カテゴリ

  • 自分が変わりたい方
  • 心理カウンセラー コーチになりたい方
  • アダルトチルドレン
  • こんな方々にadvanced NLPがオススメです!
  • 当学院が選ばれる理由
  • 代表取締役 松島直也
  • 講師&カウンセラー紹介
  • ブログ
03-6869-3142
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目1-2
白鳥ビル4階
受付時間 (平日土日祝日)
9:00~19:00
アクセス
スクール体験説明会
スクール見学会
無料個別相談
advanced NLP研修
お問い合わせ・お申し込み
無料メールセミナー

HOME > ブログ > アーカイブ > 子育ての悩み > 2ページ目

ブログ 子育ての悩み 2ページ目

受験生のお子さんを持つお母さんがNLPで出来ること

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

nlp-japan_113.jpg今日は、子育て、特に受験でお悩みの受講生様のお話です。

そろそろ、受験シーズン突入ですね。

でも、受験生のお子さんを持つ、お父さん、お母さんはもっと長い苦労をされていると思います。

では、受験のお子さんを持つお母さんは、お子さんのために何がしてあげられるのでしょうか?

・思うように偏差値が上がらない。

・やる気が出ない。

・自信が持てない。


うーん、悩みの種は尽きませんね。

そんなとき、どんな風に関わっていますか?

ちょっとした関わりかもしれませんが、そのちょこっとで様々なことが起きますね。

その時、どのように関わるかで、落胆することもあるし、やる気を引き出し、不可能が可能に変わることも起きます。

話は変わって、お父さん、お母さんは子供のそばにいると、距離が近い分、自分まで緊張したり焦ったりしがちになりませんか?

自分も子供と「同質化」して、視野が狭くなってしまいやすいのです。

焦るがゆえに「まくし立てて」しまったり、やる気が落ちることを「つい言って」しまう。

次にご紹介するのは、お子さんの大学受験まで、偏差値が20以上足りない状況をひっくり返し、受験に合格したお母さんです。

【体験談】

子供は、大学受験を10か月後に控え、緊張と焦りが感じられました。

希望している大学の偏差値で言うと20以上足りません。

私は、お勉強を教えてあげられないので、メンタル面でのフォローをしました。

あと、私自身は日常的に「落ち着く」ことが出来るようになっていました。

子供の気持ちを安定させるために、NLPの講座で習った声かけをしました。

また、これもNLPの講座で教えていただいた「たとえ話(メタファー)」で話をしたりしました。

「英語の成績が伸びていかない、どうしよう。」

と子供が悩んだ時はには、習ったNLPのワークをしたら

「嫌いなのは、面白みを感じていないから!」

ということが子供が自分自身で分かったようでした。

私が「じゃあ、英語が面白いって思ったことある?」

と聞いたら、しばらく考えて

「この前、修学旅行で香港に行ったとき、ちょっと英語が使えて楽しかった!…そういえば、やりたいと思っていることに必要かも!」

私は「へー、面白くないと思っているのに、意外と出てくるんだなぁ」と思いながら、

「そうなんだ。必要と感じたり、楽しくなってきそう?」

と聞くと、子供は楽しそうに

「うん^^」

と言って、気持ちがガラッと変わったようでした。

それと同時に、NLPで習ったことで、子供の得意な五感の能力を使った学びに変えてみました。

「書く」よりも「見る」のが得意そうだったのです。

これも、想像以上にはまりました。

お陰様で、偏差値20以上上がって、希望していた大学に合格をしました。

今、楽しそうに通っています。^^



受験は、子供自身がやるものですね。(当たり前ですけど)

しかし、お母さんやお父さんに「できることもある」のです。

それを示してくれた体験談です。

この方は、お子さんのメンタルをNLPを使ってフォローをしてあげました。

また、見逃しがちですが、この方自身が「日常的に落ち着いていくことが出来るように」なっていたのです。

親というものは、とてもお子さんに影響を与えています。

存在が大きい分、あなたが不安定なのか安定しているのか、それだけで非常に様々なことを左右します。

もしも、今の関わり方で上手くいかないのであれば、何か変えた方がいいかもしれませんね。

受講された方のお子さんたちは、偏差値だけではなく、個性ややる気が引き出されています。

ちなみに「お子さん」がNLPを受講して講座を学んでいるのではないこともポイントですよ。^^

NLPを学んでお父さん、お母さんが楽になったら、不登校がなくなったなんて例もあるくらいです。

子育ても、関わり方一つで、お母さん、お父さん、お子さん、みんなが楽になるコツやスキルが本当にあるんですよ。^^



 【日本NLP学院 代表 松島直也プロフィール】
代表 松島直也.jpg
 NLP×マインドフルネス 進化版NLP advancedNLP
日本NLP学院 学院長 

2005年NLP創始者ジョン・グリンダー博士を初めて日本に招聘しNLPの最新ヴァージョンNew Code NLPを提供する日本NLP学院を設立する。以降、グリンダー博士の国内における公式代理人を10年以上務める一方、New Code NLPトレーナーとしての活動を行う。

その後NLPマインドフルネスを融合し、進化版NLP advancedNLPを開発する。

・「過去は変えられる」
・「人を変える前に自分が変わる者となる。」
・「自分の心も他者の心も大切にできる世の中にしたい。」をモットーに活動している。

著書)「NLPのことがよく分かり使える本」(明日香出版社)、「ストレスをためない技術」(日本実業出版社)「やめた!がなくなる続けるスイッチの作り方(明日香出版社)、「NLP速読術」(フォレスト出版)など

※メディア掲載、取材協力のページはコチラです。
※チェンジファシリテーションを学びたい方はコチラです。

子供のやる気を引き出すNLP的魔法の言葉

こんにちは。

日本NLP学院学院長の松島直也です。

さて、お子さんを持つお父さん、お母さん、お子さんのやる気を出すのに四苦八苦していませんか?

ポイントは「引き出す」ですよ。

無理強いではありません。

ポイントは

「今を認める」→「ほめる」→「改善してほしいことはちょっとだけ言う」

です。

・「今を認める」

これが出来ていると思っていて、実は出来ていない親御さんは、たくさんいるんです。

例えば、

子供 「試験頑張ったよ!!」

親 「もっと頑張って、○○君なら出来る!!」

子供 「…」

え?なんでこれが良くないの?と思いますよね。

親御さんは「褒めた」のに。

でも、子供は「…」になるんです。

正解は

子供 「試験、頑張ったよ!!」

親 「本当だね。よく頑張ったね!!」

です。

NLPの講座の中でお伝えしているのですが、まず

ペースを合わせる→リードする

という流れなのです。

試験頑張ったよと言われたら、肯定して「頑張ったね」と言ってあげる。

ここが足りなくてすれ違うことが多いのです。

試験頑張ったよ→もっと頑張ってね

これだといきなりすぎるんですね。

魔法の言葉は、カンタン。

同じ言葉を繰り返して認めてあげる言葉なのです。

お子さんを認めてあげてください。

そうすると、どんどん勝手にやる気になりますよ。^^

<<前のページへ12

« 親子関係・不登校 | メインページ | アーカイブ

体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー
体験セミナー どんなことができるのか知りたい方はコチラ
スクール見学会 講座の雰囲気を確かめたい方はコチラ
無料個別相談 あなたの日程に合わせて不安を解消します
会社でadvanced NLP研修をご希望の方はコチラ
お問い合わせ・お申込みはコチラ
無料メールセミナー

このページのトップへ