• トラウマを克服したい方
  • 本物のカウンセラーになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > アダルトチルドレン克服 > 3ページ目

ブログ アダルトチルドレン克服 3ページ目

「モラハラで離婚」の原因はコミュニケーション不足?

■「モラハラで離婚」の原因はコミュニケーション不足?

こんにちは。

日本NLP学院スタッフの松尾 聡子です。
夫婦喧嘩.jpgのサムネイル画像最近、テレビや雑誌などで夫婦間のモラハラが取り上げられることが増えてきました。

モラハラが原因で離婚になることもあります。

モラハラ(モラルハラスメント)とは、「人としてのモラルを欠いた言葉や態度で相手を傷つける」ということ。

モラハラをしている側は「夫婦ゲンカの延長」くらいの認識で、離婚を考えるほど相手を傷つけていると思ってない場合があります。

モラハラも、パワハラも、やっている本人はそれが悪いことだと思ってないことが多いんですね。

というのも、それが、その人の普通のコミュニケーションのパターンだからです。

普通で当たり前のことをやっているだけだから、悪いとも思っていないし、相手を傷つけていると思っていない。

だから、いきなり「離婚してください」と言われても「え?なぜ?」とビックリしちゃうのかもしれません。

こういう場合によく言われるのが「もっと夫婦でコミュニケーションを取っていればよかったのに」ということです。

でも、コミュニケーションはしっかり取っていたと思うんですね。

モラハラのコミュニケーションを取り続けていたのです。

だからこそ、離婚にまで発展してしまったのかもしれません。

コミュニケーションは取ればいいと言うものではありません。

「どんなコミュニケーションを取ればいいのか」ということが大切なんですね。

コミュニケーションを変えるためには、まず「私たちの関係って、ちょっと変じゃないかな?」とどちらかが気づくことが大前提です。

といっても、渦中にいる方には「今の状態が変だ」ということは気づきにくいです。

夫婦って、こんなものかなあと思っていることが多いんですね。

だから、「今、私はつらい」「もしかして、私たちの関係って変?」と思えたら、それが夫婦の関係が変わる大きな一歩です。

我慢して我慢して、最後は心が壊れたり、夫婦関係が壊れたりしてしまう前に。

その前に、別の形でもう一頑張りできて、最後に二人で笑顔になれるといいですね。

一方的なコミュニケーションを続けていると、どちらかの心がぽっきり折れてしまいます。

そうなる前に、気づいた方から変化を起こしてみませんか?


NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


親子関係のトラウマを解消することでひらける未来があります

●親子関係のトラウマを解消することでひらける未来があります

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

親子関係のトラウマをお持ちの方はいらっしゃいますか?

下向き女性.jpgのサムネイル画像鮮明にそしてハッキリと何度も思い出されてしまう記憶。

思い出すたびに、激しく落ち込んだり、とても辛くなったりしませんか?

このように感情が強く動き、生理的にも身体的にも強く影響する記憶をトラウマと言います。

何かをきっかけに思い出すことで、強いネガティブな生理的反応をともなってつらくなってしまう記憶。

そんな中でも、親子関係のトラウマアダルトチルドレンになったしまった方。

例えば、親に対してネガティブな思いや感情を伴う記憶があるとすると、社会に出たり、外で「親に似た特徴を持った人」に出会っても辛くなります。

びっくりするくらい簡単に「嫌な生理的反応」が出てしまいます。

・胸がしめつけられる

・頭が痛くなる

・肩がこわばる

・知らないうちに緊張してしまう

・つっけんどんな対応をしてしまう


などなど。

おわかりでしょうが、本当は外で初めて出会った人が必ずしも「嫌な人」かどうかわからないですよね。

でも、瞬時に勝手に「ネガティブ反応」が出てしまう。

困りますよね。

このようなことは、ネガティブな親の記憶に強い感情がついていると、これからも必ず起きます。

放っておくと、これからも、ずっと親と同じような人を苦手として生きていきます。

過去に縛られている状態ですね。

・過去のトラウマの記憶を、ふとしたきっかけで思い出して辛くなる。

・これから、似たような人に未来であっても辛くなる。


どうして、こんなことになっているのでしょう?

私たちの脳は、仕組みとして「ネガティブな記憶」を取っておこうとします。

大切に。。。。。

でも、これには命としての仕組みがあるのです。

私たちは「人間」ですが、脳の本能的な部分は「動物たち」と似ています。

動物はトラウマになるような嫌なことが起きると、そのことははっきりと覚えています。

そして、それを覚えておくことで、脳はこれから起こりそうな危険を察知できます。

もう二度とこんな目に合わないために準備を整えているのです。

動物の本能は、瞬時にネガティブな記憶を参照することで「戦う」か「逃げるか」に備えるのです。

だから、私たちが犬や猫、野生の動物だったらトラウマは「ものすごく役に立つ」のです。

でも、私たちは人です。

嫌なことが起きても

・20年ほど同じ家庭で育てられるのが当たり前

・学校や会社をそう簡単に変われない

・簡単に引っ越しできない


ということで、苦しくても社会生活を営みながら、我慢強く生きていくのです。

言い換えると、自分の思いや気持ちとかけ離れたところで「頑張らなければいけない場面」がたくさんあることになります。

・嫌だけど笑って過ごす

・帰りたいけれど帰れない

・辛すぎるけれど我慢する


そこで、意識無意識(生理的反応や感情、感覚など)のズレが悩みやストレスになっていきます。

このような「気持ちを置き去りにする」状態で頑張るということは、思ったより長く続きません。

だんだんと気分が落ち込みやすくなったり、鬱っぽくなったり、元気がなくなったり、燃え尽きたりします。

トラウマは簡単には抑えつけていられないものなんですね。

もしも、このようなことが起きているのなら、なんとかしないと限界を迎えてしまいます。

アドバンスドNLPはトラウマやPTSD症状にとてもよく効きます。

そもそも、NLPは、ベトナム戦争やコソボ内戦での戦争後遺症のトラウマで苦しむ人たちに対して、トラウマを即座に解除するということで広まっています。

例えば、

・爆撃の音が耳にこびりついて眠れない

・銃撃の音が恐怖で、大きな音がするとおびえる

などの、反応の強いトラウマにもNLPは短期で成果を上げています。

それらのトラウマによるパニックや不眠などの他の症状に対しても即座に成果を上げています。

この例でのトラウマはとても大きなものですが、アドバンスドNLPのワークには、トラウマの大小はあまり関係ありません。

数分のワークで、二度と戻らない、心のお掃除、クリーンアップが出来る方法なのです。

一番スピードの早いワークでは、2分でトラウマを解消、解除する方法があります。

NLPの講座中やカウンセリングでよくあるのが

・電車や乗り物のパニック症状

・虐待など親に怒られたり見捨てられたトラウマ

などです。

NLPのワークをおこなって、トラウマやPTSD症状が解消されると、一瞬クライエント様は「?」という表情になります。

この「?」の表情は、「思い出せない」「思い出しても平気」「なんとも感じない」ということが起きるための「?」なのです。

変化に対して意識が追いつけないのです。

今まで、思い出すたびに、何度も苦しんでいたこと、自分の人生をネガティブに左右していた束縛から解放されたらどうなるのでしょう?

過去のクリーンアップをすると、これからの未来にも響いてしまうということは、わかりますでしょうか?

苦手だった人が、苦手でなくなったりします。

これから、出会う「親のような人」に対して、もう怯えなくていいのです。

普通に振る舞うことが出来てしまいます。

親子関係のトラウマは、大きくなってアダルトチルドレンとして認識されたりしますね。

また、例えば、自分の子供に対して「親子の負の連鎖」で接したりしている場合も、トラウマの解除をすることで解消されます。

NLPであなたが変わると、今まで子供に対していつも怒っている、イライラしているような場面で、優しく接することが出来たりします。

過去の親との関係、トラウマを解除、解消することで、自分の子供に対して、まったく違うアプローチで優しく接することも可能なのです。

手をつなぐ.jpg
もしも、あなたがネガティブな親子関係のトラウマを解除、解消したら…、どんな明るい未来がひらけてしまうのでしょうか?

とても、楽しみですよね?


アドバンスドNLPの講座の受講生さまでも、クライエント様でも、20年来のトラウマを解消する方など、ざらにいらっしゃいます。

あなたも、NLPを使って親子関係のトラウマを解消して、アダルトチルドレンの負の連鎖を断ち切ることが出来ますよ。

メルマガでは詳しくお伝えしています。


アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.png NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


アダルトチルドレンの症状

●アダルトチルドレンの症状

20160816172846-779e64c93db3775378634dca3ebd2693d900b944.jpgこんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

アダルトチルドレンは様々な精神症状や心身症になりやすいです。

以下に症状と特徴を示します。

ただし、一概にアダルトチルドレン=以下の症状ではありませんが、以下の症状や特徴を持つ多くの人にアダルトチルドレンの人が多いことがわかっています。

アダルトチルドレンについて詳しくこちらでも紹介しています→アダルトチルドレン克服専門サイト

アダルトチルドレン症状一覧
・うつ症状
・不安症状
・偏頭痛
・吐き気
・下痢
・冷や汗
・動悸
・震え
・身体の痛み、ひどい肩こりなど
・自律神経失調症
・不眠
・めまい
・パニック症状
・息切れ
・気を失う感じ
・死んでしまいそうな感じ
・解離症状
・性交痛
・ひどい生理
・記憶力の減退
・五感の異常
・PTSD(心的外傷後ストレス障害)
・フラッシュバック・
・感覚の鈍麻(自分が何を感じているかわからない)
・希望がない
・対人恐怖症
・怒りが突然爆発する
・免疫力低下による症状
・自分のことを大切にしない
・人をコントロールしようとする
・問題のある人間関係の中に身を置きやすい
・依存心が強い
・考え方、視野が狭い
・現実を受け入れない、否定する
・コミュニケーション技術が低い
・自分と相手の境界線がわからない
・忍耐直に欠ける
・罪悪感に襲われる
・極端すぎる。白黒つけたがる。
・被害者意識が強すぎる
・顔色を窺いすぎる
・嘘をつくことが多い
・自己が確立できない
・権威者を恐れる
・親や近親者に似ている世代が苦手
・苦い経験からの学びがない、何度も同じことを繰り返す
・依存症(アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、買い物、仕事)
・摂食障害(過食症、拒食症)
・自分が虐待してしまう(子供、パートナー)
・盲目的に同じパターンの人を好きになる、引き寄せる
・共依存(あの人は私がいないとダメなのと強烈に思う)
・愛情はしがみつくことと思っている

ご参考までに。

NLPカウンセリングやアドバンスドNLPのコース受講をすることで、アダルトチルドレンが解消されると、症状が軽減されることが多々あります。

adc625926bc91cf55aae6f5699e3eb96_s.jpg
こちらをご覧いただくと、詳しくお伝えしています。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngのサムネイル画像
NLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京/新宿,神奈川/横浜でお探しの方へ

●アダルトチルドレンを克服するためのセミナー・講座を東京/新宿,神奈川/横浜でお探しの方へ

こんにちは。

日本NLP学院講師兼NLPカウンセラーの岩渕です。

東京新宿、神奈川横浜でアダルトチルドレンのセミナー・講座をお探しの方は、是非、ご検討いただけたらと思います。

四葉のクローバー.jpgのサムネイル画像
日本NLP学院ではアダルトチルドレンの克服に力を入れています。

アダルトチルドレンを克服することが出来たなら、あなた自身が楽になることはもちろん、あなたの子どもや家庭に、負の連鎖を引きずらない新しい連鎖が生まれます。

アダルトチルドレンは、よく親子連鎖を起こしやすいと言われます。

なぜなら、無意識的に「親を子が真似る」ということが起きてしまうからです。

イライラを真似たり、落ち込みや、自己否定を真似たり。

部分的に、母と父の両者を真似ることで、葛藤が起きたりもします。

でも、ご安心ください。

アドバンスドNLPは「ネガティブな過去のトラウマを解消する」ことを得意としています。

親からもらったネガティブな性格や培ってしまったネガティブな行動パターンも解消していきます。

あなたの毒親に係る苦しみは、どのようなものですか?

・母親や父親が苦手
・母親や父親に似た人も苦手
・自分のことは後回しにして、他人ばかり優先してしまう
・人の顔色を窺ってしまう
・自信がない
・孤独感が常にある
・不安感が常にある(安心感が足りない)
・イライラしやすい
・依存的
・共依存的
・落ち込みやすい
・見捨てられ不安がある
・過去、両親または祖父母にトラウマを抱えている
・最近、両親のネガティブな行動を自分もしていることに気が付いた
・子供に対して、親にされたようにしてしまったことに気が付いた

アドバンスドNLPを学んでいくと、これらのネガティブなトラウマや性格行動パターンが解消されていきます。

・母親、父親が平気になった(似た人も平気になった)
・自分のことも大切に出来るようになった
・人のことを気にしなくても平気になった
・自信が出てきた
・孤独感、不安感が消えた
・イライラしなくなった
・自立できるようになった
・落ち込まなくなった
・見捨てられ不安がなくなった
・トラウマが解消された
・知らないうちにしていた親がしていた行動や反応と、同じ行動や反応から抜け出した


ここに載っていないからと言って、「私は違うのか…」ということではありません。

アダルトチルドレンは概念であり、「こうだ!!」という定義で、決めなくても大丈夫です。

あなたの今抱えている「生きづらさ」やあなただけの課題を授業では取り組んでください。

実は、アドバンスドNLPは「内容を話さなくても」おこなえるワークがすべてです。

もしも、人に話せないことがあっても、ワークは出来るのです。

ただ、特に強いACトラウマをお持ちの方は、NLPカウンセリングを併用されることをおススメいたします。

アダルトチルドレンを克服するセミナー、講座をお探しなら、

NLP×マインドフルネス=進化版NLPのアドバンスドNLP が学べる
チェンジファシリテーター基礎コースがお勧めです。

もっと詳しく知りたい方はこちらのメルマガにご登録くださいね。

アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー.pngNLP×マインドフルネス= 進化版NLP アドバンスドNLP
NLPカウンセラー養成,NLPカウンセリング資格取得
日本NLP学院 東京/新宿校,神奈川/横浜校 開催中


<<前のページへ123

« 心理カウンセラーになるには | メインページ | アーカイブ | トラウマ、PTSD、心の傷を克服する方法 »

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ