受けませんでした。

誰を恨むこともなく、その噂をたてられたAさんと今だに交友があります。

私は私を信じただけ。

それだけのこと・・・。

不思議と心穏やかだったことを思い出しました。

信頼とは自分自身を信じること。

その穏やかだった気持ちがよみがえってきて心が温かくなりました。


~心の指針をワクワクに向けて~人生、ラク~に楽しんじゃいましょ! リコネクション&ヒーリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

あなたが「短所」だと思っていることは、実は「長所」なんです

●あなたが「短所」だと思っていることは、実は「長所」なんです

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

だいぶ暑くなってきましたね。

私はただいま、実家に帰省中です。

ここは昼間はとっても暑いんですが、朝晩は涼しくて、虫の音も聞こえてきます。

四季があるって素敵ですね。

人もまたそれぞれに個性があっていいものですね。

あなたの身近にこんな人がいたら、ホッとしませんか?

「親切で優しくって慎重で、周囲の人への配慮ができる落ち着いた雰囲気の人」

そばにいてくれたら、安心しますよね。

実はこんな人が、私のクライアントさんとして相談に来られる人です。

でも、ご本人は自分のことをこんな風に肯定していません。

「私、頼まれたら断れないんです。言いたいことが言えなくて、私のいいところなんて何もないんです。」

お気づきですか?

「長所」と「短所」は手のひらの表と裏と同じ。

どちらから見るか…だけなんです。

ほとんどの人が自分のいいところを短所だと思って、自分なんて…と責めてしまうんですね。

あなたは「親切で優しくって、慎重で、周囲の人への配慮ができる落ち着いた雰囲気の人です」って紹介されたら、うれしくないですか?

視点を変えてみると、あなたは今のままでも十分に素晴らしい存在なんです。

ありのままのあなたが認められるようになると、気持ちが満たされてきます。

気がつくと、「自分が嫌い」がなくなって、自分を大切にするようになります^ ^

そして、愛情があふれてきます。

それは子供たちへ。家族へ。

身近な人たちへと広がってきます。

子育てをしていると、子供の短所ばかりが目についてイライラすることってよくありますよね。

しっかり育てようと思えば思うほど、 子供の欠点ばかりに、目がいってしまいがちです。

でも、自分が満たされてくると、お子様の「短所」が簡単に「長所」に思えてきます。

試してみてくださいね^^

「そう思っているのね〜」と、共感してあげられるようになるかもしれませんよ。

一人では、「短所」を「長所」にとらえられないというあなた。

なりたいあなたになれますように、心よりお手伝いいたします。


 本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

子供はお母さんに褒められたいと思っています。

●子供はお母さんに褒められたいと思っています。

こんにちは。

不登校カウンセラーの岡田理恵子です。

褒められると、嬉しいですよね。

褒められると、何故良い気分になるのでしょうか。

褒められる事で、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。

ドーパミンは精神を安定させ、気分を高めてくれるのです。 何か行動をおこす時の原動力になるのです。

子どもはお母さんが大好きですから、お母さんに好かれたい、褒められたい、と思っています。

難しく考えなくて大丈夫です。

シンプルな言葉でいいんです。

朝、自分から起きてきたら「あら偉いわね。お母さん助かったわ。ありがとう」
思春期の男の子でしたら「制服の着こなし素敵ね」など。

当たり前に出来ることでいいんです。

テストで100点とった事や、検定試験に合格した事、などもよいのですが、結果が出ないときもありますので、結果ではなく頑張った過程を褒めましょう。

兄弟、姉妹、友達、と比べるのではなく、その子自身の事を褒めましょう。

自己肯定感が高まり、自信がつき、何事にも挑戦するお子さんになりますよ。

自分で、自分を褒める事も効果あるんです。

お母様も、当たり前に出来てる事をご自分で、褒めてくださいね。

私のカウンセリングでは、お母様の自己肯定感を高め、より良い選択肢を生み出す体験ができます。


不登校の中学生ママへ 焦りと不安の毎日から「不登校ありがとう」と笑顔で言えるカウンセリング
アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

自信が持てるようになるには

●自信が持てるようになるには

こんにちは。

あなたらしさ応援カウンセラーの湯澤恵美子です。

久しぶりにディズニーシーに行ってきました。
沢山の元気とパワーをもらってきました。^^

影の世界に迷い込んだ主人公の少女が成長していく姿を描いたミュージカルショーを観ました。

できない、自信がない、そんな女の子が周囲に励まされて自信をつけていくまでのストーリーです。

「君には力があるんだよ」「何もしなければ、失敗はしないけれど成功もしないよ。」と励まされて。

私は以前、自分に自信をもつ方法をお伝えしました。

物事の受け止め方を変えてもらったり、自分自信を客観視してもらうことで、できないという思い込みをなくしてもらったり・・・

今日はそこに、もう一つ大切なことをお伝えしたいと思います。

人は周囲の人に励まされて経験して自信をつけることです。

きっとあなたにも「あなたならできるわよ」と励ましの言葉をかけてくれる人がいると思います。

それは友人であったり、先輩であったり、会社の上司かもしれません。

「私にはムリ」と思われるかもしれませんね。

でも実は他人のほうが分かっていることがあるんです。^^

私にもこんな経験があります。

あるイベントの責任者を指名されたことがありました。
いろんな人が背中を押してくれました。

「あなたならできる」と。

自信なんてありませんでしたが、私は思い切って引き受けました。

ところが、いざスタートしたものの、計画通りに進まなくて。

一人で抱え込んで、「私はやっぱりできない」という思いに浸っていました。

そんな時に同僚が「手伝ってって言えばいいじゃない?」と言って手伝ってくれました。

一人、二人と動き出し、色々ありましたが、イベントは無事に終えることができました。

あの時、励まされ、仕事を引き受けたことで私は多くの事を学びました。

同僚への感謝の気持ち、情報をどう伝えるか、成功させるというムード作りなど、 振り返ってみると私のその後に生かされています。

出来事は失敗とか成功とか後から意味付されるだけで、経験は無駄なものはないと思います。

お互いに励まされ、励まして経験をして自信をつけていきます。

あなたはひとりぼっちではないんです。 なりたいあなたになれますように。


本来のあなたらしさを引き出して、「私だからできる」になるカウンセリング

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png

12

« やる気が出ない自分を変える | メインページ | アーカイブ

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ